ル・コルドン・ブルー神戸校のカリスマシェフたちによる、素敵なイベント   

2014年 10月 15日
f0215324_206475.jpg


f0215324_206144.jpg





先日、

ル・コルドン・ブルー神戸校開業10周年メディアイベントに伺ってきました〜。

今回のイベントは、ル・コルドン・ブルー神戸校の、

プロフェッショナルシリーズ〜スキルアップ講座」の記者発表。




神戸元町旧居留地にある、

同校の会場には、さまざまなテレビ、ラジオ、雑誌などのメディア関係者が集い、

関西だけでなく、

東京からも主要なメディアが集う中、

我らが隊長、ル・コルドン・ブルー神戸校のPRの栗山和子さんも、
大活躍。

この日はMCも担当されていました。

かっこいい。


f0215324_2054339.jpg




そして、


ル・コルドン・ブルーのマスターシェフ、ドミニク・コルビさんと、

今回、プロフェッショナルシリーズの講師を務める、

神戸北野ホテル総支配人山口浩氏が登場。

f0215324_2054185.jpg


f0215324_2054229.jpg




カリスマフレンチシェフによるお料理の実演に、

参加者全員、大喜び。



f0215324_20691.jpg




f0215324_205445.jpg




まず、山口シェフが作られたのは、

フランス最高峰のミシュランスターレストラン 「ラ・コートドール」で学ばれた、

ベルナール・ロワゾー氏ので代表料理

グルヌイユ(カエル)。

バターをたっぷり、そしてにんにくとパセリもたっぷり。

もーーーーー記者席にいい香りが漂って、たまりませんっ。

f0215324_2054630.jpg



こちらはクラシックなカエルのお料理でしたが、

ヘルシーであっさりとした、

現代のカエル料理をもうひとつ。

あっつあつを記者全員で試食させていただきました!

f0215324_2061357.jpg


いや見た目もほんとに美しく、

濃厚で滋味豊かなカエルの味わいをぐっと引き立たたせ、


「食べても胃に残らず、思い出に残る料理を」

・・・とおっしゃる山口シェフならではの、

とても力強く、魅惑的なお料理でした。


コルビさんのお料理は、

日本の食材を使った、フレンチ。

f0215324_2054768.jpg



「豚のブランケット、丹波篠山の黒豆」です。

f0215324_2054868.jpg




f0215324_20612100.jpg


こちらは、後半の懇親会で頂きましたが、

もう、黒豆(といっても黒くなっていない黒豆・・とコルビさんが笑っておられましたが)
のソースが実に甘くて、なんとも優しい味わいなのです。


脂身たっぷりの豚との相性も抜群。

さすが、スーパーフレンチシェフたちの共演。

いずれ劣らぬ、素晴らしい味で、参加者の胃袋とハートを鷲掴みーーっ。


懇親会では、もちろん、シャンパーニュで乾杯。

f0215324_2055752.jpg


f0215324_2055846.jpg




「昼下がりに飲むシャンパンがいちばんおいしいね」

とお茶目なコルビさん。

ル・コルドン・ブルーのシェフたちが勢揃い。

いや、壮観です!


f0215324_206235.jpg



同校のジュリアン先生や、フィリップ先生も登場して、

和気あいあい。

f0215324_206341.jpg







パティスリーシェフ、フィリップによる、
焼きたてパンや、
スイーツも披露されました。


f0215324_2140156.jpg



f0215324_21401676.jpg


f0215324_21401462.jpg



マカロンタワーがかわいーーーー!!!

f0215324_21401380.jpg






ちなみに、このプロフェッショナルシリーズ 〜スキルアップ講座は、

同校の在校生、及び、プロを目指す調理、製菓、製パンの学生、

また、それぞれの卒業生、

現在プロとして活躍する方々を対象に、

テクニックの向上を目的とする「ワークショップ」。

より深い食材知識や、応用法を学ぶ「食材研究」。

そして、

第一線で活躍中のシェフを特別講師として迎え、実習形式で行う「マスター・クラス」の、

3つの軸で展開する、シリーズです。

シーズンごとにサイトやパンフレットに告知されるので、

ご興味のある方は、

チェックしてくださいね〜。

お申し込みはこちらのサイトからも出来ますよ〜。


わたしはまだまだほんのビギナーですが、

いつか、

こんなプロフェッショナルシリーズの講座を受けたいなぁなんて、
野望を思わず持ってしまう、
楽しく、
素晴らしい記者会見でした〜。


最後はこの日、参加されていた、

FMココロでおなじみの、
お洒落でとってもチャーミングな、

MEMEさんと一緒に記念撮影。


f0215324_2061199.jpg


この日のプレスへのお土産は、
『ル・コルドン・ブルー チーズの魅力』と大好きなクッキー。

f0215324_1017520.jpg


さまざまなチーズを使ったお洒落な料理のレシピが紹介されていて、
チーズの真髄を理解するのにも素晴らしい本。

そういえば、
ル・コルドン・ブルーには、

チーズ講座もあるんですよね。

これもぜひ受けたいと思っているわたしです〜。



ちなみにル・コルドン・ブルーが協賛している、
ハリウッド映画、

マダムマロリーと魔法のスパイスも興味津々です。

南フランスでマダム・マロリーが経営するミシュラン1ツ星フレンチの真向かいに、
賑やかでスパイスたっぶりのインド・レストランが開店して・・・・

ありえない「戦い」が繰り広げられ、やがて・・・・

という物語〜。



制作はスティーブン・スピルバーグ!

世界で最も有名な司会者、
オプラ・ウィンフリーも制作にたずさわっていて、

主役のミシュラン1ツ星を経営する気位の高いマダム役には、
英国の素晴らしいオスカー女優マダム・マロリー・・という

ハリウッドの大物たちが携わった素晴らしい作品。

ル・コルドン・ブルーはお料理部門の監修しています。

f0215324_101775.jpg



これは、見なきゃね。





☆ル・コルドン・ブルーについて。

1895年、パリに創設された料理学校。

創立以来、フランス料理の継承と発展に貢献し、フランス食文化と料理芸術を世界に発信。

現在では27ヶ国で展開。講師陣は、星付きレストランや話題のパティスリー、ブーランジェで実績あるフランス人シェフや日本人シェフたち。

本科講座-料理/菓子/パンの基礎から上級まで学び修得する“ディプロム”は、

世界に通用する技術力の証として高い信頼を寄せられ、

卒業生は料理人やパティシエ、ブーランジェの他、

レシピ開発コンサルタントやフードライターなど、食の世界のエキスパートとして幅広く活躍中。

■ル・コルドン・ブルー・ジャパン㈱は学校経営の他、メディア向け料理技術監修等テクニカルサポート、レシピ・オリジナルグルメ関連商品開発、書籍企画、ライセンス、オンラインショップ/フレンチ・デリ&カフェの経営に従事している。





ル・コルドン・ブルー



受講プログラム一覧


プロフェッショナルシリーズ




f0215324_1122134.jpg

by madamregina | 2014-10-15 10:21 | ル・コルドン・ブルー