2011年 06月 29日 ( 2 )   

Alfie Boe @Les Miserables 23rd June   

2011年 06月 29日
Alfie Boe @Les Miserables  23rd June_f0215324_11113188.jpg


前回の続きです~


もうはっきり言いますわよっ

わたしが2011年、6月23日午後7時半より、

London のQueen's Theaterで観た、

Les Miserablesは、これまでのシアター人生の中でも、

トップ3に入る、最高の舞台でありました。


もうーーーーーー、素晴らしすぎーーーーーっ

鳥肌たちまくり、椅子から転げ落ちまくり(な気持ちね)。


心臓鷲づかみ、髪の毛から足のさきっちょまで、

興奮、熱狂、沸騰、感動!の、

こーんな舞台、人生で一回でも観れたら、

もう、それだけで生まれたことに感謝したい!と

土下座したくなるほど(なんでやねんっ)

ただただ、凄い舞台なのでありましたああー。

いやもう、この日の、Les Misにつて語るのに、

言葉は、いらねー。

つーか、どんな美辞麗句を並べても、

あの夜の感動をお伝えすることは不可能のように思いますんっ。




自分のボキャブラリーの貧しさを感じずにはいられないっ。

ああ、もどかしーっ。

Alfie Boe @Les Miserables  23rd June_f0215324_1123931.jpg



もうね、客席にいる人もすっごい顔ぶれ。

わたしのすぐ前には、生きる伝説としかいいようがない、

Les Misの作詞を担当した、ミュージカル界の超巨匠、

Herbert Kretzmer がいらっしゃいました。

その横には、ひええええーっ。

全米no1のポップアイドル、Jonas Brothers の

ニックの顔もっ(きゃーっ)

ニックといえば、Les Mis25周年記念コンサートで、

マリウスを演じておりましたね(いや、あまり、パッとしない歌声だったけど、笑)

可愛いかったー。

マイリーサイラス、セレーナ・ゴメスの元恋人よっ。

確か、ブロードウェイ版Les Misでガブローシュで子役デビューしたと記憶しております。
(間違ってたらごめん)


さらに、Book & Musicを担当した、

レミゼファンにとっては、もはやローマ法王並みの偉大なる父、

Claude -Michel Schonberg (クロードーミッシェル・シェーンベルグ)もいらしてますっ。



シェーンベルグといえば、

英国ミュージカルの音楽の神ともいえる存在ですね、特にわたしにとっては。


だって、あの、Miss Saigonも、Martin Guerreも彼によるスコアですから。

いまどき、こんな粒よりの美しいメロディを描ける、作曲家、。どこを探してもおりませんよっ。



最近のミュージカルといえば、

かつて流行ったヒット曲を散りばめた安易な構成や、

U2やエルトンやロックスターが書いた曲メインや(ま、Aida は良かったが)

書き下ろしのオリジナルでも、ほんっとに心に残るのは1曲か2曲ぐらいで(怒)

それがっ!



Les Misほどすべての曲が美しく、心震わすメロディーラインぎっしりの

ミュージカルはほんっとに希少なのです。



だからこそ、この作品が世界中の人々にとって宝物のように、

永遠に愛されう続けるミュージカルなのよね~。


あ、またもや暑苦しい話になってきました。


そうだ。

この日の舞台である。

きゃーん。



Alfie Boe @Les Miserables  23rd June_f0215324_1230730.jpg


レミゼセレブチーム大集合の中、

幕が開きましたっ!


いやあ、もう最初の一音で、おいら、怒涛の涙よっ。

キャスト、どんな端役も、オーケストラも、全員、死ぬほど本気。

その気配がもはや、手に取るようにわかる舞台って、

観るだけで、ぞくぞくしちゃいます。

役者たちの熱気は、スタート50秒で最高潮にヒートアップしているのが、わかるのよーっ。


Alfie 登場っ。きゃーっーーーーーっ


その歌声を発しただけで、もはや焼きたてのトーストの上のバター状態の俺。


うううううーっ。

この声、この、ビューティフォーな歌声を聞くために、

ロンドンへの険しい道を孤独に歩いてきたのだった。合掌。


Alfieは、ジャンバルジャンの持つ、怒りと憎しみ、そして慈愛のこもった歌声を

自在に操り、コンサートのときとは違って、

演技を深く加味した、彼ならではのアプローチで、

たったワンフレーズ歌っただけで、

観客全員の心臓、持ってっちゃいました

ひええええええーっ。

すごすぎるぜー。



Alfieeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee





Bring Him Home では、

上演中にもかかわらず、スタンディングオベーション。

拍手鳴り止まず。

まさにショーストッパーの本領発揮!

