屋久島でしか出会えないサンカラ・キュイジーヌを堪能@Sankara Hotel & Spa屋久島 1日目のディナー   

2016年 07月 22日
f0215324_20363959.jpg




f0215324_20450703.jpg




さてーーー。

屋久島レポ。

こちらの第一弾に続きまして、


まだまだ行きますわよ〜。

Sankara Hotel &Spa 屋久島に滞在する、
最大の楽しみ!と言っていいのは、
お食事です。





f0215324_20364028.jpg



サンカラは、『神々の島』と言われる屋久島への貢献を理念とする、

オーベルジュスタイルのリゾートで、

客室数わずか29室という規模で
レストランはなんと2つあります。


テロワールを主とした洗練のフレンチはカジュアルに、
また本格的にと、二通り楽しめるのも魅力。

サンカラはそのホスピタリティと共に、
ここでしか味わえない料理を食べるためだけに、

屋久島を訪れたい!と言う食通たちが
世界中から訪れ、
そのリピート数はなんと40%近いそう。

f0215324_20364039.jpg




わかります!
私も今回チェックアウトするとき、
次の予約をしたかったーーー。

さて、そんなレストランで

陣頭指揮を執る武井エグゼクティブシェフは、

伊豆のアルカナイズでも料理長をつとめ、その名をとどろかせた精鋭の料理人。


ジョエル・ロブション、トロワグロなど三つ星レストランで修業を積み、

レストラン「ミクニ・マルノウチ」総料理長などを務め、

サンカラと同系列のNYにある、

Castle Hotel & SpaTarrytown New Yorl.

でも立ち上げからエグゼクティブ・シェフに就任し、
グルメなニューヨーカーたちのハートを虜にしました。

でも、そんな華やかな経歴ですが

そのお料理は、

繊細にして、力強く、とっても優しい味わい。

心身ともに、蘇生させてくれる、力に満ちているんです〜。

サンカラがお料理で最も大切にしているコンセプトは、
「地産地消」。


屋久島を中心とした食材は、

フレンチや和食の垣根にとらわれず、

市場には出回らない魚や、

農家に特別に作ってもらった野菜、

鹿児島産の極上の豚や牛などを贅沢に使って、

サンカラスタイルへと昇華させ、

まさにここでしか出逢うことの出来ない、
サンカラ・キュイジーヌを生み出しました。



そんな素晴らしいサンカラのお食事、
ほんっとに今回屋久島に来るいちばんの
楽しみだったと言っていいかも〜。


そんなわけで、
まず一日目のディナーは

ホテル1階にある、
カジュアルフレンチが楽しめるAnayaへ。

f0215324_20450787.jpg



f0215324_20450766.jpg




プールに面した開放的なオープンキッチン。

f0215324_20364177.jpg




肩肘はらず、
リゾートカジュアルな格好で
行けるのも魅力です。

f0215324_20364121.jpg



しかし!
そのお料理が普通にカジュアル・・
と思っていたら、びっくりします。


屋久島を中心に九州地方の素材を
贅沢に使った、
フレンチだけにとどまらない、
Ayanaスタイルの料理の数々。

自然のパワーが漲っています。

f0215324_20364114.jpg




テーブルにつくと、
まず目に飛び込んできたのが、
ぴっちぴちに動く、
ロブスター!

もう、元気に動き回って、
床に落ちそうなくらいの勢いです。

f0215324_20364269.jpg




Ayanaはプリフィックススタイルのメニューですが、
いくらかプラスして自分流に、
楽しむことができます。

というわけで、
わたしはこの日のメインは、
時価5000円プラスして、
ロブちゃん1匹を使ったお料理に決定。

いや、リーズナブルです。

だってNYやParisやミラノで
ロブスター1匹頂いたら、
どれだけお高いか!(笑)


まずは泡でカンパイ!




そしてーー、
この日は、長崎の対馬から立派な岩牡蠣も入荷していて、
それも、
もちろん、オーダーいたしました。

f0215324_20364224.jpg



オイスターと泡って
なんて相性いいんでしょうかっ?!

ぷっくぷくに太った岩牡蠣、
ミルキーでめちゃくちゃ美味しかったーーー。

わたくし、生牡蠣は、正直フランスで頂くのがいちばん好きなんです。

元は日本の牡蠣の種がフランスに渡って育ったようですが、
日本でいただくのとはちょっと違うんですよね〜。

でも、今回頂いた岩牡蠣、
まるでParisで食べる、
最高級牡蠣、ブロンのように濃く、滋味に満ちた味わいでした。


前菜は、
水イカとアスパラのサラダ カルボナーラ風。

どこがカルボナーラなのかしらん?

と思っていたら、
レアに炙った水いか(これがまた剣先を凌ぐ甘さと美味しさ)
の下に、
半熟卵とイカスミのソースがとろ〜り。


f0215324_20364303.jpg



その上に、
パルメジャーノチーズがこんもり。


きゃーーー。このバランスがすばらしーーー。

こちらも泡にぴったりのお料理でした〜。


相方は鹿児島黒豚のBBQタコス風。
見た目も楽しくて、
豚の風味がまた美味しいーーー

f0215324_20503336.jpg






二皿目は、
わたしは桃の冷製スープ。

f0215324_20450826.jpg


甘くて爽やかで、喉越しがなんて
優しいの。


相方は
またまた豚のラグソースのパスタ。

f0215324_20503318.jpg


ちょっと頂きましたが、
これもバツグンに美味でしたー。





そして。

きゃーーー!

やって来ました!

メインのロブスターがっ。

わわわーーー

もう、このビジュアルだけでテンション上がりますっ。

f0215324_20450989.jpg



食べると、もう、身離れが良くて、
ぷりっぷり、ふんわふわ。

バターとバジルのシンプルなソースが、
ロブスターの甘みと味わい深さをさらに引き立てています。

ミソガーーーミソが!

むちゃくちゃフレッシュで、
カニ味噌より上品でやみつきになる味!


ちなみに相方は、
こちらもプリフィックスのお料理に、
料金をプラスして、
中山牛のフィレステーキ。

f0215324_20451075.jpg



これもまた、なんと柔らかく、キメの細かく、
肉味のとっても濃い
口の中でとろけるようなフィレ肉でした〜

f0215324_20451064.jpg


お料理にそれぞれ合うワインも
ペアリングして頂きました。

f0215324_20503301.jpg



3杯で3600円。

リーズナブルですよね!



いや、
美味しかったー。

それぞれの素材のパワーを思う存分活かした、
元気の出る味。

もうお腹いっぱい・・・・
と言いながら、
周りを見渡すと、

こちらも特別料理となる、
ブイヤベースを注文している人多し。

その香りがもう、たまらんっ。


次はこれにしようっと。

デザートはブッフェスタイル。

f0215324_20451078.jpg


f0215324_20451167.jpg



どれもほんっとに
美味しく、優しい味わいでした。




お食事が終わって、
お部屋にもどる道すがら、
ライトアップして、
ロマンチック!
素敵ー。


f0215324_20503418.jpg



f0215324_20503440.jpg



明日の朝ごはんも楽しみすぎます!


続きます〜

by madamregina | 2016-07-22 20:50 | Hotel(Japan)