カテゴリ:未分類( 250 )   

凄すぎるぞ!究極の日本蜂蜜。    

2018年 02月 25日


 

f0215324_12540482.jpeg


グラホでとんでもないはちみつを見つけました。

 

日本蜜蜂の百花はちみつです。


 

現在日本で販売されているはちみつの93%は海外モノで、

そのほとんどが中国産。

 

国産と呼ばれるのはわずか7%です。

さらに、その国産と呼ばれるはちみつも、

99%は西洋蜜蜂のもので

純粋な、いわゆる江戸時代から日本に住む

日本蜜蜂のはちみつは1%にも満たないと言われているんですよ〜。

 

なぜそんなに少なくなったの?

というと

蜂は、環境変化に最も敏感で、

すぐに住みかを変えます。

それで放置された巣に巣虫が発生して、

スズメバチに襲われるのも原因のひとつ。

 

それに比べ西洋蜜蜂は変化に動じず採取量も多い為、

明治時代からはちみつ作りには

西洋蜜蜂が使われていたそうです。

 

 

純粋の日本はちみつは非常に希少で、

値段も高いのはみなさん、ご存知ですよね。

 

でもそれだけの価値があります!

 

だって、純粋な、にほん蜂蜜の栄養価は、

世界一!と言われているんです。

 

最近様々な学術論文などでも、そのことが証明されてきました。

 

西洋蜜蜂と日本蜜蜂では、

まず蜜を採取する花が異なり、

日本蜜蜂は人工的に植えた花や

家庭の庭の近辺の花にはほとんど近づかないそう。

 

自然の山奥に入り自然に咲く山の花を蜜源としています。

 

また、西洋蜜蜂に比べると、

日本蜜蜂は蜜を吸う密管が短いため、

花に潜って最高の蜜だけを採取します。

 

だから効率も悪い。

まさにそこには凝縮された蜂蜜のみが抽出され、

 

だから希少で貴重なんですね。

 

そんな中でも、

グラホに入荷した、このとんでもないはちみつは、

蜂の花の蜜の採取方法が独特で、

かなり多種に渡って採取するので

一般的な百花はちみつよりも

蜜の種類が多く香りも違って、

また持っている酵素も多い事から

滋養分も豊富とされています。

 

ちなみに、この日本蜜蜂のはちみつを端正こめて作っておられるのは、

9人の生産者で結成された但馬地蜂会さん。

 

餌(水飴)も与えず、

遠心分離器も使わず、

未加熱のはちみつなので栄養素、酵素がたっぷりつまっています。

そして、味わいも香りもピカイチ!

 

一年で、たった
 100
本限定!

お値段は、120g2000円。

なんと、巣箱のシリアルナンバー入りよ。



f0215324_12581714.jpeg

 

これ、関係者の間では、

安すぎる・・・と言われているほどです。

 

買うならいまだーーーーっ。

 

わたしは10個買いますよーーーーっ。

 

これまでマヌカハニーを買い続けておりましたが、

この日本はちみつは、

マヌカよりも

栄養価、そして抗菌作用が優れていると言われています。

 

またずっと昔からわたしたちの祖先が食べ続けてきた

にほんはちみつの方が、

わたしたち日本人にはその効果がさらに発揮されるというもの。

 

 

わたしはいつも朝起きたとき、

そして寝る前に、スプーン一杯のはちみつをなめています。

 

これだけで胃腸の調子もよく、

風邪をひきにくくなりました。

 

 

そして、このはちみつは、

お友達への贈り物にも最高。

 

 

最近赤ちゃんが出来たお友達に。

そしてよく風邪を引くAちゃんに。

 

 

美容にもいいはちみつ。

 

もう、いいことづくめ。

こんな完全無敵なはちみつが、

2000円で手に入るなんて!

 

買うしかないですね、奥さん!

 

 

 

 


by madamregina | 2018-02-25 12:49 | Comments(0)

2018蟹の旅@西村屋本館   

2018年 02月 19日


f0215324_12002148.jpeg



f0215324_12010146.jpeg



f0215324_12020226.jpeg



 もうすぐそこに春の訪れを感じつ今日このごろ。

 

でもーーーーーっ。

 

美味しい松葉ガニはまだまだ食べれますわよっ。

 

 

わたくし、毎年、「ずわい蟹解禁!」のニュースを聞くと、

 

いてもたってもいられませんっ。

 

 

 

そしてーー。

蟹とくれば、温泉ですやん。

 

となると、関西の人にとっては、

 

やっぱ城崎温泉ですー。

 

城崎とくればーーーーっ、わたしにとっては、

 

もう 

『西村屋本館』以外、ございませんっ(きっぱり)

 

ま、丹後あたりもありますが、

 

ほら、間人のセレブなあいつとかね。

 

でもお宿の歴史、格式、

 

そして海外の人をも魅了する素晴らしいホスピタリティ、

それら、総合点で考えますと、

西村屋本館を上回るところはありませんっ。



f0215324_12034437.jpeg


f0215324_12030541.jpeg

 

 

 

西村屋本館は、150年以上の歴史を持つ、

 

日本でも屈指の名旅館です。


f0215324_12043038.jpeg

 

