2014年 02月 10日 ( 3 )   

アラン・デュカスのチョコレート工場   

2014年 02月 10日
アラン・デュカスのチョコレート工場_f0215324_19364532.jpg



みなさまーーーーっ。

あたくし、またまた興奮しておりますっ。

ぜぃぜぃ、息荒いよっ(>_<)

昨日届いたParisからの空輸便・・・。

わわわ、どなたからかしらん?

と、送り状のCDGの文字にときめきを覚えつつ、

はやる心を押さえつつ、テープを剥がして、箱をあけますと、

ひゃーーーー!!

なんだーーーーっ。なんだーーーっ?!

この全方位から漂う、魅惑的なカカオの香りはっ!!!



これまでの人生、こんなにも心を惑わせる、

官能的な香り、嗅いだことあったっけ?

やばい・・・・。

おいら、一瞬にして、またたび猫状態。

はーっはーっはーっ。

中から出てきたのは、

カートンボックスカラーの、なんともシンプルなパッケージ。

アラン・デュカスのチョコレート工場_f0215324_19364037.jpg



そこには、

Le Chocolat Alain Ducasse Manufacture à Paris

文字、エンボス加工です(笑)

アラン・デュカスのチョコレート工場_f0215324_19364283.jpg



この高級感と素朴なボックスのギャップが、

もう、お洒落やわーー。

そのボックスをあけると、入っていたのは、

2つの小箱。



アラン・デュカスのチョコレート工場_f0215324_20103926.jpg




アラン・デュカスのチョコレート工場_f0215324_20104139.jpg



Parisらしいゴールドのペーパーに包まれたそれを開けると、

まず、ひとつめには、かわいらしすぎる21個入りのプラネリ。

アラン・デュカスのチョコレート工場_f0215324_19364532.jpg



もうひとつは、シンプルなバーが12本入った、ブーシュドーブル。

2つのチョコレート、ガナッシュオリジンとガナッシュグルマンド、プラネリを使用した、

超贅沢な詰め合わせですっ!

アラン・デュカスのチョコレート工場_f0215324_19364393.jpg





アラン・デュカスのチョコレート工場_f0215324_20104137.jpg




アラン・デュカスのチョコレート工場_f0215324_20104213.jpg

いったい、こんな贅沢なチョコレート、

どなたが送ってくださったのか・・・

と思っておりましたら、

わわわわーーー、

いつもFacebookで、コメントなど頂いている、

Ayakoさんからではないですかっ?!

なんてお洒落なセレクト。

なんて手間のかかる、

そして高価なチョコレート。

バレンタインにこんなセンス抜群の、

贈りものが出来る、Ayakoさん、

素敵すぎますっ。

脱帽です。

わたし、いままでフランスのチョコレートは、

メゾン・ド・ショコラがいちばんだと思ってました。

でも・・・

デュカスのチョコレートを頂いて、

目からウロコ200万枚っ!!

私がほんとに食べたかったのは、これ、これ、

この味だったのよーーーーーーーーーーーっ。



もう、はっきりいって、一箱全部、食べたいっ。

アラン・デュカスのチョコレート工場_f0215324_19364654.jpg



アラン・デュカスのチョコレート工場_f0215324_19365948.jpg





一度食べたら、あまりの美味しさに、

またひとつ食べたい。

もはや一日中、デュカスのチョコのことばっかり考えてる、

そんな感じ。

わたし、これまで、それほどチョコレートを好きだったわけじゃないんです。

でも、デュカスのチョコを食べて、

死ぬかと思った。

美味しすぎるーー。



チョコレートって心の芯に届く味なんだね〜。

それをしみじみ、感じたよ。

いや、このチョコレートには人生のしんどさを

軽やかにしてくれるパワーがありますっ。

あ、チョコレート好きという人、

このデュカスチョコを食べなきゃ、

チョコレート好きとは言えませんょ。

そこんとこよろしく(笑)

ところで、デュカスのチョコレートは、

Parisのバスティーユにお店があります。

日本未発売です。


アラン・デュカスのチョコレート工場_f0215324_1936443.jpg



あえてマニファクチュール(工場)という名前がついてるように、

昔ながらのチョコレートのレシピと作り方にこだわっていて、

カカオ豆は仕入れから取り組み、

チョコレートの完成に至るまで、

すべてこの自社工場で行っているとか。

アラン・デュカスのチョコレート工場_f0215324_1942133.jpg


そして、そのチョコレートを作る、最高のショコラティエが、

以前、私がデュカスをインタビューしたときに、

その名前が出た、Nicolas Bergerなんです!

