インターコンチネンタル大阪のPierreへ   

2015年 03月 11日
f0215324_2382457.jpg

f0215324_2382542.jpg

f0215324_2382751.jpg

f0215324_2382924.jpg

f0215324_2382974.jpg

f0215324_2383087.jpg

f0215324_2383158.jpg

f0215324_2383183.jpg

f0215324_238329.jpg

f0215324_238336.jpg

f0215324_2383331.jpg

f0215324_2383422.jpg

f0215324_2383579.jpg

f0215324_2383551.jpg

f0215324_2383687.jpg

f0215324_2383719.jpg

f0215324_2383842.jpg

f0215324_2383964.jpg

f0215324_238391.jpg

f0215324_2384040.jpg

f0215324_2384176.jpg

f0215324_2384286.jpg

f0215324_2384230.jpg

f0215324_2384374.jpg

f0215324_2384419.jpg

f0215324_2384475.jpg

f0215324_2384543.jpg

f0215324_2384687.jpg

f0215324_2384744.jpg




今更ですが、

インターコンチネンタルホテル大阪、

はじめて伺いました。


いろいろ噂を聞いてたけど

めっちゃ、かっこええやん。


この日は、20階のフレンチレストランPierreで、

GMのMr.Hans Heijligersと
多恵さんと一緒に
超スペシャルなシェフズテーブルディナーを

いただくのが目的だったんですが、

まずは、同じ階のBARで、アペリティフタイム。


ルイロデレールのロゼの香りが、

似合うわっ、似合うわ。


しかし。


こちらで、ルイロデロゼちゃん、

3杯ほど頂いて、

お話が、楽しすぎて、

はー。


気がつけば1時間すぎてましたー。


そういえば海外では、


ええレストランで食事をするときは、

まず、


BARかウェイティングルームで、


談笑して…メニューを考えて…


みたいな時間が、

ディナーと同じように、


贅沢な時間だったこと、

思い出させてくれました。


しかし、アペリティフを本気で愉しむとなると、


ディナーが終わるのは、



必然的に真夜中の12時過ぎ…

(先日もそうでした)


ま、それが本来の優雅なお食事スタイルなんだけど、

そんな習慣、忘れてたー。


いや、

にしても。

Pierre、

いいよー。



クリーンで、

エッジィの効いた開放的なオープンキッチン。

ピクチャーウィンドウからは、見事な夜景。

なんだか、東京的な風景だと思わない?

ワインも、

400種類にも及ぶ、素晴らしいコレクション。


この日のディナーに合わせて、

ワインもそれぞれ出して頂きましたが、

その中には選び抜かれたSakeも登場。

2014年10月に、わずか一年でミシュラン一つ星を獲得。

元ピエール・ガルニェール、ベージュなどで活躍した料理長・大久保晋氏の、

お料理は、鮮度と質にこだわった旬の食材を駆使し、

プレゼンテーションもお洒落。

ホスピタリティも素晴らしく、

久々に、素敵な夜景を見ながら、

最後は佳世ちゃんもジョインして、


楽しく華麗な夜でした〜。

by madamregina | 2015-03-11 23:18 | Hotel(Japan)