毎年、蟹のシーズンには1〜2回は訪れております。

 

 

 

そしてーー。

今年は先月、伺いましたよっ。

 

 

f0215324_12052568.jpeg

 

f0215324_12061465.jpeg


松葉蟹とひとくちにいっても、

いろいろです。

 

でも、

西村屋さんのカニは地元の津居山か柴山で上がった活けものしか出されません。

 

そして、

西村屋本館の先代はじめ、一族の方々は

地域への、

有償無償の並々ならない貢献を続けてこられました。

 

おそらく地域の人々にとって、西村屋の存在は、

神様のようなもの。

 

だからそこに卸される蟹は、

どこよりも一級品であるはずです。

 

こちらでいただく松葉ガニは、

それはもうーーーーー

神のごとく美味しいっ。

 

でも、今回改めて感じたのは、

西村屋本館の建築、空間、日本庭園の

素晴らしさです。



 

いつも露天風呂があるお部屋に泊まるんですが、

よく手入れされ、苔むした見事な日本庭園を独り占めしながら

お風呂に入るひとときは、

何にも勝る贅沢・・・だと再確認しました。


f0215324_12075103.jpeg





そして。

もう何十年も前からこちらに寄せて頂いているのですが、

エントランスも、

客室も、

日本庭園も、

そしておもてなしも、

なにひとつかわらない。


それは決して進化していないのではなく、

この凄い文化遺産の建物を維持するだけでも

それはもう大変な時間と費用がかかると思います。


また廊下ひとつとっても、

磨き上げられ、歳月の重みを感じさせます。


f0215324_12094740.jpeg



f0215324_12084240.jpeg


昨年からルレ・エ・シャトーのメンバーにも加盟して、

ますますパワーアップされましたが、

その核となる日本旅館を代表するおもてなしの精神は

ずっとずっと昔から変わることがありません。



 

ここに来ると、

ただ、ずっとお部屋にいるだけで、

日頃のストレスや疲れがほどけていくのがわかります。



f0215324_12110564.jpeg

 



f0215324_12144030.jpeg


本館には素晴らしい温泉があるので、

そこにもつかりますよ〜。


f0215324_12120224.jpeg

 


f0215324_12124109.jpeg


もうーーー夕食前にすでに温泉三昧。

 

城崎の泉質はほんとに良くて、

一度入っただけで、お肌がつるんつるん。

ボディローションもセラムもいらない

天然の潤いに包まれるます。

 

のんびり温泉につかったあとは、

きゃーーーー。

待ちに待った蟹三昧の夕食です。



f0215324_12151610.jpeg

 

蟹をメインにした会席コースもありますが、

わたしはいつも、

活蟹づくし、コース。



 

なんと、大きな松葉ガニがひとり2杯ずつつく!

という、

まさに蟹、蟹、蟹!!!の贅沢フルコースです。


f0215324_12155898.jpeg

 

まずはお刺身から。



f0215324_12163269.jpeg

 

ぷりんぷりんのツルンツルンです。

 

この上品なほのかな甘みは松葉がに特有のもの。

 

そしてーーーー。

 

きゃーーー。

みそーっーーーっ。

 

生よっ。


f0215324_12185960.jpeg

 

たまらんっ。



f0215324_12200203.jpeg

 

ぐびーっ。


f0215324_12230543.jpeg



f0215324_12204656.jpeg

 

上海蟹もめちゃ好きだけど、

 

渡り蟹もとにかく好きだけど、

 

これを食べると、

 

やっぱり松葉よね~

 

王者の蟹よね〜

 

と思えてくる美味しさです。



 

そうこうしているうちに、

 

西村屋さんオリジナルの蟹の甲羅酒が出てきて、

 

これを一口いただければ、もううう天国だわ。

 

炭で丁寧に焼いた蟹の甲羅を、

 

ジュっと熱燗に入れた蟹の甲羅酒はふぐのヒレ酒のカニ甲羅版。

 

香ばしくて、少し甘くて、いくらでも飲めてしまう。

 

 

ちなみに西村屋さんのゆでがには絶品です。

 

絶品すぎてくらくらします。


f0215324_12240784.jpeg

 

 

待望のゆでカニ。


でっかいです。



f0215324_12174118.jpeg

 

 

 

 

足をさっそくいただきます。

 

ひえええええええ。

 

なんて甘いの、なんて美味しいのっ?!

 

もう筆舌には尽くしがたい。

 

なんともいえない蟹の旨みがびっしりとつまってて、

 

 

一生食べ続けていたい味だ。

 

そういいながら、

無言で足を食べ続け、

 

胴体を食べ続け、

 

そして最後はおいらがこの世で最も愛するミソの桃源郷へ。

 

 

f0215324_12250407.jpeg

 

ちなみに、

以前TVで、かに漁に行く猟師さんたちが、

 

良いカニの見分け方というのを話しておられました。

 

「ミソに白い米粒みたいなのが入ってるのが良いかに」

 

とのこと。その白いものの正体は白子だそうです。

 

この日のみそには入ってました。びっしりと白子が・・。

 

で、このつぎはおいらが最も好きな

(ってそれが多すぎるな)焼きがにであります。

 

 

