心のこもったお見舞い   

2009年 01月 20日



今回、ハワイでバカ熱を出した、
愚かなわたくしですが、

そのお陰で、
友人知人より、

思わず涙しそうな、
電話やメールをたくさん、いただきました。

先日もちらりとお伝えいたしましたが、
HalekulaniのPRのAさんや
マネージャーのM氏からは
高熱を癒してくれる甘みたっぷりのフルーツや
ジュース、アイスクリームをいただき、

食欲も気力もなかったわたしを
蘇生させてくれました~。




そして、もうひとつ。


ドクターズオンコールに駆け込み、
その後ドクターに書いてもらった処方箋を持って、
アラモアナのLongsにお薬を取りに行き、


まさに漆黒の闇より暗い気持ちで、
ハレクラニのお部屋に戻ると、

きゃあーっ。大好きなNeiman Marcusのショッピングバッグがっ!

もう、このバッグを見るだけで、
元気が出るってもんです。

で、中身は・・・というと、

わわわわーっ

それは、ひゃあああーっ、

これまたわたしの大好物の、
ラ・メゾン・ド・ショコラのシャンパントリュフではありませんかっ?!



あーん、こんなお高いもの、いったいどなたが・・・と
同封されていたカードを開けると、

なんと、ブログがきっかけでお知り合いになった、
Lokiさんでした。



Lokiさんは、
現在はアメリカ人のオットさまとハワイに住んでいらっしゃり、
ラスベガスやナパやNYやそしてジャパンなどを旅する
優雅な暮らしを続けておられます。

お洒落でスレンダーで、とってもチャーミングな彼女ですが、
根っからの江戸っ子らしく、
胸のすくようなトークも魅力です。

美味しいレストランや旬なお店の情報も
彼女からいち早く教えてもらったりしていました。

ハワイに来るたび、
あれこれおしゃべりするのが楽しみだったのですが、
まだ2度しかお会いしたこともなかったし、

まさか、こんなお見舞いをくださるなんて・・・。

メルセデスの愛車を駆って、
わざわざNeiman Marcusまで、ショコラを買いに行ってくださり、
カードにもメッセージを書いて、
それをまたHalekulaniまで届けてくださるのは、
大変だったはずです。



朦朧とした意識の中、
そっと口にふくんだ、シャンパントリュフ。





それはまさに黄金のシャンパンのように
しゅわわわわーんと優雅にとけて、
夢のような舌触り。

ほんのり優しい甘みと素敵な苦味が混ざり合って、
えもいえない、美味しさがいっぱいに広がって、
暗黒の心をも、溶かしてくれたのでした・・・

上質なショコラって、
時にはどんなお薬にも勝る、
エナジーを与えてくれってことを、
病気になって、
はじめて知りました。

そして人のあたたかさや優しさも!

Lokiさん、本当にありがとうございましたっ!

by madamregina | 2009-01-20 15:55 | Diary | Comments(0)