【ああ、無情・・・】@Michael Ball & Alfie Boe Together Tour チケット大混乱物語   

2016年 05月 21日


f0215324_15214169.jpg






素敵なお天気の週末、
みなさまにおかれましては、
平和なひとときをお過ごしかと思います・・・






がーーーーーーーーっ。

わしは違うよっ。


もはや、発狂寸前。



いやすでに発狂しておりますっ。





ふがーーーーーふがーーーーーっ。



ぎょえええーーーーーっ。


はーーーーっ。

ぜいぃぜぃぜぃっ。


この3日間を一言でたとえるなら、


「悪夢」

「地獄」

「騒乱」

「瀕死」





ってとこっすかね。

先日からどびつこくUPしておりますが、
私が愛してやまない、

ミュージカル界の大スター二人、

デブリンMicheal BallとAlfie Boeの

夢の共演、ジョイントコンサートが突然、発表され、

あたくし、
心の準備もお金の準備も(およよ)まったく出来ていないまま、

いっきなり今世紀最大のチケット大戦争が勃発。



f0215324_15214246.jpg



いや、MichealとAlfieのこの二人の共演って、

まあボクシングで例えるなら、

全盛期のパッキャオとメイウェザーと、

さらにデラ・ホーヤが同じリングにあがるような、

とんでもない、

スーパースーパープラチナカードなわけよ。


興味ない人にとっては So What?


だと思うけど・・・


世界中の

Michealファンはもちろんのこと、

Alfieのファン(アメリカに多い)も、

いずれ劣らぬ強者だらけで、

彼らのコンサートを見るためなら、

人殺し以外は何でもするーーーっ!

というほど
容赦ないターミネーターたち。


そんな最強のソルジャーを相手に、


哀れ松澤一等兵が戦いに挑んだわけだけど、



f0215324_15214202.jpg




イニシアチブはすでに
本国イギリス女たちが持ってるわけよーーーーーー(絶叫)


島国ジャパンのいちファンは、
すでにすでに、
最初っからハンデありまくりで、

そりゃ、正攻法で戦っても、しょせん無理ってもんですわ。

さらにおいらは、
会社の決算で税理士さんと
アッタマ痛い打ち合わせもあったりで、

すでに、精魂尽き果てていた中、

これまでのプレセールやファンクラブ限定セールを経て、

昨晩はとうとう、
本戦である、
ゼネラルセール決戦の日。


プレセールで全く買えなかった人多し。

Michealのファンたちが
FBでその絶望感を書き込んでいるのを読んで、

今回の戦さが、
いかに熾烈であったか、

わかるってもんですわ。


あるマダムは、

「Michaelのファンになって30年これまでで最もハードな
チケット合戦」

とか。


またこんな言葉も目立ちましたよ。

『I'm giving up already.』

『Its a bloody joke』

『This is a nightmare! Tried all the sites and NOTHING』


松澤一等兵、
早くも戦意喪失。


それでも、ズタボロ、ヨレヨレ、
ウォーキングデッド状態になりながらも、
水晶と数珠を手に(ほえぇええ)




神に祈り、

仏に土下座し、

森羅万象に敬意を払い(えっ)

これまでの悪事を深く反省し、




万全を期して、
PCの前に陣取り、
戦いに挑みましたよっ。わしはっ。


いちばんの標的はLondon のコンサート。




これだけはね、
ぜーったいいい席で観たいねん。


でもそう思うのは、他のファンも同じ。
London Palladiumのページにカーソルを合わせ、

時間きっかりにアクセスしたにもかかわらず

もうすでに前方ほぼ、全滅やん。

どーゆーことっ?!

Londonはあきらめて、

とりあえず、

ほかいこ、ほかっ。


と震える手で、
クリックを続け、

なんとかサイトにアクセスできて、
良席が登場しても、
制限時間内にすべて手続きをすませるっていうのが、
これまた超プレッシャーなんですわっ。


「I am not robot」


f0215324_15214272.jpg




とか言う表示が出て、それにチェックをつけたら、

とんでもない画像が出てくるのよっ。

f0215324_15214294.jpg




この写真の中からフードを選べ
とか


コマーシャルトラックを選べ・・
とか、

f0215324_15214302.jpg




最初、宣伝か?と無視してたけど、

何度も何度も出てきて、
これをクリアしないと、

席が買えない仕掛けになっていることに
気づいて、

呆然。

なんの意味があるん⁉️


これがまた、荒い画像っていうか、
よく見えないぼやけた輪郭で、
ようわからんっ。


ひとつでも間違ってチェックしようものなら、
何度も何度も手を変え品を変え、

わけわかんない画像が出て来る仕組み〜


助けて〜


おかあさーーーんっ



しかし、

いっちばんわかりにくかったのは、
店舗のエントランスを選べってやつで、

店の前なのか普通の家なのか、


まったく犬が撮影したのかっ?!てほど、


焦点もぼやけてて、わからんっ。


それで選択に戸惑っていると

もう、時間がないじゃないかっ?!


もちろん、
チケット購入画面には容赦なく、

デジタル時計が表示され、

1秒、また1秒と刻一刻って感じで

時がすぎていきます。

はーー。


おれはもう気絶しそうだぜ。




それでも、やっと購入手続きを終えて、

つぎよ次のコンサートよっ。


で、ひとつの陣地を制覇して、

別の劇場のチケット売り場に行くはいいが、
えっ?


