カテゴリ:未分類( 255 )   

うれしすぎた贈り物♡   

2018年 03月 23日
f0215324_13145680.jpg

はーっはーっはーっ。

 

わたくし、

ハワイでスキューバーダイビングのライセンスを取得したわけですが、


f0215324_13155348.jpg

f0215324_13155756.jpg


まず最初に買いたい!と思ったのが、

 

 

ダイブコンピュータ(通称「ダイコン」)でした。

 

これはスキューバーするときにつけるものなんですが、

ダイビング中、

体内に蓄積される窒素量を基に、

減圧停止することなしに、

現在の水深であと何分止まっていられるか(無減圧潜水時間)、

また減圧ダイビングに入った場合の減圧停止深度と時間を、

リアルタイムに計算・表示してくれ、

自分自身の安全を守ってくれる、

欠かすことのできなマストアイテムなんですよね〜。

 

そのデーターは個人によって異なるので、

誰かのを貸して!・・・というわけにはいきません。

 

でも、当たり前ですが、

わたくし、まだまだダイビングに関してはドシロート。

 

どんなダイコンを買えばいいか、悩んでいたところ・・・

 

きゃーーーー。

ある方より、

スキューバーのライセンスを取得したお祝いに・・と、

プレゼントしていただいたのですよーーっ。

 
f0215324_13163817.jpg


そうよ。

その方とは、

わたしにダイビングをすすめてくれた、

Nさんです。

 

彼女はもはやプロ級のダイバーなんですが、

スキューバーダイビングのライセンスなんて、

取れるわけないですっ、

と怖気づくわたしに、

いやいや大丈夫、壱子さんなら取れるよ!

 

と励ましてくれたので、

今回スクールに行く勇気が出たわけですね。

 

 

まあ、かなり、きっつい実習で、

何度もめげそうになりながら、

なんとか合格したわけでありますが・・、

 

そのお祝いに、くださったわけです。

 

もう、その贈り方がまた、

かっこええんですわ。

 

さりげなく、ショッピングバッグを

ポンっと渡してくれたわけですが、

 

 

わたしは何が入ってるのか、

まったく想像もつかず、

いくつかお土産も入っていて、

その中に、

え?

ブラックのBOXが!

 

 

きゃ、

まさか。

もしや・・・

 

とどきどきしながら、

中を開けると、

 

おーまぃーがーーーーー。

 

ダイバーコンピューターじゃないですかあああああああああああっ。

 

 

おいら、もうそれを見た途端、

涙、出ちゃった。

 

地獄の訓練を思い出しながら・・・。

その方の愛を感じながら・・。

 

 

こんな素敵なプレゼントいただけるなんて、

もう、うれしすぎますっ。
f0215324_13170967.jpg


 

早くこれを使いこなせるようにならなきゃね。

 一緒に大好きな紙ブランドの、
カード、

やっぱりモチーフは海。

イタリア産、本場のジェノバソースも頂きました。

f0215324_13183295.jpg

f0215324_13183715.jpg


 

しっかし、わたしのあかんたれ根性や年齢も含めて、

そのへなちょこぶりを誰よりも知っているNさん曰く、

 

「まさか、ほんとにライセンス取れるとは思えへんかったーーー」

 

と言われたときには・・。

 

ぎょえええええええええーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ。

 

 

マジっすかーっ?!

 

いや、でもわたしの

がんばりにエールを贈ってくださったんですよね。

きゃいーん。

ほんっとにありがとうございます!!!

by madamregina | 2018-03-23 13:13 | Comments(0)

帰ったらすぐ食べたいグラホご飯!   

