2006年 12月 21日 ( 1 )   

至福の時間   

2006年 12月 21日




ミラノから帰国しました。
いろいろ現地でのことも書きたいのですが、ジェットラグがまだ取れなくて、日中はかなりぼんやりしてしまっております。
(いや、それはいつもか)

いろいろやっつけなければいけない仕事もテンコ盛りなのになぁ。

それにしても海外から帰国して、いちばんほっとするのは我が家のお風呂に入っているときなのであります~。

うちは本当にほったて小屋ですが、お風呂だけは贅沢にちょっと広くし、窓もつけました(といってもユニットですが)。
2階のいちばん見晴らしのいい場所にあるので、日中は窓から
六甲の山並みも見え、夜はお月さんも見えたりして、このお風呂での時間がわたしのとっていちばんゆったりできるひととき。

昨日も、そんな至福の時間を過ごすべく、のんびり湯船につかりながら、TVで「オーラの泉」を見ていると・・・。
美輪明広と江原啓介が「守るべき人間がいるとき、人は強くなれるのです・・」と説法をされておりました。

守るべき人間・・・くーっそうか。お母さんは子供がいるから、それで強いのだな。夫たちは守るべき妻がいるからそれで強いのだな・・・・・そうしたら、このおいらは・・・と考えると、一気に落ち込んだ次第です。

とはいうものの、TVを消して、今度は千住博さんの「ルノワールは無邪気に微笑む」を読んでいると、おお生きることはかくも素晴らしいのか!と一気にポジティブ思考へ転向。

まったく至福のひとときも忙しいのであります。

写真はハワイのカハラマンダリンのスイートのベッドルーム。
あああ、わいはに行きてーっ。

by madamregina | 2006-12-21 12:12 | Diary | Comments(0)