ラ メゾン ドゥ グラシアニ 神戸北野へ。   

2019年 03月 28日
f0215324_13390037.jpg


久々に、大好きな、

『ラ メゾン ドゥ グラシアニ 神戸北野』へ。


豪華なメンバーとの素敵なお食事会にお招き頂きました。


グラシアニは今年2019年、

ゴーミヨに選ばれたんですよね!

おめでとうございます。


兵庫県13店舗掲載のうちの2店舗がフレンチで、

その1店舗がグラシアニ。

さすがです!


ゴーミヨトックの数は3つ。

ある意味私はミシュランより、

ゴーミヨの評価の方を信頼しております、はい。


まずは、土肥シェフからご挨拶とお料理の説明があり、


お料理も今回のお食事会のコンセプトに沿って、兵庫の海と山の幸の出逢い、

シェフの故郷・福井の食材との出会い、

今宵ひとつのテーブルを囲むメンバー13名との素晴らしき出会いを、そしてそれぞれの世界の出逢い、交流をお楽しみくださいますよう…と、


なんて、粋でお洒落なはからい。



f0215324_13393160.jpg

f0215324_14012164.jpeg


champagneでのカンパイから

胸が高鳴りどうしですよー、

わたくしはっ。


f0215324_13394724.jpg

ノンアルコールの方には、
姉妹ホテル&スパ 屋久島サンカラから
届いたタンカンのアペリティフ。

f0215324_13411862.jpg


また、わたくしの席のすぐ前、お隣り、斜めには何れ劣らぬ各ジャンルでてっぺんを極められた巨匠揃い。


緊張いたしますわ。


f0215324_14010298.jpeg


しかし、

最初のひと皿、香住・ホタルイカのヴルーテが運ばれてきてひと匙口に含んだとたん、きゃあ!


f0215324_13415676.jpg


一気に土肥シェフのめくるめく世界へと突入!

このヴルテ、ホタルイカなのに

なぜか伊勢海老の濃厚さと甘さを彷彿とさせつつ、

ホタルイカのたまらん旨味と魅惑のハラワタがブレンドされ、

さらに塩分濃度をギリギリまで高めたそのテクニックとセンスに脱帽!


淡路・カワハギのマリネと六甲シャンピニョンにほんのり燻製をかけ、

カワハギの肝と昆布出汁のシートに、

生のマッシュルーム、下には日本酒でマリネしたカワハギが!

なんと斬新!繊細!

見た目もちょースタイリッシュなひと皿。


f0215324_13550660.jpeg


今回、それぞれのお料理に合わせ、

ワインもペアリングしてくださいましたが、

カワハギのこのひと皿には、

日本酒 黒龍を。

いや、素晴らしいマリアージュじゃないか!


神戸・二郎イチゴとフォアグラは、

やばいよ、やばいですよ。


f0215324_13553692.jpeg


フォアグラ自体にもイチゴを仕込んでいるので、

ふだんはまったり、どしっと

重くなりがちなフォアグラちゃんがなんとも爽やかで、優しく上品な風味を醸し出しています。


そして、二郎イチゴはやっぱり濃い。

酸味が唯一無二。

下に敷かれた黒胡椒のサブレがまた、いい感じの食感で、感動の嵐でした。


ペアリングのほの甘いMignardisesとの相性もバツグンでした!


淡路の小蛸とロワール産ホワイトアスパラガスは生感が残るアスパラの焼き具合も最高。


f0215324_13564880.jpeg


神戸ポークのテット ド フロマージュと淡路の貝類も美味しかったー。

どこか、カレー風味が香るマスタードソースの使い方が、絶品。



f0215324_13571706.jpeg


口直しは、トマトのエキスのシャーベット。

トマトをぎゅっと封じ込めた、

濃い濃い味は見た目と裏腹にインパクトあります。

これ!私が愛して止まない、

NYの天才フレンチシェフ、

デビッド・ブーレーのシグニチャー

トマトウォーターを感じさせました。


f0215324_13574542.jpeg


そして、次に運ばれた白鷺サーモンと明石ワカメのひと皿に、一同に歓声が。


わかめのグリーンがなんて華やかで色鮮やかなひと皿。


f0215324_13581140.jpeg


付け合わせはのわかめご飯のチップス、

市販されていたら、

わたくしひと箱買い占めたいぐらい好みでした。


メインの三田和牛ランプのロティと婦木農場のヨモギに至るまで、

f0215324_13584444.jpeg


土肥シェフのお料理は、

やっぱり凄いわ、

美味しいわ!


デザート一皿目は、丹波ヨーグルトソルベと桜。


f0215324_13591343.jpeg


メインのデザートは、

ブラッドオレンジとタルトショコラ。



f0215324_13594855.jpeg


ああ!春を感じます。


最後のプチフールのサーブに至るまで、

久々に感動のフレンチでした。


f0215324_14002026.jpeg



f0215324_14015008.jpeg



それにしても。

グラシアニのソムリエ、スタッフのみなさまのサービスもこれまた、

絶妙のタイミングでのサーブ、

ふと発するフレーズにも、

おもてなしの心が感じられて、

なんて心地良く、夢心地にしてくださるんでしょう。



f0215324_14003985.jpeg


それはまさに、大切に人を連れて行きたいと思わせる、上品で温かなサービス。


お土産にいただいたショコラがまた、素敵でした。


f0215324_14024306.jpeg



f0215324_14031186.jpeg


淡路の玉ねぎや、

豊岡の甘えび、

明石のわかめなど

兵庫県産の意外な食材を

お洒落なショコラに。

f0215324_14053625.jpeg


テーブルのメンバーとも、

美味しいひと皿を共有する親しみが生まれ、いや、まさにこれぞ出逢いを演出してくださった、

素晴らしきお料理でございました。


大好きな杏子ちゃま。

お誘いいただきありがとうございました!


#ラメゾンドグラシアニ

#神戸北野

#大好きなフレンチ

#土肥シェフ

#素晴らしいホスピタリティ


by madamregina | 2019-03-28 13:38 | Comments(0)