元美さんのこと   

2012年 09月 06日
f0215324_12321017.jpg


8月31日は私のお誕生日でございました〜

いやもう、いくつかって? そりゃヨーダよ、ヨーダ(って毎年言ってるな)

バースデーの朝、わーーーーーっ。

レジィーナロマンティコの阪口元美社長より、お花が届きました。

ひんやりとしたボックスから登場したのは・・・


きゃーーーーっ。こーんなラブリーなケースですっ。

f0215324_211322.jpg


どうしましょう。こんなお花、もらったことないっ(ぜぃぜぃ)

f0215324_212754.jpg



この、まるでイングランド郊外のカントリー・ハウスのガーデンに、

ありそうな、ウッドボックスの蓋をあけると・・・

わああーっ!と思わずひとりで感動の声が出ました。

なんてきれいなんだー。

なんて素敵なんだー。

f0215324_2395396.jpg


f0215324_216152.jpg



実はね、元美さんからは、数日前に開催された、リーガロイヤルホテルでの

私のホテル講座最終回にも、

素敵なアレンジのお花を頂いたばかりだったのです。

f0215324_219458.jpg





このお花を見た瞬間、元美さんの笑顏がぱああーっと広がって、

じーんとしてしまった、私。

f0215324_157085.jpg







アレンジはもちろん、元美さんの親友、フラワーデザイナーの安達美保さんです。

美保さんは本町にあるフラワーショップ「月の庭」のオーナー。

このブログでいつもご紹介する、レジィーナ軍団のお写真でも馴染みですよね。

f0215324_12323195.jpg





いつも美保さんのお花を見て感じるのは、贈る人の想いをお花に託す天才だな・・ということ。




このエレガントでふんわり、優しくあったかなアレンジには、

なんだか、元美さんからの

「壱子さん、お誕生日おめでとう。いろいろあるけど、これからも頑張って!」

という、声が聞こえたようで、

ほんとにほんとにうれしかった!


f0215324_1248299.jpg



レジィーナロマンティコのブログでも、

私へのバースデーメッセージを書いてくださって、

もううれしすぎましたー。

これよこれ。

Happy Birthday to Madam Ichiko


こんなたくさんの写真をセレクトして、素敵なブログを書いてくれた、山田優雅ちゃん。

f0215324_1214846.jpg


f0215324_122409.jpg


元美さんのお花と同じく、いちばんうれしいバースデープレゼントでした!

レジィーナロマンティコのスタッフのみなさんからも、

バースデーメールを頂きました。うれしすぎるー。

みなさん、ありがとうございます!




思え返せば、元美さん、そしてレジィーナロマンティコとの出逢いは、

10年前にさかのぼります。

私は、当時オープンしたばかりのレジィーナロマンティコ帝塚山店の

すぐ近くに住んでいたのです。


閑静な住宅街に登場した、とっても洗練されたお洒落なブティック。

そそられるディスプレーに、吸い寄せられるように、

店内に入ると、そこには、いままであまり日本では見たことのない、

ヨーロッパのマダムたちが着るような、すっごく趣味のいい、

素敵なスーツやワンピース、毛皮などがあって、ときめきました。

アドレナリン炸裂っ。

でも当時の私は、Ralph Laurenやアバクロやアメリカンカジュアル一辺倒の、男らしい女で(笑)

こんなにエレガントなお店ではお呼びではないよね〜とあきらめていたのです。


壁ちゃんがいました。


壁ちゃんは現在、レジィーナの統括ディレクターとして活躍していますが、


当時から、ほんとに独特のお洒落感の持ち主で、

その着こなしは、ほんとにかっこよかったのです。

壁ちゃんとはすぐに仲良く、お話するようになったのですが、

オーナーの元美さんは時々お店で見かけるものの・・・・、

なにせ、あれだけの目を引く美人で上品でスタイル抜群で・・・。

まあ、私とは住む世界が違う人・・・という、

近寄りがたい雰囲気があり、会釈をするだけでお話することもなく

月日が立ちました。


それが・・・・

2年前、バリ島のデスティネーションスパ&ホテル、

コモシャンバラエステートというホテルで、

偶然、お会いしたのです。もうーーーー7年ぶりの再会。

コモシャンバラエステートは、ウブドの山奥にあり、

それはそれは、素晴らしいパワーに満ちています。

f0215324_12571282.jpg


バリでも屈指のパワースポットなのです。

f0215324_12574111.jpg




このオープンエアのソファに腰掛けて、満天の星を見ながら、

ずっとずっとお喋りを続けました。

もう、女の一生について、恋について、お仕事について、お喋りしっぱなし(笑)


f0215324_12583444.jpg




彼女のお部屋でバリ島のダンスを見せて頂いたり、

このときのオーヴはホテル内のバリのスタッフが騒然とするほど、

凄いものでした。きっと精霊が降りてきていたのね〜。

f0215324_12593160.jpg





近寄り難いと思っていた元美さんは、

お話をはじめると、オープンマインドで楽しくて、

ビジュアルとは正反対のお茶目さも持ち合わせていて、

ほんとにチャーミングな人だとわかりました。

たとえば、自分の車だと思って人の車に乗り込み、

ぜんぜん違う人が隣りにいて、ようやく人の車だと気づいたのよ!なんて

エピソードを聞いて、お腹を抱えて笑ったり。

凄く可愛い人でもあるのです。

そして、涙もろくて、とってもとっても心優しい人。

f0215324_25228.jpg


f0215324_12492446.jpg







バリでの再会で、ますます、美しく、かっこ良くなっていた元美さんに、

私はいっぺんで恋しました!

女性として母として、そして何より企業のトップとして、

ほんとに尊敬しています。私にはないものをいーーーっぱい持ってらして、

いつも何かあれば、相談出来る、とっても心強いメンターでもあります。


レジィーナロマンティコはこの時代にあって、

毎年売上げを順調に伸ばしてきた、素晴らしい優良企業。

それは人より何歩も抜きん出た、元美さんのデザインセンス、企画力もさることながら、

スタッフをまとめる統率力、抱擁力が人並みはずれているからだと思うのです。

そしてスタッフのみなさんもほんとに凄いチームワークで、

壁ちゃんがいつも言ってるように、

みんな家族みたいに仲良しなのです。

私も末端でその一員に入れていただけたらなーといつも願っておりますーーーっ。



いま思い返せば、

もし、あのホテルで、ほんの一瞬、10秒、時間がずれていたら、

彼女と再会することはありませんでした。

そして、私達はたぶん、一生会うことがなかったと思います。

元美さんもこちらで書いてくださっていますが、まさに、運命の出会い・・・。

f0215324_12331857.jpg





レジィーナロマンティコは今年10周年を迎えました。

改めて、ほんとにほんとにおめでとうございますっ!!!

元美さんのブログでの10周年のメッセージも、とっても素敵です。


私にとって、レジィーナとの出逢いは、

いろんな意味で大きなターニングポイントとなり、

人生が変わるほど、大きな意味がありました!


元美さん、改めて、

ほんとにほんとに素敵なお花を贈ってくださって、

ありがとうございましたっ!


大好きな元美ちゃん、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

f0215324_12543889.jpg

by madamregina | 2012-09-06 13:03 | Diary