カテゴリ:未分類( 264 )   

海外でマストなグラホのおやつ。   

2018年 07月 16日

f0215324_08565405.jpg


アメリカ旅用に
グラホで買ったおかきたち。

どれから食べようか思案中…

もち麦せんべいも
食べたいし、
かきもちもたまらんっ。

京都祐喜のかきもち、
こんなふわっさっくっな
軽いおかき、
いままで食べたことありませんよー。

一口含むと、
香ばしさが弾けて、
もー、とまらないっ。

私はえびあじがいちばん好きなんだけど、
こんぶ塩も、
とうがらしも、
岩塩味も、
みーんな激うまっ。

ビールにめちゃ合います。

JAPANで食べても
美味しいけど
海外で食べる幸せには
かないませんっ。

#グラホ
#グラホのおやつ
#京都祐喜
#ちょうどいい量
#お家で揚げたておかきを食べてるよう

by madamregina | 2018-07-16 08:56 | Comments(0)

Bill Charlap Trio   

2018年 07月 16日
f0215324_08531308.jpg

f0215324_08531692.jpg

f0215324_08532003.jpg

Castle Hotel & Spaにステイしていたとき、
GM のLloyd Nakanoさんに
お連れ頂いた
TarrytownのJazz Forum.


この日のBill Charlap Trioは、
凄い人達でした。


f0215324_08534482.jpg

まず、こちらのBill Charlapさんは、
グラミーも受賞した、
世界的ジャズピアニストで
これまでウィントン・マルサリス、トニー・ベネット、バーブラ・ストライランドなど
そうそうたるアーティストたちと
演奏した実力の持ち主で、
父はブロードウェイミュージカルの作曲家、
母は、有名なシンガーという、
音楽一家に育ち、
3歳からピアノを弾いていたという
天才。

このトリオも、
リンカーンセンターはじめ、
NYのビレッジヴァンガードなど
有名なライブハウスで
人気のトリオでした。

ビルさんのピアノは、
音色に気品と艶があり
流れるような美しさ。

私が愛して止まない
ビル・エバンスを彷彿とさせる
世界観があり、
終始うっとり
聴き惚れていました。


And another jazz legend Kenny Washington !

f0215324_08551061.jpg


I love him.

すばらしーね、いい音楽は。


#kenny washington
#billcharlap 
#billcharaptrio
#jazzlengends
#jazzforum




#billcharlap 
#billcharaptrio
#jazzforum

by madamregina | 2018-07-16 08:51 | Comments(0)

さてー、アメリカ旅遡りますっ   

2018年 07月 16日
f0215324_08362882.jpg



さてー。

旅レポ、
遡りますっ!

-------
NYをあとにして
今日から北へと上がります。

この時期は、
7月4日、July 4thの独立記念日前後の
アメリカ最大のホリデーシーズンに当たり、
民族大移動の巻き( ̄∀ ̄)
95号線、激混みですっ。

ふーっ。

#アメリカニューイングランドの旅
#お盆のような旅シーズン
#まずはボストン目指して

by madamregina | 2018-07-16 08:35 | Comments(0)

アメリカニューイングランドの旅ふたたび   

2018年 07月 01日
f0215324_02171913.jpg

f0215324_02174236.jpg


アメリカ旅、
はじまりました。

いやもう、


JALさんでしたが、
揺れすぎっすよ。

JFKのイミグレはめちゃ混んでるし、
レンタカーピックアップするまでに
もはや1カ月分の疲れがドバーッ。


これからの珍道中、
どうなることやら、
心配です。


まぁ、とにかく無事レンタカーも出来て、
やれやれ。
f0215324_02185577.jpg

f0215324_02190632.jpg

f0215324_02195725.jpg


by madamregina | 2018-07-01 02:13 | Comments(0)

旅とは人生なり   

2018年 06月 24日
f0215324_13025882.jpg


たまーに旅行雑誌などからインタビューを受けると、

「マツザワさんは何のために旅するのですか?」

と聞かれる。

ナンノタメニタビスルノカ…。

うーん。
そうですね。

かつて旅のキーワードがなぜか、
フロリダ・・・・

なんて、こともありました。

当時、ジョークで

リゾートライターなどと名乗っていたりして(恥。ひゃーっ)

