2007年 02月 23日 ( 1 )   

ロスでディカプリオに遭遇   

2007年 02月 23日
昨日、伊丹→成田経由にてロスに到着しました!

ロスの空港に着き、機内を出ようとしたら、
おいらのすぐ後ろに
元テニスプレイヤーの伊達公子さんを発見!

ひえええ、9時間もの間、おいらのすぐ後ろのシートにいらっしゃったのに、まったく知りませんでしたー。

確か公子さんはF1レーサーの方と結婚して、現在モナコに暮らしておられるはず。
たったひとりでLAに何の用事があったのでしょうか?
(余計なお世話ですが)

ちなみに、公子さんは寝起きそのまんまのかなりのすっぴんなお顔で、服装とかもぜんぜん気にされてない様子でした。

が!この人が、世界の桧舞台で何度も死闘を繰り広げたあのテニスプレイヤーか?!と思うと、なんだか後光が差しているように思えました。トロリーバッグは新品のヴィトンでした。

ロスの到着後、すぐにモデルオーディション。
10人ほどのモデルたちから5人に絞って、表紙になるダイヤン・フォステンバーグのドレスを試着してもらったところ・・

な、な、なんとバストがきつすぎて、着用できないいモデルがいるではありませんか!
ひええええ。有り得ない。こんなことはいままでではじめてであります。

まさに「シンデレラのガラスの靴」のごとく、選ばれるモデルはこのドレスを美しく着こなせることが第一条件。

運良く、ちゃんと着れるモデル2名がディレクター&カメラマンの気に入ったモデルで、ほっと胸をなでおろしたオレです。

さて、本日の朝、ホテルでコーディネーターさんと打ち合わせをかねて朝食を食べていたら、どこかで見かけた人物が通り過ぎました。
サングラスをかけていたけれど、ディカプリオではないっすか!

なんか、ちょっと肥えておっちゃん風に見えました。

2月25日を前に、ロスはまさにオスカー一色です。


いつもなら、うれしいオレではありますが、明日撮影本番を迎えて、いまいちミーハーに徹する事もできず、若干ナーバスになっております。

というのも、明日のコールタイム(集合時間)は朝5時でありますよっ!

起きれるのだろうかっ?

時差があるから大丈夫ね、きっと。

by madamregina | 2007-02-23 14:35 | Diary | Comments(0)