2007年 12月 11日 ( 2 )   

離婚の理由   

2007年 12月 11日


今朝、LAの友人から国際電話がありました。

「ちょ、ちょ、ちょっと聞いてよ~!デイヴィッド(仮名)がいま大変なのよ。
離婚するって・・・」

と言うではありませんかっ?

デイヴィッドといえば、この6月めでたく結婚したばかりの、
超シアワセだったはずの、金融エグゼクティブ。

奥さまのキムは弁護士っていう、
まさに絵に描いたようなフェイマス&リッチかつ
ビューティフルカップルなのであります。

それがどうして・・・・

いや、しかし、こーゆー話題は
上沼恵美子より、好きなおいら(えっ)
なんだか俄然、元気になってきました(えっえっ)。

「誰もがうらやむカップルが離婚とはね~。
人生わかんないもんよね。
でもデイヴィッドも大変だわなー。
だって相手は弁護士でしょ?
しかもアメリカでしょ?
いったいどれだけ慰謝料取られるのか、
他人ごとながら、心配だわー」

とおいらが言うと、友人はなんだか申し訳なさそうに、
こう返しました。

「あのさー、
離婚の理由はね、ちょっと言いにくいんだけどさ、
キムのアルコール中毒と浮気なのよ」

ぎょええええええーっ。
あのキム、あのクールで男なんて興味ないわー、ダーリン以外はねっ、
というキャリアウーマンの権化のような彼女が、
浮気・・・。
しかもアルコール中毒。

いやあ、世の中ほんと、何が起こるかわかりませんっ。

by madamregina | 2007-12-11 19:20 | Diary | Comments(0)

幻のカツサンド    

2007年 12月 11日


昨日の夕方、自宅で書類と格闘していると、
女部長の親友からメール。
「何か買って、そっちへ行こうか?」

ひえええええ。もう仕事に疲れて、何も作る気がないこんな日。
でも、お腹だけは空いてまんねん。
そんなときにこれほどうれしいメールもありませぬ。

「すぐに来てぇええええええ」
と連絡すると、
「めっちゃ高いけど、新世界の梵のヒレカツサンド買っていったげる!」

いやあ、もう、おいら涙に咽びました。

とりあえずリンゴのサラダとチーズとワインを用意して(しょぼすぎるー)
オットを待つ新婚3日目の妻のような心境で女ブチョーを待つ。

友、きたるー。
極上ヒレカツサンドを持って・・・。

それは、新世界のグリル梵のヒレカツサンドでした。
昨年堂島にもお店が出来たのよね。

で、おいらは新世界の本店には何度か取材に行ったことがあったのですが、
カツサンドは食べたことありませんでした。

この前香港に行ったとき、
世界中のC級下町グルメからミシュランまでを網羅する
香港一の洒落金男さんから
『堂島界隈の古いビルの3階に日本一美味しいカツサンドがあるそうなんですが、
知ってます?」
と聞かれて、答えられませんでした。

で、昨日、その幻のカツサンドに出会ったというわけであります。

お味?
それはもう、冷めてもサイッコー。
分厚いステーキ肉とパン(これもまたうっまいねん)、ソースのバランスがバツグンです。

一度ぜひ、お試しあれ~。




大阪市北区堂島 2-1-34 3階
tel : 06-6347-5007
fax : 06-6347-5007
営業時間 : 17:00~25:00
http://www.grill-bon.com/

by madamregina | 2007-12-11 11:28 | Diary | Comments(0)