モテる男の条件   

2011年 02月 09日
モテる男の条件_f0215324_14111650.jpg



原稿に行き詰ったので、

久々に恋の話、いくわよーっ(ひーっ)


先日、書店で見かけた、


AERA 2011年2月14日号。

おおおっ!

表紙は、作家の伊集院静さんじゃないかっ。

いいね~。

お年は取られましたが、上品な男の色気は健在で、

その含羞を含んだ面持ちに、思わず、心ときめきました。


ご存知の人も多いと思いますが、

伊集院さんは、かつて、

あの、京都いち有名な 元芸子さん、佳つ乃さん 

など、数々の女たちとの浮名を流してこられた、

文壇最強の、ドンファン、にしてギャンブラー。

で、これは何度もブログやエッセイでも書いておりますが、

モテ男について、


語りたいと思いますっ。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



最近、これぞ!というモテ男の王道を行く人が

少なくなったなーと嘆いています。

だって、たいていがオレ様で、自分の話を聞いて聞いてだし、

甘えたがりやで、何かしてもらいたくて仕方ない男ばかりって

感じ。何かした分の見返りを求めるしね。



私の理想は伊集院静さんが言うような男だ。

ある女性誌に(名前忘れた)

インタビューされていた彼の恋愛論はおもろい。

(いや、別につきあいたというのではなく、

恋愛に対する思考が彼のような人という意味ざんす)

いくよーっ。

そんな伊集院さんの、恋愛語録~。




恋愛はとにかく与えっぱなし、つくしっぱなしがいいんですよ。

「これだ」という相手をつかまえたら、自分の時間と体力と金、

それらを全部使って、快楽や居心地の良さといったものを

与え続ける。相手には何も期待しない。

何かしてもらったら、余禄だと考える。


かつのさんにもそうだったのね(笑)
で、ドンファンはこのように結論を出してる






そのうち

「そこまでして恋愛しなきゃならないのか」という気持ちが

自然に出てくるんじゃないですか(笑)



野球でも、

来た球を反射的に打つときが

いちばん綺麗に打てるんです。

「こういう球が来たら、こうして・・」などと

計算しはじめると途端に打てなくなる。

恋愛もそれと同じで、計算が入ってくると歪んできます。



別れる時、憎しみが残る場合もあるだろうけれども、

できうれば、「ありがたかったな」という感慨を

持った方がいい。与えて与えて、

「それを受け取ってくれてありがとう」という気持ちですね。

人間関係でいちばん重要なのは品性ですよ。



そのために別れを上手にすることです。

相手に対する嫌悪感が沸点に達しているときに、感情的に

別れると、見なくてもいいものまで見てしまいます。

だから温度が少し下がったときに、相手に嫌われて別れる。

「相手によく思われて、別れたい」と色気を持っては

ダメです。

寝室で大便するくらいの覚悟を持たないと(笑)





うーん、しかし、

モテ道を極めるのも一筋縄ではいかないね。








ちなみに私が好きな伊集院さんの本はこちらです。


伊集院さんならではのホテルを見る、視線が素敵です。
(わたしとはある意味、正反対っ笑)



■マダ松 小耳情報:


知り合いの、ロンドン在住のコーディネーターさんが、

伊集院さんのスコットランドの旅などをアテンドしたそうですが、

もうーーーっ。その言動が、むっちゃくちゃオトコマエだったそうです。

詳しくは書けないのが、残念ですが、

しびれるエビピソード満載でした。




作家の愛したホテル
作家の愛したホテル
posted with amazlet at 11.02.09
伊集院 静
日経BP社
売り上げランキング: 187839

by madamregina | 2011-02-09 14:11 | The Men | Comments(9)

Commented at 2011-02-09 15:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by madamregina at 2011-02-09 23:55
☆超魅力的な鍵コメさまーっ

おおおおおおーっ。
激しく心騒ぐ、コメントありがとうござますっ!

いや、ほんと伊集院さんって、マジ顔の造作は、
どうよ?といえる、どちらかと言えば、
美形からほど遠いところにいる人ですよね。

ところがっつ!
わたしも以前、東京の山の上ホテルで、
執筆で缶詰になっていた、先生とちらりと
遭遇したことがありまして。

そのときはもう、貫徹で原稿書いておられたような
ボッロボロのズッタズタな風情で、髪の毛もバッサバサ(笑)
なのになのに!
心臓の奥にじじいーんっと萌ビートが生まれるような
ものすっごいフェロモンで、
思わず、ついていきそうになりました。
いまもあの時の、先生の、とんでもない色気、男気、
いつ死んでもええよ、別に・・という(いや、勝手に想像してですけど)破滅的(私も実はこのタイプ弱いです)な
孤高の文士の香りが蘇ります。
ジャケット着ておられましたが、
なんというか、着流し似合いそうでしたもん(笑)
Commented by madamregina at 2011-02-09 23:55
わたくしも、いわゆる「イイオトコ」っていうのに、
ときめいたことは皆無、であります。

