2014年 04月 29日 ( 3 )   

Parisのメゾンバカラとメゾンゲランのスターシェフ   

2014年 04月 29日

f0215324_23362245.jpg



f0215324_2335481.jpg



ともだちがこの明後日からParisに行くらしく、


「どこかええレストランはないかね〜」

と問い合わせがありました〜。

彼女たち夫婦はもう、何度もParisに行ってるし、

3ッ星もひと通り行ってる人たちなので、

Parisの友人にメールを送ってみた。

どこかおすすめはありますかいね〜と。


だって、わたくし、もうしばらくおParisに行っておりませんねんっ(さみしーーーーー)


そうしたら、

「そりゃ、いまいっちばん旬なのは、LE 68 GUY MARTINやーん」

と即効で返ってきた。

もちろん、他の旬のレストランもリストにあげてくれましたが、

あたくし、もう、Guy Martinの名前に釘付けになっちゃったよ。

マルタンさんはね、みなさま、ご存知の方も多いと思いますが、
Paris屈指の料理人、グランヴェフールのシェフであります。


グランヴェフールは日々進化するParisのレストランで、

揺るぎない地位を格式を誇る、王道の3ッ星グランメゾン。

かのヴィクトル・ユーゴーやコレットなども通った、由緒あるレストランなのです〜。


f0215324_2337712.jpg


わたくし、こちらのレストランには3度ばかし、お邪魔し、

マルタンさまにもインタビューいたしましたっ。

いやあ、マルタンさんは、

これまでインタビューさせていただいた、3ツ星シェフの中でも

その人間性が最も素晴らしいと感じさせるお一人でありました(はあと)

料理人にならなかったら、きっと絵描きになっていたよ、

とおっしゃるほど、彼が創りだすひと皿は、ルノワールの描く名画のように、

心奪われる美しさでした。

何度も来日もしているマルタンさま。彼のお料理を召し上がった方も多いはず。


何より印象的だったのは、グランヴェフールのスタッフが、

いわゆる、まかない料理を楽しく食べる風景。

そりゃあ、豪華なお料理がテーブルに並び、みなさん、ワインももっちろん飲んでました。

そして、マルタンも、ちゃんとその輪の中心に座り、

和気あいあいおしゃべりしながら、お食事されていて、

ああ、これこそが、同じ職場で働く者同士が、同じ釜のメシを食う・・・、

つまり、苦楽を共にするってことなんだな、と思った次第。

3ッ星レストランという苛酷な業務の中での、

一瞬の憩いのとき。

こんな時間があるから、みんなやっていけるんだよね。



そんなマルタンが、

バカラのクリスタルルームのシェフになったときも、大喜びしたわたくしですが、

今度は、なんとフランスの美の殿堂、ゲランのメゾンのレストランで、

腕を振るわれるとはーーーっ?!

バカラの歴史は250年。

そしてゲランの歴史も180年と、

いずれもフランスを代表する伝統と格式を誇る、

一大ブランドのレストランでその腕を振るう、マルタン。

ほんとに素晴らしい!

メゾンバカラは一度行ったことがありますん。



場所は麗しのパリ16区。

合衆国広場11番地にある、マリー=ロール・ド・ノアイユ(1902-1971)の邸宅だったところ。

ここでは当時、画家や作家、音楽家などアーティストを招いて、

毎夜華麗なるギャッツビーのような、

ゴージャスなパーティが繰り広げられていたとか。


そんなシーンを思い起こさせるようなクリスタルルームの華やぎ。

超カッコええです。

そして、バカラのシャンデリアの下で、バカラの食器でいただくお料理の、

そりゃあ、麗しかったこと。


f0215324_23375716.jpg


夢のような時間でございました〜。

そういえば、メゾンゲランのレストランにも、バカラのシャンデリアが堂々と飾られているようです。


今度、パリについたら、真っ先に行きたいレストランだね




というわけで、

以前、わたくしが以前、ブログに書いた、

メゾンバカラのクリスタルルームの話、

良かったら、読んでみてーーーーっ。


これも何度かご紹介してるので、耳にタコな人ごめんやすーー。

ちなみに、このブログをご覧になって、バカラの広報の方から、

メッセージを頂きました。ひゃーーーーっ(嬉)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【ヴィトン、エルメス、ゴヤール マン】

本日朝、パリより無事帰還いたしました。

フォンテーヌブローでのロケも最高のお天気に恵まれ、

無事終了。


翌日次回のロケハンをして、

翌々日、やっと念願のバカラミュージアムに突撃!

