紅ゆずる 千秋楽に想う…8月19日 @宝塚大劇場   

2019年 08月 22日

f0215324_21232417.jpg



〜長文です〜


先日、

タカラヅカ、星組トップスター、

紅ゆずるさんの退団公演、


「GOD OF STARS-食聖-」「エクレール・ブリアン」の大劇場千秋楽を観に行ってきました。


劇場に到着すると退団千秋楽のコスチュームである真っ白の服が溢れ、いままで感じたことのない緊張感と一種異様な熱気が充満っ。


f0215324_21264566.jpg


はー。

凄いわ。

わたくし、

息も絶え絶えに客席に座りました。


f0215324_21272631.jpg


でー。

はじまったお芝居。

原作・脚本・演出の小柳菜穂子先生の作品です。


今回、何度か観てきましたが

千秋楽を迎え、改めて「食聖」は、紅さん、あーちゃん、そして星を継ぐまこっちゃんたちを輝かせ、また観客の私たちを愛で包み込む、まさに退団公演に相応しい、ファンを幸せにしてくれる作品であるか。

改めて知ることが出来ましたー。


さすが小柳先生。

この作品で紅ちゃんと、

同じく退団する相手娘役の綺咲愛里への愛とエールがつまっていて、そんな想いにまた紅ちゃん、あーちゃん、まこっちゃんたち、星のキラ星たちが全身全霊で

応えていて、ほんとに感動したよ。


ショーでは、黒燕尾の紅ちゃんの超端正さに息することも忘れ、彼女のこれまでの宝塚人生のすべてが凝縮されているようで。


f0215324_21264570.jpg


ああ、紅ちゃんは天から降りてきた神様に見えました。


いや、至高の芸術品だな。


サヨナラショーも、

なんて楽しさがつまった内容。

紅ちゃんの追っかけで、客席案内係を務める「紅子」が制服姿で登場よ。




f0215324_21302236.jpg


ここが銀橋…

とうっとり、感無量の面持ちの紅子。

さすが、自身もタカラヅカの大ファンだった紅ちゃん。ファン心理をわかってくれてます。


そして、ステージのセンターに座り込んで、愛しそうに

床をなでて、「ホームグラウンド、聖地や」。


と、まるで高校球児のようにつぶやく。


みんな、楽しいんか、悲しいんかどっちかわかれへん


と、舞台から紅子言うと、

客席からすかさず、


「泣いて笑って忙しいわ」


との掛け声。


え?これ千秋楽だよね?


あかん。

紅ちゃんもファンもおもしろすぎるー。


紅ちゃんは、友近より、100倍お笑いのセンスがあるね。なのにあくまで上品で。

そこがタカラヅカ。


ご挨拶では、

黒紋付に緑の袴姿。


大階段を凛々しく降りてくる

紅ちゃん。なんて、素敵だったんだろう。




男役の退団式では、タキシードを選ぶ人も多いそうだけど、


「この紋付袴姿は、

宝塚の現役生徒が唯一着られる正装。

男役以前にいち生徒として、これを着て、大階段を降り、みなさまにご挨拶したかった…」


と、迷わず選んだと言うのも紅ちゃんらしい。


ご挨拶の言葉は涙に濡れていた。


あとの会見で、


「当初は「笑って終えるつもりだったんです。綺咲があいさつで泣いたんで『やめてくれ~』と思ったんですけど、泣くことが何が悪いんだ」と、あとは


涙、涙、涙だった彼女。


「床にしみこませてやる、と。大劇場には、私の涙がしみこんでいます」


宝塚に入って、

17年7カ月。

彼女の居場所は長いこと舞台の隅。

48人中、47番。


はじめからトップスターのレールが敷かれている生徒が多い中、

紅ゆずるに、そのレールは敷かれてなかった。でも、自分で道を開き、あきらめず、腐らず、てっぺんに登りつめた人。


誰もが人情の人、と彼女の温かさ、思いやり、優しさについて語る。


ご挨拶の場面で、相手役があーちゃんでほんっとーに良かった。

と、言って、あーちゃんが号泣。

その頭を撫でて、優しく見つめる紅ちゃんの表情に、

この人の人間としての崇高さが溢れている。


f0215324_21313323.jpg


男役は退団すると、

ファンが減る…と言われているタカラヅカだけど、紅ちゃんのことは、みんなきっとずっと、応援すると思う。


そんな人。


そういえば、


「もう泣いて顔ぐちゃくちゃだと思います…」

と、紅ちゃんが舞台から言うと、


客席から

「そんなことないで!」

と、掛け声。

それを受けて、


紅ちゃん、

「そんな遠いから見えへんねん」


するとまた客席から

「綺麗やで」


「ありがとう…」と紅ちゃん。


もー、

なんなん?このやりとり。

このあったかな空気。


人情喜劇だわ。

ほんとに。


そうなんです。

私、紅ちゃんを観ていて思っていました。

彼女が体現している舞台のベースには

大衆演劇のエレメンツが溢れていると。


誰もが親しめて、

楽しみ、泣いて、笑って、感動する、大衆演劇、ボードビリアン。


それこそがショービジネスの原点ですもん。


「あきらめなければ夢は叶う、

と教えてくれたのが宝塚でした…」


と、語った紅ちゃん。


これまでの道は、でこぼこどころか、きっと想像も絶する苦労、努力、涙と汗の日々だったはずだ。


だからこそ、

何千人、何万人があなたに憧れてきた。


夢の中のスターより、美しい人。

いま、あなたに見えているのは、

間違いなく世界一素晴らしい景色ですよね。

 

タカラヅカ、トップスターの退団とは、

なんて素敵で、

なんてせつなくて、

まさに世界で唯一無二の儀式。


紅ちゃん。

そんな場面であなたと同じ場に居られたこと、一生忘れません。


f0215324_21323274.jpg



#紅ゆずる

#千秋楽

#小柳菜穂子

#takarazukarevue

#礼真琴

#まこっちゃんいい子

#紅ちゃんのお写真はみなさんあげておられるので

#私の写真入れときましたw

#すんません

 @ 宝塚大劇場


by madamregina | 2019-08-22 21:21 | Takarazuka | Comments(0)