2011年 04月 29日 ( 2 )   

フランスマダム垂涎!のフェイシャルトリートメント Biologique Recherche   

2011年 04月 29日
f0215324_2225243.jpg


先日、こちらでご紹介した

フランス発、セレブ御用達の脅威のスキンケア、

Biologique Recherche (ビオロジックルシェルシュ)

まずは、基本のクレンジングとローションを使いはじめて、

そのすっごい威力に驚愕した、わたくし。

これはもう、凄い!フルラインを使いたい、と思ったものの、

そのためにはフェイシャルトリートメントを受けて、

セラピストによる肌診断をしてもらって、使うべきプロダクツをアドバイスしてもらうというシステム。

というわけで、日本のスパ業界でも屈指の The Day Spa が運営する、

有馬グランドホテル内にある、

カーゼオーガニックスパに突撃したのでありますっ!


f0215324_22141525.jpg




ああ、有馬の風がなんて心地いいのー。


f0215324_23173597.jpg



f0215324_2318436.jpg



広々としたサロン内には、すっごくいい「気」が漂っています。


f0215324_2361670.jpg


このライト、アーティスティックでとっても素敵でしょう?

やわらかくあったかい、オレンジの色の光が、心を落ち着かせてくれます。

エレクトリックライトなのですが、アロマの香りが漂う、珍しいライトです。

籠の中に入っているのは、本当のキャンドル。演出もお洒落ですよね~。

f0215324_2331324.jpg




まずは、ローズヒップのハーブティを頂いて・・・。

お肌の状態をカウンセリングしていただきます。


f0215324_2364753.jpg



トリートメントルームが、ひゃああーっ。とっても広い。こちらはペアで受けるためのお部屋。


f0215324_2382847.jpg




私がこの日、受けたのは、


サンジェルマン通りにある、BRのフラッグシップ、

パリのサロンでも、大人気のリフティングフェイシャル。


パリのマダムやハリウッドスター、スーパーモデルたち御用達です(きゃーっ)


このトリートメントは、

お肌を浄化し、オールハンドでぐいぐいと顔の筋肉をマッサージし、

確実にリフトアップさせる、すっごいトリートメントなのです。

フカフカのバスローブに着替えて、ベッドへ。



セラピストが、「目を閉じて、大きく息を吸って、吐いてくださいね」

というリズムに合わせて、深呼吸をすると、心地いい有馬の風と、

アロマの香りが身体中に浸透していくよう。

優しく波動を整えていってくれるのですね。

もう、すでにこの時点で、かなりヘブンへの入り口です。

f0215324_2346218.jpg



お肌をクレンジングで清潔にした後、

いよいよ、噂のハンドマッサージ。

驚いたのは、まず、脇の付け根の部分をグッグッと、上へ上へと

押し上げていくマッサージ。

こうして、脇と胸のリンパの流れを良くすることで、

フェイスラインをもアップさせられるんですって~。

顎のラインをマッサージするときは、いやあ、もう痛いよ。いや、イタ気持ちいいっ。

首から顎にかけて、そして、耳の下から上へ上へと、

グイグイさらに、あげるあげる(笑)

引き上げて押して、引き上げて押してっ。


パリのサロン直伝のこの、リフトアップマッサージテクニックは、

まさにセラピストの手が魔法のように、柔軟に動いて、

顔の筋肉がグングンと押し上げられていくのですよ~。



ある意味、造顔に近いです。

ものすごいパワーと、技術に根ざした、ミラクルマッサージです。

まずは左側の肌をマッサージしたあと、鏡を見せて頂くと、

おおおおっ。確実にマッサージしていない、右側と歴然とした、差が!

目尻の位置がひえええーっ。違ってるやないかあああああー。

右側もしっかりと押し上げて頂きましたっ。


丁寧に、力強く、巧みなテクニックで顔中の筋肉を余すところなく、

オールハンドで約50分ほどマッサージ。






このあと、マスクをしながら、

パリのマダムが恋焦がれているという、

「リモデリング」という超高価なマシーンを使った、リフトアップをしていただきました。

このRemodeling Face Machine は超絶な必殺仕事人。


f0215324_04239.jpg



世界最高水準の、バイオ電気療法で、

それぞれの肌に合わせた美容トリートメントを施します。

3種類の電流を用いるのが特徴。

直流電気は有効成分の吸収を改善。

低周波と中周波は肌を引き締め安定させ、

高周波のアルテミック電流は、肌表面を蘇らるのだとか。

これらの3種類の電流は単独で、あるいは組み合わせで、

それぞれの『瞬間肌』にあわせて使用されます。

電流値を正確に調整することで、肌表面と筋肉の働きを活性化。

なめらかな肌。ブライトニングな肌。ハリのある頬。

引き締まったフェイスラインをもたらせてくれるのです


リモデリングマシーンのあと、

セラムとクリームをしっかりと塗りこんでもらって、

最後にヘッドマッサージをしていただき、終了(これがもう、至福ーーーっ)

ヘッドマッサージもフェイスラインを引き締めてくれるんですよね。


こうして、

オールハンドのリフティングフェイシャルと、

このリモデリングマシーンの相乗効果で、

90分後、わたくしのお肌が、

きゅあああああああああーっ 


かつてない、輝きと、あっと驚く、小顔になっているではないですかっ?!