目の前の備長炭でさっとあぶってくれます。

 

f0215324_12255631.jpeg

 

 


f0215324_12264596.jpeg

 

f0215324_12275853.jpeg



焼きあげた味噌も、ひえええええーっ。卒倒。

 

 

f0215324_12284236.jpeg

 

 

f0215324_12292598.jpeg




焼きが二・・・・それは、

 

松葉がにの美味しさを最高に引き出す料理法ではあるまいか。

 

爪のところもうまいね~。

 

もはや恍惚なる状態でこの時点で、カニ腹12分目。

 

ああ、これからまだ、かにすき、

ぞうすいまで食べなければならんのだよ。

 

 

・・・といいつつ、この夜は極上の松葉ガニを飽きるほど食べながら、

 


f0215324_12300032.jpeg

 


f0215324_12303940.jpeg



f0215324_12312604.jpeg


そのあとは、温泉に入って、お肌つるんつるん。

 

 

人生で、

これ以上の幸せがあるでしょうかっ?

 

 

こうして、カニと格闘していると、

 

昨年あったつらかったこと、苦しかったこと、悲しかったこと、

 

いやなことはぜーんぶ吹っ飛びますっ。

 

 

 

西村屋本館、カニ効果絶大。

 

蟹のシーズまであとわずか。

 

みなさま、

 

ぜひぜひ行かれてくださいませ。

 

 

西村屋本館の蟹を食べずして、

なんのための人生よっ!

 

なんでありますっ。

 

 

ふがっ。

 


by madamregina | 2018-02-19 11:57 | Comments(0)

Michael Ball 初来日!   

2018年 02月 17日
f0215324_00102249.jpg


昨年の夏、

突如発表された

我らがMichael BallとAlfie Boeの

初来日コンサート!


という、ショーゲキ、

いや激震のニュース!


ほんとにそんなすっごいコンサートが

日本で実現するんだろうか…


と、信じられない気持ちの方が強かったんですが、



f0215324_00111348.jpg



はい!


2月10日から12日の3日間、

東京、シアターオーブで

ちゃんと開催されたんですよ、奥さん。


そして、

もっちろん、

東京行きましたよ。


f0215324_00122253.jpg


いつもは、Michaelに会うため、

グレートブリテンに上陸していたおいら。


東京なんて、

お茶のこよ。



でー、

疾風怒濤2泊3日の、

東京Michael狂想曲!


ぼーっぼーっぼーっ


真っ只中には、

FBにも
インスタにも、アップする
時間の余裕も
心の余裕もなく、
ひたすら駆け抜けた3日間でした。


海外からのファンも

イギリスから、
オーストラリアから、
ドイツから
チャイナから、
アメリカから、
世界中から駆けつけた、
MichaelとAlfieのコンサート。


f0215324_00131155.jpg

わたくし、3日間すべて、
最前列魂席。


f0215324_00133948.jpg


きゃー。


f0215324_00142348.jpg



ひたすら、素晴らしかったー。

しかし、
ステージドアでは
いつものように、
心の振り子は、
目盛り振り切って
上よ、下よの乱高下。

f0215324_00151210.jpg


ひっさびさの
超高速ジェットコースター。

いや、死ぬかと思った。

熱も出ました。



でも、
わたしをこれだけ
掻き乱す男は、
この人以外いないんですよね。



そんなわたしを
あたたかく、
見守り、
一緒にコンサートを、観て、
サポートしてくれた
ゆりちゃん。
祐子ちゃま。
桂子ちゃん。
円ちゃん。

そして、
応援してくれた
アコちゃん。

ほんとにありがとうございました!



f0215324_00155631.jpg

記念すべきMichaelの
初来日コンサート。
今回は、
スケジュールもハードで、
インタビューも叶いませんでした。

しかし…
厳重なるステージドア規制の中、
こんな写真も撮れてしあわせ。

わしの、顔はボロンチョですが、
Michaelは最高の笑顔。

きゃーん♬

f0215324_00163666.jpg


f0215324_00170095.jpg



by madamregina | 2018-02-17 00:01 | Comments(0)

朝ご飯の定番 絶品鮭フレーク   

2018年 02月 15日

f0215324_15032240.jpg

f0215324_15032548.jpg



我が家の朝ご飯、
グラホ3兄弟。

明太子 青
鮭明太

そしてー。

最近仲間入りした、
鮭フレーク。
これが、おいしーんです。


f0215324_15040479.jpg


紅鮭と
キングサーモンの2種類があるんですが、
私は脂がのった
キングサーモンの方が
圧倒的に好きなんですー。

いままで朝食には、
加島屋の鮭を食べたりしてましたが、

もう、
いまでは
グラホのこの鮭フレークなしでは
あきません。

ほんとに美味しいキングサーモンを
焼いてすぐに手でほぐし、
瓶詰めされているから、
焼きたてのフレッシュ感が、
たまりませんっ。

ほのかな塩味も、
超好み。

冷蔵庫から出せば、
すぐに食べれるのも
うれしーよね。

あつあつご飯に乗っけて、
焼き海苔で包んで頂けば、
きゃーっ。

ほんまにほんまに
美味しーよ。


f0215324_15063690.jpg


by madamregina | 2018-02-15 15:02 | Comments(0)

マリベル 100ピースのレッドBOXは最高のバレンタインの贈り物だ!   