2018年 03月 18日


f0215324_07175913.jpg

f0215324_07164892.jpg



ぼーっぼーっぼーっ。

長かった旅も
とうとう明日で終わり。

いや、
まだまだいたい気持ちはあるけど、
ジャパンに帰る楽しみもたくさん。

中でも、
やっぱり、
最高のお楽しみは、
グラホご飯でしょー、奥さん。

わたくしが、
まず、真っ先に買いたいのは、
豚汁キット。

もー、美味しすぎますからね、これは。

他にもネギラーメンキットや、
お魚のポワレキット、
簡単に出来て激うまなキットシリーズは、旅から帰ってすぐ作れる感動の味。
全品制覇したい気分です。

もちろんわが家の食卓のスーパーエース、
ローストビーフは、
マストです。

そしてー!

今回ぜひ買いたいと思っているのが、

グラホで人気の直火焼の焼豚よーっ。

f0215324_07171468.jpg

お友達が食べて、
気絶しそうになるほど
美味しかった!
と、聞いて以来、
ハワイで毎日、
食べる妄想してました。

この焼き豚は、
そんじょそこらの焼き豚とはちゃいます。

生の国産豚肉ももを、
丁寧に下処理をしたのち、
1週間秘伝のタレに漬け込み、焼豚用に作られた専用のドラム缶の中で、
約3時間じ~っくり直火で焼き上げるんです。

f0215324_07173581.jpg


グラホの安全基準にもパスした焼き豚だから、
勿論一般的な焼豚に使われている発色剤や保存料は使用してません。

真空パックにスライスされているので、
そのままラーメンのトッピングや、刻んで冷麺にも!
サンドイッチのフィリングにもめちゃくちゃおすすめです。

グラホのバイヤーさんに伺ったところ、

実際に現場まで見に行かれたそうですが、
わずか4人程の少人数で作られていて、
実に手間のかかる事をされていたそう。
焼き豚愛に満ちた工場だったと。

グラホの社長はじめ、
味にも大変厳しいバイヤーさんたちが全員口を揃えて、

「そりゃ、美味しいはず!」
と、納得された逸品です。

もちろん、
ビールのアテに、
そのもま食べても激うまですが、
わたしは
出来たての味わいに近くなるよう、
湯煎して脂身を温めてから食べたいっ。

間違いなく、
卒倒級の
脂身の口どけが楽しめるはず!

f0215324_07182975.jpg


いやもう、こうして書いているだけで、
芳醇なる香りがしてきそう。

わーん。
生唾ごっくん。

早く食べたいよーっ。

by madamregina | 2018-03-18 07:05 | Comments(0)

スキューバダイビングって…   

2018年 03月 16日
f0215324_11540438.jpg


はーっはーっはーっ。
今回のハワイは、
いつものように、
ハレクラニのプールサイドでぼーっとしているだけではございません。

わたくし、
一念発起して、
スキューバダイビングのライセンスを取得するため、
講義を受けてました。


いや、マジで、
はじめての海洋実習のときは、
おら、死ぬ…と思いました。

なんせ、
ボンベ激重。
ウェットスーツ着るだけで四苦八苦。
フィンが邪魔(笑)。
水中恐い。
海水が目に入るのいや。
鼻に入るのもっといや。
海の中で息できるのが信じられない。
マスクの水抜き死ぬ思い…。

そしてー。
何よりいまのハワイ、寒すぎー。

途中で何度もトンズラしよと思いましたが、
インストラクターの
エリさんが、

壱子さん、あと一歩で出来ますよ。
絶対大丈夫…

と何度も励ましてくださって
なんとか2日のカリキュラムは
やり遂げました。


わたしはマスクの脱着が
いちばん、苦手です。

それを克服しないことには、
目指すライセンスは取れません。

しかし…
なぜにダイビング?
なわけですが、
大好きなお友達が
一緒に潜ろうよ!
と、言ってくれたのがきっかけ。

写真はエリさん。
彼女がいなければ、
やめてました。

ありがとう、エリさん。


続く〜

by madamregina | 2018-03-16 11:52 | Comments(0)

ハワイでも、やっぱりグラホご飯   

2018年 03月 14日


f0215324_12161187.jpeg



いやもう、

このハワイの寒さ、

3月と言うのに、

どない?


