寝る前の楽しみ   

2015年 01月 22日
f0215324_023294.jpg



えっと、
いま、読んでる本です。

まるで一貫性ありませんな。


「その女アレックス」
は、寝る前には読めませんよ(≧∇≦)
この前気がついたら3時になってました。

早川書房などで1位全制覇。史上初の6冠とかで、
いや、さすがのおもしろさ。

「またあなたから買いたい!」

片道3時間半、乗客400人の列車の中で、
4倍売るカリスマ新幹線アテンダント、
斉藤泉さんの、
お客様の心を一瞬でつかむ秘訣・・・


接客について、ちょっとわたくし、いまお勉強中でして、
ある方からすすめれて、読みはじめました。

新幹線アテンダントって、
いわゆる、車内販売のワゴンの売り子さんなんですが、
彼女は、
企画力もすぐれていて、
たとえば、
不人気だった、
すき焼き弁当、
1ヶ月500個から7000個、一気に14倍の売上にした、
彼女のあっと驚くアイデアや、

お弁当を買う人には、
「お土産ですか?」
と意外な一言を付け加えて、
あ、お弁当って、お土産にもなるんだ・・
と思わせるトークなどなど。

いや、接客に関係のない仕事についている人にとっても、
ぜったいヒントになる秘訣がいっぱいつまってます。


「望郷」は以前読んだけど、
もう一度読み返したくて。

ちなみに、NHKの「まっさん」のエリーさんは、
我が母校、
帝塚山学院で英語を教えていたことがあったとか!
なんだか、うれしーね。



そしてー。
角田さんの

「おまえ
じゃなきゃ
だめなんだ」


角田さんはね、
紙の月以来ファンになっちゃったんだけど、
この本は一編ずつが
濁りのない清らかな小川の流れのようで、

心が浄化されます。

誰かに恋したときの、
無敵な気分なんかをさ、
ちょっと、思い出させてくれたり…。


…と、油断していると、
いきなり、心臓鷲掴みな言葉に出逢う。

特にね、
『約束のジュエリ−』の中の、
「世界に踏み出す」は、
最後の7行にまさかの涙よっ。


それは、平易な、
どこにでも見つけられる、
どうってことのない文章なのに、
なんであんなに、腕力があるんだ!


いや、なんといいますか、
自分でも思ってもみなかった、
心の奥の、ずっと奥に眠ってた、
何か、に触れさせてくれる本。

by madamregina | 2015-01-22 00:22