2018年 01月 26日

f0215324_12483997.jpeg

みなさま、
いよいよバレンタインデーの季節ですね!

いやあ、わたくしは、もうーーーー
大変なんですよ(笑)

ま、みなさま
興味ないと思いますが、
ほら、イギリスの大スター
MichealBallが初来日するのが
ちょうどバレンタインの間際(笑)

こりゃもう、飛び切りのチョコレートをプレゼントしなきゃ!
ということで、

飛び切りのチョコレートといえば、
マリベルだろうーーーーーーー。

昨年はNYのマリベルにも行きました。

f0215324_12500903.jpeg

f0215324_12510496.jpeg


オーナーでショコラティエのマリベルさんにもお会いできて、
f0215324_12514527.jpeg


またブルックリンにある工場まで見学させてもらい、

f0215324_12524465.jpeg
f0215324_12532209.jpeg


そこでガナッシュはじめ
それぞれの製品がひとつひとつ手作りで、

f0215324_12540551.jpeg
どれだけ丁寧に作られているかを
目の当たりにして、

f0215324_12550567.jpeg


f0215324_12544042.jpeg

マリベルがどうして世界中でこれだけの人気があるのか
再確認出来たんですよね。


マリベルは、
チョコレートに繊細なトレースを施した
第一人者です。
ひとつひとつ丁寧に描かれたイラストには、
すべてストーリーと
マリベルさんご本人が書いたポエムがあります。

マリベルさんはおっしゃっていました。
「最初わたしがNYでカラフルなデザインのガナッシュを発表したとき、こんな鮮やかすぎる色!とか、
いろいろ言われたのよ(笑)でもいまでは
みなさん、カラフルにされてますよね」

手作業でプリントされたマリベルの
メッセージイラストは、
いまや世界中に知られる
お洒落でおいしいガナッシュとなりました。

f0215324_13005648.jpeg

マリベルのガナッシュに使われる
バナナ、パッションフルーツ、ラムレーズン、レモン、
などのフルーツ、
またラベンダーや、ジンジャー、シナモンなども、
フレーバーに使う香りはすべて有機栽培で育った生のフルーツやハーブから抽出して作られています。


これって、他のどんな高級なチョコレートブランドもなかなか出来ない、
贅沢このうえない
マリベルならではのこだわり。

そして、
近年またチョコレートに含まれるポリフェノールの効果が注目を浴びてきていますよね。

最近、話題の本『医者が教える食事術〜最強の教科書〜』
にも、
チョコレートの効能について書かれています。

チョコレートの原料であるカカオはポリフェノールの塊。
非情に強い抗酸化作用を持っていて、
なんと世界1位、2位を誇る長寿の方は二人共チョコレートが大好物だったとか。

でも、
カカオは高価なので、
値段が安いチョコレートのほとんどは
カカオがほんの少ししか入っていません。

残りは糖質、脂質・・なんです。


だからチョコレートを食べると太るとか、吹き出物ができる・・って言われてたんですね〜

でも、マリベルの上質なカカオが配合された、
チョコレートならそんな心配はいっさい無用。

f0215324_13020471.jpeg

それどころか、
最高のスーパーヘルシーフードなんです。


そして、カカオは脳にもすごくいいんです。

だからか、
マリベルのNY店にはかのスティーブ・ジョブズが毎日やってきて、
カカオ成分がぎっしりつまった苦〜い、
ホットチョコレートを
飲んでいたとか。


f0215324_13042418.jpeg

f0215324_13032907.jpeg

マリベルはハリウッドセレブたちが
大好きなチョコレートとしても知られていますが、
とにかく、一粒口に含むだけで、
もうーーーーヘブン。

その美味しさといったら!

そして何より、
なんて素敵なビジュアル。

ちなみにマリベルには
色とりどりのガナッシュが100ピースつまった、
スペシャルボックスがあるのをご存知でしたか?

f0215324_13051316.jpeg

その名もレッドBOX。


このボックスは日本の芸能人や歌舞伎関係、
タカラヅカ関係の人たちにも
大人気だとか。

そりゃそうだ!
高価なマリベルのガナッシュが
100ピースも!!!


f0215324_13064482.jpeg

そりゃもう、
最高のサプライズギフトよね。

うーん。
やっぱりMichealの楽屋見舞いにもぴったりだわ〜(笑)


f0215324_13054530.jpeg

バレンタインにこんなゴージャスな
ガナッシュを頂いたら、
感動の嵐です。

お値段は45,360円(税込み)

こちらのオンラインからも買えますよ。


同性でも異性でも、
もー、恋しちゃいますよね。

もちろん、
マリベルのガナッシュは
他にも2個入りから、いろいろサイズが用意されています。
バレンタインにぴったりの
ラブリーなBOXも素敵!

