Ritz Londonのバトラーたち   

2016年 05月 06日
f0215324_10320775.jpg



f0215324_10320758.jpg




みなさまー。

連休いかがおすごし?
私はのんびり仕事しとります(≧∇≦)


さて、
Facebookには
いつも過去のこの日…

と、
2013.
2014.
2015.
2016.

のたとえば、
5月6日にUPした投稿が出て来るのよね。

そんなわけで、
去年の今日の記事が、
こちらなのー。


我がホテル人生の中でも、
極め付きの別格。


リッツロンドンのバトラーの話。

f0215324_10320889.jpg





良かったら、
読んでね。



➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖


えっと今回、
Londonのリッツで、
わたくし、
ピカデリースイートに泊まったんですが、

リッツでは、
スイートのゲストのみ、
Hotelからヒースロー空港までの、
送迎サービスがついてます。

しかも!
ロールスロイス、ファントムよーっ。

コンプリメンタリーよ!

最終日の夜、
もうひとりのbutler、
Harryが、
明日何時にご予約しましょーか?

f0215324_10320842.jpg



と、聞いてくれて、
翌日からMichaelツアーで、
ボーンマウスに行くことになってたあっし、

それを伝えると、
ボーンマウスまででも、
もちろんお送りしますよ、

と、言ってくれましたが…

それは時間もかかりそうで、
あきらめました。

もう!惜しいっ。

ファントムでヒースローまで行きたいっ。

いっそ、ファントム乗りたさに、
空港までいっちゃう⁉️

と、一瞬思いましたが、
さすがにそれはやめて、
ボーンマウスまでの列車が出ている、パディントン駅まで、
送って頂くことにしました。

しかし、残念ながら、ファントムじゃなく、
レンジローバーでしたが(≧∇≦)

でも、車内で食べるランチBOXまで、もたせてくれて、

最後まで見送ってくれた、
Harry.

f0215324_10320835.jpg



もー、いかにも、
誇り高きイングリッシュな彼。

でも滞在中、
バンドエイドや消毒液などを汗だくになって買いに行ってくれたり、
誠心誠意、気持ちがこもったホスピタリティーで、
リッツでの滞在をさらに思い出深いものにしてくれた、Harry.

こちらでもご紹介した、
イケメンJakubは最初の2日間を担当。


f0215324_10320882.jpg




Harryは残りの一泊2日です。

二人とも、
あらゆるリクエストに応えてくれました。

まさにスーパープロフェッショナルな必殺仕事人。

ちなみに、
リッツには、
この二人のbutlerしか、
いません。

しかし、この二人、
女王陛下に仕える、
バッキンガム宮殿のbutlerからも、
その仕事ぶりで、
最高評価をもらったのだとか。

こちらは、
エリザベス女王やロイヤルファミリーが、
たまに晩餐会を
開かれると言う、
ホテルの隣りにある、
ケントハウスのボールルーム。

f0215324_10320894.jpg



ほんと、イギリス映画の世界よね(ひとり、うっとりwww)

f0215324_10320951.jpg



いや、それにしても。


butlerとは、
こう言う人たちのことを言うのね…。


これまでたくさんの
高級Hotelやヴィラのbutlerに会ってきましたが、
申し訳ないけど、
彼らに比べると、
単にそれはbutlerの真似事だけで、
HarryとJakubこそ、
butlerの真髄を見せてくれた気がします。

ゲストを、命をかけて守る
ナイトのような精神性で…!

彼らに出逢えたこともまた、
The Ritzで得ることの出来た宝物っ。



Thank you Harry and Jakub,
you both just awesome.

I'm proud of you!




by madamregina | 2016-05-06 10:07 | Hotel(Japan)