パパ・ヘミングウェイの愛したキーウエストにも行きましたよ。

レンタカーかっ飛ばして、
セブンマイルブリッジを渡ってね。

鼓膜が破れそうなほど、
ドやかましい

『スロッピージョー』というパブでは

パパがこよなく愛したパパドーブレを注文。

パパの写真入り悪趣味なトレーナーやクソ重い写真集、

マグカップなどを買い捲ったけれど、

ここではアメックス使えなかったわよ。

そして。

その翌年のわたくしの旅のテーマはカリブ海。

なわけで、
NYからマイアミを経由してバハマまでを巡る3泊4日のクルーズを決行。

しっかし、カリビアンクルーズとは名ばかりで、

船がやたらとデカいことをのぞけば、

どこか瀬戸内海遊覧船にも似ていて・・。

白いエナメルの靴をはいた70歳ぐらいの往年の歌手が

シナトラのメドレーを歌うミラーボールきらめくショーは

もはや白浜温泉の歌謡ショーを彷彿とさせ侘しかった…。

そうよ。

わたしはこのとき、夢破れ、

リゾートライターの名をカリブの海に捨てたのさ。

そんなわたしが、「ナンノタメニタビスルノカ」の答えを見つけたのは、

9月のある、晴れた朝。

アイルランドのダブリンから乗った

ロンドン行きの飛行機の中だった。

このとき、マイケルのコンサートを見たあと、

〜やっぱりしょせんはスターとファン、

千年生きたとしても、彼とつきあうことはできないのね〜・・・と

もう300億回繰り返した、
この問題に突き当たり、
哀しみのズンドコにいたわたし。

そんな失意の中、

追い撃ちをかけるように、
乗ろうとした飛行機が、

なんと!わたしがこの世で最も恐れるプロペラ機 ・・・。

マジかっ⁉️

あ、あまりにもひどいわ。

離陸するときは、
手すりに鷲のようにしがみつき、
わたくしは狭いシートで恐怖に目を閉じておりました。

やがて、機体がふわりと揺れて、
飛び立ち、

朝食がサービスされる気配。

こんなしょぼいプロペラ機で出される食事なんて、

たかがしれてる。

だいいち、食べれないよ。こわくて。

でも、あら?
鼻をくするぐ良い匂い。

我慢出来ず、そっと目をあけると、

小さなプラスティックの容器に

アイルランドが誇るフルブレックファストのミニ版が

かわいく並んでいました。

プリプリにテカったウィンナー、

ふわふわのオムレツ、

トマトやマッシュルームのつけ合わせも

一生懸命料理しました、という感じが出ていました。

それは大手航空会社のファーストクラスなんかでは

絶対出せない心の芯があったまるような味。

そのとき、誰かの手を通して、作られた

あったかい食べものが、人の心を蘇生させ、

恐怖さえも忘れさせてくれるということを実感したのだよ。

ブリティッシュミッドランドの機内食は、

私が生涯食べた中で最も美味しい朝食。

旅とは食べることなり。

そして蘇生することなり。

そう。

旅とは人生なり。

#写真は本文と関係ありませんw
#halekulani 
#orchidsの朝食も最高
#halekulanimomen

by madamregina | 2018-06-24 13:00 | Comments(0)

グラホのピーナッツ冷麺の季節ですよー   

2018年 06月 20日
f0215324_14173633.jpg



今日のお昼は

グラホオリジナルの

ピーナッツ冷麺。




キットの中身は、

麺、

具材(焼き豚、きゅうり、錦糸卵、クラゲ)

タレ。


シンプルです。


f0215324_14181574.jpg


麺を1分湯がいて、


f0215324_14185494.jpg

具材を乗せ、


f0215324_14192070.jpg



タレを回しかけて



f0215324_14194370.jpg


はい!

出来あがり。



f0215324_14200872.jpg


マジー⁉️ こんなに簡単なのに、

むっちゃくちゃ美味しい。


具材のフレッシュさ、

味わい深さに、

ビックリしますよ、奥さん。


焼き豚もきゅうりも錦糸卵も、

お家で作って切ったよう。


コリコリクラゲも

美味しすぎるー。


タレは、

グラホのロングセラー、

搾りたてピーナッツバターを

ベースに、


こっくり、

まったり、

香ばしさに感動です。


正直、

お店で食べるより

ずーっと美味しいよ!


