超私的なハレクラニ考   

2019年 03月 05日
f0215324_09554258.jpg


去年もこの時期ハレクラニにおりましたな。
そのときは冴えないお天気が続いておりましたが、
今年はお天気は良いですよー。

プールサイドも静かで、
テーブル争奪戦もございません。

そういえば昨日は午後から、
すかしたイギリス人とナイスバディなお姉さまのカップルが朝からプロセッコを
ポンと開けてダイヤモンドヘッドに乾杯してました。

でー、しばらくすると、またポンっ。

午後からは、プールサイドに移動してまたもやポン。

そう!
ポンポンポン。

一日で3本よ。

いやはや、

ここはBeverly Hillsのペニンシュラのプールサイドか?と、
一瞬目を疑いましたわ、奥さん。笑笑

なんといいますが、
ハレクラニではあまりドーンとデーハーな、これ見よがしなことをする方はいません。

いえ、わたくし、デハデハなことも当然好きなんですが、こちらでは品のある優雅なスタイルが好まれます。

まぁみんな自分でお金払ってるんだし、
他人に迷惑かけなければ、好きことすればいいんだけどね。

ハレクラニのプールサイドウォッチングは相変わらずおもしろい。

で、そんなわたくし、
プールサイドでぼーっと人々の動向を眺めておりますと
いろんな方からお声かけて頂きます。

いや、しかし。
いつも朝起きたての、ド、ド、どすっぴんで、お恥ずかしい限りですが、
今朝も素敵な東京のマダムとお喋りいたしました。

私のブログをご覧くださっていて、
うれしい限りです。

その方も仰っていましたが、
ハレクラニに来ると、外には出たくない…と。

いや、ほんとにそうなんだよね。
ハレクラニのプロパティから一歩出ると
そこは現実。
まるでタカラヅカの夢の園から、
一気に現実に引き戻されたような心乱れる感じになるわけです。笑

ここは、やっぱりサンクチュアリ。
ある意味シェルターなんですよね。

ハレクラニに居さえすれば、大丈夫。
守ってくれる。
何があってもケアしてもらえる…という安心。信頼。

うちのゲストはどんなことをしても全力で守ります…という精神が
あらゆるスタッフに行き渡っている、

だから、ゲストは居心地がいい。

この感じ、
Parisのパラスホテル、
ジョルジュサンクにも感じました。

ホテル側がそれをことさら表に出さずとも、泊まっているゲストは、
ちゃんと肌で感じている。
わかるんです。

だからこそ、
みんなリピーターになるんだよね。

#halekukani
#halekulanimoment
#ハレクラニ考
#ハワイからの長文
#良いホテルの条件
#大切にしてもらっている
#と実感出来るホテル
#美辞麗句は必要ないよ
#ハワイアンスピリッツ

by madamregina | 2019-03-05 09:54 | Halekulani | Comments(0)