だいたい、デブ専好きですし(笑)。
目も覚めるような美男は、たいてい、お金もないし(えーっ)
チビでデブで、でもセクシーなんて人に
わりとひかれてきました。

でも、鍵コメさま、早くに結婚されて、
みなが超憧れる、外国のリビング誌に出てくるような
暮らしをされてて、
ダーリンさまに愛されていて、いまだにいっぱい貢いでいただいていて、
なんて幸せなんでしょう。
しょうもない、オトコはいらんですね。

いえいえ。わたしのこいばな劇場なんて、
もう1世紀前に緞帳、落ちております(ひーっ)
でも、誰かを、恋する気持ちは持ち続けていないと、
おもろない、人生だ、なんて考えるのは、
やっぱり、恋愛体質なのかもしれません。

なーんて。

でも、ときどきは、男や恋について、
また語ってみたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたしますっ。



Commented at 2011-02-11 18:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by madamregina at 2011-02-11 23:27
☆すーちゃーんっ

シンガポールでどうしてるのかなー、
元気にしてるかなーって気になってたんだけど、
おお。恋してたのね。

9ヶ月もったなんて、すごーい。
知らない間に閉店男より、1000倍進歩ですね。

しかし、男は顔で選んではいかんよ(笑)。
ハンサムなのに、ロクなのいないからー(えっ?)

でもその人とは縁がなかったわけで、
次のページ、めくろっつ!w

ま、ホテル課に転属ですか?
ほんとシンガー行きたいです。
セントーサあたりも、すごいらしいし、
景気もよさそうですよね。

そのときは美味しいお店、案内してくださいねー。
Commented by madamregina at 2011-02-11 23:32
☆鍵コメHさまっ

ひゃああーっ。
ようこそようこそ。Hさまっ

とってもレアな情報に思わず、3度読み返しました。
いいなあ。どんな会だったんだろう。
そのセリフ、痺れました。
あくまでも、「行ってきたら?」じゃない、

「行っておいで」激萌ーーーーーっ。
まさに、伊集院さんらしい、お言葉です。

いまは篠ひろ子さんと、確か青森とかに住んでらっしゃるんですよ。
なんだか最後の文士という佇まいにも超ひかれます。

魂が高潔な感じがありますよね~。

それにしても、
わたしも一度でいいから、言われてみたい。
「行っておいで」

きゃああーっ。素敵すぎますっ


Commented at 2011-02-12 03:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MARI at 2011-02-12 13:51 x
マダムッ

昨日はゆりちゃんを通じてわが愛猫・老オニギリに温かいメッセージをいただき、ありがとうございましたっっ
ゆりちゃんとM子さんと昨日は鰤シャブデイだったのですが、宴の間も、マダムの話題三昧でございましたーーーっ!ほんとにまた痩せて綺麗になられたよねーーーどうやったらあんなに綺麗に痩せられるのか?とか。乙女の話題は尽きませんでした。クシャミは大丈夫でしたかっ?!

で、伊集院氏。
「このおっさんのどこが良くてそんなに美女にもてるんじゃろう??」と未熟なわたしはかねてから」不思議で仕方がなかったんですが、なるほどなるほど・・・そらもてるわ(笑)
とはいえ、お相手の美女様方は皆さん、どこか共通項がありますよね。

「甘えたがりやで、何かしてもらいたくて仕方ない男ばかって感じ。何かした分の見返りを求めるしね」というマダムのお言葉。うんうんうんっ!と激しく頷きましたっ
でも個人的には、男性よりもそういう娘さんの方が多いような気もいたしますっ
って、自分が同性だから、どうしても目についてしまうのかな?
Commented by madamregina at 2011-02-14 21:54
☆愛しのMARIさーんっ
先日の雪見酒@ブリシャブの午後。うらやましすぎましたー。
ゆりちゃんのブログで、激写されてた、おにぎり君の姿にちょっと涙で。
なんか、元気になってて。ブリシャブ食べる後ろ姿に、確かな生命力を感じました。もうちょっとぜったいにガンばって欲しいーーーーーー。
きやいんきゃいん。そんなに、いっていただいて、
イチコ感激。いや、世界中の穴掘ってはいらなあかん(笑)。
いえ、年末から2キロ超えたまま、
あとは坂道を転げるように、ブーデー道まっしぐら。
でもいいのー。美味しいご飯を食べるときがいちばんしゃーわせですもん。
でええええーっ。
伊集院さん。wたしも、そりゃ、こんな顔、ぜったい苦手です(笑)
なのに、なぜもてるかって、そりゃあ、もうフェロモン炸裂。
うん確かに、男に何かしてもらいたい。
甘えたい・・・という気持ちを全面に出している女子が
このような方に吸い寄せられるのでしょうね。

んーーーーっ?!
そいえば、他力本願の女子も、多いよね。
(って人に言えるか、わし)いや、それよりもゆりちゃんのあとをついて、NYにマリさんと行きたいわたくしです。