Interview with Michael Ball (Sweeney Todd)Part 1   

2011年 10月 14日
f0215324_20233856.jpg



f0215324_12202165.jpg



ひええええーっ。

わたくし、昨日、イングランド、ドサ周りより、命からがら戻ってきましたー。

しかし、帰りのJAL402のフライトももう大変快適でして、

シートベルトサイン一度も出ることなく、6時間連続で、安眠ー

ふだんは眠れないのよね、ちょっとタービランスあっただけで。

2回目のお食事はカレーと和食ハンバーグという濃い食事まで頂いたオレ。

ふっかーっつ。



さて、冒頭の写真は、

今回の英国旅のもうひとつの取材目的、

Chichester で上演されている、

Chichester Festival 2011の参加作品、

Michael BallのSweeney Toddのワンシーンから。

英国のWest Endを代表するスター、Michael Ball出演で、

いまいちばん話題を呼んでいる作品です。

9月24日から11月5日までの上演で、わたしが観たのは、

初日から10日ほどたった時期で、そりゃ、もう劇場は活気むんむん。

Chichester はイングランドの南に位置する、2000年の歴史を持つ街。

ローマ期にあった円形劇場が公園の地下に埋められているそうよ。


わたしがステイしていたGeorge Bell Houseは、

チチェスターのランドマーク的存在、この大聖堂のすぐ前。

教会が運営するイン。雰囲気あるよね。中身はともかく(笑)


f0215324_12102070.jpg


f0215324_12125260.jpg





Chichester はどこかNYのLong Island 、East Hamptonを思わせる、

海辺のお洒落な雰囲気もあるのよね。

毎年、

このChichester Theater Festival目指して、イギリス中の人が訪れるみたいですが

ある意味West End以上に、芸術性の高いところ。



f0215324_11364339.jpg


観客も、心の底から演劇が好き、ミュージカルが好き、

これまでの人生、シェイクスピアの舞台にかけてきましたーというような

筋金入りの演劇ファンが多く、

そのアトモスフェアはWest Endの劇場とは一線を画すものでした。

インテリジェンスを感じさせる劇場でした。

f0215324_11591746.jpg



わたしもレジィーナの大人気新作ベロアスーツと、

フォックスファーストールを持って記念撮影。

昔ロンドンのポートベローの

アンティークマーケットで買ったCHANELのブローチをつけてみました。

このジャケット、ポッケのミンクが超キュートなんですよね。

こちらのミンクは取り外し可能で、フォックスやヒョウと取り替えも可能です。

ファーをつけないときは、ベロア素材のシンプルなポケットになり、

ベロアスカートとのコーデもばっちりです。



f0215324_1203645.jpg


f0215324_1245118.jpg




で、どんな舞台だったかって?

そりゃあ、もう、度肝抜かれました、マジで。

10月7日(金曜)から10月11日まで5回鑑賞したわけでありますが、

初日からドラマティック。

というのも、

約40分上演しただけで、いきなり、舞台セットのテクニカルプロブレム。

「5分でフィックスしますから」という言葉を信じてましたが(ひーっ)

結局40分ほど待たされて、

なんと、主演のMichael BallとImelda Stauntonが

「テリブルソーリー」と謝罪してキャンセルになるという前代未聞のアクシデント。

でも、たった40分でしたが、

わたくし、Chiester Theaterの劇場の椅子が、

電気椅子か?と思うほど、全身に電流走りまくり(ひええええー)

息もできませんなんだ。

なにしろ、Michaelが、あの太陽のような笑顔のMichaelが、

おぞ気が走る、殺人鬼になってるんです。どう、これ?

ほ、ほ、ほんとにMichaelなんですかっ?!

Where is Michael?

Big shock.


舞台についてはまた裏ブログに詳しく書かせていただきますが(笑)

とにかく、いままで気がつかなかった、自分の心の暗闇の扉をがががーーーっと

開けられるような作品なのでしたー。すっごー。


特に、恋に落ちたシェイクスピアや、ハリーポッターなどの映画でも


そのバツグンの存在感で知られるImelda Stauntonの演技がもうー、強烈すぎたー。



ご興味のある方は、こちらのプロモーションをごらんくださいませ。

このスティーブン・ソンドハイムの名曲のは、はじめ、不協和音満載で、

なんとも不吉な予感に心乱されますが、聴き続けると、もう虜。

耳から離れません。

それにしても、この作品は、


間違いなく、マイケルにとっての代表作になるだとうと確信しました。

Michael's sweeney is scary,dark,sad,such a truly horrible.

But very adorable, breathtaking and superb.


Definitely it will become Michael's masterpiece in his career.

.










というわけで、なんとか、Michael Ballのコメントを聞きたいと、

インタビューをお願いしましたところ、快く引き受けてくれましたー。

ああ、やっぱりマイケルっていい人すぎるー。

この続きはまた追ってーーー(ひええええーっ)


こちらは彼の楽屋で。

写真を撮ってくれる人がみつからず、

「Ok,こうしたらいいよ」とわたしのデジカメを撮って、

自分の左手をぐーんと上げて、

この写真激写してくれたのでしたー。ピンボケだけどいいのー(泣)

Thank you so much Michael!


f0215324_19551585.jpg


Michael の最新CDです。
Michael Ball CD HEROS




f0215324_0372317.jpg


こちらは11月24日発売の、今年5,6月に行われたUK TourのLive DVD

(はいっ。わたくし、6月に行きました。ひーーー)

f0215324_0401258.jpg


Pre-oreder はこちらから

by madamregina | 2011-10-14 12:51 | Michael Ball