〜セントレジス大阪に再び恋して〜   

2018年 05月 02日


f0215324_14204752.jpg




セントレジス大阪は、

ときどき、素敵な美食の会などでお邪魔していました。

でも、昨日、Champagneガーデンやラ・ベデュータで遊んでいたら(笑)

とっても居心地が良くって、

ついつい長居をしちゃいましたよ。

 

 

いや、こちらのホテル、

わたくしオープン当時に何度か宿泊もして、

ほんとにあのデザインというか、空間が超好みだったんです。


f0215324_14221210.jpg

 

f0215324_14212007.jpg

 



わたしのお友達のホテルラバーの間でも、

とっても評価が高いんです。

 

あの、ホテル界の貴公子、

近藤豪氏が総支配人に就任されてからというもの、

すっかり生まれ変わった感じで、

企画されるイベント、次々と大成功。

 

春からスタートしたBLACKアフタヌーンティー 桜ミックス×バイクロ」も話題で、なかなか予約が取れなかったそうですよ〜奥さんっ。

 

そして、これから夏、秋にかけて、

セントレジス大阪のテーマはNY

 

そんなわけで、先日、

我が心友の円ちゃんと行ってきました〜。

 


f0215324_14232060.jpg

 

緑に囲まれた12階のシャンパンガーデンのテーマも、

NYシャンパンガーデン」。

出されるお料理もトルネードフライドポテトや国産牛のサーロインステーキなど、とっても楽しくて美味しそう。



 

まだオープンしたばかりの午後5時半

真っ青な空、深い緑〜、爽やかな5月の風が吹き抜ける中、

いただくシャンパンはひと際おいしーーーーーっ。


f0215324_14241594.jpg




f0215324_14232486.jpg

 

チェアにゆったり腰掛けて、心地いい風に吹かれていると、

まるでNYSOHOにあるお洒落なルーフトップバーにいる気分になりました〜。



f0215324_14240970.jpg

 

いいわいいわ。


f0215324_14253628.jpg

 

午後7時にはカップルたちでぜんぶお席が埋まっていました〜。

 

シャンパンガーデンのあとは、

久々にLa Vedutaでディナー。

素敵な夜景を眺めながらのお食事って、

やっぱり気分が上がるよね〜。



f0215324_14261800.jpg

 

特に窓の外がプルシャンブルーに染まる、夕暮れは最高の時間。

 

 

f0215324_14262206.jpg

総料理長、ジャンルカ・ヴィサーニが作り出すお料理は、

どれもセンスがよくって繊細で、

ほんとに美味しいーの。



f0215324_14265226.jpg

 

f0215324_14272358.jpg



手長海老のカルパッチョも、

まったりと甘くて、シャンパンに良く合いました。



f0215324_14272538.jpg

 

特にピスタチオとパルメジャーノ、ウニを乗せたパスタに、

円ちゃんと二人して感動!




f0215324_14294317.jpg

 

f0215324_14294741.jpg


デザートのティラミスまでさすがの美味しさでした。


f0215324_14300722.jpg

 

 

また、セントレジス大阪のスタッフのホスピタリティが

素晴らしかった〜。

ゲストを喜ばせたいという気持ちがしみじみ伝わってきて、

 






大切な記念日とかにも使いたい・・と思いました〜。

 

 

ちなみに、

セントレジスといえば、

その発祥は、NYの五番街にたたずむセントレジスNY

 

 

f0215324_14304228.jpg

セントレジスは、ウエスティンホテルやシェラトンなどのホテルブランドを運営する

屈指の米ホテルグループ、

スターウッド・グループの中でも

最上級に位置するホテルです。

 

NYのセントレジスをはじめて訪れたとき、

その気品とかっこいいエレガンスぶりに圧倒されましたっけ。

 

 

セントレジスは、創業者カーネス・アスター氏により、

1904年にNYに生まれた世界の名門ホテルです。

 

ピエールともプラザともペニンシュラとも、

FSやMARK・・・・ともまた違う、

いわゆるアッパークラスの麗しい香り、

そこかしこに立ち込めておりましたっけ~。

 

敷居の高さは100メートル❢(笑)

 

そういえば、かつてセントレジスNYには、

グレン・カッツというスターシェフが仕切る

「レスピナス」というこれまた伝説のフレンチがあり、

こちらもまた眩暈しそうなほどゴージャスでした~。

 

NYの名物レストランクリティク、ゲイル・グリン女史は

このレストランを称して、

 

「離婚を申し込むならここよっ!」

との名言を残したほど。

 

 

 

つまり、これほど夢心地のレストランなら、

離婚話を切り出されても、ヘーキよっ、というわけですね(笑)

 

彼女はまたこんな名言も放っておりますよ。

 

『恋愛もビジネスもすべての誘惑のはじまりはレストランのテーブルから』

 

そしてセントレジスNYといえば、

わたしが愛してやまないヘミングウェイおじさまのNYの常宿で、

マレーネ・デートリッヒやマリリン・モンロー、

サルバトール・ダリ夫妻など、

数多くのセレブリティたちにも愛されてきた別格のホテルなんですね。

 

 

いまでは当たり前のように言われるバトラーサービスの発祥もこちらのホテル。

またカクテルで有名な

「ブラッディ・マリー」が誕生したのもこちらのキングコールバーです。

 

ここがまた目眩するほどかっこいいーー。

 

 

伝統と格式を誇るクラシックなセントレジスNY

大好きですが、

大阪のセントレジスも、

スタイリッシュで格調高いモダンさが、

超素敵。

 

時間とともにどんどん輝いていくホテルなんですね〜。

 

そんなわけで、

セントレジス大阪でしばらくはNY気分を味わいたいと思います。

新感覚のNY Sushi Bar の創作寿司もぜひ行きたいっ。


f0215324_14312873.jpg

 

そして、久々に泊まってゆっくりしたくなりました〜。

 

 

ちなみに、そんないまをときめくセントレジス大阪で、

円ちゃんとわたしの美食の会をすることが決定❢



f0215324_14485819.jpeg

 

いや、これが言いたかった(早く言えよ、って話です。すいません)

 

きゃーーーー。

 

円ちゃん率いる三次水産より、

これまで見たことも食べたこともないような鮑や雲丹・・などわたしが大好物の魚介の王様たち、最高級の食材を使って、

セントレジスの名シェフたちに夢の食卓をクリエイトしていただきます。

 

 

8月の予定です。

 

詳細が決まればまたお知らせしますね〜

 

 

みなさまぜひいらしてくださいねーーー。

 

きゃん♬

 

 

 

 

 


by madamregina | 2018-05-02 14:42 | Comments(0)