うふ。やっぱり素敵だったわね、

こちらはミュージアムとショップが併設された由緒ある建物で、

かのデザイン界のカリスマ、

スタちゃんことスタルクがすっげーエッジイな

現代的要素を盛り込み、

シャルル10世、ルイ18世たち世界の王侯貴族たちを

首ったけにしてきた、「王者たちのクリスタル」に

新たな息吹を吹きかけています。





常識を覆す真っ黒のシャンデリアも(一粒だけルビーをあしらっている)

スタルクルームに堂々と飾られていました。



しかし、今回私を最も興奮させたのは、

ミュージアム内にあるレストラン「クリスタルルーム」である。

麗しいシャンデリアが煌く中、バカラのグラスでいただく

フレンチの幸福・・・。



が、あいにくパリの友人がタヒチに行ってるので

ひとりでそのゴージャスなテーブルについたおいら。

「ボンジュー(ルは聞えない)マダ〜ム、

まずは何をお飲みになりますのことか? シャンパーニュ?」

「ウィ」

とうなづくおいら。メニュを見るとテタンジェのグラス1杯11ユーロ。

・・とその下に私の大好きなロゼの文字が・・・

でも16ユーロもするやん。約2200円。
でもそのギャルソンが

「ロゼにしとくあるか?」とニコーっと笑ったので、

気の弱いわたくしはうなづいてしまった。



しかしなんですね。

バカラのシャンペングラスでいただく

テタンジェのロゼはうめーっ。


前菜はフレッシュのフォアグラにオイスターのエキスを

封じ込めたカプチーノ仕立てのソース。

こ、こ、これが美味しすぎるのよ!とほぼ恍惚の眼差しで

食べておったら、すぐ横のテーブル(手前のソファはつながってるので、

距離が非常に近い)に人々の視線を独り占めする

奇人的なムッシュがひとり座られた。

で、隣りの私のお皿に視線を泳がせ、

「誠にぶしつけでありますが、

その料理は何でありますか?」と聞くので



「フォアグラのオイスターソースやで。美味しいで」

といってあげた。

その料理をオーダーし、メインにはサンジャック。

オジはグラスシャンパンのロゼを頼み、

あっという間に2杯目。おっとそうこうするうちに3杯目。

クソっ。



のちにお話するとこのおじさまはファイナンシャルビジネスを

手がけるドイツ人で、今回のパリ出張では

フォーシーズンのジョルジュサンクに泊まってるらしい。



なんでもヴィトン、エルメス、ゴヤールのアンティークものの

コレクターでもあるおやじ。

わたしら平民が考えると、バッグやスーツケースなどねーと

思うが、その大半はデスクとか、

エルメスのオールドチェアとからしく、

サザビーやクリスティのオークションで手に入れる

レアものらしい。

携帯のカメラで自分ちのリビングに飾られたエルメスや

ヴィトンのコレクションを見せてくれたが、

エルデコに載るような宮殿のような邸宅でありました。



そうなのね。

グラスシャンペンをロゼで何の心配もなくバンバン飲める人は

きっとこういう人。

お話に花が咲いていると

「このレディにロゼのシャンペンを!」


とごちそうしてくれました。



ちなみに、このあと「エルメスヴィトンゴヤールマン」は、

シャンゼリゼに新しくオープンしたルイ・ヴィトンで、

限定グッズを買いに行けば?とサジェッションしてくれた。

行きました。

凄い列でした。

思いっきりバカにしてたけど、

せっかく来たので、はじめて並んでヴィトンに入ったよw



もうひとつエルメスヴィトンゴヤールマンがすすめてくれたのは、

マドレーヌのフォションの前にある

「メゾン・ド・トリュフ」のお店。

おいらが死ぬほど好きなホワイトトリュフ花盛りの時期だったので、

こぶし大、おサルさんの脳みそみたいなホワイトトリュフが

店頭に並んでましたとも。

そのお値段を見て、驚愕!

1キロ4000ユーロ(約56万円)。マジーっ?!