凄いわー。

さすが噂のBRのフェシャルトリートメントです。

そして、もっと凄かったのは、

このトリートメントは、翌日、その翌日と日がたつにつれて、

さらに、お肌をぴんと引き上げ、なめらかに、そして、

肌のトーンがまじで、ワントーンじゃなくて、

ツートーンは確実に明るくなったことです!

最後に、ハイビスカスハニーティとドライフルーツを頂き、

ゆっくりとサロンでくつろぎながら、

f0215324_0345856.jpg


f0215324_0393097.jpg


f0215324_0395142.jpg



セラピストの坂井さんがアドバイスしてくださったのち、


念願のセラムとクリーム、マスクをゲット。

f0215324_0404213.jpg


わたしのお肌、とっても乾燥していたそうです。

2~3ヶ月に一度は、ハワイでひどい目に合わしてますもんねー。

ごめんやでー。

もはや、ゴビ砂漠のようだったのかもしれないわー。

で、BRのセラムは、

超保湿効果を発揮し、ミルクプロテイン配合で、アンチエイジングパワーの強い、

セラムインテンシブハイドレーティング

厳しい環境にさらされた、お肌を修復してくれるセラムです!強い味方よっ。

f0215324_04434100.jpg


浸透力が凄いです。グングン肌の奥へと入っていく感じ。

そして、

インテンシブクリームファーミング

たるみ、ひきしめに効果を発揮。
肌細胞を活性化し、新陳代謝を高めてくれます。


f0215324_0525457.jpg


シャンパンゴールドのカラーで、パールのような輝きがっ。

テクスチャーもとーっても素敵。なめらかで、パール大の使用で、

ぐんぐん伸びて、浸透します。

f0215324_111678.jpg


加えて、

1週間に1-2度使いたい

リバイタライジングフェイシャルマスク

f0215324_135064.jpg


お肌を浄化し、肌の色をグンとあげてくれるマスクです。
栄養を与えて、ドライスキン、エイジングに効きます。

このマスクも、感動の変化がっ。

フルセットで、5点です。

シンプルにして、最大の結果をもたらせてくれる、凄い仕事人たち。


f0215324_1101656.jpg



そして!

BRフルラインを使いはじめて、そろそろ1ヶ月。

もうーーーーーーーっ。

感動よっ。マジで、凄い結果よっ。

毛穴は引き締まり、

何より、肌色、アーーーーーーーップっ


なにせ、わたくし、ワイハで、ガングロ子になっておりましたからっ(ひーっ)

で、先日、20日ぶりに、2回目のリフティングフェイシャル+リモデリングの

トリートメントを受けました。

セラピストの坂井さんが、

「びっくりするほど、お肌が明るく、フェイスラインも引き締まっておられますね。

首もとっても白くなっておられますよ!」


と驚いてくださいまして、おいら、うれしーーーーーーっ。

だって、毎朝毎晩、もう、BRのお手入れが楽しくってさー。

必ず結果が出る、スキンケアって、

使ってて、こんなにも、しあわせだったのねー。

最高っ!



 



BRについての、詳しい内容は、

前回のわたしのBRレポ をご覧くださいねー。

そして、わたしの旅友、ゆりちゃんも、とうとう、BRの世界の扉を開けてくれましたあああっ!

彼女の 素晴らしいBR 体験レポ も、ぜひチェックしてくださいませー。



 [Biologique Recherche Facial]
肌改善トリートメント

リフティングフェイシャル 75分 ¥19,950
リモデリングマシン    15分  ¥6,000
  












f0215324_22154383.jpg


f0215324_14822.jpg


f0215324_1482237.jpg


f0215324_153154.jpg


f0215324_157535.jpg





CAAZE Organic Spa


◆兵庫県神戸市北区有馬町1304-1 
[有馬グランドホテル(B2F)アクアテラス&スパ]
◆078-904-0181 ◇営業時間 14:00-22:00(最終受付21:00)


f0215324_1383766.jpg

by madamregina | 2011-04-29 22:19 | 仏スキンケアBR

I hate but I love NY   

2011年 04月 29日
f0215324_15292885.jpg


レジィーナ ロマンティコ の

オーナーデザイナー、阪口元美社長の愛娘、

佳世ちゃんがNYに行って、ほぼ半月。

佳世子のNY日記」が最近のわたしのお気に入りですねんっ。

Easterのパレードや、

NYマダム御用達、超タカビー(だけど好き)なデパート、バーグドルフのことや、

その個性的なディスプレーの写真を見ながら、


はじめてのNYで佳世ちゃんが、感動するいろんな出来事に、

思わず、自分がNYを訪れた頃のこと、思い出しましたーーっ。

いやあ、もうかれこれ、NYは、50回ぐらい訪れたでしょうか?