こんなキット、

なかなかないよね。


地震のあと、

なにやら忙しく

ご飯を作る間も惜しい日々。


でも、

作り置きのお弁当や

おかずを食べると

私は余計気持ちがすさんじゃう。


グラホのキットなら、

素材の良さはもちろん

時間は節約出来るし、

手作りの優しさ、

温もりがあるんです。


こんなご飯さえ食べていたら

少々のことでは、

へこたれませんよ!




f0215324_14204778.jpg


#グラホ#芦屋デリ#愛のキット#ピーナッツ冷麺

#さっと買ってパッと出来る

#美味しさは保証付


by madamregina | 2018-06-20 14:16 | Comments(0)

芦屋Cherryのジェラート   

2018年 06月 17日
f0215324_10441273.jpg



芦屋Cherryさんの

ジェラートを

頂きました。


マカダミアンやチョコレートジェラートの上に、

冷凍のチェリーや、

ベリーが乗っかった

とってもお洒落で贅沢なジェラート。


ビジュアルも素敵。


f0215324_11385369.jpg




めちゃ美味しい❤️❤️❤️



パッケージもお洒落ですよね

ピスタチオのジェラートが、

特に美味しかったー。



夏にはうれしい

センスある贈り物。


ありがとうございます。




by madamregina | 2018-06-17 10:41 | Comments(0)

アンチエイジングに強力に効く超絶クリームとパワー美容液!   

2018年 05月 23日
f0215324_21593852.jpg


業界が騒然となった、
話題のビオロジック ルシェルシュの「グランデクリーム」。 

そのパワー、効果はちょっと驚くべきものよ。


遺伝子レベルから開発された、
あらゆるエイジングサインにアプローチする革新的なクリームなんです。

f0215324_22030064.jpeg

使いはじめて、3日目で、
まず目じりのしわ、ほうれい線が薄くなり、
目がちょっと大きくなりましたー。

私の悩みはね、
疲れたときに、
ダラりんちょとなる顎のライン、
そして瞼がブワッと腫れて、
目が極小のタニシみたいになることなんですよー。
きーっ。

食べすぎのときにも浮腫んだ感じになりますな。

でも、このグランデクリームをつけると翌朝は、
キュッとフェイスラインが引き締まり、目がパチっと大きくなり、
肌に張りと輝きが生まれるんです!

凄いよ、その威力。

フランス最古のクリスタルメーカーがひとつひとつ作りあげた容器に、

f0215324_22031858.jpeg


BRのラボで実際使われている器具からインスパイアされて生まれた、メタルのスパチュラ。

f0215324_22033410.jpeg

すべてが別格のクリーム。

そして、いまこのクリームの前に使っているのが、
イギリス生まれの
エレメンタルハーボロジーの美容液、
リプレニッシュブースター インフュージョン。


f0215324_22034924.jpeg

こちらは、
ホリスティック医療の観点から東洋医学から生まれた陰陽の五行から生まれたスキンケアブランド。

すべての製品が
95%以上天然成分由来で作られているので、植物の持つピュアな力で癒され、
ぷるんぷるんのふっくらお肌に
導いてくれますっ。


f0215324_22040264.jpeg

すばらしーよ、その仕事力!

この二つがあれば、
もー、怖いものなしでございます。


f0215324_22001240.jpg


ふがっ。





by madamregina | 2018-05-23 21:57 | Comments(0)

〜セントレジス大阪に再び恋して〜   

2018年 05月 02日


f0215324_14204752.jpg




セントレジス大阪は、

ときどき、素敵な美食の会などでお邪魔していました。

でも、昨日、Champagneガーデンやラ・ベデュータで遊んでいたら(笑)

とっても居心地が良くって、

ついつい長居をしちゃいましたよ。

 

 

いや、こちらのホテル、

わたくしオープン当時に何度か宿泊もして、

ほんとにあのデザインというか、空間が超好みだったんです。


f0215324_14221210.jpg

 

f0215324_14212007.jpg

 



わたしのお友達のホテルラバーの間でも、

とっても評価が高いんです。

 

あの、ホテル界の貴公子、

近藤豪氏が総支配人に就任されてからというもの、

すっかり生まれ変わった感じで、

企画されるイベント、次々と大成功。

 

春からスタートしたBLACKアフタヌーンティー 桜ミックス×バイクロ」も話題で、なかなか予約が取れなかったそうですよ〜奥さんっ。

 

そして、これから夏、秋にかけて、

セントレジス大阪のテーマはNY

 

そんなわけで、先日、

我が心友の円ちゃんと行ってきました〜。

 


f0215324_14232060.jpg

 

