2016年 04月 29日 ( 1 )   

出逢ってしまった、狂おしい歌声、ホン・グァンフォ Hong Kwang ho   

2016年 04月 29日
出逢ってしまった、狂おしい歌声、ホン・グァンフォ Hong Kwang ho_f0215324_01270148.jpg






えー⁉️

私としたことが(≧∇≦)

どーゆーこと⁉️

ミュージカル、
ジキルとハイドの

This is the momentを歌う、
マイダーリンが素敵すぎる!

と、こちらにら投稿したら、

現在ソウルで、
観劇三昧中の、
Saori Shinomiyaちゃんが、
姐さん、これ聞いてみてください…と。

で、昨日の真夜中に聴いて、
おーまいがー‼️

わたくしは、
韓国スターには、
ハマらないわ!
と、思ってた予想を軽く裏切り、
I'm in love♡

ひっさびさの振り子MAX。

歌い始めのあたりは
なんか頼りないわね、
やっぱりMichaelの、
あのロールスロイスみたいな
安定感と、
強烈な馬力のある圧倒的な歌声に比べたら、

この子のエンジンは、
ミゼットよね…。

と、最初軽くあしらってたら、

ひぇーーっ。

中盤から

どえらいナパーム弾ぶちかまして
くれるじゃないのー⁉️

なんなのー、
この子…

ひぇーと鳥肌立ちまくり。
ほぼ気絶状態になってたら、

MCのお姉さんも、
彼のあまりにすごい歌唱力に、
息も絶え絶え、
失神寸前でした。

やるねー。

気に入ったよ。

Hong Kwang ho 。

グァンフォ。

そのやばいぐらいの、
狂おしい歌唱力。

ハンパないっす。

それもそのはず。

彼は現在、
韓国ミューシガル界若手ナンバー1の呼び声も高く、

昨年、
ロンドンのウェストエンドにあるプリンス・エドワード・シアターで再演された
『ミス・サイゴン』のメインキャストに抜擢され、
イギリスが誇る権威ある賞を総なめ。

彼が演じたベトコン、トゥイは、
あのミューシガル界の帝王、
伝説のプロデューサー、
サー・キャメロン・マッキントッシュから、

「彼の歌は革命的。Best Thuy ever(今までで最高のトゥイ)」と絶賛されたそう。

ファルセットではない実声で、
3オクターブ以上を自由に、
歌いこなせるグァンフォさま。

しばらく、ついていきます!

ビジュアルは微妙に、
私の好みじゃないですが、
歌声は、一生ついていきたいほど、
超魅力的。

まぁ、みなさん、
聴いてみて。



むふっ。





by madamregina | 2016-04-29 22:02 | Musical