ハワイ在住の方曰く、

3月でこれほど寒いのは、

30年ぶりだそう。


お天気も微妙で、

正直、

やっぱりハワイは青空がなきゃね。


でも、

NYでも雪が降ってるっていうし、

世界的な異常気象かも。


で、

こんなに寒いと、

やっぱり食べたくなるのは、

グラホで買った

開花亭にゅうめんだろー!


f0215324_12170087.jpeg


今回実は6個持ってきましたよ。


今井の七味も持参。


f0215324_12221016.jpeg


このにゅうめんは、

JAPANでも、もちろん普通に頂いておりますが、

海外で、いただくと、

マジで、そのおいしさのあまり、

気絶しそうになるほど、

感激しちゃう。



熱湯を注ぐだけで、

ここまで美味しいにゅうめん、

こりゃもう、事件です、奥さん!


f0215324_12175019.jpeg


まずは、

梅とろろから、頂きまーす。


これだけ、入っています。




f0215324_12183161.jpeg


こちら、

小豆島の「島の光」から作ったこだわりの乾燥にゅうめんだから、


お湯でもどすと、

もっちもち、シッコシコ。



そして、

ツルッツルと喉越しよすぎるにゅうめんに早変わり。


f0215324_12195665.jpeg


そーしてー。


醤油とかつおベースのお出汁が、

あかん。

美味しすぎて!


わかめもたっぷり。

身体にもやさしい。




ほんのり効かせたみりんの優しい甘さにも、

わたくし毎回咽び泣きます、

特に、異国の地では(ハワイで大袈裟)。



いやぁ、

マジでマジで

おいしすぎますわ、このにゅうめん。


f0215324_12210940.jpeg



お出汁も一滴残さず、

ペロリと頂きましたよ。



開花亭のこのにゅうめん、

「きのこ生姜」と「梅とろろ」の2種類があります。


そのへんのお店で頂くより、

ずっとずっと本格派。


わたしは、

正直いままで食べたにゅうめんの中で

いちばん美味しい!

と、言わせて頂きますよ。


まだ食べたことない?

あかんわ、それ。

まぁ、騙されたと思って食べてみて!



by madamregina | 2018-03-14 12:09 | Comments(0)

今年最初のHalekulaniへ。   

2018年 03月 04日


f0215324_05460380.jpg


ハワイに来とります。

つーか、

今回もハレクラニオンリーな

18日間ですが…




いや、しかし。

相変わらずの疾風怒濤な日々で、

出発ギリギリまで企画書書いて、

空港ついてからも、

ラウンジで、メール処理。


f0215324_05470449.jpg


しっかし、

デルタコ、

揺れすぎだろー(怒)


あやうく、

心臓止まるかと思うほどのタービュランス。


ザルさんでは、

こんなこと、

めったにありませんよ。


パイロットからの、

アナウンスも一切ないし、

こちとら、キョーフの突き当たりっ。


ビジネスなのに、

シートも狭いし、

ま、今回マイルだったので

あまり文句は言えませんが…


f0215324_05475500.jpg


さらに機内温度もちゃんと調整してくれたし、

サービスはだいぶ良くなりました。


でも、あんな揺れたらあかんわ。


シロート考えで、

申し訳ないですが、

デルタコさん、

例えば、

揺れそうな雲があっても、

おっし、突っ切たろう…


とか、

または、高度や空路がザルさんとは、

違うんじゃないか…とさえ

思える、

盛大な揺れでした。

いや、あくまで妄想ですけど、


頼みますよ、ほんと!


しかし…天国の館に来ましたら、

すっかり癒されました。


f0215324_05502880.jpg


しかしー。

プールスタッフのみなさんに、

再会すると、

いきなり、

白っ!と言われますたー。

早く焼きを入れねばっ。


f0215324_05535425.jpg



今回は、Mustang.

