2013年 08月 06日 ( 1 )   

ブログ本再び〜   

2013年 08月 06日
f0215324_10455153.jpg


※写真はイメージですw


えと、先日、東京に行った際、
知り合いの編集者の方から、
これまでのブログの記事をまとめて本にしませんか?
と、ありがたいお申し出を頂きました。

しかし・・実は以前もそんなお話を別の編集の方より頂いたのですが、
そのまんま、放置している間に、その方が海外勤務になられて、
お話は流れたまんまになっていたのよね。

そんなわけで、今回も、どうなるか、ちょっとわかんないんです。
なぜなら、こんな心配があるからざます。

むきーーーーっ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【創業はたぶん・・・・・】


わたくしは、一応、文筆業を生業としております。

しかし、その原稿はというと、その場限りの思いつきや
相当いきあたりばったりな文章も、かなり多いわけで。


でも、映画やお芝居の公開日とか、ビルの建設年数とか、
老舗のおまんじゅう屋さんの創業日だとかっていうのは、
きっちりした数字を書かなければ怒られます。
(当たり前か)


でもって、印刷される前、
自分が書いた数字や文章が、
本当に正しいのかどうか、校正するときほど、
この仕事をやめたくなるときは、ありませんっ。


そういえば、拙著「世にも美しいホテル」を出版するとき、
何がつらかったといっても、
各ホテルのデータ(ホテル名、住所や電話番号)、
あるいはシェフの名前とか、
料理やワインの名前とか、
ぜーったい、間違ってはならない、
文字、あるいは数字、英文字(これ書くだけで心臓どきどきしてきたやん)
の校正をしていたときほど、
きっつかったときはありません。


この期間は、
もう、
一生本なんて出さなくっていいわ~と思いました。


だって、万が一、校正ミスして、
印刷されてから、電話番号とかの間違いとかが発見されたときって、どう?

URLのミスってどう?

同業者の方は、もう、こういうの聞いただけで、
身震いしちゃうっしょ?


わたしは、この校正していたときは、
だんだん眩暈までしてきて、
もうどこかに消えていきたくなりました。


もちろん、出版社でもきちんと校正をかけてくれるのですが、
なにせ、海外のホテルのデータですから、
校正者ができるのは、原稿と色校の照らし合わせだけ。


そんなわけで、わたしが何をしたかというと、
このとき本に紹介する、
世界中のホテル40数軒に、
おいら、すべて国際電話しましたっ(助けてええええ)

自分の目と、自分の書いた数字がまったくもって、
信用ならなかったからです。


そういうわけで、
数字やデータ関係は、ほとんど、世界一恐れるムカデと同じぐらい、
見るだけで、ぞっとします。



そういえば、
以前、某企業訪問の記事でわりとカジュアルな媒体だったのですが、
ある塩こぶ屋さんのお店について、
「創業はたぶん○○年頃」と書いておきました。


もちろん。これはいけません(滝汗)


プロのライターやコピーライターにとって
あってはならないことです。


でもねー、もうこういう年号とかって、
ン百年前の創業とかになると
資料もあれこれ、あって、いい加減なんです。

調べるうちに2つ3つ違う数字が出てきて、
「じゃ、正しいのはどれなんだー。
こっちは締め切り遅れてんだよ、きーっ」


なーんてことになって、ま、このへんでええかと
最終結論を出すことが多いのよ(出すな)。


それに、チキンラーメンの日清セーフンの
創業の正しい年号なんて、みんな知りたい?
わたしは、約80年前とか、100年前とかって表現でいいわ。


で、「創業はたぶん・・・」と書いたあと、
編集者も何も言ってこなかったので、
そのままにしておいた(するな)


でも、この前その彼にあったら、
「松澤さん、あの表現には爆笑しました。
でも、やっぱりきちんとした年号が必要だったので、
調べてこっちで書いておきましたから」

って、あああ、なんて優しい編集者なんだ。
しかも男前。


まーったくもって、ライター失格であります 。


そんなわけで、
ほんとに、ブログ本は出版できるんでありましょうかっ?!(遠い目)

by madamregina | 2013-08-06 12:42 | Work