芦屋で人気のお料理教室@アランチャ   

2012年 01月 29日
f0215324_23152597.jpg


芦屋のカリスマ料理研究家、中西しゅう子先生が主宰される、

お料理教室「アランチャ」に月に1回のペースで

通っています。



「いっちゃんも一緒に行こうよ」

と誘ってくれたのは、レジィーナ・ロマンティコの阪口元美社長です。

元美さんは、ほんとうにお料理がお上手なのー。

さささーっと、あっという間にめちゃゴージャスでお洒落な料理を作ってくれます。

そんなメニューの中に時々登場するのが、

しゅう子先生のお料理教室で学んでこられたレシピ。


いやん、美味しい!

そう思って、通いはじめました。

芦屋の山手のアランチャお料理教室には、いつも太陽の光がさんさんと差し込んで、

生徒さんたちの笑い声が絶えません。


f0215324_0262149.jpg


たぶん、いちばん笑っていらっしゃるのは、しゅう子先生。





楽しいお喋りの合間に、

パッパッと、先生から指示を受けながら、

お野菜を洗い、にんにくを刻み、生クリームを溶き・・・



あっという間に、毎回5品ずつ、前菜からデザートまでを作っていきます。

この日は、まぐろとオレンジの前菜。

かにとごはんのスフレ(美味しーーーっ)。

白菜とベーコンのリングイネ(白菜は丸ごとひとつ!)

豚肉とアボカドのロールカツ(中に挟んだ焼き海苔がミソ!)

ちょっと誰も思いつかない、奥深いレシピなんだけど、

どこにでもある材料で、手早く、でもお洒落なお料理が作れるのが、

しゅう子先生のお料理教室の魅力!

お楽しみは、大テーブルでみんなで頂く、お食事ターーーーイムっ。

f0215324_2312492.jpg



この日は、1月だったので、新年の乾杯をかねて、ロゼ泡も頂きました。

f0215324_23124789.jpg



ここに集う生徒さんたちは、あっと驚くセレブリティな方や

芦屋マダムも多くいらっしゃいますが、

そんなことに関係なく、和気あいあい。

みなさん、とっても個性的でチャーミングで、あっという間に打ちとけちゃう。

そういえば、

「マダムのブログ、ずっと見てますよ!」なんて言ってくれた、

とっても素敵な生徒さんとのうれしい出逢いもありました。


毎回、みなさんのお洒落チェック(笑)も楽しみ。

えーとちなみに、この日のわたしは、元美さんとお揃い(色違い)の豹柄新作です。


元美さんはスーツで。ティアードのスカートがかわいいい。

わたしは、いつものベトコンパンツに(ひーっ)、ジャケットのみを着ております。

ジャケットの胸の開き具合がとーーーっっても気に入っております。

このスーツ、大人気ですわよーっ。


f0215324_22523056.jpg





みんなでオペラから野菜王子の話まで、もう、楽しいったら。

そして、もちろん、あのお店やこのお店など、すっごいレアな情報交換の場。

さっそく京都の某店に、有志ですっぽん鍋を食べに行く約束が交わされましたっ!


しゅう子先生のお教室は人気すぎて、行きたいときに、なかなかいけないのが難点。

いつも明るくて、エネルギッシュで、お洒落で、きれい。

そしてなにより、元気いっぱい。

どんなに凹んでいるときでも、しゅう子先生の笑顔を見ると、

わたしたち、一発で、元気になれます!



この日は、しゅう子先生に別件で取材をさせていただきました。

レジィーナのタツノオトシゴスーツのジャケットを着た先生。

素敵!


f0215324_23104136.jpg


しゅう子先生のご著書に、サインをいただきました。


f0215324_23242395.jpg



アランチャのイタリアンレシピブックには、

りんごとチーズのポークカツレツや、アボカドと蟹のグラタン、

大根とドライトマトのサラダなど、えびとポルチーニのリゾットなどなど、

四季折々の旬の素材で作った、元気の出るイタリアンレシピが満載です。

しゅう子先生が、このお料理教室でいちばん大切にされていることは何か、

伺いました。


「とにかくみんなに元気になってもらうこと!」

わかるーっ。

だからもう20年以上も、通い続ける生徒さんたちばかりなんですね〜。

月曜日から土曜日まで毎日、開催。

行きたいときに、空きさえあれば、自由に予約出来るのもいいんですよね。


本当に元気になれる、最高に楽しくて、最高にごきげんで、

でもとってもお勉強もできる、素晴らしいお料理教室なのです!

ちなみにアランチャとは、イタリア語で「オレンジ」という意味。

イタリアの豊かな食材、そこで生きる人々の陽気な人柄にひかれて、

イタリアを旅した先生が出会った、シチリアの美しいオレンジ畑。

大らかで明るいイタリアを象徴するような、その景色に感動して、

アランチャという名前をつけられたのだとか。

ああ、なんて、しゅう子先生らしいのだろう・・・と

ますます、しゅう子先生のファンになったのでした!




f0215324_047065.jpg

by madamregina | 2012-01-29 00:40 | Gourme