前回はカマロで、

フォローを開けるのも

閉めるのも時間かかりましたが、


やっぱり、ムスタングの方が快適だす。


f0215324_05582756.jpeg



そんなわけで、

これから18日間、

どんな珍道中になりますやら(〃ω〃)





by madamregina | 2018-03-04 05:43 | Comments(0)

凄すぎるぞ!究極の日本蜂蜜。    

2018年 02月 25日


 

f0215324_12540482.jpeg


グラホでとんでもないはちみつを見つけました。

 

日本蜜蜂の百花はちみつです。


 

現在日本で販売されているはちみつの93%は海外モノで、

そのほとんどが中国産。

 

国産と呼ばれるのはわずか7%です。

さらに、その国産と呼ばれるはちみつも、

99%は西洋蜜蜂のもので

純粋な、いわゆる江戸時代から日本に住む

日本蜜蜂のはちみつは1%にも満たないと言われているんですよ〜。

 

なぜそんなに少なくなったの?

というと

蜂は、環境変化に最も敏感で、

すぐに住みかを変えます。

それで放置された巣に巣虫が発生して、

スズメバチに襲われるのも原因のひとつ。

 

それに比べ西洋蜜蜂は変化に動じず採取量も多い為、

明治時代からはちみつ作りには

西洋蜜蜂が使われていたそうです。

 

 

純粋の日本はちみつは非常に希少で、

値段も高いのはみなさん、ご存知ですよね。

 

でもそれだけの価値があります!

 

だって、純粋な、にほん蜂蜜の栄養価は、

世界一!と言われているんです。

 

最近様々な学術論文などでも、そのことが証明されてきました。

 

西洋蜜蜂と日本蜜蜂では、

まず蜜を採取する花が異なり、

日本蜜蜂は人工的に植えた花や

家庭の庭の近辺の花にはほとんど近づかないそう。

 

自然の山奥に入り自然に咲く山の花を蜜源としています。

 

また、西洋蜜蜂に比べると、

日本蜜蜂は蜜を吸う密管が短いため、

花に潜って最高の蜜だけを採取します。

 

だから効率も悪い。

まさにそこには凝縮された蜂蜜のみが抽出され、

 

だから希少で貴重なんですね。

 

そんな中でも、

グラホに入荷した、このとんでもないはちみつは、

蜂の花の蜜の採取方法が独特で、

かなり多種に渡って採取するので

一般的な百花はちみつよりも

蜜の種類が多く香りも違って、

また持っている酵素も多い事から

滋養分も豊富とされています。

 

ちなみに、この日本蜜蜂のはちみつを端正こめて作っておられるのは、

9人の生産者で結成された但馬地蜂会さん。

 

餌(水飴)も与えず、

遠心分離器も使わず、

未加熱のはちみつなので栄養素、酵素がたっぷりつまっています。

そして、味わいも香りもピカイチ!

 

一年で、たった
 100
本限定!

お値段は、120g2000円。

なんと、巣箱のシリアルナンバー入りよ。



f0215324_12581714.jpeg

 

これ、関係者の間では、

安すぎる・・・と言われているほどです。

 

買うならいまだーーーーっ。

 

わたしは10個買いますよーーーーっ。

 

これまでマヌカハニーを買い続けておりましたが、

この日本はちみつは、

マヌカよりも

栄養価、そして抗菌作用が優れていると言われています。

 

またずっと昔からわたしたちの祖先が食べ続けてきた

にほんはちみつの方が、

わたしたち日本人にはその効果がさらに発揮されるというもの。

 

 

わたしはいつも朝起きたとき、

そして寝る前に、スプーン一杯のはちみつをなめています。

 

これだけで胃腸の調子もよく、

風邪をひきにくくなりました。

 

 

そして、このはちみつは、

お友達への贈り物にも最高。

 

 

最近赤ちゃんが出来たお友達に。

そしてよく風邪を引くAちゃんに。

 

 

美容にもいいはちみつ。

 

もう、いいことづくめ。

こんな完全無敵なはちみつが、

2000円で手に入るなんて!

 

買うしかないですね、奥さん!

