【神様の梅干し】   

2016年 04月 10日
f0215324_18544951.jpg




いやぁ、今回のウィルス性胃腸炎、
ほんま、どえらい目に合いました。

完治するまで、
5日、かかりましたな。
頼みますよっ!

死ぬかとおもたー。


でも、今日は朝ごはんも、

もりもり食べました。

松澤選手100%ふっかーつ。


それはね、
Aご夫妻が日本から持参された、
5年物の梅干しを頂いたからであります。

これは、
83歳になられる、
ご主人のお父様が毎年漬けられる、
貴重な梅干し。




お父様は、
ご家族のみなに、
身体にいい梅干しを、
食べさせたい…と言う一心で、
梅干しを作りはじめ、

20年かけてようやく、
完成された味になったとのこと。


家族だけが食べる梅干しとは言え、
南高梅を干すための土地まで購入。

ひと粒ずつ、
文字通り手塩にかけて
作られたその梅干し…

まず、色がいままでの梅干しとは、
まるで違います。


ひと口含むと、
ヴィンテージワインのような、
馥郁とした香り。

そして、凝縮された梅の風味が、
ぷわわ〜んと炸裂し、
果肉の厚みと優しい味わいに
悶絶ー。



あつあつご飯と食べたら、
美味しすぎて、
死ぬかとおもたー。

余計な添加物は一切なし。

5年の月日と、
お父様の愛だけで育まれた
世界一の、梅干し。


この梅干しさえあれば、
なんだってできる!

元気になれる!

そんな力が
身体の芯から湧き上がるような、
唯一無二のパワーに満ちていました。


私にとって
まさに神様からの贈り物ー。


Aさま。

ほんとにありがとうございました!



by madamregina | 2016-04-10 18:53 | Gourme