有馬のバスの悪夢   

2013年 10月 10日
f0215324_1615184.jpg



先日、有馬にて、あり得ない悪夢が・・・・・きょええええーっ。





我らが桃源郷、有馬のCAAZEオーガニックスパにて、

至福のトリートメントで、

あたくし最高の夢見心地だったん。

で、
いつものバスターミナルでバスを待ちながら、Facebook見てて、ふと窓の外に目をやると、

ひー、

私の乗るべきバスが、バスが、走り出しとるやないかぁー。

ひぇー、ちょっと待ったぁ!

と言っても、ぐんぐん先に行っちゃって、おら、走って、走って、走りましたー。
文字通り激走よ。

で、なんと次の駅で追いついたんだ。

いや、人間、やればできるもんですね。
これぞ火事場のバカ力。

で、ようやくひと安心して、のんびり座ってましたら、なんかおかしいの。いつもとぜんぜん違う風景なの。

えっ?まさかっ。

でさ、流通なんとかって駅で、もう、誰もいなくなって、
あたくし、思わず運転手さんに聞きました。

あのーこのバスは、いったいどこに行ってるのでありましょう?

私は芦屋方面にいきたいんですが…
すると、

ぎょーっとした声で
運転手さんが叫びました。

あ、し、やっーーっ⁈


お客さん、ぜぃぜぃ、
ぜんぜん違いますよ。
これは、山口営業所に行くんです。

ぎょえー。

で、時刻表を見て、
お客さん、ここで降りて、いまから5分後にあのバス亭に有馬行がきますから、それに乗って、
もう一度有馬まで戻ってください…

と、親切にも駅と違うところで、
降ろしてくれました。

しかし、運転手さんは、私の背中に向かって、
何度も何度も何度も、

お客さん、くれぐれも別のバスに乗ったらあきませんよ。

あーりーまーっ

と書いてるバスに乗るんですよ!

あーっりーっまーーっ、
ですよ!


って、250万回ぐらい、叫んでくれました。
よっぽと、頼りないやつ、と思ったんでしょうね。

で、いま、見知らぬバスに乗り、有馬まで、戻ってます。
ナーイス。

って、どこなん?ここ?


ったく。


と、言ってるうちに、有馬につきました。

はー。


頼みますよ。

by madamregina | 2013-10-10 15:40 | Diary