2013年 04月 26日 ( 1 )   

ロンドン到着!   

2013年 04月 26日
ロンドン到着!_f0215324_21104951.jpg

ロンドン到着!_f0215324_21105346.jpg

ロンドン到着!_f0215324_21105951.jpg



どもども、
あたくし、ロンドンに来ております。


Facebookに投稿した内容と、同じですが、久々に、エアラインネタでございたす。こちらにもUPしますね。

今回、自分のイングランド愛の不毛と魂の孤独を探す旅(なんでやねん)
の記録としまして、頻繁に携帯から、UPしちゃうけど、いいかな?(≧∇≦)


しかし、今回のフライト、最高でした。コリアンエアーのパイロット素晴らしい。さらに、いつも激混みの通関、ビジネス、ファースト客専用のFast Trackが、設けられていて、1分で通過。
通関のおじさま、2つぐらい質問して、はい!これで、君への100の質問終了、さ、楽しんでおいで!って、ええ人やん。おおきにおおきに。

しかし、ヒースローで、バゲージが出てくるの、待つなんていまだかつてない快挙だ。

私のメルセデスはもうお迎えに来てくれてるかな…と思ったら、BMWに、変わってました。
ロンドン快晴!しかし明日からまた、しばれるらしい。およよ。

One Aldwychに着いて、さっそくいつものレストラン、Deraunayへ。
相変わらず激混みでした。

いや、それにしても…
コリアンエアーに対してあたくし、大変失礼なことしておりました。認識不足でございました。

大昔、相方が学生時代に、LAとかに行くとき乗ってた頃の、あのカオスなエアとは、まるで違うみたいなの。

まぁ、私の周りの旅の黒帯たちの間では、大韓航空いいよー!との評判でしたが、やはり正解でしたわ。

まずね、サービスが素晴らしいの。CAの方のホスピタリティが、優しいの。
1年前アシアナ航空に乗ったときも、感じたけど、上品なん感じ。

わたくし、ザルさんのあの何とも言えないプロフェッショナルな、信頼と安心のバトラー的サービスも大好きでありますが、
あのさ、ザルさん、シートでまず負けてます。
いまは、かなり機材も新しくなり、ビジネスのシートも良くなって来たとはいえ、いままでのあのシャビーさは、どーよ(怒)
トイレだって、そうだ。今回KALさんのレストルームは、広くて快適でした。
アメニティも、ザルさん、なんとかしてくれー。
だいたい、籠に入れたアイマスクとか配ったりしてさ。あかんわ、あれ。
KALさんは、カリフォルニアNAPA生まれのスキンケアが入って、なかなか素敵なアメニティでした。

このNAPAのDAVI は、あのワインで有名な、ロバート・モンダビの孫であるカルロ・モンダビが立ち上げた、ラグジュアリースキンケアブランドとのことで、あたくし、たいへん興味を持ちました。
お洒落よね、こーゆー、アメニティは。

話はちと、脱線しますが、ホテルのアメニティも、まさにそのホテルを一発でブランディングに導く、アイテムのひとつだと思うんだけど、いまどき、ブルガリやロクシタン…と言うのはちょっと、個性が感じられないよね。

そのへん、カリフォルニアナパで生まれたスキンケアを使っちゃう、KALさんの目のつけどころがセンスあると、思うわけであります。

お食事は、あたし的にはアシアナに軍パイが上がりました。でも、オクトパスのコチジャン炒めとか、干し貝柱の上品スープとか、なかなか奥深いものもありましたな。

それで、また日本の翼と比較してみると、確かにザルは、炊きたてご飯とか、名料亭の和食とか頑張ってるけど、サラダとかおざなりなんすわ。
KALのサラダは、西洋ハーブが何種類も入ってて、よりヘルシーでウェルビーイングな感じでした。

欧米系エアラインの、とりあえずレタスだけ、出しときゃいいだ!みたいな手抜きとはえらい違いだ。

さらに、ミネラルウォーターをくれるときも、同じミネラルウォーターのフェイシャルスプレイまでくれる細やかな配慮も気に入ったし、これが携帯用にぴったりで、もうひとつ、くださいますのことか…とお願いすると、もちろん!と、言って2本も持ってきてくれる、ホスピタリティにも、感激いたしました。

そしてね、ファースト、ビジネスと、がらすき。これも、いいーっ。
ザルさんなんか、ビジネスでも、満席多いですから。すると、まるで奴隷難民船みたいな感じで、くつろぎ感ぜろーっ。
それにしても、
なぜに今回、大韓航空?
はいっ。

もちろん、ザル子として、せこくマイルを貯めている私は、ロンドンまでのCクラスを、マイルで引き換えようとしましたよ。
しかし、昨年11月の時点で、4月、5月のロンドン線なんて、連日❌印。何回もページを送って腱鞘炎になるほどだったよ。
ま、この時期マイルでロンドンまで行こうなんて、フテイ根性だな、おととい来あがれ!と言う感じでした。

で、仕方なくチケを買うかと、問い合わせましたら、60万円後半。
はっ。ふざけてるな。
それじゃ、前回同様、デルタコのマイル使って、エアフラかKLMにすっかー、と調べるも日程が合わず。
そこに、救世主のごとく現れたのが、大韓航空だったと言うわけです。
インチョン経由はいいよー。
わたしたち関西人は、ロンドンいくには、ザルやANAでも、東京経由しかなくて、直行便はないわけよね。
同じトランジットするなら。東京よりインチョンの方が免税店楽しいし。

しかし、今回も唖然としたけど、関空のラウンジの酷さはもはや筆舌に尽くし難いことになっております。
食べ物も飲み物も、しょぼすぎて、ナメとるんか…としかいいようのない、テイタラクとなっとります。
ラウンジのステータス感はゼロ、どころからマイナスです。

なーんて、どーでもいいこと、つらつら書いてたら、もうすぐロンドン夜中の1時だよ!
さ、One Aldwyhの、上等なエジプト綿を使ったなフレッテの、なめらかなシーツに包まれて寝るとしましょう。
おやすみなさい。

明日は南の海辺の町、Blackpoolに移動。
みなさまも、素敵な週末を!

by madamregina | 2013-04-26 20:32 | Comments(0)