2013年 08月 20日 ( 1 )   

ぜったいこれ着たい!レジィーナの秋冬の新作ブラック&ホワイトシリーズ   

2013年 08月 20日
f0215324_17103911.jpg




先日、レジィーナロマンティコのオーナーデザイナー、

阪口元美社長と、レジィーナの苦楽園店にいきました!

そうよ。レジィーナで続々サンプルが入荷しているとのこと。

みせてーーーーーーっと急いでバスに飛び乗りましたん。



で、そんな中、私がまず目にとめたのは、


きゃーーーーーーーーーーっ。

こちらの、白襟&白カフスのトップスでございます。

f0215324_17105970.jpg





きりりと清楚な白襟とカフスがもう、たまらん好みでございまして、

ずーっとこのタイプを、探し続けていたんです、おいら。


ロンドン行ったときもジョセフとか、

もちろん、CHANELなんかものぞいてさ、でもなかったのよー。


それがもう、いちばん大好きなレジィーナで、

この秋発売予定のアイテムだとはーーーーーーっ!!!(ゼィゼィっ)

※9月中には入荷予定とのこと。詳しくは最寄りのレジィーナにお問い合わせくださいね。



わたくし、チビの頃からブラック&ホワイトなお洋服が大好きな子でしたん。

父や母は、どこかレストランにお食事にいくときや、結婚式など、

私にちょっとフォーマルなお洋服を着せるときには、

決まって、ベロア素材のブラックのワンピースに真っ白なレースの襟がついている

お洋服とかを選んでくれました。

そういえば、6歳のとき、生まれてはじめて、

ハンドバッグとハイヒールをオーダーしてもらいました。

それはもう、目も覚めるような、真っ赤な色。

子供ながらに、その真っ赤なハンドバッグを持って、

ヒールを履くと、レディになった気がしたことを覚えています。



話はちょっとそれましたが、

ま、そんなブラック&ホワイトに真っ赤なバッグとハイヒールというのが、

当時6歳だったおいらの、トレードマークだったん。


ちなみに、この黒ベースに白襟のブラウスは、CHANELもよく出していましたが、

それは、幼少期、孤児院で育った彼女が、

そこで出逢った修道女が着ていた制服にインスピレーションを得たとのことで、

CHANELモードに多大な影響を与えたと言われています。

そんなエピソードもあり、

私の中ではブラックに白襟&白カフスのお洋服は、

ヨーロッパのファッションの歴史を物語る、モードのルーツであり、

わたしにとっても、お洒落の原点というべきアイテムだったのーーーー。


でも大人になってから、私がこれ!と納得出来る、

ブラック&ホワイトのお洋服がなかったのよね。


そこに、彗星のごとく登場した、レジィーナのブラック&ホワイトシリーズ。

そしてこのトップスに、

ひと目で恋に落ちました。

素敵すぎるーーーー。

f0215324_1718321.jpg



同じくレジィーナオリジナルのバルーンスカートと合わせてみました。

どうどう?

f0215324_16574282.jpg



ちなみに、ブーツはルブタンだよ。うふっ。
(私のじゃなくて、元美さんのだけどさ、さらにいまは佳世ちゃんの。ほしーーー)


f0215324_17194895.jpg




胸にはちょっとだけスリットが入って、上品なセクシーさがあるデザインも超お気に入り。

そして、正直、以前持っていた、CHANELのトップスより、

ずっと、ずっと洗練されていて、着やすいの(ごめん、これマジな話)

伸縮性のある生地もラインが美しく出て、

パキっとついた白襟もカフスもコットン100%の、とにかく真っ白。

ちょっと色っぽくて、聖女のイノセントさもあり、

ほんとに、たまんないわーーーーーーーっ。


f0215324_17224629.jpg






こういう、センス、ほんとに元美社長ならではだなぁと

感心するのーーー。

わたくし、またもや、レジィーナのお洋服、惚れなおしました!


このお洋服、Facebookに投稿しましたら、

多くの方から、

「私もぜったい欲しい!買います!」

の嵐よーーーっ。


そんなわけで、9月が待ちきれない、マダ松でございます〜。


もっちろん、「これ、いただくわ!」









f0215324_17395117.jpg

by madamregina | 2013-08-20 09:24