アラン・デュカスのチョコレート工場_f0215324_194489.jpg




ニコラは、ジャン・ポール・エヴァン、ラデュレ、ピエール・エルメのもとで修行した逸材。

その後、NYの有名なお店でパティシェとして活躍していたときに、

デュカス氏と出会い、

NYのESSEXに入ってた、ダイニング「アラン・デュカス」の

シェフパティシェ・エグゼクティブを努めた、

デュカス氏からの信頼も厚い、超実力派シェフ。

わたしは、以前、NYのEssexのデュカスのレストランで食事をしたとき、


ここのデセールがほんとに死ぬほど美味しくて、

もちろんParisのデュカスも美味しんだけど、

特にNYでは最後に出たプティフールの、ブーシュドーブルの味が忘れなかったの!

ちなみにNYのEssex Houseにデュカスのレストランができたとき、

ニューヨーカーは予約に命かけてました。

わたしも何度かホテルのコンシェルジュに予約の電話をしてもらったけど、

「マダム、キャンセルリストだけで、100名以上だと・・」

はーー。そんな時代がなつかしー。

ちなみにNYのアラン・デュカスは現在セントレジスに移転しちゃいました。

いや、Essexで食べた、あのときの記憶が、

今回、頂いたチョコで、蘇ってきたわけです。

忘れ得ぬあの味に、10何年ぶりに巡り会えた、この喜び!


Ayakoさん、ほんとにほんとにありがとうございます!

アラン・デュカスのチョコレート工場_f0215324_1937110.jpg





ホワイトデー、何を返ししようかしらん?


それを考えるのも、また楽しみですっ。


Le Chocolat Alain Ducasse Manufacture à Paris
ル・ショコラ・アランデュカス・マニュファクチュール・ア・パリ

●住所/40 rue de la Roquette 75011 Paris
●電話/01 58 00 23 68




by madamregina | 2014-02-10 19:54 | Alan Ducas

3月10日トークセミナーいたします!恋とアンチエイジング。   

2014年 02月 10日
3月10日トークセミナーいたします!恋とアンチエイジング。_f0215324_21452648.jpg





みなさまーーーーーーっ。

ぜぃぜぃ。

お知らせでございますわよーーーーっ。

今年はじめての私のトークセミナーが、

リーガロイヤルホテルのダイヤモンドルームにて、

3月10日に開催されますっ!!!(興奮っ)


そのタイトルも、これよっ。

どうどう?!


【最強のLove ✖Beauty コンフィデンシャルトーク】



わたしね、

これまでいろんなテーマでイベントしてきましたが、

いやあ、実は、これぞみなさまと語り合いたかったテーマだったですよね〜。


このイベントは、

リーガロイヤルホテルの文化講座「エコール ド ロイヤル」で

3月からスタートする、


【春の集中テーマ講座 『エレガンス〜時代を越えて求められる上質』】


の第一回目となる講座で、

わたくし、松澤壱子が講師を務めさせて頂くわけでございますっ!


もうほんとに、トップバッターに選ばれるなんて、

なんて光栄なことででしょう〜。


お話の内容は、ずばり恋とアンチエイジングなんですが、

オットや、ボーイフレンド、だけでなく、

スターでも、オペラでも、タカラヅカでも、歌舞伎でも、

そして、もちろん、仕事でも、

誰かに、何かに、ときめいて、

情熱を注ぐことが、

実は、最高のアンチエイジングになるということを、

わたくし、これまでの人生で強く実感してまいりましたっ(笑)

そんなわたしのコイバナ&艶肌理論と、

それを裏付けてくれる科学的なお話を、

素晴らしいゲスト2名のトークとともに展開するこの講座。

ゲストは、

知的で楽しいカリスマ医師、わたしのグルメとワインの師匠でもある、

橋弥尚孝先生と

芦屋マダムに絶大な信頼を得る、

スーパーヘアストリスト、連尺野誠さん。

それぞれの分野において、

誰にも負けない知識と実績を持ちあわせていらっしゃる、

彼ら、かっこいい男性2名に囲まれて解明していく、

恋とアンチエイジングのメカニズム。



いやあ、こんな楽しい講座、

めったにございませんっ。

たぶん、これまでのわたしの講座でも、

最強だと思います!