そんなわけで、
今年のバレンタインは自分にも、
お友達にも
そしてちょっと気になるあの方にも、
やっぱりマリベルじゃない?

f0215324_13081659.jpeg


f0215324_13085582.jpeg

by madamregina | 2018-01-26 12:43 | Comments(0)

コートは上等なのを着なさい   

2018年 01月 14日


f0215324_14313606.jpeg



1月は行く、

2月は逃げる

3月もあっという間…ですわね。


で、3月と言えば、

卒業式のシーズンよね。



私にもし息子がいたら、

卒儀式には、

やっぱりお洒落に命かけると思うねん(笑)



そう言えば、

私がチビだったころの記憶…。

卒業式や参観日は、

そりゃママたち、凄かったよ。

着物も、どんだけ〜みたいな、

まるで粋筋かっ、というマダムや

(実際いらっしゃいましたがww) 

有名な男優さんの娘もいたんで、

そのママもカッコ良かった。




ハンドバッグやジュエリー、

時計も、いまのファッション雑誌なんか、太刀打ち出来ないぐらい、

強烈な世界でした。 



いやある意味、異様な学校でした(笑)

うちのママも、頑張ってた。

確か大島のなんたら作を着ていく…

とか卒業式の前は、

まるで自分の晴れ姿のような、感じで。



私は女子校出身ですが、

先輩も同級生たちも、

小生意気で

ブランド好きで、

おしゃれなやつばっかで、

いま思えば彼女たちのお洒落の先生は、ママだったんだね、と思う。


彼女たちは何か行事があると、

運転手付きのメルセデスやリンカーンや、黒塗り車がやってきて、

ここはマフィアの溜まり場か、

みたいな(笑)



だから、娘の私らも、

ブランドものや世界の高級品の

洗礼を、チビのときから浴びてるわけやん?

困るよね。 



いまはもう誰も買ってくれる人いないし、欲しいもの、

自力で買うには高すぎるねんっ。

ふがふがっ。



そう言えば、うちのママの口癖は、

 「コートは上等なのを着なさいね」

でありました〜 




だからか、

もー、コートばっかり買ってるのよー。

家の中、コートだらけ。

その中にはもちろん、 

獣関係も多いけど、


まぁ、「猛獣づかいの壱」と呼ばれとりますしww,



しかし、

私がいちばん好きなのは、

カシミヤのコートです。



それも100%じゃないと、あきません。

ビキューナでもいいけどな。 



でも、ビキューナはメンズのイメージがあります。 

で、上質なカシミヤよ。 



ふんわり、軽くて包まれるような、

あの、リッチな温かさ、いいようのない心地よさ。

大好きです。 



今年の冬はそんなエルメスさんの

カシミヤ100%のネイビーのコートを良く着てます。



f0215324_14322277.jpeg

 

これが、もうーーー

不思議なんだけど、

会う人会う人が、

それどこの?とっても素敵と

褒めてくれる。 

いやもう照れますやん。

って、まあ、

わたしを褒めてくれているんじゃなくて、コートですけどね。 



めっちゃオーソドックス。

なのに、

どんな年代の人にも

どんなお洒落スタイルに人にも

このコートは素敵に映るようです。


f0215324_14325404.jpeg


 少し前のParisで運命の出会いをしました(デターーー) 

エルメス店内でシックなのに

すっごいオーラーを放つこのコートをガン見していたら、 

スタッフの美しいマダムが、

ちょっとお召しになったら? 



と、着てみたら… 

あかん。

やっぱり最高、

この上質なカシミヤの肌触り。



洋服とボディの間にふんわりと漂う上品な風(笑)



軽いわ。あったかいわ。

もはやうっとり。

だけど、

エルメス印のカシミヤ100%の

コートは、ちょっと怯むようなお値段です。

まぁ、こういうのを躊躇なく買える方がうらやましー。

いや、お買い物の醍醐味は少ない予算と欲望のせめぎ合い!

お金持ちにはわかんない

この悩み。どーだまいったか?


しかしコートにこんなお値段出せます?


毛皮だって買えそうよ。

ずっと気になっていたお家のリノベートもできます。

どーする? 



しっかし。気がついたら、 

カード切ってました。 

なのになのに、

清水の舞台を頭に乗せるほどの覚悟で、命がけで( 笑)

買ったのに、

その年の冬は一度も袖を通しませんでした。 



なんとも地味で、

ちょっとズドンとした感じで

あまりに普通すぎて、

似合わなかったんよね。 



ところが!

この冬着てみたら、

もうーーーー

一生脱ぎたくないほど、

心地いいんです。 



NYの凍てつく冬だって、

シベリアだっていけるほど、

あったかい。 




そう言えば、

光野桃さんのエッセイに、

向田邦子さんのお洒落哲学について

書かれていたものがあり、


向田さんは実はとてもファッションについて深く考えていた方で、

子供の頃、

ぱっと思いつきで買った黄色のコートが気に入らなくて、

お父様もあまり好きじゃなさそうな気配で


それ以来外出する回数も減って、

だからこれから服を買うときは、

ぜったい後悔しないよう、

吟味しつくして買う、と自分を戒める。



それからは、一生つきあっていけるような、

つまり命がけの買い物をするようになった…

みたいなことが書かれていて。 



ひぇー。

そ、そんなん、私なんか、

どーなりますのん?奥さん。

いままでの人生、

思いつきでばかりで買い漁った服やバッグや靴の嵐で、


クロゼットをはみ出してもはや樹海よ。だけど、

このコートは、

そんなわたしのクロゼットで、

唯一、一生つきあっていけるコートです。


f0215324_14332227.jpeg



で、すいませんが、

いままで思いつきで買ったあれこれをどなたか引き取って頂けませんでしょか?



