2014年 04月 17日 ( 1 )   

一生でいちばん高い買い物   

2014年 04月 17日
f0215324_12403277.jpg



今朝起きたら、

寝室の窓から見えた桜が、満開っ。


f0215324_12413690.jpg


山のわが家は寒いので、

みなさまの美しい桜の投稿を見ながら、

この日を待ちわびておりましたが、

ようやく咲いたな。

いやしかし。

うちの桜は、地味な山桜。

華やかじゃないんだよね。




でも、この桜には、

ちょっとしたストーリーがあるんです。

大阪からコチラの山に引っ越して、

我が家の隣りはずっと空き地でした。

この空き地に、この桜が毎年花を咲かせていたわけです。

そのうち、

なんだか、自分んちの桜のような気分になっていた。

でもいつか、誰かがこの土地を買うこともあるし、

相方に、

「隣りの土地も買ってくれーーーっ」

と頼んでみましたら、


「あほか」

と一蹴。

そりゃそうだよね。

桜が見たいためだけに、

土地を買う人がいるかっ?!

ビリオネラーなら別だけど。

おいらのような平民が無理無理。


ところがっ!

数年前、この隣りの土地が売れちゃった。

オーマイガッーーーーっ。

隣りに家が建つと、リビングからの山並みの眺めもなくなる。

第一、あの桜はどーなるっ?!

ちょうど、土地の真ん中あたりに聳える桜。

ぜったい切られちゃうよね。

わたしは、毎日悲嘆にくれ、気分は奈落の底状態っ〜。

親しい人は、この時期のわたしが、どれほど落ち込み、
不安定な精神状態だったか、知ってるはず〜。


もう、別の土地を探して、

引っ越そうとまで思いつめておりましたよ(怒)

そして、近い将来お隣りさんとなる買主さんと交流を深め、

「あの桜を残して、中庭のあるお家を建てられたら素敵ですよっ!」

なんて、まったく頼まれてもいないのに、

勝手に自分が考えた建築&設計のアドバイスまでする、迷惑なおれ。

そんな、こんなな一年が過ぎ、
でもやっぱり買主さんから、

「建築家の人とも相談しましたが、やっぱりあの桜は切ることにしました」

と言われたとき、

わしは、涙が出た。

毎日泣き暮らし、相方に

「あんたが買ってくれへんかったから、こんなことになったんやわ。
もう他の家に引っ越したい」

と非難し続けましたとも。

そして、こっそり隣りの土地に入っては(ひー)
桜の木の前に立つ私(恐)

そしてこの子を撫でながら、

「なんとか、あなたを残してあげたいんだけどね・・」

と言い続け、

わたしはかなりやばい人と化しておりましたよ。およよ。


そして、もうすぐ工事へ・・・と時が迫ったある日。

よく知る不動産業者の方から、一本の電話が入りました。

「松澤さん、突然なんですが、隣りの土地、買主のMさんが急遽手放されることになったんです」

「えっ?ーーーーーっ(絶句)」

「松澤さん、えらく落ち込んでおられたので、

念のためお知らせしました。あと1周間で、またあの土地はパブリックに売り出されます」

えーーーーーっ。

うそやろ?マジマジ?

はーーーーっ、はーーーーーーっ。はーーーーーっ。

もはや気分はジェットコースター。

どころか、
タワー・オブ・テラーみたいに、

上がったり下がったりの、わやくちゃ状態。

心肺停止かっ、みたいな大緊急事態よ。

「ちょ、ちょっと待ってくださいっ。」

と電話を保留にし、相方のいるリビングへ。

「ちょっとーーーー!あの土地、Mさん売ることにしはってんて。買う?」

「そやな」

相方は日々わたしの嘆きを聞き続け、

もうこのまま放っておけば、どうなることやら・・と思っていたのでしょう。

わたしは不動産屋さんに、

電話口で、咳き込むように言いましたともっ。

力強く。


「買いますっ!」

値段も聞かず。

ほええええーーーーーーーーっ。



人生でたぶんいちばん高い買い物、

1分で即決してええんかいっ?!


でも、わたし、思うんだけど、

重大な決断をするとき、

たとえば、結婚とか転職とか、家を買う時って、

ちょっとでも思考する隙を与えると、

人間、結局、現状を維持したいという安全スイッチが作動して、

前に進めないと思うんよね。

直感従って、即決。これが大事w


ま、それ以来、ボンビー一筋のわしらですが、

いまだに不思議なのは、

この土地にサマーハウスを建てられるのを、

とても楽しみにされていた、Mさまが、

なぜ突然、家を建てる前に、土地を手放される決断をされたのか・・・。



それは、きっとこの桜が、

わたしのために毎年咲きたい、と、

願ってくれた結果なんじゃないか、と密かに思ってる。

これはそんな、桜です。

今年も咲いてくれて、ありがとう。


f0215324_12442648.jpg




f0215324_12425056.jpg

by madamregina | 2014-04-17 12:44 | Country Life