お席もだいぶ埋まってきておりますっ。

みなさま、どうぞお早めのお申込み、

お願い申し上げますっ。

がるぅ。

■お申込み&お問い合わせ

日時:3月10日(月曜日)午後1時半〜3時(受付1時)
場所:ダイヤモンドルーム(ウェストウィング2F)
受講料:4500円(コーヒー、焼き菓子,税・サ込み)
 リーガロイヤルホテル エコール ド ロイヤル事務局
Tel 06−6441−2938(直通)
9:30 〜17:00(日祝休み)



お申込みはこちらからも出来ます。



3月10日トークセミナーいたします!恋とアンチエイジング。_f0215324_1504313.jpg

by madamregina | 2014-02-10 00:10 | Work

ベルギー王室御用達のショコラ、ヴァンデンダー   

2014年 02月 10日
ベルギー王室御用達のショコラ、ヴァンデンダー_f0215324_23474568.jpg



ベルギー王室御用達のショコラ、ヴァンデンダー_f0215324_2353972.jpg


バレンタインに頂いた、極上ショコラのご紹介でっす。

元美さんの長年の心友で、

私も大好きなタカちゃんこと、

Tkako Maedaさんから贈って頂いた、

ベルギーの実力派ショコラティエ、

VAN DENDERのプラリネショコラの20個の詰め合わせ。


ベルギー王室御用達のショコラ、ヴァンデンダー_f0215324_23543263.jpg


きゃーーー。

ゴージャスです。

VAN DENDERはベルギーのブリッセルにお店がある、

クープドモンド等、数々の賞に輝く人気ブランドで、

現在、2代目のエルマンさんが、
父ショルルより家業を引き継いでいます。

エルマンさんは、

これまでベルギー王室の皇太子の結婚式でお菓子を制作するなど、

国内外で高い評価を受ける、


実力と人気を兼ね備えた、ショコラティエ。

ベルギー王室御用達のショコラ、ヴァンデンダー_f0215324_2359593.jpg



ヴァンデンダーは、

ベルギー王室御用達の称号も取得していて、


ちなみに現在、ベルギー内で、

王室御用達の称号を得ているのは、

ノイハウス、ゴディヴァ、ガレー、ヴィタメール、メリー。

凄いでしょ?




そして!

エルマンさんと一緒にお仕事されている、
タカちゃんが、彼の直筆のサインをもらってくれたんです!



Ichiko,という私の名前入りーーーっ!!


ベルギー王室御用達のショコラ、ヴァンデンダー_f0215324_2356178.jpg


もうこのサインというか、イラストがかわいいー。

なんだかエルマンさん、めちゃお茶目な気がするなぁ。




カカオの知識も深く、

ショコラのプロである、タカちゃん曰く、

『ベルギーのショコラは、トータルバランスを大事にするのが特徴です。

フランスのショコラは逆に、コーヒーで言うところのモカやらブルーマウンテンみたいに、

豆の特徴を全面に押し出したものが多いです。

どちらも、素晴らしい良さが有るんですが、

今回は、是非、ベルギーチョコレートの円やかさや、

口溶けとバランスの良さを楽しんでください』



ベルギー王室御用達のショコラ、ヴァンデンダー_f0215324_23573592.jpg


タカちゃん、ほんとにありがとうございますっ。

一粒ずつ、楽しみにいただきますっ。


ちなみに、エルマンさんの来日スケジュールはこちら。

ぜひ、ヴァンデンダーの究極の口どけのショコラ、

ゲットしてみてくださいね!

■エルマンさんの来日スケジュール

8日〜10日(大阪、神戸、京都)、11日、12日(小倉、福岡地区)。
高島屋、西武そごうなど百貨店を中心に全国約60店舗のバレンタインの催事場で販売の百貨店で試食販売、サイン会を行う予定

by madamregina | 2014-02-10 00:03 | Luxurious Gift