ちょっくら欲しい別のカシミヤのコートを見つけたので。


ひぇえーっ。





by madamregina | 2018-01-14 14:25 | Comments(0)

日曜日のグラホ朝定食   

2018年 01月 14日
f0215324_12392324.jpg


今日の朝ごはん。

のどぐろの焼き、に命かけました(笑)

f0215324_12394006.jpg


鰤の粕汁には
グラホで買った有機ごぼうとにんじん。

f0215324_12545555.jpeg

寒い日には染みるにゃー。

f0215324_12395647.jpg


お宝卵の卵焼き。
太陽梅干し。

そして、
沙織ちゃんから
頂いた
とってもとっても貴重な糠床で
漬けたお茄子のお漬物。

f0215324_12401351.jpg


さおちゃんの、ぬか漬けは
世界一!
ほんっとに美味しすぎます。

納豆は、阿蘇の大豆ふくゆたか。
阿蘇の農家で
昔から柔らかく煮た大豆を
わらすぼに包み、
一昼夜寝かせて
作られていた
「わらすぼ納豆」の風味を
そのままに
食べやすくした納豆。
f0215324_12403275.jpg


コクのある納豆、大好き。

お友達もみんな大ファンの納豆です。

f0215324_12475467.jpeg

のどぐろ以外は全部グラホ。
ご飯も
グラホで買った新米、稔。



グラホ朝定食。
おいしかったー。


お米や、納豆、いろいろオンラインでも
注文できますよー。



by madamregina | 2018-01-14 12:38 | Comments(0)

グラホのバーニャカウダはそうとう、凄い!   

2018年 01月 05日
f0215324_14373901.jpg



みなさまーーーーっ。

私の愛する芦屋のグランドフードホールは

今日からオープンですよ〜。

 
f0215324_14380001.jpg

f0215324_14380152.jpg


いやもう、何買う?

と迷っているあなたに、

 

いまいっちばんおすすめしたいのが、

グラホのオリジナル新商品、

バーニャカウダですっ。

 
f0215324_14385905.jpg


これ、このお正月どれだけ使ったことかっ。

 

わたくしこれまで

バーニャカウダといえば、

野菜スティックにつけるディップよね・・・

ぐらいの認識しかなく・・。

 

 

まったくもって、

何もわかってなかった。

 

 

いや、

グラホのバーニャカウダは、

生クリーム、オリーブオイル、

にんにく、ナチュラルチーズ、

バター、アンチョビ、レモン果汁を

バランスよく配合し、

何度も何度も試作を重ねて

ようやく生まれた

完全無欠の

魔法のソースなのですよ。

 

 

グラホバーニャ(略)は、

クリームやチーズを加えたクリーミータイプ。

定番の野菜やパン、ソーセージなど、

ディップとしてはもちろん、

 

生クリームや

オリーブオイルでのばしてパスタに絡めると、

さっと出来て美味しいパスタソースとして大活躍。

 


そして。

私のお料理の師匠の、

グラホバーニャの活用法を聞いて、

これまた目からウロコでしたーーー。

 

その裏技とは・・・

 

パスタにはベーコンとキャベツがバッチリ。

コップなどにバーニャカウダ適量入れて、

その上に牛乳、あれば鷹の爪、

なければブラックペッパーを加えて混ぜて、

バスタにからめるだけでオッケー。

美味しそう。

 

 

意外なのが、ごぼうを炒めて混ぜると素晴らしいワインのアテに。

鳥と長ネギのコンビで炒めてもおいしい。

 

また、クリームシチューにちょっといれて隠し味に。

じゃがいも、アスパラ、ベーコンの炒め物は鉄板とのことで、

グラホバーニャ、ほんっと頼もしーーーっ。

 

 

わたしはこの前、

ちょっとお正月らしく、

鮑のバター炒めに、肝をとろりんちょとからめて、

くつくつとしてきたら、

そこにひとさじのグラホバーニャを投入。

 
f0215324_14401290.jpg


ひっえええええーーーー。

f0215324_14404282.jpg


鮑、肝、バター、グラホバーニャの桃源郷的味のハーモニーが、

もう、奥さん、

美味しすぎて、

卒倒するかと思いました。


f0215324_14410526.jpg

 

またそのソースの中に固めのご飯を入れて、

リゾットにしたら、

あかん、あかんっ。

やばやばやばーーーー。

 

これまた気絶級の美味しさですよ〜。

 
f0215324_14413141.jpg


サザエなどを使ってお家でエスカルゴ風前菜も

これひとつで作れます。

 

ちなみに、

バーニャカウダはイタリアの北部、ピエモンテ州の代表的な郷土料理です。

ピエモンテ語でバーニャが「ソース」、カウダが「熱い」という意味。

 

「フォイョ」と呼ばれる陶器のフォンデュっぽい小鍋をテーブルにおいて、

温めながら、野菜や鶏肉などを食べるスタイル。

 

