2007年 12月 10日 ( 1 )   

光りに祈りをこめて   

2007年 12月 10日



去年のこの時期、出張でミラノに行ってました。
写真はミラノのFSホテルの部屋から見たクリスマスのイルミネーションです。

1年が過ぎるのってほんとに早いもんですね~。

わたしはクリスマスが近づくこの季節、正直に言うと、
いままであまり好きじゃなかったんです・・・。

街はクリスマスのイルミネーションでどこもかしこも煌いて、
とってもきれい。
でも、そんな光りを見つめていると、
なんだかちょっとだけ、自分だけが取り残されているような気がして、
「おいらは、いまシアワセなのかなー」
なんて、ふと孤独を感じたりして。

でも、先日、光りについて、こんな文章を見つけました。

「光りは闇の恐怖を消し去るためのもの」


神戸のルミナリエもそうですが、
光りって、人間の祈り、希望、そして再生を象徴しているんですよね。

実は先日、知り合いのお父さまが大きな事故に合われて、
いまも闘病中です。

「あの方のお父様が少しでも早く回復されますように・・・・」
今年は、出会った光り、たくさんのイルミネーションすべてに
そう祈りたいと思います。

by madamregina | 2007-12-10 00:39 | Diary | Comments(0)