この彼の一曲を聴くためにだけ、

わたくし、ロンドンを訪れてよかった!と心の底から思いましたね。




今回、テナルディを演じた、Matt Lucas マット・ルーカスは、

英国でめちゃ人気のコメディアンなんですが、

彼の存在感も、ハンパないっ。

もう登場してきただけで、拍手喝采。

そして、なんと言っても、めちゃ可愛いーの。


しかし、改めて、レミゼは、ミュージカルはこうでなきゃ!という、


人が感動するすべての要素を備えた、類まれな作品であることを

改めて再確認した夜でもありましたー。

わたしの後ろに座ってたマダムは、最後、号泣。嗚咽。

みんな泣きながら、感動しながら、

その表情のハレバレしいこと!

そして、はっきりとその顔にはこう描いてありました。




ああ、いままで生きてきて、良かったあ




終演後、BARに集まる、レミゼ関係者たち。



おおおおっ。英国ミュージカル界の重鎮、レミゼプロデューサーの

Cameron Mackintoshも小走りでやってきました。

興奮している面持ちです。

25周年記念コンサートでアンジョルラスを演じた、

ラミンも来ています。

もう、レミゼファンにとっては、鼻血ぶーっな

華麗なる顔ぶれに、おいらも倒れそうになりながら、

しっかりと記念撮影してもらったのでした!

まずは写真トップ、

シェーンベルグさまと。

写真では一見、気難しい感じの方ですが、

「どこから来たの?」

とすっごく優しく聞いてくれて、日本からです、というと、


「日本のレミゼラブルは終わってしまったねーー」

と残念そうでした。

そして、

御大、Les Misの詩を描いた、

生きる伝説、Herbert Kretzmer と。

今回、お友達になった、Akikoさんも一緒に。

Alfie Boe @Les Miserables  23rd June_f0215324_13131095.jpg






いやああ、レミゼ、やっぱり、いいわー。

むちゃくちゃ、いいわー。

ほんと、この時代に、この作品を観れたことに心から神に感謝したわたくし。




というわけで、感動に浸り切りつつも、

Alfieのサインをもらわねばーっ

急げーーーーーーーーっ



我らは、ステージドア目指して、爆走したのであったー。

続く~


Alfie Boe @Les Miserables  23rd June_f0215324_1334160.jpg

by madamregina | 2011-06-29 11:15 | Alfie Boe | Comments(4)

お洒落大作戦 @Les Miserables London 23rd June   

2011年 06月 29日
お洒落大作戦 @Les Miserables London 23rd June_f0215324_1564217.jpg



ひえええええーっ。

わたくし、なんとか、『イギリス哀愁旅』 より生還いたしましたああ。

いやしかし、今回の旅、これまで以上のシアター三昧で、

5泊7日の間に観たステージといえば、

Michael Ball のHEROES TOUR 2011のRoyal Albert Hall 2回。

6月23日、
West End、Queen's theaterで、ニューキャストによってリオープンした、

Les Miserables 3回(!)

なにせ、あの英国一人気のあるオペラ歌手、Alfie Boe がジャンバルジャンを演じるということで、

大変な話題になっておりました。

って、わたくしもアルフィさまに会いたくて、ロンドンくんだりまで、

出かけたわけですけどね。

そして、

オペラ座の怪人の続編である、Love Never Dies.

さらに、ロンドンから移動して、またもや旅ガラス三度笠。

Devon州のの、どかな海辺の街、Piymouthで開催された、

Michael Ball コンサート再び・・・

と、かように、計7回、劇場に突撃してまいりましたあー。

まあ、その中の超ハイライトといえば、

やっぱり、世界中に愛され続けている英国ミュージカルの金字塔

Les Misのオープニングナイトでしたねっ

ま、わたし的には、ほんっとのほんとのハイライトは、Plymouthのマイケルライブだったんすけど、


それはここに書くにはちょっと・・・・なので(笑)

そのうち、裏ブログに詳細を書きたいと思いますっ。


とういわけで、Les Misですっ!

