2008年 11月 27日 ( 1 )   

セントレジスバリのスイート   

2008年 11月 27日


お休みしていたバリレポ再開いたします~。

前回はセントレジスバリヴィラをご紹介しましたが、

今回はビルディング棟にあるスイートです。

スタイリッシュなエレベーターに乗って、
バリ風の木のドアを開けると、すぐにお部屋ではなく、
玄関アプローチが登場。

こういうレイアウトも
ホテルの部屋というより、
レジデンスのようなくつろぎ感が溢れています。

リビングにある革張りのテーブルや
ソファのカラーコーディネートも、シック。趣味がいいわね~。


インテリアは「我が家のような贅沢な空間」がコンセプトとのことですが、
いやあ、私の住まいの1000倍素敵です(当たり前だけど)

バスルームはぬくもりがありながらも、アバンギャルドなテイスト。

そういえば、セントレジスバリのバスルームは
これまで私が泊まったホテルの中でもかなーりトップクラスに入ります。

スイートのバスルームも、
アメニティからシャワーヘッドに至るまで、
細部までこだわりぬいた、
セントレジス流儀が貫かれていました。



最近は猫足より、このスタイルのタブがホットですね。




大きなガラス窓はバルコニーに続いていて、開放感たっぷり。
こちらはバルコニーから見たバスルーム。


ここのバルコニーでお茶を飲んだり、のんびり庭を眺めたり。



そうそう。
セントレジスバリで感動したのは
ベッドの寝心地です。


なんでも、スレッドカウント300という上質な
エジプト綿のリネンを使用しているとか。

もちろんヴィラもスイートも同じベッドです。


ふかふかのベッドとなめらかなシーツにくるまって、眠る幸せ~。

地階は、14室のセントレジスプールスイートがあり、
こちらはヴィラを
コンパクトにまとめた感じです。

もちろんプライベートプールつき。

その広さはプライベートガーデンを含めて189㎡。

ひと部屋ひと部屋にバリブンゴン(バリ式ガゼボ)が
用意されているのも、とっても贅沢でした。


そしてこちらはラグーンヴィラ。


セントレジスの敷地内にはラグーンがあり、
それを囲むように
ヴィラが点在しています。

ひとつの村を形成しているような雰囲気で、
ハネムーナーにもぴったりという感じでした。





そんなわけで、
次回はビーチサイドにある夢のようなチャペルアとレストラン
ユニークでゴージャスな朝食について、
レポいたしますね~。

by madamregina | 2008-11-27 00:38 | Diary | Comments(0)