お洒落大作戦 @Les Miserables London 23rd June   

2011年 06月 29日
f0215324_1564217.jpg



ひえええええーっ。

わたくし、なんとか、『イギリス哀愁旅』 より生還いたしましたああ。

いやしかし、今回の旅、これまで以上のシアター三昧で、

5泊7日の間に観たステージといえば、

Michael Ball のHEROES TOUR 2011のRoyal Albert Hall 2回。

6月23日、
West End、Queen's theaterで、ニューキャストによってリオープンした、

Les Miserables 3回(!)

なにせ、あの英国一人気のあるオペラ歌手、Alfie Boe がジャンバルジャンを演じるということで、

大変な話題になっておりました。

って、わたくしもアルフィさまに会いたくて、ロンドンくんだりまで、

出かけたわけですけどね。

そして、

オペラ座の怪人の続編である、Love Never Dies.

さらに、ロンドンから移動して、またもや旅ガラス三度笠。

Devon州のの、どかな海辺の街、Piymouthで開催された、

Michael Ball コンサート再び・・・

と、かように、計7回、劇場に突撃してまいりましたあー。

まあ、その中の超ハイライトといえば、

やっぱり、世界中に愛され続けている英国ミュージカルの金字塔

Les Misのオープニングナイトでしたねっ

ま、わたし的には、ほんっとのほんとのハイライトは、Plymouthのマイケルライブだったんすけど、


それはここに書くにはちょっと・・・・なので(笑)

そのうち、裏ブログに詳細を書きたいと思いますっ。


とういわけで、Les Misですっ!

なにせこの日は、英国ミュージカル界にとっては、かなりの大イベント。

お洒落していかなくちゃねー。

ほんっとはソワレで行きたいところですが、

寒いがな、ロンドン(ひえええええーっ)

で、まずはホテルでひとりファッションショー

だいっすきな豹のノースリーブ、スーツ。これでいっとく?

f0215324_2113020.jpg


ウエスト部分の3段フリルとスカートの裾のフリルが超キュートなんですよね~。

f0215324_2193846.jpg



それとも、これ、半袖黒のスーツでいっとくか?

f0215324_2135164.jpg


こちらのデザインもウエストの3段フリルとスカートの裾フリル、

そしてパワーネット生地づかいがクールなのよね~。


f0215324_2154266.jpg


ちなみに、靴はどれにする?

f0215324_2205863.jpg



今回アシアナ航空の乗客となったわたくし、トランジット先のインチョン空港のDFSで、

CHANELのこの靴を購入。

レジィーナの阪口社長から一度お借りして以来、その履きやすさに、

目からウロコ2000000000万枚。

本来、どこにでも裸足で出かけたいぐらい、何を履いても、痛ーーーっとなる、

気分はマサイ族さながらの

わたしにとってはまさに、蝶々の羽のように軽くて、超ラクチンなヒールなの。


元美さん、マネしてすみませんっ。

f0215324_2224850.jpg


しかし、このニューシューズを下ろすのは、ちょっともったいねー(笑)

ということで、お洋服はやっぱりお気に入りのこちらとバルーンのコーデにして、

いつものシャネルのブーツに決定。

お隣りにいるのは、ツイッターで知り合った、Akikoさま。

ミュージカルがお好きで、Alfie Boeのファンという共通の趣味ですっかり意気投合。

彼女も6月23日のオープニングに合わせてロンドンにいらしてたので、

ご一緒することにしましたー。

f0215324_2275618.jpg



といわけで、きゃあああーっ。

Queen'sが見えてきただけで、おいら、心臓一気に肥大。ぜぃぜぃっ。

誰か~っ。助けてーーーーっ。

f0215324_234297.jpg



この劇場は15年前、、わたしの魂を根こそぎさらっていった

Michael Ball のPassion が上演されていた、なつかしすぎる劇場なんです。


記念撮影よっ。



このステージドアで、何度マイケルを出待ち、入り待ちしたことでしょう?

f0215324_2553865.jpg



なつかしすぎて、涙が出ちゃう。



劇場に入ると、すでに、沸騰っー。

なにせ世界中のレミゼファンが今日ノオープニングを目指してきてるんですからね。

ひとりひとりの、期待度が、すっごい熱波となって、

まさに、劇場を燃やしかねない勢いっす。



ああ、好き好き。この熱気こそが、ミュージカルの旬中の旬の醍醐味。

いましか、この日しか、この時間にしか、ぜったいに味わえない、

極上の魔法がかかってます。マジで。



f0215324_2413253.jpg


f0215324_2455331.jpg


Les Misは以前、もう少し大きなPalaceでやってたのですが、

いつの間にか、Queen'sに変わってたのねー。

少し小ぶりになっただけに、その迫力が、どんだけ~と想像するだけで、

幕が開くまでに、アドレナリン出過ぎて、卒倒寸前。

ふと仰ぎみると、天井もなんて、美しいんだ!

f0215324_2492320.jpg


さて、はじまるよーーーーーっ。


そして、わたしは、Alfieに会えるのだろうかっ?!

いかにっ!


というわけで、続きまする~きゃいーん。

by madamregina | 2011-06-29 01:52 | London | Comments(7)

Commented by terutonetu at 2011-06-29 11:16 x
お久しぶりです
海外の劇場の天井って素敵なところが多いですよね
パリのオペラ座のシャガールなんかも驚きました
ところで来月はじめてベトナムのダナンに行きます
ホテルもよさそうなので楽しみにしています
http://www.thenamhai.com/resort_home.html
Commented at 2011-06-29 11:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruruchien at 2011-06-30 00:43
きゃ~~楽しみです!
前回のUK旅の、あのドラマ仕立ての毎回興奮だった日記再び。
と、思うと次回(そして裏ブログ)が待ち遠しいです^^
Commented by madamregina at 2011-07-02 23:00
☆terutonetu さま

お元気でしたか?
本当にヨーロッパの劇場ってとっても雰囲気ありますよね。
ロンドンは特に、小屋、というムードをいまに残すところも多く、
演劇の歴史を感じずにはいられません。
そこがウエストエンドの魅力でもありますー。
わあ、ベトナムですか?
お食事も美味しいんですよね。
一度行ってみたい国です。
Commented by madamregina at 2011-07-02 23:03
☆鍵コメJさまっ

わああ、ありがとうございます!
そんなにまでお褒めいただき、めちゃうれしーです。

いいなー。またまたハレクラニですか?
わたしは今年は8月末から行く予定です。
今年はリノベートも開始されるようで、11月はエイペックとかなり
混み合いそうですよね。
わたしもぜひぜひお目にかかりたいです。
ハワイで無理なら、ぜひ、地元で!(笑)
楽しみにしております。
Commented by madamregina at 2011-07-02 23:04
☆yocoちゃーんっ

お元気ですか?
そ、そ、そでしたー。
あの、すっとこどっこいデブリン物語から、早2年。
今回は、どんな結末が待っているのでしょうかっ(ひーっ)

もうー、お話したいことがマウンテンですっ!
Commented at 2011-07-03 22:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。