イタリアでは「冬の鍋料理」として親しまれています。

 

ソースが少なくなると、最後に卵を割りいれてスクランブルエッグにして食べるのも本場流。

 

我が家にはその小鍋がなかったので、

卓上タイプのミニホットプレートを置いて、

その上にグラホバーニャをたらりんちょ。

 
f0215324_14440121.jpg


グラホで人気の玄米ミルクバゲットや

野菜や焼いたお肉やサーモンをのせて、

あっつあつをいただきましたら、

 

もう、楽ちんなのに、

めっちゃレストランみたいな味が楽しめました。

シャンパンにも合うーーーーっ。

 
このグラホバーニャ、

スプーン一杯で、

ほんっとに美味しくなります。

 

まじで、

魔法のソース。

f0215324_14493661.jpeg

 

お料理好きな奥様へのプチギフトにも最高です。

わたしは同じくグラホの大人気オリジナル商品、

にんにくオリーブオイルとのコンビで贈り物にしたいです。

f0215324_14420868.jpg


ちなみに、このにんにくオリーブオイルも

バーニャカウダもグラホの社長が

お家のキッチンで1週間にひと瓶ずつ使い切るそうです。

 
f0215324_14432284.jpg


これでわかるよね。どれだけ美味しいか。

 
f0215324_14444763.jpg


 

えっ?まだ買ってない?

 

えええええええええええええええっ。

 

あり得へんわっ(笑)

 
f0215324_14485014.jpeg


オンラインでは、こちらから買えますよ〜



by madamregina | 2018-01-05 14:36 | Comments(0)

明けましておめでとうございますっ   

2018年 01月 05日
f0215324_13132570.jpeg


f0215324_13185734.jpeg

みなさまー。

元旦いかがお過ごしですか?



わたくしは、

怒涛の師走から気がつけば、

2018年の幕開け〜


大晦日には、

広島三次水産の女社長、

円ちゃんから

凄いトロ箱がどっさり到着っ。


ひっえー。


ふぐ、

渡り蟹

車海老

黒鮑

カラスミ

天然白子はなんとー、

2キロ近くよー。


ふぐ業者の方に

「天然白子、揃えておいてね。

1キロ以上ないといけんよーっ」


と、威嚇(笑)して、

集めてくれたそうです。


もー、その愛に泣けちゃう。


f0215324_13262521.jpeg


f0215324_13271758.jpeg


f0215324_13274972.jpeg

f0215324_13282877.jpeg

カラスミは三次水産オリジナル、

塩分控えめ、

しっとり、

こっくり、

むちゃくちゃ美味しいです!


f0215324_13293319.jpeg


そしてー。

広島黒毛和牛の

シャトーブリアンと

すき焼き用のお肉まで!


f0215324_13310051.jpeg



今井の年越しそばバージョンのうどん寄せで

年越ししました。


f0215324_13340052.jpeg

さて、

今年のおせちは、
大好きなグラホでした。


f0215324_13142850.jpeg

どれを食べてもしみじみ
美味しく、優しい気持ちになれる味。


歴代お節ではじめて

ぜんぶ食べきりました。




お雑煮は、
相方のお母様直伝の鴨だし。
相方が作りました。

京都から取り寄せた合鴨、
祐子ちゃまにいただいた
希少なお米屋さんのお餅ときずし、
ごまめ。

f0215324_13150316.jpeg



円ちゃんから頂いた

渡り蟹に、
いくら。


f0215324_13154214.jpeg

シャンは並べただけ(笑)


私は子持ち数の子を漬けただけ。


これ、大好物なんです。


f0215324_13324050.jpeg

グラホで買った赤葡萄ジュースが

年末から飲んで食べてな、

胃腸のやさしくて、
おいしー。


f0215324_13162272.jpeg



また、年末には

フラワーアーティストの

お友達、よしかちゃんから、

アイロニー仕込みの

センスばつぐんのお花をいただき、

お部屋が一気に華やかに。

f0215324_13195919.jpeg



f0215324_13210865.jpeg

また、Mちゃんからも

とってもラブリーなお花をいただいて、

素敵なお正月となりました。


f0215324_13214080.jpeg


今年もたくさん
ご機嫌なことが起こる予感、満載っ。


そして、

いつも私のブログをご覧くださっている

愛すべきみなさまにも、


素晴らしい年となりますように。



今年もどうぞよろしくお願いいたします。





by madamregina | 2018-01-05 13:09 | Comments(0)

お肌が健やかなら、すべてオッケーよね!   