緑に囲まれた12階のシャンパンガーデンのテーマも、

NYシャンパンガーデン」。

出されるお料理もトルネードフライドポテトや国産牛のサーロインステーキなど、とっても楽しくて美味しそう。



 

まだオープンしたばかりの午後5時半

真っ青な空、深い緑〜、爽やかな5月の風が吹き抜ける中、

いただくシャンパンはひと際おいしーーーーーっ。


f0215324_14241594.jpg




f0215324_14232486.jpg

 

チェアにゆったり腰掛けて、心地いい風に吹かれていると、

まるでNYSOHOにあるお洒落なルーフトップバーにいる気分になりました〜。



f0215324_14240970.jpg

 

いいわいいわ。


f0215324_14253628.jpg

 

午後7時にはカップルたちでぜんぶお席が埋まっていました〜。

 

シャンパンガーデンのあとは、

久々にLa Vedutaでディナー。

素敵な夜景を眺めながらのお食事って、

やっぱり気分が上がるよね〜。



f0215324_14261800.jpg

 

特に窓の外がプルシャンブルーに染まる、夕暮れは最高の時間。

 

 

f0215324_14262206.jpg

総料理長、ジャンルカ・ヴィサーニが作り出すお料理は、

どれもセンスがよくって繊細で、

ほんとに美味しいーの。



f0215324_14265226.jpg

 

f0215324_14272358.jpg



手長海老のカルパッチョも、

まったりと甘くて、シャンパンに良く合いました。



f0215324_14272538.jpg

 

特にピスタチオとパルメジャーノ、ウニを乗せたパスタに、

円ちゃんと二人して感動!




f0215324_14294317.jpg

 

f0215324_14294741.jpg


デザートのティラミスまでさすがの美味しさでした。


f0215324_14300722.jpg

 

 

また、セントレジス大阪のスタッフのホスピタリティが

素晴らしかった〜。

ゲストを喜ばせたいという気持ちがしみじみ伝わってきて、

 






大切な記念日とかにも使いたい・・と思いました〜。

 

 

ちなみに、

セントレジスといえば、

その発祥は、NYの五番街にたたずむセントレジスNY

 

 

f0215324_14304228.jpg

セントレジスは、ウエスティンホテルやシェラトンなどのホテルブランドを運営する

屈指の米ホテルグループ、

スターウッド・グループの中でも

最上級に位置するホテルです。

 

NYのセントレジスをはじめて訪れたとき、

その気品とかっこいいエレガンスぶりに圧倒されましたっけ。

 

 

セントレジスは、創業者カーネス・アスター氏により、

1904年にNYに生まれた世界の名門ホテルです。

 

ピエールともプラザともペニンシュラとも、

FSやMARK・・・・ともまた違う、

いわゆるアッパークラスの麗しい香り、

そこかしこに立ち込めておりましたっけ~。

 

敷居の高さは100メートル❢(笑)

 

そういえば、かつてセントレジスNYには、

グレン・カッツというスターシェフが仕切る

「レスピナス」というこれまた伝説のフレンチがあり、

こちらもまた眩暈しそうなほどゴージャスでした~。

 

NYの名物レストランクリティク、ゲイル・グリン女史は

このレストランを称して、

 

「離婚を申し込むならここよっ!」

との名言を残したほど。

 

 

 

つまり、これほど夢心地のレストランなら、

離婚話を切り出されても、ヘーキよっ、というわけですね(笑)

 

彼女はまたこんな名言も放っておりますよ。

 

『恋愛もビジネスもすべての誘惑のはじまりはレストランのテーブルから』

 

そしてセントレジスNYといえば、

わたしが愛してやまないヘミングウェイおじさまのNYの常宿で、

マレーネ・デートリッヒやマリリン・モンロー、

サルバトール・ダリ夫妻など、

数多くのセレブリティたちにも愛されてきた別格のホテルなんですね。

 

 

いまでは当たり前のように言われるバトラーサービスの発祥もこちらのホテル。

またカクテルで有名な

「ブラッディ・マリー」が誕生したのもこちらのキングコールバーです。

 

ここがまた目眩するほどかっこいいーー。

 

 

伝統と格式を誇るクラシックなセントレジスNY

大好きですが、

大阪のセントレジスも、

スタイリッシュで格調高いモダンさが、

超素敵。

 

時間とともにどんどん輝いていくホテルなんですね〜。

 

そんなわけで、

セントレジス大阪でしばらくはNY気分を味わいたいと思います。

新感覚のNY Sushi Bar の創作寿司もぜひ行きたいっ。


f0215324_14312873.jpg

 

