2016年 05月 06日 ( 3 )   

【阪急電車の会話】   

2016年 05月 06日

f0215324_17084110.jpg



はーっ。

みなさま、連休も終盤、
いかがお過ごし?

私はだらりんちょ、としてましたが、
今日は、京都に向かっております。

ま、私を良く知る人なら、
よりによってGWに、

まかり間違っても、
混みまくりの京都には、
死んでも行かんだろう。


と、思うよね。
人混み、でー嫌いですから。


ましてや
小雨降って
妙に寒いわ(≧∇≦)




でも、
そんな艱難辛苦を乗り越えても、
行くだけの価値がある
お食事会。

ふが。

長靴&レインコートの重装備だす。

しかし、なんですね。
芦屋川から阪急電車に
乗ったんですが
車内、かなり上品です。

大阪の環状線と違うわ。笑

学生たちも、
おとなしいです。

しかし、
そう思った私の耳に入ってきた、
女子中学生の会話。

ねえ、
「タカラヅカで整形してる人いる?」

たぶん、
聞かれている相手は
ヅカの学生さんなんでしょーか?

「◯◯さんとか?
やってるよね」

と、有名スターの名前も出して、
興味津々。

やっぱりゴシップ好きで、
安心した。





でも、
聞かれた彼女は一瞬、
何か言いたそうにしていましたが、

「それは知らないわ」


と、答えておりました。


ええ子です。


にしても。
阪急は、
JRと違って
のんびり座って行けるからいいね。


f0215324_17084282.jpg




by madamregina | 2016-05-06 17:06 | Gourme

特別なオーラを放つジュエリー@ジュエリー神吉   

2016年 05月 06日


f0215324_13030283.jpg





いやもう、
この連休中、
お洋服の整理もしなきゃ・・
なんて思っているうちに、
あと2日でおしまい。

みなさまはどんなGWでしたか?

そういえば、
先日、ちょっとお出かけしたときに、
とっても素敵な着こなしのマダムにお会いしました。

上質なライトグレーのカシミヤの半袖ラウンドネックに、
パールのネックレス。

そしてとっても愛らしいとんぼの宝石ブローチ。

その品のあるジュエリーづかいで、ときめきました。


でもこういう雰囲気はちょっとやそっとでは
なかなか身につかないんですよね〜。

やっぱりお洒落の黒帯、
アドバンスドスタイルです。

黒帯なお洒落感を醸し出すってなかなか時間がかかります。

でも、いちばんてっとり早い方法は、
カシミヤのセーターならずっとそれを着続けること。
もちろん、同じものじゃなくって、
カシミヤのセーターを極めるほど、
ずっとずっと何年も着る。

すると、いつか気がつけば、
カシミヤを世界一素敵に着こなせるマダムになると思うの〜。


そういう意味で、
ジュエリーもやっぱりそう。






わたしがいつもつけている、
ダブルライオンちゃんや、
イニシャルペンダントが、
人々の目に止まるのも、
もう親の仇ほど(笑)
どんなときにもつけているからなんじゃないなぁと思います。


f0215324_13030250.jpg



それがまるで自分の肌の一部のようになったとき、
お洋服でもジュエリーでも、バッグでも
また別の輝き、オーラを放ちはじめるんじゃないかな・・と。




さてさて、
そんなわたしのお守りであり、
アニバーサリージュエリーでもある、
イニシャルペンダントは、
ジュエリー神吉の神吉佐知さんによるデザイン、
制作なんですが、

今回の日本でのフェアも、
ほんっとに大盛況だったそうです。

わたしのお友達も、たくさん行かれて、
めっちゃ楽しまれていたみたいです。

わたしはハワイに旅していたので、
行けなくて残念すぎましたー。


佐知さんによると、


「ジュエリーコレクションの中でも

人気のイニシャルペンダント、

自分の名前や家族の名前

大切にしている言葉やナンバーを

あしらった世界にひとつのペンダント。

ひとつと同じデザインが無い

特別感いっぱいのペンダント。

イニシャルペンダントをつけると、

守られているよう

元気が出る

救われた

ラッキーなことがあった

などなど うれしいメッセージを沢山頂きます!」



f0215324_13030368.jpg



f0215324_13030376.jpg




フェアはもちろん、
イニシャルペンダントだけではなく、
世界にたったひとつだけの、
ハイブランドでもなかなか見つけられないような、
特級品の石から、
わたしも持っている、
メレダイヤのラブリーなイニシャルペンダントや
ピアス、リングまで

日本ではちょっと見られない作品を、
びっくりするようなお得な価格で
手に入る、素晴らしいフェア。


こちらはわたしのイニシャルのプチネックレス。

f0215324_12531655.jpg


f0215324_12533534.jpg




メレダイヤのピアスもお気に入り。

f0215324_1254652.jpg


こちらも、
人気のピンキーリング。

f0215324_13030379.jpg





ちなみにこの秋のフェアのスケジュールも決まっています。

次回秋は
福岡 10月13〜15
大阪 10月19〜24
東京 10月27〜11月1日
岡山 11月6〜7
名古屋 11月9〜10


秋からあたらしくフェアの場所に選ばれたのは、
岡山。

この岡山のフェアの開催は、
佐知さんが母校『ノートルダム清心』を32年ぶりに訪れたことが、
きっかけだったそうです。


「中高寮でお世話になったノートルダム清心。
私の根底に流れるものは
和歌山 白浜の子供時代はもちろんですが、

中高の多感な時期を素晴らしい学校で
素晴らしい先生 シスター皆に可愛がって頂き
ご指導頂いたことが
しっかりと心の基盤として根付いているのをひしひしと実感しました。


