2008大忘年会   

2008年 12月 23日


今年は、お誘いいただいた忘年会、クリスマスパーティなど、
すべてカナシク不参加だった、わたしにとって、

本日いつものメンバー
江弘毅さん

との忘年会@神戸元町別館牡丹園

は、いやあ、2008年もいろいろ、大変なこともあったけど、
なんか、いい感じで終われそうやなーと
久々にご機嫌満開な冬の宵なのでありました。

ちなみに写真は、上左から、あおやまさん、王さんの奥様、松澤、王さん、
江さん、平岡さん、平尾君。
前列左は王さんところの愛息子3代目(別名おにぎり君)。橋弥さん。


王さんが厨房で、愛と情をどばどばっとふりかけて、作ってくれた
本日のメニューも、
これまた卒倒&悶絶級のおいしさで、

ああ、やっぱり、ここは世界一おいしい中華やわーと再確認させてくれました~。

あまりの美味しさに、写真を撮るのさえ、忘れている料理もありますが、

一応デジカメに残っている画像、いってみまっせ~

ぷりんぷりん、こりっつこりの極上くらげ


にんじんの彫刻が見事すぎる、ひええーうっますぎなこのお店独特の焼いた豚、
この皮のパリッパリ加減に撃沈。すでに荒らされた後の写真ですいません。


一同絶賛の嵐。まるでかに味噌(@あおやまさん)のごとき、眩暈必至のピータン。



自家製サラミも一味ちがいますっ!


ひえええーっ。みながむしゃぶりついた、車海老の中でも甘さ&ジューシさ、味噌濃密すぎる
サイマキえび~。素材がいいから、シンプルイズベストなのよね~。伊勢えびより、うまいっ。


王さんの奥様推薦の、極上鶏(すいません、産地忘れました~わかり次第また追って)
のロースト。これはまじで、福臨門でいただく、金鳥のロースト以上の美味しさです。
皮のパリパリ感はもちろん、ちょっとヒネ鶏ゆえ、身はうまみがギュっと閉まって、濃厚です。



歯ごたえバツグンのフカヒレスープにはたらばガニとズワイガニのぶっとい足2本入り(ひーっ)


またまた、美味しすぎなステーキは脂身も上品でいくらでも食べれます。


江さんの美味しいものの話から突如出てきた、熱をさげるという漢方として効果ばつぐん&美味なる
ゆりの茎?(すいません。コレも名前忘れてます)を木耳、肉などの炒め物。うますぎました。


この次に確か出てきたのは、牡蠣の天ぷらっ。死ぬほど美味しいです。
あおやまさんがミーツで書いてはりましたけど、
「神戸元町別館牡丹園の牡蠣の天ぷら>えーっ食べたことないのー?」
な、これ知らずして、人生いくら損してるねんな一皿(あせって写真撮ってません)

同じく牡蠣のお好み焼きも、えーっこれ食べたことないのー?なあまりのごきげんなお味。


レタス包みもありました。他の中華で食べるレタス包みとは、月とスッポンな違い。

そして、お腹いーっぱい、もう食べられへんといいつつ、やっぱり食べてしまう、
豆苗の炒め物。めっちゃシンプルなのに、びっくりする美味しさ。
あおやまさんも幸せそう。


この間に、カリフォルニアの白ワインや、10年もの、20年ものの豪華な
紹興酒もどんどんいきます。



そして、〆はやっぱり、ねぎそば。
なんでこんなにお腹いっぱいやのに、むちゃくちゃ美味しいのー。
「麺の粉が違うなー@江さん」



そんなわけで、最後の杏仁豆腐までやっぱり食べて、
大満腹。
超しあわせ~な今年最初で最後の忘年会なのでした~。

王さん、いつもながら、ほんまに美味しいお料理の数々、
ごちそうさまでした!

そして、江さん、青山さん、橋弥さん、平尾さん、平岡さん、

今年もお世話になりました。
どうぞ2009年もよろしくです~。

by madamregina | 2008-12-23 01:23 | Diary | Comments(0)