森瑤子と六本木とROLEX   

2013年 07月 10日

f0215324_125647.jpg


時計はね、わたし、ロレックスが好きなん。

正直、いまの時代、ロレックスはお洒落的に、トレンドからズレてるよね?たぶん。

ほら、女性誌の時計特集やジュエリーウォッチとかの別冊付録でも、

私が持ってるロレックスが紹介されていた試しがないん。

なんとなく、この金時計、上品とか、エレガンスとかとは程遠い感があるね、

たぶん世間的に。

私だって、ダイヤキラキラのフランク三浦さん(笑)や、

カルティエさん、

実は、ジャガールクルトさんのレベルソはかなり欲しいと思ってる。

一応、カルティエさんはいくつか持ってるけど、

Michaelがコンビのタンクフランセーズをつけていて、

彼とは、一生恋人同士になれないけど、

せめて、時計だけでも勝手にペアだ!と勢いで買ったけど、

お友達の多くが、ゴールドやダイヤざくざくなのをしているから、

あまりつける気がせんっ(≧∇≦)


私のお友達ったら、みんなすごーくゴージャスな時計をしていて、ひゃーと、眩暈するほどよ。

そんな中、

ロレックスのデイトジャストのイエローゴールドをしてる人は、まずいませんっ。


この、ごっつい、金ピカ時代なやつをしてる人は…



私がこの金ピカウォッチを買ったのは35歳ぐらいの頃。たぶん。

当時の小娘にとって、びっくりなお値段だったけど、

私は現金を握りしめ、

紹介された香港の宝石商G氏を突撃したのだった。

なんと、金ピカのロールスロイスで、

ホテルに迎えに来てくれて、

たったひとつのロレックスを買うだけで、こんな待遇してくれるなんて、

間違いなくパチモンつかまされるんちゃうか?と、

疑いを持った。

ゴールドのロールスロイスは、なんとレパルスベイの彼の豪邸へ。ひょうええええ。


そこでも、すんごいランチを頂き、

こりゃパチモンと違っても、完璧に2倍の価格をふっかけられだろうよ、と覚悟した。

ま、真相は、G氏を紹介してくれた人が彼の上顧客で、

その恩恵に預かった…と言うだけのことだったんだけどね。


そんな風に手に入れた、このロレックスちゃん。

20年以上、使ってるってことは、いや、めちゃコストパフォーマンスいいんじゃない?

ま、そもそも、時計にコスパを求めるのが間違いだけどさ。

でも、私はなぜ、ゴールドのロレックスが欲しかったのか?

それは憧れの森瑤子がつけていたからである。

ある、六本木のパーティで、

南の島で真っ黒に日焼けした森さんが着ていたのは、

肩の開いた、真っ白のワンピース。

そこに涙の粒のようなダイヤモンドのペンダントがひとつ。

腕にはゴールドのロレックス。

なんて、カッケーーんだっ!とわたしは痺れたね。

そのときから、わたしもぜったい金無垢のロレックスを買う!と

心に決めた。

2年後に買えたときは、ほんとにうれしかった。

彼女のハイブランドとのつきあい方も大好きだった。

ヴィトンのバッグを持つときは、「最初から古い感じで持ちたいじゃない?」

とリサイクルショップで買うような人だった。

そうそう。森さんと一緒に撮った写真。


f0215324_122698.jpg


ブログに一度UPしたけど、いまいちど。

ポラロイドだし、ボケボケですけどね。

週間文春に「男と女の話」でエッセイを書かれていたときで、

六本木の某レストランのパーティに呼んでもらったときのもの。

いやあ、わしの顔、なんてすっとこどっこいにのーてんきなんでしょう。

あ、森さん、ロレックスしてます。

同じときの、わしの若き頃。
ほんとこの頃は、何の悩みもなかったのね・・・ってぐらい
ぼやけた顔だ。

しっかし、時代を感じるメイク、そしてヘアっすね(あうっ)


f0215324_1225485.jpg




森さんは京都が好きで、週末新幹線でふらりとやってきて、

「一杯つきあって」と連絡があったりして、

わたしも大阪から新幹線で、

急いで、京都まで駆けつけたことも、なつかしい思い出。

この話はわたしのエッセイでも何度か書いてるけど、



「好きな男とのお食事では、3回目に何もなかったら、

あとはただのお友達になっちゃうわよ、壱子さん」



ってあの黒目がちの魅惑的な瞳でじっと見つめながら、

言われて、あわわわわーっとなったことも、いい思い出。

by madamregina | 2013-07-10 01:24 | Diary