2017年 12月 29日

f0215324_20155862.jpg



今年もいろいろありました。

いいこともそれほど良くないことも(笑)

いやほんとにいろいろ。

でも最近わたくし、つくづく思うんですけど・・・

ちょっとしたことに腹立てたり、いらついたり、

悩んだり・・

っていうのが

お肌にいっちばん悪いわ、ってこと。

しょうもないことに悩むと、

お肌だけじゃなくって、

目も輝きもどよよーんとするし、

表情筋もだらりんちょ〜。

目の下に熊五郎はできるし、

いいことなしよーーー。

そしてーーーっ、

お肌や顔の調子がいいときって、

少々のことは「どーでもいいわ」と思えるってこともわかりました(笑)

そういう意味で、

先日、ラ・フェットひらまつのビューティランチでもご紹介した

フランスのラグジュアリースキンケアブランド

BRことビオロジックルシュルシュのトリートメントとホームケアを

しっかりしていたら、まず大丈夫よっ。


f0215324_20184441.jpg


f0215324_20192139.jpg

f0215324_12134183.jpeg


BRについては何度もこちらでもご紹介していますが、

まずはサロンでフェイシャルトリートメントを受けて、

セラピストに肌診断してもらうのが先決です。

でもサロンになかなか行けなかったり、

時間が取れないって言う人は、

ソフトピーリングローション

P50Tから使ってみてください。


f0215324_20192139.jpg

これ使いはじめると、

日々、お肌の透明感が増してきて、

垢抜けた肌になるのを実感しますから。

毎朝お肌を触ると、すっべすべになっていくのがわかりますー。

BR

人の肌はいつも同じ状態ではなく、

そのときどき、

さまざまな環境によって瞬間瞬間によって変化する・・というのがコンセプト。

だからずっと同じ製品を使うのではなく、

たとえば冬で乾燥がひどいときには、これ・・

夏で日焼けしたときにはこれ・・というラインがすべて整っています。

まさにオートクチュールフェイシャルの先駆者。

その品質とテクノロジーのレベルがとんでもなく高いんです。

そのときの瞬間肌に着目したケアを提案しているんです。

また、BRは、

ボトックスに変わる

画期的なスキンケアでもあり



世界中のセレブたちが使っているんです。


ちなみに、

お肌の状態が変化したときに備えて、

わたくし、BRのクリームをかなりの種類揃えているんですが、


f0215324_20364179.jpeg


f0215324_20371639.jpeg

現在のお肌は、

ストレスマックスで

乾燥していて・・・・

そして毛穴も開いてたるみがーーーっ、

という状態で・・・ひえーーーーーっ。

そんなお肌に使っているのが、

マスククリームドヴァーニックス。

インテンシブクリームRL

インテンシブクリームアムニオス。


f0215324_20381273.jpeg

マスククリームヴァーニックスは

世界中で売り切れ続出となった

BRでも伝説のクリームです。

お肌のほとんどのトラブルに対応してくれる、

サイッコーの必殺仕事人クリーム。

これがあれば、もう恐いものなし。

インテンシブクリームRL

塗るだけで輝く肌が生まれます。

香りもBRの中でいちばんいい香り〜

でもーーー

いまいっちばんのお気に入りは、

インテンシブクリームアムニオス。


f0215324_20392268.jpeg

インテンシブクリームは集中ケアのクリームなので、

使いはじめたら少なくとも1週間は続けてつけるのがお約束。


それで、効果がぐっと高まるんです。

いやもう、このクリーム使いはじめて、

ほんっとにお肌がぷるん、

つるん、すっべすべ。

自分の指でお肌に触れるたび幸せを感じる

最高のクリームです。

わたしが憧れるのは、

海外のエアポートでファーストクラスラウンジで、

くつろぎながら、

すっぴんなのにやたらとお肌からゴージャスオーラが出ているマダムの輝く肌、

そう、ファーストクラスの肌なんですっ。



そういえば、エア・フランスのParisのファーストクラスラウンジには、

BRのトリートメントが受けられる素敵なサロンもあります。


日本でもBRのトリートメントを

受けられるサロンがいろいろあります。



フォーシーズンズホテル京都の

「ザ・スパ」でもBRも扱っています。


8000年の歴史を誇る名庭「積翠園」を有するフォーシーズンズホテル京都。



この名庭と禅における書画のひとつ「円相」をテーマにしたのが「ザ・スパ」。


こちらでBRの
「フェイシャルメイキングby ビオロジックルシェルシュ」を

ぜひ体験してみてくださいね〜。

ぜひぜひ京都で、美しく。

そして、

わたしはいつも通っている有馬のカーゼオーガニックスパ、

ハイアットリージェンシー東京の

「Joule」は

年末年始もオープンしています。

ぜひ行ってみてくださいね〜。


☆BRのフェイシャルトリートメントを受けられるサロン。


The Day Spa Osaka

〒541-0046
大阪市中央区平野町1-8-14 北浜TDSビルヂング2F
TEL:06-6227-8085
営業時間 11:00〜20:00
定休日 毎週月曜日



The Day Spa Tokyo


〒107-0061
東京都港区北青山3-2-7 青山TDSビル2F
TEL:TEL:03-3470-8881(ご予約・お問合せ)
営業時間 11:00〜20:00(電話予約11:00〜20:00)
定休日:月曜日・火曜日

■SPA & WELLNESS Joule

〒160-0023 東京都新宿区西新宿2-7-2
[ハイアットリージェンシー東京]
TEL:03-3348-1234(ホテル代表)
営業時間 10:00〜22:00


■CAAZE Organic SPA

〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町1304-1 
[有馬グランドホテル(B2F)アクアテラス&スパ]
TEL:078-904-0181 
営業時間 14:00〜22:30(最終受付21:00)




by madamregina | 2017-12-29 20:14 | Comments(0)