2014年 02月 02日 ( 1 )   

そのお品は、日本国内に1点だけございます   

2014年 02月 02日
f0215324_23354146.jpg




いや、昨年末から、

あたくし、

人生第二期ともいえる、

空前の物欲ブーム到来wでして、

何より欲しいブツが、

まぁ、時計なんですが、

これまでのお買い物の中でも、

家以外で(笑)人生史上最大か?と思える、デカい買い物になりそうで、

しかし、カタログで見た、その時計はどの店舗に探しに行ってもなく…。

お取り寄せしてもらえるかは、

恐くて聞けず。

だったら、少しお値段のお安い、
あの時計にしようか…とも、心が動いたりして、

もう、だんだん、ほんとに何が欲しいのかさえ、

よくわかんない状態になってたわけよーっ。


ま、よく考えたら、

いや、深く考える以前に、

あっしなんかが、

つけるには、その時計は、

いわゆる身分不相応すぎだしさ。

そんなお金があれば、

いずれ入ることになるだろう、
ケアハウスの頭金か、

まぁ、老後に備えろって話なわけよね。

さらに、

STAP細胞を発見した

小保方さんのような才女を見ていると、

やっぱり人間、

ブランドなんかより、

中味よねー、と思え。


割烹着来てようが、

ヴィヴィアンのリングしてようが、

彼女の格好良さは、

どんなブランドも太刀打ちできない、

自身がブランドな人のわけでして…。

なーんて、考えると、

なんだかあっしの物欲魂が、

吹けば飛ぶように虚しくなり、

さらに、あれだけいろんな店舗に行っても、

欲しい時計がないってことは、

やっぱり縁がないんやね、と、

2億回ほど自問自答を繰り返しているうちに、ときは過ぎ。

頭冷やしました、1ヶ月ほど。

しかし…やっぱりやめるべきよね…と、
決意したその日、

ある店舗にだめ元で、電話しましたん。

私が欲しい品番の時計があるのか、

どうか、それだけでも知りたくて。

そしたら、30分ほどして、

上品な感じの紳士な店長さんから電話がありました。

「松澤さま。
そのお品は、ただいま、日本国内に1点だけあるそうなんです。本店からお取り寄せいたしましょうか?」

えーっ、
えーっ、
ええええーーーっ。

なにーっ?

想像だにしなかった、

ショーゲキ的なこの返答っ‼

おいら、激しく動揺っ。

およよ。

いや、

ないと思ってたし、
心の準備出来てへんし。



オーマイが〜⁇

マジかっ⁈

きょえー。


どーする?

どーする?

そのお品は、日本国内に1点だけございます、

ってーっ。

なんちゅう

心乱れるセリフっすか?

なんちゅう

欲望の中核に、

ぶっ刺さる言葉っすか?

はーっはーっはーっ

どーするっ、わしーっ⁉

by madamregina | 2014-02-02 23:31