いま私が買ったのは、どこだったっけ?


と、日にちも場所もわけわかんないほど、

大混乱の嵐。


あれ?わたしさっきどこのチケット買ったんだっけ?


頼みますっ


さらに、きゃーーー!魂席だわ。


と喜んだのもつかの間、
ようく見ると、
2階のバルコニー席だったり、


まったく油断もすきもありませんっ。


そんなこんなであっという間に1時間。


でもこの、
たった1時間で、

あっしは、

10歳ぐらい年とった気分で、

もはやロボトミー状態。


しっかし、
なんとか目的の半分の席は手に入れて

このあたりで、ご飯よ、ご飯・・
とほっとしたのもつかの間。


なんと!


とんでもないナパーム弾が撃ち落とされたのよーーーー。

瀕死の戦士を秒殺するような・・・


その爆弾とは、

ロンドンのコンサートがもう一日増えたっていうニュース。

他にもNottinghamやBirminghamも追加されたみたいだけど、

わたしは今回、この地はあきらめたのよね。
でーーー

食べかけていたご飯も放置して、

散弾銃構えましたよ。


ようやく戦い終わって、
ほっとしたのもつかの間やん。




松澤一等兵、
再び、戦火の中へ〜







でも、すでに良席はゴーンよっ。
すっかりないわよ。
とんでもないスナイパーがいるもんだぜ。


しかし・・・
いったいあのチケットシステムどうなっているのか?


何度も小出しで売りだして、

本戦のあとに、

また追加コンサートって・・

もう、プロモーターたちのやりたい放題。

しかし・・
恋した弱み。
なんだってするわ。



でーーー
Londonの追加日にかけてみたら、


Stallのいい席については、

ボックスオフィスに電話を・・・と書かれているじゃないっすか?


やめてくれーーーー

かつてはそれぞれのボックスオフィスに電話して、

チケット取ってた私ですが、

これ、めっちゃ時間かかって、


電話代だけで、ン万円請求きたこともありました。


でもかけましたよ。ロンドンに。泣きながら。


だが、案の定、当たり前というべきか、話し中。


280万回リダイヤルして、腱鞘炎状態になりましたわ。


でも無情にも電話はつながらず・・


なんなん?
この試練・・


いったいわたしが何をしたというのでしょう?

なんでこんな目に合わなきゃいけないのよーーーっと

もう、だんだんMichealやAlfieにも腹が立ってきたわけよ。

でも・・・
デモ・・・・


今回のツアー、

そうやすやすこれからも観れるようなものじゃないんですよね。


世紀の大スター二人が一緒にするコンサートなんて、

後にも先にもコレっきり!

聴けば一発で幸せになる、
私にとっては、
世界一素晴らしい歌手たちと、

同時代に生きてるってことだけで、

神に感謝しなきゃならないのでは・・・

と自分でも健気だわ。


さらにさらに、

彼らのコンサートは2年に1回しかありません。


そう思うと、

一回一回のステージが

とんでもなく貴重で、

エクスクルーシブで、

アメージングにして、


brilliant、AwesomeでなSuperb


なツアーであるわけです。

ほんとこの先、
魂揺さぶられる、彼らの歌声を、


生でいったい何度聴けるか・・

と思うと、


出すだけ出すわよーーーっ

銭ぐらいっ!


という気分になるわけでありますっ。

そんなわけで、
松澤一等兵、
ほとんど夢遊病者のように、

ど高いチケットバンバン買って、

泣きたい・・・


f0215324_15214347.jpg






しかも・・
今回、最前列をゲットできたのは一箇所だけ。

あとは定価の6倍高いチケットなのに、
2列目とか3列目とか、
4列目とか、
どーいうーこと?


それでも、刻一刻とそんなド高い席が飛ぶように
売れて行くので、

なんだかギャンブル依存症のおっさんみたいに、

それいけーー

やれいけーーー

どうにでもなれーーー




という最後はやけっぱちな荒れた心で

チケット地獄の中を疾走しておりました。


いやしかし・・


この感じ、

この憔悴感、悲壮感、絶望感・・・

なんだかとっても刺激的。


まるでリーマン・ショックのときの、

ウォール・ストリートの

瀕死のトレイダーなみに、

亡霊のように、

目の下真っ黒にしながらも、

妙なアドレナリンが出て、


もっと、もってこーーーい(何を)


状態。


いや、にしても、この3日間、

日頃の生ぬるい生活に比べて、

なんとパンチが効いていたんでしょう?


ひっさしぶりに、

強烈な神経伝達物質が身体中をかけめぐり、

眼はらんらん。

という、
脳内にやばい波動がうずまき、

ラスベガスで300億円ぐらいすった、

ギャンブラーの心境に達したわたくし。




もう、なんでももってこーい。

誰でもかかってこーい。

というような、
いや、
三輪車で万里の長城でも登ったろか?おらぁ!

な、底力が出てくるってもんだぜ。



踏み込んではいけない禁断の世界よ。


いやいや。


ほんま疲れるわーー。


f0215324_15214306.jpg


by madamregina | 2016-05-21 13:07 | Alfie Boe