たまにはダイエットについて語ろう   

2012年 05月 24日
わたくし、自慢じゃないが、

ダイエットにはまったくもって、興味ありませんなんだ。



でも、2年前に、人生最高の体重を打ち立て、

一念発起して、約1年間で10キロ痩せたのでありますよ〜。

しかし、決して痩せたい・・・というわけではありませんでした。

いちばん大きな理由は、

このまま、いけば、生活習慣病まっしぐら〜というのがなんとなくわかったから。


ま、10キロマイナス・・・ってこの数字だけ見りゃ、かなりの減量のように聞こえますが、

なにせ、はじめが、えらくブヒっておりましたからねー。



いまだって、標準体重からすれば、まだ5キロもオーバーしてますから。





しかしながら、わたくし、

最初から、

ダイエットしよーなどという、

シャラクセイ気持ちはこれっぽちもございませんなんだ。




ま、あったとしても、うちの庭に生息する蟻の額に浮かぶ汗くらいっすかね。

もともと、おれの趣味はオトコもオンナもデブ専っ。

ラッセル・クローのデブ最盛期にときめき、

ジェラルド・バトラーのおデブ怪人(オペラ座よっ)によろめき、

おっと、忘れちゃいけねー、

デブ専の星、我らがスター、マイケルボールを追いかけて、


地の果てまでも旅したオレですから。




痩せっぽちなオトコにはまったくもって、キョーミなしっ。



痩せた、というか、スタイルのいい女を見るたび、

やっかみ190%で、

「どーせ、あんたたち、美味しいものの味なんて知らない哀れな欠食人間よっ。

お洒落で、話題のレストランなら、

うっまーと感激出来る、幸せな勘違い舌をお持ちで、そりゃ良かったな。

フォアグラだって、まともに食べたことないっしょー。

ケンタのフライドチキンなんか、この世の悪としか、思ってねーだろー。

すかした顔してさー。気取ってんじゃないよー、まったく。レタスだけ、食べと
け」




とまるで相手にされてないのに、


デブマダは、哀しく吠えまくっておりました。

いや、荒んでおりました・・・・(恥)




翻って、おれは、


思えばこれまでの人生、つくづく「脂福」を肥やす日々であった




なんと脂ぎっしゅで、満腹食堂な日々であったことか。

そんな満腹食堂人生で、

ふと、気づけは、体重60キロ。ぎょえーっ。


ちなみに身長は155すよ、悪いか。がるー。




そして、

エイリアンのデコっぱちか、新幹線のぞみの先頭部分のように、

ずっこーんとつき出た腹回りは、そうとうなもんでしたぜ、旦那。





忘れもしないわ。

KIDBLUEでショーツを買おうとしたときのことを。


「お客さま、ウエストはきちんと計った方がいいと思います」

Mサイズのパンティーをしっかり持つ私を呼び止めた

店員さんのことを。



その彼女に、あっという間に、ウエストをメジャーで計られ、

数字を聞いたときは、まじ、卒倒寸前っ。


は、は、80センチって、うっそやろー、うそと言ってえー


わたしは、彼女に言いましたよ。


「えーっ、そんなー。この前65センチだったのにー」

って、何十年前すか。




わかりすぎる嘘を言うおれに、

彼女は優しくなぐさめてくれた。



「あ、ジーンズを履いておられますものね。


この測り方じゃ、誰でもいつもより、多くなりますよ」



だが、彼女が計ったのは、ジーンズの下だったのよ(がっくーん)。



このとき、おれは思ったね。

80センチのウエストって、ちょっと凄くね?

でも、それでもまだ、ダイエットなんて、

髪の毛一本も考えなかったわね~(ひえええーっ)


ちなみに、これ、最高の体重を打ち立てていた頃よっ。

3年前のバリ島コモシャンバラにて。

(ああ、レジィーナの元美社長と7年ぶりの再会を果たした、

記念すべき、バリの旅・・・)

このどすこいブリ、いい感じ。えっ。

f0215324_014918.jpg



これも、たいがいっしょ?

2008年のハワイ〜(ひーっ)

f0215324_0234052.jpg





続く~。

by madamregina | 2012-05-24 23:57 | Madam's Beauty