なにせこの日は、英国ミュージカル界にとっては、かなりの大イベント。

お洒落していかなくちゃねー。

ほんっとはソワレで行きたいところですが、

寒いがな、ロンドン(ひえええええーっ)

で、まずはホテルでひとりファッションショー

だいっすきな豹のノースリーブ、スーツ。これでいっとく?

お洒落大作戦 @Les Miserables London 23rd June_f0215324_2113020.jpg


ウエスト部分の3段フリルとスカートの裾のフリルが超キュートなんですよね~。

お洒落大作戦 @Les Miserables London 23rd June_f0215324_2193846.jpg



それとも、これ、半袖黒のスーツでいっとくか?

お洒落大作戦 @Les Miserables London 23rd June_f0215324_2135164.jpg


こちらのデザインもウエストの3段フリルとスカートの裾フリル、

そしてパワーネット生地づかいがクールなのよね~。


お洒落大作戦 @Les Miserables London 23rd June_f0215324_2154266.jpg


ちなみに、靴はどれにする?

お洒落大作戦 @Les Miserables London 23rd June_f0215324_2205863.jpg



今回アシアナ航空の乗客となったわたくし、トランジット先のインチョン空港のDFSで、

CHANELのこの靴を購入。

レジィーナの阪口社長から一度お借りして以来、その履きやすさに、

目からウロコ2000000000万枚。

本来、どこにでも裸足で出かけたいぐらい、何を履いても、痛ーーーっとなる、

気分はマサイ族さながらの

わたしにとってはまさに、蝶々の羽のように軽くて、超ラクチンなヒールなの。


元美さん、マネしてすみませんっ。

お洒落大作戦 @Les Miserables London 23rd June_f0215324_2224850.jpg


しかし、このニューシューズを下ろすのは、ちょっともったいねー(笑)

ということで、お洋服はやっぱりお気に入りのこちらとバルーンのコーデにして、

いつものシャネルのブーツに決定。

お隣りにいるのは、ツイッターで知り合った、Akikoさま。

ミュージカルがお好きで、Alfie Boeのファンという共通の趣味ですっかり意気投合。

彼女も6月23日のオープニングに合わせてロンドンにいらしてたので、

ご一緒することにしましたー。

お洒落大作戦 @Les Miserables London 23rd June_f0215324_2275618.jpg



といわけで、きゃあああーっ。

Queen'sが見えてきただけで、おいら、心臓一気に肥大。ぜぃぜぃっ。

誰か~っ。助けてーーーーっ。

お洒落大作戦 @Les Miserables London 23rd June_f0215324_234297.jpg



この劇場は15年前、、わたしの魂を根こそぎさらっていった

Michael Ball のPassion が上演されていた、なつかしすぎる劇場なんです。


記念撮影よっ。



このステージドアで、何度マイケルを出待ち、入り待ちしたことでしょう?

お洒落大作戦 @Les Miserables London 23rd June_f0215324_2553865.jpg



なつかしすぎて、涙が出ちゃう。



劇場に入ると、すでに、沸騰っー。

なにせ世界中のレミゼファンが今日ノオープニングを目指してきてるんですからね。

ひとりひとりの、期待度が、すっごい熱波となって、

まさに、劇場を燃やしかねない勢いっす。



ああ、好き好き。この熱気こそが、ミュージカルの旬中の旬の醍醐味。

いましか、この日しか、この時間にしか、ぜったいに味わえない、

極上の魔法がかかってます。マジで。



お洒落大作戦 @Les Miserables London 23rd June_f0215324_2413253.jpg


お洒落大作戦 @Les Miserables London 23rd June_f0215324_2455331.jpg


Les Misは以前、もう少し大きなPalaceでやってたのですが、

いつの間にか、Queen'sに変わってたのねー。

少し小ぶりになっただけに、その迫力が、どんだけ~と想像するだけで、

幕が開くまでに、アドレナリン出過ぎて、卒倒寸前。

ふと仰ぎみると、天井もなんて、美しいんだ!

お洒落大作戦 @Les Miserables London 23rd June_f0215324_2492320.jpg


さて、はじまるよーーーーーっ。


そして、わたしは、Alfieに会えるのだろうかっ?!

いかにっ!


というわけで、続きまする~きゃいーん。

by madamregina | 2011-06-29 01:52 | London | Comments(7)