そして、久々に泊まってゆっくりしたくなりました〜。

 

 

ちなみに、そんないまをときめくセントレジス大阪で、

円ちゃんとわたしの美食の会をすることが決定❢



f0215324_14485819.jpeg

 

いや、これが言いたかった(早く言えよ、って話です。すいません)

 

きゃーーーー。

 

円ちゃん率いる三次水産より、

これまで見たことも食べたこともないような鮑や雲丹・・などわたしが大好物の魚介の王様たち、最高級の食材を使って、

セントレジスの名シェフたちに夢の食卓をクリエイトしていただきます。

 

 

8月の予定です。

 

詳細が決まればまたお知らせしますね〜

 

 

みなさまぜひいらしてくださいねーーー。

 

きゃん♬

 

 

 

 

 


by madamregina | 2018-05-02 14:42 | Comments(0)

うれしすぎた贈り物♡   

2018年 03月 23日
f0215324_13145680.jpg

はーっはーっはーっ。

 

わたくし、

ハワイでスキューバーダイビングのライセンスを取得したわけですが、


f0215324_13155348.jpg

f0215324_13155756.jpg


まず最初に買いたい!と思ったのが、

 

 

ダイブコンピュータ(通称「ダイコン」)でした。

 

これはスキューバーするときにつけるものなんですが、

ダイビング中、

体内に蓄積される窒素量を基に、

減圧停止することなしに、

現在の水深であと何分止まっていられるか(無減圧潜水時間)、

また減圧ダイビングに入った場合の減圧停止深度と時間を、

リアルタイムに計算・表示してくれ、

自分自身の安全を守ってくれる、

欠かすことのできなマストアイテムなんですよね〜。

 

そのデーターは個人によって異なるので、

誰かのを貸して!・・・というわけにはいきません。

 

でも、当たり前ですが、

わたくし、まだまだダイビングに関してはドシロート。

 

どんなダイコンを買えばいいか、悩んでいたところ・・・

 

きゃーーーー。

ある方より、

スキューバーのライセンスを取得したお祝いに・・と、

プレゼントしていただいたのですよーーっ。

 
f0215324_13163817.jpg


そうよ。

その方とは、

わたしにダイビングをすすめてくれた、

Nさんです。

 

彼女はもはやプロ級のダイバーなんですが、

スキューバーダイビングのライセンスなんて、

取れるわけないですっ、

と怖気づくわたしに、

いやいや大丈夫、壱子さんなら取れるよ!

 

と励ましてくれたので、

今回スクールに行く勇気が出たわけですね。

 

 

まあ、かなり、きっつい実習で、

何度もめげそうになりながら、

なんとか合格したわけでありますが・・、

 

そのお祝いに、くださったわけです。

 

もう、その贈り方がまた、

かっこええんですわ。

 

さりげなく、ショッピングバッグを

ポンっと渡してくれたわけですが、

 

 

わたしは何が入ってるのか、

まったく想像もつかず、

いくつかお土産も入っていて、

その中に、

え?

ブラックのBOXが!

 

 

きゃ、

まさか。

もしや・・・

 

とどきどきしながら、

中を開けると、

 

おーまぃーがーーーーー。

 

ダイバーコンピューターじゃないですかあああああああああああっ。

 

 

おいら、もうそれを見た途端、

涙、出ちゃった。

 

地獄の訓練を思い出しながら・・・。

その方の愛を感じながら・・。

 

 

こんな素敵なプレゼントいただけるなんて、

もう、うれしすぎますっ。
f0215324_13170967.jpg


 

早くこれを使いこなせるようにならなきゃね。

 一緒に大好きな紙ブランドの、
カード、

やっぱりモチーフは海。

イタリア産、本場のジェノバソースも頂きました。

f0215324_13183295.jpg

f0215324_13183715.jpg


 

しっかし、わたしのあかんたれ根性や年齢も含めて、

そのへなちょこぶりを誰よりも知っているNさん曰く、

 

「まさか、ほんとにライセンス取れるとは思えへんかったーーー」

 

と言われたときには・・。

 

ぎょえええええええええーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ。

 

 

マジっすかーっ?!

 

いや、でもわたしの

がんばりにエールを贈ってくださったんですよね。

きゃいーん。

ほんっとにありがとうございます!!!

by madamregina | 2018-03-23 13:13 | Comments(0)