パリで最高のビストロごはん@ブノワ大阪 Part 1   

2010年 07月 24日
f0215324_1119773.jpg



ただいまFOOD FANCE Bistrot 開催中の

「ル・コントワール・ド・ブノワ」へ昨日またまたお邪魔しましたー。

いやあ、昨日はほんと暑かったー。暑過ぎましたー。

でも、ブリーゼブリーゼの33階、天空の楽園に登りつめたら、

あの蒸し暑く、どろんとした下界が嘘のような麗しい空間っ。

わたしたちの登場を待っていてくださった、

オトコマエ山本総支配人とまずは記念撮影よっ(もはや観光客な気分ですね)

f0215324_11263490.jpg



ディナータイムがオープンしたばかりのぴっかぴかにきれいな空間。

f0215324_11323174.jpg


f0215324_11303690.jpg



いつものテーブルについて、ああ、しあわせー。松澤満面の笑み(ひぃ)

f0215324_1133134.jpg



で、やっぱりバツグンのタイミングで登場されたのは、

待ってました!関西屈指のチョイワルソムリエ。

いえ、浦上チーフソムリエですっ!

f0215324_1136578.jpg



今宵はわたしの大好きな(またかいっ?)ローラン・ペリエのシャンパンからいただきます。


f0215324_1138109.jpg



いいねー。真夏の早い時間からの黄金の泡はっ!うふっ。またもやボンソワールなディナーのはじまりー。

f0215324_11385329.jpg


相方などは、駆けつけ3杯な、勢いです(もったいなすぎるー)

しかし、ローラン・ペリエのシャンパンは、個人的に、甘く切ない思い出が詰まった


我が愛しのシャンパーニュ。

(いえ、またもやロンドン、Michael Ball行脚にまつわる話なんで、ここでは差し控えます。ひぃ)

f0215324_1142732.jpg



さて、今回フードフランス大阪でいただけるお料理は、

メゾン・コンスタングループのパリ最高峰のブストロのひとつ レ・ココット の味。




「レ・ココット」は、その名のとおり、

ストウブ社のココット鍋を使った伝統的でスタイリッシュな料理がメイン。


パリ7区にある店内はカウンターとハイテーブルだけというシンプルな内装で、

素早く、おいしく食べられるスタイルを追求しているそうです。いいね。


シェフのPhilippe Cadeau(フィリップ・キャド)さん。

パリっ子が愛してやまない、フランス伝統の味をこの愛に溢れた笑顔で作り続けています。

f0215324_1147246.jpg


素朴で飾り気がなくて、あったかく、心に響く美味しい料理を作ってくださるうれしい予感。

f0215324_11523838.jpg


日本にははじめていらしたそうで、すっかり大阪のファンになられたとか!

これまた、かっこいい、フランス語をジュビジュビジュビドワー(笑)と

トランスレートしてくださった山本総支配人と記念撮影。

f0215324_11562660.jpg



ちなみに今回のフェアのメニューは こちら



まずはアミューズの「キャビア・ド・オーベルジーヌ」からはじまりました。

f0215324_11575958.jpg


こちらは、茄子の種の部分をキャビアに見立てたムース。

f0215324_1212572.jpg


そしてオリーブとアンチョビのタップナード。

シャンパンとバゲットがどんどん進みますねんっ。

といわけで、このあと、目もくらむようなワインや絶叫級のお料理が続々登場。

追ってレポいたしますわよー(ぜぃぜぃ。鼻息っ)



f0215324_129487.jpg


f0215324_1210585.jpg


■ちなみに、フードフランスビストロは、
7月27日(火曜日ま)まで開催されております。




【会場】『 ル・コントワール・ド・ブノワ』
大阪市北区梅田2-4-9
ブリーゼブリーゼ33階
http://www.comptoirbenoit-osaka.com/ レストラン  ランチ 11:00~14:30 (L.O.)
 ディナー 17:30~21:30 (L.O.)

Tel:06-6345-4388

【料金】
ランチ 3,600円/4,800円/6,000円(税・サ込み)
ディナー 6,000円/7,200円/8,400円(税・サ込み)
食後のコーヒーまたは紅茶が含まれます。


by madamregina | 2010-07-24 11:03 | Alan Ducas | Comments(6)

Commented by Reiko at 2010-07-25 00:16 x
はじめまして。いつもブログを拝見しています。私は現在フィラデルフィアに住んでいるのですが、実家は関西なので、次回帰国したとき、いちばん行きたいのが、ブノワなんです。マダムさんのブログで、行ったこともないのにすっかりファンになってしまいました。ラグジュアリーな空間も美味しそうなお料理も見事な夜景ももちろん素晴らしいですが、山本支配人はじめスタッフのみなさんの笑顔が、ほんとに素敵です。今回来日されたシェフもいい顔されています。

これからも、マダムさんのブログで退屈な日々に刺激を感じたいと思います。
Commented at 2010-07-25 07:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yuricoz at 2010-07-26 12:34
ちょちょちょちょーーーーーーーと、すいませんっ
マダムに、ローラン・ペリエは、まずお約束のお水がわりとしてー
最後のこの1枚はなんですかーーーーーーーっ
じゅぶじゅぶじゅぶーーーー言えないーーーー
すごいーーー飲みたいいいいいですううううう
スタートも泡の素晴らしいもので、最後のワインもすんばらしい♪

そんなディナーが似合うお店が、ブノワさんなわけですよね~
あーーー行きたいっ!!
Commented by madamregina at 2010-07-28 22:27
☆Reikoさま

はじめまして!コメントいただきありがとうございます。

まあ、フィラデルフィアにお住まいなんですね~。以前はよく行っておりました。懐かしいです。美味しいレストランもいろいろありますよねー。
大きなショッピングモールが特に好きでした(笑)

日本に帰られたときはぜひぜひブノワに行ってくださいませ。
ほんとに大満足の関西が誇るビストロです。
Commented by madamregina at 2010-07-28 22:29
☆鍵コメさま

あのー、奥さま、なんで鍵コメなんですかっ(笑)

ブノワのランチ、行かれたのね~。
ね、良かったでしょう?
今度はぜひ、一緒に。
ディナーでもいいよー。
Commented by madamregina at 2010-07-28 22:31
☆ゆりたーんっ

おおおおおーっ。
やはり、あのワインの写真に、反応してくださった、
ゆりちゃん、さすが、ワインの女王でございます~。

そういえば、前回、ゆりちゃんとフードフランス行ったときも、
最初はローラン・ペリエさまが出てきましたよねー。

また一緒に行きたいなー。

8月大阪夏の陣のとき、みんなでランチここにしますかーっ?
がるぅ。