お手本はやっぱり、Parisのマダム   

2011年 02月 14日
f0215324_22262132.jpg



お洒落の達人・・・というと、

やっぱり、パリのマダムを思い描いてしまいます。


アメリカやイギリスにはね~。

目を見張るお洒落さんは少ないです。


いえ、もちろん、NYのアッパーイーストあたりを闊歩する、

クロコにダイヤモンドの留め金(ひーっ)なんていう、バーキンを持った

強烈なマダムに遭遇したり、

ラルフローレン本店のホームウェア売り場で

カシミヤのクッションを優雅に選ぶ、ジャッキースタイルの、

ファッションブルな方たちも見かけたりはしますが、



パリのマダムの、あのこなれ具合には、かなわないねー。

彼女たち、とにかく、やりたい放題ですから。

他人の真似なんてもってのほか。

ファッション雑誌の押し売りなんて、憎んでるほど(笑)

流行なんて、何それ?という小気味いいまでの、

わが道一直線、女のお洒落道は、真実一路な、人が多い。


でも、そのコーディネートは、そんじょそこらのオネエちゃんが

逆立ちしても、決してかないません。



その人の、これまでの、

歴史やキャリアや恋や失恋や結婚や離婚なんていう、

女の人生がギュっとつまっているような

奥深く、味わい深い、ファッションです。


というわけで、前置きが長くなりましたが(いつもだけど)

今回レジィーナ ロマンティコで、ご紹介するのは、

パリのマダム風コンサヴァスーツです。

どう?



f0215324_22244996.jpg



このスーツはオーナーデザイナー阪口社長の、イチオシスーツ。


「コンサヴァだけれど、ちょっとパリ風エスプリで、

ひねりを加えた、古き良き女優スタイル」がコンセプト。


また、バービーコレクターでもあり、奥様は魔女のサマンサスタイルを

こよなく愛する、阪口社長。

そんなバービーとサマンサのエッセンスもちらりと効いた、

一見、オーセンティックなスーツながら、

実はとっても、表情豊かな、お洒落なスーツなのであります。

パールをしても、素敵だけれど、


白いパンツやジーンズに合わせたりして、


ちょっとドレスダウンした、着こなしも楽しめるスーツだよね。



f0215324_22255013.jpg










わたしが目指すのは、やっぱりカトリーヌ・ドヌーブな女(言ったもんがちっ。ひーっ)

あるいは、ジャンヌ・モローのような女。

はたまた、ジェーン・バーキンのような女であります。




そういえば、カトリーヌ・ドヌーブが徹子の部屋にゲスト出演したとき、

どんな格好だったと思う?

ごく普通のセーターに、パイソンのタイトスカートよ。

その、力抜けてるけど、高度なファッションセンスに痺れたましたわ。



それにしても、


パリの街を歩いていて、

びっくりするのは、もう70歳はぜったい過ぎてるやろーっておばあさんでも、

めちゃくちゃ女を意識してるってことであります。



以前、パリに仕事で行ったとき、

メトロで、実にセクシーなおばあちゃんに出くわしました。



髪は銀髪。でも、ビシっと口紅真紅で。

パステルの優しいピンク(!)のセーターに

年代を感じさせるエルメスの香水ビンがついた皮のペンダント。

スエードのベージュのタイトスカートに、靴は5センチぐらいのヒールです。


きょえええーっ。

そして、ブランドもんじゃない、上質な皮のバッグ。

イカしてましたね~。





もちろん、フォーブルサントノレあたりを歩く、

ゴージャス!リュクス!リッチ!な、


毛皮&ジュエリーざくざくの、バーキンマダムも素敵ですが、

メトロの女も負けてません。

あっぱれです。パリの女。



わたしは仕事だったので、


アバクロのボーイズいつものカーゴパンツに、

ジョギングスーツっていう、女捨ててるカッコウで、

激しく恥じました。



どこかで読みましたが、


パリはいい女を作る街だそうです。



そういえば、わたしが憧れる女、岸恵子。

彼女もパリの街いよって育てられ、素敵に歳を重ねた、


パリのマダムの代表ですよね~。


まだまだ1000年ぐらいは修行しなきゃ、なわしですが、

レジィーナのお服を着て、

気分だけは、パリのマダムよっ。ひーっ。


[#IMAGE|f0215324_22265551.jpg|201102/14/24/|mid|520|924

by madamregina | 2011-02-14 22:28 | Regina Romantico