母校のシスター渡辺和子さん シスター渡辺の著書を拝読する度に懐かしい気持ちになること、
私が二言目には 神様。。。と言うのも、母校 清心の精神からきているんだと思います。
お陰様で 秋は 東京 名古屋 大阪 岡山 福岡、5ヶ所のフェアが実現して 感謝でいっぱい」

佐知さんのお人柄がしのばれる、
お話に素敵ですね。

こちらはバンコクのサロンでの佐知さん。

f0215324_12544528.jpg









佐知さんのブログもぜひご覧くださいね。
ジュエリーだけじゃなく、
バンコクはじめ、世界の旅のお話や、
くすっと笑える楽しいエピソードもいっぱい。

☆ジュエリー神吉のブログ
佐知のキラキラ タイ バンコク日記

■http://sachibkk.exblog.jp


■2016福岡フェア!!!
5月8日ー10火

by madamregina | 2016-05-06 12:52 | Jewelry

Ritz Londonのバトラーたち   

2016年 05月 06日
f0215324_10320775.jpg



f0215324_10320758.jpg




みなさまー。

連休いかがおすごし?
私はのんびり仕事しとります(≧∇≦)


さて、
Facebookには
いつも過去のこの日…

と、
2013.
2014.
2015.
2016.

のたとえば、
5月6日にUPした投稿が出て来るのよね。

そんなわけで、
去年の今日の記事が、
こちらなのー。


我がホテル人生の中でも、
極め付きの別格。


リッツロンドンのバトラーの話。

f0215324_10320889.jpg





良かったら、
読んでね。



➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖


えっと今回、
Londonのリッツで、
わたくし、
ピカデリースイートに泊まったんですが、

リッツでは、
スイートのゲストのみ、
Hotelからヒースロー空港までの、
送迎サービスがついてます。

しかも!
ロールスロイス、ファントムよーっ。

コンプリメンタリーよ!

最終日の夜、
もうひとりのbutler、
Harryが、
明日何時にご予約しましょーか?

f0215324_10320842.jpg



と、聞いてくれて、
翌日からMichaelツアーで、
ボーンマウスに行くことになってたあっし、

それを伝えると、
ボーンマウスまででも、
もちろんお送りしますよ、

と、言ってくれましたが…

それは時間もかかりそうで、
あきらめました。

もう!惜しいっ。

ファントムでヒースローまで行きたいっ。

いっそ、ファントム乗りたさに、
空港までいっちゃう⁉️

と、一瞬思いましたが、
さすがにそれはやめて、
ボーンマウスまでの列車が出ている、パディントン駅まで、
送って頂くことにしました。

しかし、残念ながら、ファントムじゃなく、
レンジローバーでしたが(≧∇≦)

でも、車内で食べるランチBOXまで、もたせてくれて、

最後まで見送ってくれた、
Harry.

f0215324_10320835.jpg



もー、いかにも、
誇り高きイングリッシュな彼。

でも滞在中、
バンドエイドや消毒液などを汗だくになって買いに行ってくれたり、
誠心誠意、気持ちがこもったホスピタリティーで、
リッツでの滞在をさらに思い出深いものにしてくれた、Harry.

こちらでもご紹介した、
イケメンJakubは最初の2日間を担当。


f0215324_10320882.jpg




Harryは残りの一泊2日です。

二人とも、
あらゆるリクエストに応えてくれました。

まさにスーパープロフェッショナルな必殺仕事人。

ちなみに、
リッツには、
この二人のbutlerしか、
いません。

しかし、この二人、
女王陛下に仕える、
バッキンガム宮殿のbutlerからも、
その仕事ぶりで、
最高評価をもらったのだとか。

こちらは、
エリザベス女王やロイヤルファミリーが、
たまに晩餐会を
開かれると言う、
ホテルの隣りにある、
ケントハウスのボールルーム。

f0215324_10320894.jpg



ほんと、イギリス映画の世界よね(ひとり、うっとりwww)

f0215324_10320951.jpg



いや、それにしても。


butlerとは、
こう言う人たちのことを言うのね…。


これまでたくさんの
高級Hotelやヴィラのbutlerに会ってきましたが、
申し訳ないけど、
彼らに比べると、
単にそれはbutlerの真似事だけで、
HarryとJakubこそ、
butlerの真髄を見せてくれた気がします。

ゲストを、命をかけて守る
ナイトのような精神性で…!

彼らに出逢えたこともまた、
The Ritzで得ることの出来た宝物っ。



Thank you Harry and Jakub,
you both just awesome.

I'm proud of you!




by madamregina | 2016-05-06 10:07 | Hotel(Japan)