高いとは聞いていたけどね。

これで以前NYのイタリアンレストランで、

ホワイトトリュフのパスタをオーダーしたら、

お皿の上で削ってくれたトリュフがティッシュペーパーの

ように極薄だったことがわかったわ。



ロゼのシャンペンを飲んだり、

ホワイトトリュフを買ったりするのは

あぶく銭で買うのが掟。

そうあのエルメスヴィトンゴヤールマンのように・・。

汗水たらして働いたお金で買うなんて、

知性が許さないわ・・・・・とひとりごとを言いつつ、

寂しくパリのメトロに乗る松澤であった・・・



Le Grand Véfour



Cristalroom

(音が出ます)


LE 68 GUY MARTIN

by madamregina | 2014-04-29 23:42 | Gourme

雨に濡れた新緑を眺めなら…   

2014年 04月 29日
f0215324_14384914.jpg



今日はなんにも、予定がなくて、

お家でのんびり、しています。

気の合う素敵な仲間たちと、

お洒落して、

シャンパン飲んで、

ご馳走頂くのも、大好きだけど、

ひとりの時間も、好きだす。


相方にはいつも、

「ホームレスでも、もうちょっとマシな格好してるで」と、

言われる、

ズルんちょ楽チンな

家着で、

窓の向こうに広がる、

雨に濡れた、鮮やかな緑、

眺めてるねん。

最近、なにやら外出も多く、

家の掃除も滞っておりました。

家は、自分の心の居場所。

きれいにしなきゃ、ね。

なーんて、柄にもないこと、

考えながら、

もうすぐやって来る、

大好きな夏に思いを馳せとりますっ。

ふが。

みなさまは、何をされていますか?

by madamregina | 2014-04-29 14:36 | Comments(0)

レジィーナロマンティコ史上初!オリジナルジーンズ誕生!   

2014年 04月 29日
f0215324_1114348.jpg



f0215324_1115144.jpg






みなさまーっ。

ぜぃぜぃっ。

ようやく、運命のジーンズに巡り会えましたっ。

なんとなんと!

我が愛するレジィーナが、3年の歳月をかけて、開発した、

どーんな体型の人にも、

どーんな年齢の人にも、

絶対にかっこ良く着こなせる、魔法のジーンズ。


さっそくサンプル履かせていただいたら、

きゃー!

優しいストレッチで、

ふんわりとフィットしつつ、

ヒップもビシっと引き締めてくれ、

f0215324_111481.jpg



足の形もさりげなーく包み隠してくれて、

インナーの色もうつりませんっ。

f0215324_1114093.jpg




おいらもう、

やっと、理想の王子様に出逢えた気分になったよ。

ジーンズ番長、壁ちゃんが、

細部の細部まで、こだわりぬき、

愛と情熱で、ようやく形にした、

まさに、夢のジーンズ。

私のような下半身どすこいタイプも、履きこなせるなんて、もう感激だーーーーっ。

f0215324_1115482.jpg




お股問題も、妙に食い込むことなくクリア(笑)



率直に言いますわよ。

わたしほど、ジーンズが似合わない女、おりませんっ。

なのに、悲しいことにそんな女ほど、ジーンズが大好きときてる。

若き日々は、Levisの501を神とあがめ、

JWウェストンのローファーに合わせたりしたけどさ、

正直言って、もう、短足さらに拡大(ひーーーーーーー)

ときにはアメリカのセレブジーンズを試したりしたけど、

ほっそいねんっ。細すぎるねん。

あんなん、カモシカぐらいしか入れへんのんと違う?

と散々悪態ついてきましたが、

まあ、スタイルのいい方にはわからない、悩みかと思います・・

それで仕方なく、アバクロのボーイズとか、

ホリスターとか履いておりましたが、

これも、ね〜。もう、50歳過ぎて、どない?(笑)


そんなジーンズジプシーのわたしが、

ようやく、出逢えた、究極の夢のジーンズ。

探し求めてきた、王子さまに、やーっと出逢えた気分よ。

f0215324_1114991.jpg




この1本があれば、お洒落の幅が、どんどん広がるよね。

レジィーナのスーツのジャケットにもどんどん合わせて、
いろんな着こなしを楽しみたい。


f0215324_1114413.jpg



ブルージーンズとの2色展開で、

5月半ば入荷予定でっす。

はーっ。


おいら、もっちろん、二つとも予約しましたともっ!!!!!


みなさんもとにかく、一度試着してみて!
(現在Mサイズのみ、帝塚山店にあります)

いっぺんに首ったけになるから。

レジィーナが満を持してこの世に送り出す、

我らの救世主、最高のジーンズでございます〜


f0215324_1115482.jpg


f0215324_1114640.jpg

by madamregina | 2014-04-29 12:27 | Regina Romantico