2012年 01月 05日 ( 1 )   

わが愛しの宝物。シーサーと絵皿   

2012年 01月 05日
わが愛しの宝物。シーサーと絵皿_f0215324_0343610.jpg



みなさまーっ。

お正月はどんな風に過ごされましたか?

わたしはお友達をお招きしたり、招かれたり・・と楽しい宴を過ごしつつ、

ひとりでクエ鍋をつつく日もあったりして、一人鍋も超しあわせなのでした。

しかし!クエって魚は美味しすぎますねっ。立派な身も美味しいのですが、

わたしは、どちらかと言うと、ズルンチョとした皮がついたアラが好き好き。

たまらんっ。ほんと、たまらん美味しさで、あの上品な脂が

口の中でジュルジュルーととろける瞬間、

永遠に口の中に留めておきたいと願いました。

コラーゲンもたっぷりなので、翌朝のお肌もつるんつるんよっ。

2日連続で食べちゃったんだから、もうっ。クエって魔性の魚だね。

極上級のクエを食べたら、天然とらふぐなんて、なんぼのもんじゃーい(あら失礼)

って思うほどよっ。

年末から食べ過ぎたわ。またもや満腹食堂人生に逆もどり(ひーっ)

さらに、かずのことか、子持ち昆布とか、このわたとか、

塩辛いものもしこたま食べて、血圧上昇っ(ひーっ)



いや、今日は、そんなわたしのお正月の食生活の話ではなく、

相変わらず、前置き長っ。


我が家の宝物のお話なのであります。

まずは、うちの大切な守り神である、写真のシーサーについて。

この愛らしいシーサーは、陶芸をしておられるスパディレクターの河崎多恵さんが

創ってくださったもの。

彼女は国内だけでなく、海外の出張も多く、

ほんとに多忙な日々の中、長い時間をかけて、心をこめて創ってくださった作品。

それだけに、感慨もひとしおです。

多恵さんの陶芸は、趣味の粋を越えてもはやプロ級。


一匹のシーサーは、子供を抱えております(なんてかわいーのっ)

わが愛しの宝物。シーサーと絵皿_f0215324_0363844.jpg


もう一匹はお茶目に舌を出して、小判を持っているのです。

わが愛しの宝物。シーサーと絵皿_f0215324_0352863.jpg


後ろ姿も、存在感たっぷり。
わが愛しの宝物。シーサーと絵皿_f0215324_0354920.jpg



細部の仕上げも見事で、

ボディにもラインや渦巻きなどいろんな絵柄が描かれています。

ほんとにいきいきとして、いまにも動き出しそう。

表情の豊かさと愛らしさも、多恵さんの焼き物の特徴です。

わが愛しの宝物。シーサーと絵皿_f0215324_035473.jpg


ずっと見ていても、見飽きることがありません。

ご存知のように、シーサーは、沖縄県などでみられる伝説の獣の像。

沖縄の建物の門や屋根、村落の高台などで良く見かけますよね。

シーサーは、悪霊を追い払う魔除けとしてのパワーもあるのですが、

それに加えて、今回多恵さんに頂いた、このシーサーは、小判を抱えているので、

金運上昇のパワーも込められているのですっ!(きゃっ。お金持ちになれるかなー?)


多恵さんの作品はこのシーサーの他にもいろいろありますが、

The Day Spaがプロデュースしている、

東府やスパ&リゾート内のスパや、

まほらスパのプロジェクトで創られた、お地蔵様も、とっても可愛いのですっ。

こちらは、友達地蔵と親子地蔵(多恵さんのブログから画像をお借りしました)

わが愛しの宝物。シーサーと絵皿_f0215324_0361567.jpg


わが愛しの宝物。シーサーと絵皿_f0215324_0363655.jpg



そして、こちらは、昨年7月にオープンした鬼怒川グランドホテル、夢の季内のスパで、
鬼怒川の鬼にちなんで創られた鬼たちです。

わが愛しの宝物。シーサーと絵皿_f0215324_0385045.jpg



わたしは多恵さんの鬼たちも大好き。

わが愛しの宝物。シーサーと絵皿_f0215324_0382552.jpg


現在は、これらの作品を進化させた、さらに素晴らしい作品が生まれていることでしょう。

多恵さんのシーサーや鬼やお地蔵さんには、

思わず心がほぐれる温かさと優しさ、そしてユーモアがあります。

じっと、眺めていると、なんともほんわかした気分になれて、

幸せ〜な気持ちになってくるのです。

それは、まるでご本人とお会いしたときに感じる気持ちとそっくり。

作品には創り手の魂が宿るのですね〜。

多恵さん、本当にありがとうございましたっ!


そして!

このシーサーのバックにある絵皿、

このお皿もわたしの宝物。

わが愛しの宝物。シーサーと絵皿_f0215324_1164458.jpg



この絵皿は、わたしの大好きな仲間たちが、贈ってくれたお祝いの品です。

心ひかれる藍色、そしてみかんの色・・と、

ほんとにセンスのある、素敵な器なのです。

焼き物が好きな江弘毅さんが選んでくださいました。



ほんとうは床の間などに飾る、高価なものですが、

贈ってくれたみんなが、

日頃の食卓にどんどん使ってくださいね!と

メッセージをくれたので、すき焼きのお肉やお造りを盛って、楽しんでいます。

ちょっとしょぼいこんなお造りも、うれしそっ。

わが愛しの宝物。シーサーと絵皿_f0215324_116213.jpg



この絵皿があるだけで、とーっても贅沢な気分になれるのです。

神戸元町別館牡丹園の友の会のみなさま。

ほんとうにありがとうございました!

明日は、我が家に大切なお客様がいらっしゃるので、

もちろん、このお皿でおもたなしいたしますねっ!


それにしても、シーサーとこの絵皿、ほんとにベストマッチでしょ?

わが愛しの宝物。シーサーと絵皿_f0215324_037053.jpg

by madamregina | 2012-01-05 01:02 | Luxurious Gift