永遠のパール   

2011年 09月 17日
f0215324_18555199.jpg



最近、レジィーナのお洋服を着るときは、

パールをつけることが多くなりました。

上品な輝きを放つパールと

個性的でエレガントなレジィーナのお洋服って、相性バツグンなんですよね。




この光沢感のある新作のトップスとスカートと


パールの組み合わせもすっごく気に入っています。

シャンパンベージュの輝きと優雅で気品のあるパールの輝きは

お互いをとっても美しく引き立てあっていると思います。

いかがかしらん?


f0215324_208417.jpg




わたしがパールの魅力について、改めて気づかされたのは、

ザ・デイ・スパのスパディレクター、河崎多恵さんのパールのつけ方が

ほんとうにかっこよかったからでした。

これまでわたしが思っていた「パールの掟」を

見事に裏切ってくれて、

重ねづけやカジュアルなファッションにも

極上パールを惜しげもなく、あわせる、そのパールとの付き合い方に

目からウロコ100000000000000枚っ。



そんな、多恵さんから、お誕生日のお祝いに

なんと、すばらしいパールを頂いたのでした


f0215324_15475742.jpg




パールにはいろんな種類、クオリティがあるのですが、

わたしが頂いたのは、真珠の最高峰、あこやの超高級なパールネックレスでした。




こちらはパールのネックレスの中でも最もベーシックな長さ(約42センチ)のもの。


これまで、このタイプは、結婚式などの、冠婚葬祭や改まった席で・・・という


固定観念があったのですが、

もっと自由につけてみれば、意外とどんなシーンにもマッチしちゃうんですよね。



わたしなんて、この前はアバクロとホリスターのTシャツにもつけちゃいました。

Tシャツは紺地にホワイトのロゴが入ったもので、

パールの白い光とコーディネートさせてね。



ちょっとすましたパールだけど、味方につければ、こっちのモンよ(笑)






レジィーナの新作は、トップスとスカートともに

どちらかといえば、フォーマルな雰囲気ですが、

スカートをジーンズに履き替えて、そのまま、パールをつけても

ぜったい素敵よね。



f0215324_209430.jpg



みなさんのジュエリーボックスにも、

冠婚葬祭用や、お母さんから譲り受けた昔のパールが

眠っていませんか?

ぜひぜひ、取り出して、

もう一度つけてみて!

若いころは、なんだか、ちょっとダサく思えたパールが、

きっと新鮮に思えるから。

本物のパールは、

たくさんのファッションを楽しんで、

たくさんの人生を重ねてきた女にこそ、似合うのよっ!きゃん。

f0215324_20513074.jpg

by madamregina | 2011-09-17 18:57 | Regina Romantico