2011年 06月 08日 ( 1 )   

サンカラ ホテル&スパ 屋久島 (4) レストラン編 2日目   

2011年 06月 08日
f0215324_126139.jpg





f0215324_10495465.jpg





サンカラ「Okas」の一日目のディナーに続いて
2日目のディナーいきますわよーっ。



ゆったりとゴージャスな雰囲気で、楽しむディナーもいいですが、

2日目、カウンターで頂いて、

わたしは断然、カウンター派!と確信いたしました。




f0215324_1133472.jpg



f0215324_1185037.jpg







瀬下シェフはじめ、オープンキッチンで働く、料理人のみなさんの

キビキビとした、張り詰めたような緊張感を感じながら、

お料理の素材について、あれこれ、シェフにお話を聞く楽しみも

カウンターでいただく醍醐味だと思います。





f0215324_1152010.jpg



肉を切り、さめないうちに温かいソースをかけ、

ハーブや野菜をあしらい、最高の味わいの瞬間を逃さず、

目の前に料理を差し出すまでの、一連の動きに、うっとり。

f0215324_1175933.jpg






その一瞬一瞬を眺めつつ食事を楽しむことも、カウンター席に座る贅沢ですよね。


彼らはまさに舞台で演じる、役者そのもの。

これぞ、シェフズテーブル!





もちろん、2日目のお料理も心に残る素晴らしいものでした。

最初の一皿は、

契約農家、立澤さん烏骨鶏と阿久根産・雲丹、どんこ椎茸をブリオッシュ添え。

f0215324_1222343.jpg



烏骨鶏がクリーミーでものすごーく濃厚な味わいです。

どんこ椎茸はまるでイタリアのポルチーニのような風味でした。

ブリオッシュにつけて、頂くと、きゃーっ、最高!

f0215324_1244333.jpg


そして次は、なかやま黒牛・極上カルビ立澤さんの有精卵のラビゴットソース。


f0215324_1325159.jpg


桜のチップでスモークしたカルビ、100枚ぐらい食べたいと思いました(笑)

有精卵のラビゴットソースとの相性も素晴らしい。



こちらは、口永良部産・伊勢海老のキャベツ包み、ブロッコリーのムースリーヌ。

f0215324_126139.jpg


伊勢海老をキャベツ包みにしちゃう、センスが好きです。

キャベツの甘みと伊勢海老の旨みが炸裂っ!

美味しいー。もうひとつ、ください(笑)




この日の魚料理は、一湊沖・首折れ鯖、ダイダイ風味のブイヨン仕立て。


f0215324_1182337.jpg





首折れサバというのは、船で上がってすぐに首を折るので、新鮮さが保たれる、

この地方独特の絞め方。

あしらいの、山野草は、長命草、ハンダマ、つわ葺、ワラビという

屋久島の風土で育った生命溢れる、山野草たち。

食べると、血液まで浄化されるような、お料理でした。


メインの肉料理は、

鹿児島産・肝属、放牧豚、ロースト仕立て、その焼き汁と月桃の香り。

f0215324_142683.jpg


月桃は菊科の葉。少しローズマリーに似た香りです。



「この月桃は、今朝、ここに来るとき、海辺の近くで摘んできたんですよ」

と瀬下料理長が教えてくれました。



2日目のデザートは、屋久島産・琵琶、屋久島紅茶のジュレ和え。

屋久島産の紅茶は香り高くてその、アイスクリームがもうーめちゃくちゃ美味しかった!


f0215324_150379.jpg



もうひとつのデザートは、熊本産・白桃のコンポート

f0215324_1513181.jpg


そして、チーズと再び、プチフール。


大満足の松澤でした。


f0215324_1525444.jpg






いやあ、それにしても、

ほんとうに、サンカラのお料理は、天の恵みともいえる、

地の素材に最大限の敬意を払い、一皿一皿に、自然の美味を凝縮した、完成度の高いフレンチ。


「屋久島の食材はほんとうに豊かなんです。ここでそんな食材を向き合えることが、

本当に幸せですね」

と心からの笑顔で話す瀬下シェフ。

屋久島の食材すべてをリスペクトし、独創的な料理に仕上げる、

武井シェフのスピリッツを受け継ぎながら、

磨きぬかれた技で、つぎつぎ料理を作っていく、瀬下シェフ。

ほんとにその笑顔が素敵で、

彼のような料理人が作る、お料理は、ただ美味しいというだけではなく、

食べた人すべてにエナジーを与えてくれる、幸福を運ぶ料理人だと、

つくづく感じました。





ほんとはフレンチが苦手・・・と言う人も

一度で首ったけになる、心もカラダも元気にしてくれる、

屋久島のパワーと洗練のテクニックが見事に融合した、サンカラ・キュイジーヌ。

食べることを愛する、大人が心から楽しめるフレンチです。


f0215324_1134376.jpg







瀬下シェフ、そしてスタッフのみなさま、

素晴らしいお料理を、ほんとうにごちそうさまでした!

わたくし、また明日から働こう、というエネルギーをいただきました。



f0215324_22505347.jpg

by madamregina | 2011-06-08 23:42 | Hotel(Japan)