ニーマン・マーカスマダム、そのお肌の秘密 ! ダイヤモンドクリーム序章⑴   

2012年 10月 25日
f0215324_1372943.jpg



f0215324_10115766.jpg


いやあ、大変なスキンケアに出会ってしまいました〜。

先日より、TwitterやFacebookでも、熱くご紹介しておりますが、


こちらのビューティトークショーの直前に受けさせて頂いた、

世界一贅沢!と言っていい、エクスクルーシブな

Natura Bissé のダイヤモンドフェイシャル。



これでわたくし、すーっかりナチュラビセにハマってしまったのですよ、奥さんっ(ぜぃぜぃ)



そりゃ、ハマるだろ。

たった90分で、あんなつやピカダイヤモンド肌になったらね。



いえ、ナチュラビセの存在は、わたくしかなーり前から存じておりましたん。

スペイン、バルセロナ発の超セレブなスキンケア。

スペインのロイヤルファミリーも御用達。



うーん。そうですね・・・あれは、NYにしょっちゅう行ってた頃、ですかな?

わたくしの当時のワンダーランドは、世界一高級なデパートメントストア、ニュージャージーのNeiman Marcus。


こちら、ニーマン・マーカスに置かれているものは、何でも、

世界最高級品ばかり。

Xmasのオーナメントひとつが400ドルとか、

200ドルのショコラとか、もう

とんでもなく別格な高級デパートなわけなんですが、

こちらに、ナチュラビセが置かれておりました。


なんでも、ナチュラビセを使った、ニーマン・マーカス社長夫人が、

「こ、こ、これはあまりにも凄いんじゃない?」

と大感動。

ナチュラビセの、とんでもなく素晴らしい美肌力に魅せられたのがそのきっかけとか。



すっごー。

なにせ世界中の最高級品を知り尽くしたニーマンの奥様、

その審美眼に認められたんですもの。

もちろんナチュラビセは、ニーマンマーカスから発信され、世界中のセレブリティ、富裕層の間で大ヒットし、

超ラグジュアリースキンケアブランドとしての、揺るぎない地位を確立したわけでありますよ。

このニーマン・マーカスってところには、

マンハッタンの超富裕層のマダムたちが、

BMWやメルセデスを飛ばして、アッパーイーストから足繁くやってきます。

ま、彼女たちの遊園地という感じですかね。


それは税金がど高いマンハッタンに比べて、

NJがノータックスってのも一因ですが、

ま、お金持ちとはいえ、NYのタックスと比較すると、

デカいお買い物するときは、ぜったいNJ!と言うお約束もあり、

パウダールーム(お手洗いね)でさえ、5つ星ホテルのスイートルームのような、趣きで、
高級なソファやコンソールテーブル、美しい生の花々で満たされておりました。

もー、私と友人は、ここでアフタヌーンティだって、楽しめるよね、と記念撮影しましたからっ(恥)


うーん、そうですね。
たとえば、バーグドルフ・グッドマンが、

成金と思われることを恥とする、シックなNYマダム御用達とすれば、

ニーマン・マーカスはね、

「わたし、お金は持ってるわよ。妙な隠し立てはしないわよ。

$$$は、湯水のごとく使わなきゃ、ねぇ〜奥様っ!」

という、小気味いい、リッチなマダムたちの牙城であるわけですよ。


わたくし、元気がなくなると、

そんな金粉降り注ぐNJの、ニーマンへ突撃し、

3階のレストランで、ほかほかポップオーバが無料でつくランチを食べて、

そのあと、コスメ売場に入り浸ることを、史上の喜びとしておりましたん。

で、前置き長くなりましたが(いつものことだけど・・)

こちらのコスメコーナーで、他のブランドとはあきらかに

別種の輝きを放っていたのが、

ナチュラビセだった・・・。




そのカウンターには、毛皮やダイヤモンド好きなマダムたちが

いつも群がって、がんがん買っておられました。

少し前まで、ニーマンマーカスマダムの、鉄板スキンケアは、ドゥラメールでしたが、
一気にナチュラビセに民族大移動。


でね、あたくしは、

そこにやってくるマダムたちのファッションを見るのが最大の楽しみだったわけでありますが、

何より目を見張ったのは、

彼女たちのすごいツヤと輝きを放った、これぞセレブ肌



それはもう、




完全、ファーストクラスのマダムのお肌でもありました。

飛行機のファーストクラスに乗るマダムたちの、セレブ肌とは、なんぞや…⁈

そんなわけで、明日はファーストクラスの女のセレブ肌に迫ります。

ダイヤモンドクリーム序章、まだまだ続きますーっ。

by madamregina | 2012-10-25 11:20