なにせ、ヨーダのように生きながらえているとさ、

それぐらいになります。


これは何回目かな?

大好きなThe Pierreに泊まったときの写真。

もう、いまはピエールも、ホテルをやめて、

高級アパートメントになったのよね。一部屋欲しいーーーっ。

・・・と思っていたら、

リノベートしてちゃんといまもホテルとして活躍しておりました(すびばせんっ)

ご興味のある方は、HPご覧くださいませー。

The Pierre
f0215324_15353473.jpg


NYにはじめて行った頃、何が驚いたかって、

ニューヨーカーたちがほぼ黒ずくめのファッションだったことですわ。

なので、わたしも黒っぽい服装です。

しかし、なんか、カメラにらみつけてるよね。

怒ってるのかしらん?

目つきも悪いわよー奥様っ。


いやそれにしても。


NYは最高の刺激を与えてくれるし、

最高の夢も見させてくれるけど、

やっぱり、タフな街やと思います。



何度も恋して、何度も裏切られましたさかい(ひーっ)

アジア人に対する、いやあな、差別にも慣れました。

アメリカ人ってだから勝手よね。ほんと自分が世界の中心。

と何度もむかつきました。

某ホテルでは、お金をだまし取られたこともあったわたし(もういまはなきしょぼいホテルです)


そんなとき、よくチャイナタウンのMott St.とかに行くと、


チャイニーズたちは、そんなこと何だよ?大したことないよ。

といわんばかりに、がむしゃらにカラダをはって汗水たらして働いていて、

不思議と元気が出ました。



あるとき、何かでふさぎこんで歩いていると、

道端を根城にしている、ホームレスのお兄さんから、

「Smile! Baby」と言われて、

涙出そうなったこともあったわね。



当事はデジカメなかったし、なんか、あんまり写真を撮ってないのよね。

でもまあ、自分の旅行史のためにもちょくら、UPしときます。

どうってことない写真でごめんやすー。


いつごろの写真かも定かじゃないけどさ。


上)ビリージョエルがかつて披露宴(何回目?)をあげたという、
NJのWedge Waterに取材に行ったとき、桟橋から。

なんか、だいぶ前なのに、わし、おばはんチック(痛)

中)そのへんのカフェで。


下)近代美術館で(たぶん)


f0215324_16103245.jpg



(左)名前も忘れた、予約の取れないレストランで(美味しくなかった)

当事、ミシュラン、ZAGAT、ゴーミヨのトップ10レストランの扉を開け続けていたときで、

NYのレストランのプラチナシートに座ることを、人生の目的にしていた、

わたしの愚かなNYレストラン狂時代。


昼夜、とフレンチに突入したりして、とにかく、デブってます。(ひーっ)


(右)いまも大好きな、ブルックリンのステーキハウス、ピータールーガーに入り浸ってた頃。


(下)大好きだった、イタリア系グロッサリー。

いまはなき、伝説のバルドゥーチで生ハムとパルメジャーノレジーノを買うわし。

f0215324_16151819.jpg



で、レストラン狂時代の後にやってきた、

Broadway ミュージカル狂時代

左)B'dwayの広告とわし(何のPlayだったのかしらん)
右)Duan Stあたり(たぶん)
下)Long Israndのサマーハウス


f0215324_1622138.jpg


引き続き、NYミュージカル狂時代。

上)当事、ハマりまくっていて、マジで、45回は観た、
Jekyll&Hydeのスター、ロバート・クチオリと。

クッチー、いまはどうしてるのかしらん?

(しかし、わたくし、もはやイノブターーーー)

This is the MomentはいまもB'dWay史上に残る、
クッチーの名演だったと思います。


下左)ジキルの看板の前で記念撮影。

下右)Rent、オープニングから1週間目。
アダム・パスカルーーーーーっ。
かっちょよかった。

f0215324_16232582.jpg





とういわけで、

醜い写真、失礼いたしましたあああっ。





それにしても、佳世ちゃん。

いっちゃんも、思い出しましたよ。

バーグドルフのシーンの数々。

パークアヴェニュープリンセスたちの気取ったファッションや、

最上階のセール会場。ドレスも大安売り!

紳士淑女が集う、プライベートサロンのようなカフェや、スパ。

佳世ちゃん、バーグドルフでパーソナルショッパーたちの

お洋服、チェックしてきてねー。

そしてカフェでは午後のお茶をガールフレンドとぜひ。

あ、お買い物をすれば、お家まで届けてくれるかもよ。


わたしは、当時携帯を持っていなかったので、

よく、バーグドルフで、お電話お借りしました(ひーっ)

もちろん、国際電話じゃないですが、

スタッフのみなさま、お買い物しなくても、快く、お電話貸してくださったっけ(あつかましーよね)



ほんとに、いろいろあったNY.

好きとキライの感情がいまも、渦巻いておりますが、

やっぱり。

I hate BUT I love NY


NY関連記事

我がNYのレストラン狂時代

無駄な買い物

ケイト・スペードのサンダル

グゥイネス・パルトローの義理の父ってか

by madamregina | 2011-04-29 15:35 | NY