エルメス寄ってく?   

2005年 02月 26日

お仕事でお世話になり、すっかり仲良くなった、

NY在住のM子さんとバーニーズの近くのイタリアンで、

カラマリ(イカ)フライとシーザーズサラダとポリチーニ茸のラビオリなんかの

ランチを食べながら、またもやダメンズ話に華を咲かせる。

で、そろそろ帰ろうって頃に、

M子が「ちょっとエルメス寄ってく?」。



あああ、それがそれが、魔の言葉だったのよ!

691マディソンアヴェニューのHマークのお店に二人して入ると、

M子さんがブルージーンズカラーのちょっと大きめの

手帳を手に・・・。

素敵!

「ね、これ同じ色2ツあるけど、おそろで買っとく?」(M子さん)

「あら、いいわねー買っとくわ」と私。

おいっ、もうちょっと思考せんかい!



で、二人して、もう一生手帳はいらないよね?(なわけないやん)

とか、仕事のモチベーション上げるには、まずは手帳よね?とか、

でも、大した仕事してないのにねーとか、

それより私なんて、手帳最近ぜんぜん使わないのにさー。

スケジュールノートとメモ帳もつけてもらってお買い上げ!

ROSE IKEBANAっていうオーデコロンもお土産にいただいて超ご機嫌。

これがすっごくいい香り。



そして何気なく、「私お財布欲しいんだけど、この前ここに来たとき、

好きな色なかったのよね」と言うと、日本人の店員さんが、

「あら、今日このエルメスゴールドとシルバーの留め金のが

入ってきたばかりなんですよ」

と前から欲しかった悪魔のブツを私の目の前に差し出した。

値段を見る。ムリ!

もう、見せてはいけないもの、見せないでよねー。

ムリ、ムリ、絶対ムリやねんから



で、手帳を箱に入れてもらって、二人はもう大満足。

「どうして、こんなにお買い物って楽しいんだろね?」

そして、彼女と別れ、私はバーニーズへ。

プラダやゴヤール(ここの高いね)やフェンディなんかのバッグを見ながら、

でも頭の中はさっきのお財布のことでいっぱい。

もはや夢遊病者のようにバーニーズをうろついたあと、

エルメスから少しずつ遠ざかって行くけど、

頭の中はおサイフ一色。

と悪魔の囁きが・・・

「もう、一生おサイフはいらない。あれさえあれば・・・」

「いつ死ぬかわかんない。欲しいときに欲しい物を!」

そんな呪文を唱えながら、気がつくと、舞い戻ってました。

エルメスのあの魅惑の空間へ・・・。



あああん。M子さんの「エルメス寄ってく?」の言葉さえなかったら・・・。

前回のNYでも、彼女とバッタリ街で出くわしたのが運のつき、

「マノロのセール行く?」の言葉に即5足購入。

これらの散在にて、もはや今回のギャラすべてパーです。



夜はあつことご飯。

大好きなソーホーの「本むら庵」へ。

升酒をそれぞれ飲みながら、エルメス&お買い物話。

「やっぱり買うときに買わな」

「エルメスやったら、あきひんもん」

「トッズのバッグは飽きたけど、エルメスは一生あきひんもんねー」

「やっぱし、自分を呼んでくれるブツは買わなあかんねー」

などなどひとしきり勝手なことを言い合いながら、

デザートに抹茶アイスクリームを食べて死ぬほどお腹いっぱい。



帰り、歯ブラシを買うためにCVSに寄る。

「ちょっと歯ブラシ3ドル99って高すぎるやん?」と私。

「そうやねん。アメリカ、歯ブラシ高いから、いつも日本に帰ったとき買うねん」

とあつこ。

・・と4ドル99のREACHのが99セントになってるのを発見。

しかし、レジに持って行くと、

「これはならないと思うよ」店員さん・・・・。

「でもちゃんと書いてあったもん」と彼女を売場に連れて行く。

すると「違うけど、99セントにしてあげる」と彼女。

ああ、なんて優しいの。

これで4ドルも得したやんかー。

今日はエルメスの手帳とお財布、99セントの歯ブラシを買って、

最高の気分さ!

だからお買い物はやめられないのよ!

誰か、とめてくれー。

by madamregina | 2005-02-26 00:57 | Hermes