【世界のプールサイド物語】   

2014年 08月 30日
f0215324_11324384.jpg

f0215324_11324555.jpg




こちらは、いま4時過ぎですが、
わしは、
いまだプールサイドにおりますよっ。

で、このサファリを、読んでまして。


前からかなり好きでしたが、

いまなお、引き続き飛ばしてる模様w

タイトルがさ、
いまどき、奥さん、

二人の恋がはじける
世界の泡物語】

とか。

セレブの流行をつかまえて

とか。

セレブを連呼よ。

いいねぇ。
このド直球、
ちゅうか
ベタなバブリーテイスト。

たとえば、

「リゾートの達人を虜にするアメイジングなプール」

の頁では、

副題が

「リゾートライフの最高のステージはプールサイドにあり!」

と来たもんだ。

で、セレクトされた世界のプールサイドは、

バリ島のアマンキラ。

同じバリ島のコモシャンバエステート。

そして。

モルディブのワン&オンリー・リーテラ。


バリ島の二つのホテルのプールサイドはおらも行きましたが、

リーテラ行ってみたい。

ハレクラニのプールサイドも入れてください(≧∇≦)

しかし、
わしがこれまで、
いちばん、
セレブ(笑)なプールサイドだわ、

と、感心しましたのは、
やっぱり
LAはビバリーヒルズに君臨する、
ペニンシュラのプールです。


そりゃ、まぁ、朝からガゼボのあたりで、
ポンポン、シャンパンを開けるごきげんな音がしまして、
まぁ、ガキ、もとい、お子様などひとっこひとりいない、
大人だけの場所。

中には、ペニンシュラのヴィラにお住まいの人もいて、

一日300ドルほどのガゼボを
年間で借りているとか。


あれほどセレブ(笑)な、プールサイド、
おら、見たことないよっ。

by madamregina | 2014-08-30 11:32