 

 

 

 


by madamregina | 2018-02-25 12:49 | Comments(0)

2018蟹の旅@西村屋本館   

2018年 02月 19日


f0215324_12002148.jpeg



f0215324_12010146.jpeg



f0215324_12020226.jpeg



 もうすぐそこに春の訪れを感じつ今日このごろ。

 

でもーーーーーっ。

 

美味しい松葉ガニはまだまだ食べれますわよっ。

 

 

わたくし、毎年、「ずわい蟹解禁!」のニュースを聞くと、

 

いてもたってもいられませんっ。

 

 

 

そしてーー。

蟹とくれば、温泉ですやん。

 

となると、関西の人にとっては、

 

やっぱ城崎温泉ですー。

 

城崎とくればーーーーっ、わたしにとっては、

 

もう 

『西村屋本館』以外、ございませんっ(きっぱり)

 

ま、丹後あたりもありますが、

 

ほら、間人のセレブなあいつとかね。

 

でもお宿の歴史、格式、

 

そして海外の人をも魅了する素晴らしいホスピタリティ、

それら、総合点で考えますと、

西村屋本館を上回るところはありませんっ。



f0215324_12034437.jpeg


f0215324_12030541.jpeg

 

 

 

西村屋本館は、150年以上の歴史を持つ、

 

日本でも屈指の名旅館です。


f0215324_12043038.jpeg

 

毎年、蟹のシーズンには1〜2回は訪れております。

 

 

 

そしてーー。

今年は先月、伺いましたよっ。

 

 

f0215324_12052568.jpeg

 

f0215324_12061465.jpeg


松葉蟹とひとくちにいっても、

いろいろです。

 

でも、

西村屋さんのカニは地元の津居山か柴山で上がった活けものしか出されません。

 

そして、

西村屋本館の先代はじめ、一族の方々は

地域への、

有償無償の並々ならない貢献を続けてこられました。

 

おそらく地域の人々にとって、西村屋の存在は、

神様のようなもの。

 

だからそこに卸される蟹は、

どこよりも一級品であるはずです。

 

こちらでいただく松葉ガニは、

それはもうーーーーー

神のごとく美味しいっ。

 

でも、今回改めて感じたのは、

西村屋本館の建築、空間、日本庭園の

素晴らしさです。



 

いつも露天風呂があるお部屋に泊まるんですが、

よく手入れされ、苔むした見事な日本庭園を独り占めしながら

お風呂に入るひとときは、

何にも勝る贅沢・・・だと再確認しました。


f0215324_12075103.jpeg





そして。

もう何十年も前からこちらに寄せて頂いているのですが、

エントランスも、

客室も、

日本庭園も、

そしておもてなしも、

なにひとつかわらない。


それは決して進化していないのではなく、

この凄い文化遺産の建物を維持するだけでも

それはもう大変な時間と費用がかかると思います。


また廊下ひとつとっても、

磨き上げられ、歳月の重みを感じさせます。


f0215324_12094740.jpeg



f0215324_12084240.jpeg


昨年からルレ・エ・シャトーのメンバーにも加盟して、

ますますパワーアップされましたが、

その核となる日本旅館を代表するおもてなしの精神は

ずっとずっと昔から変わることがありません。



 

ここに来ると、

ただ、ずっとお部屋にいるだけで、

日頃のストレスや疲れがほどけていくのがわかります。



f0215324_12110564.jpeg

 



f0215324_12144030.jpeg


本館には素晴らしい温泉があるので、

そこにもつかりますよ〜。


f0215324_12120224.jpeg

 


f0215324_12124109.jpeg


もうーーー夕食前にすでに温泉三昧。

 

城崎の泉質はほんとに良くて、

一度入っただけで、お肌がつるんつるん。

ボディローションもセラムもいらない

天然の潤いに包まれるます。

 

のんびり温泉につかったあとは、

きゃーーーー。

待ちに待った蟹三昧の夕食です。



f0215324_12151610.jpeg

 

蟹をメインにした会席コースもありますが、

わたしはいつも、

活蟹づくし、コース。



 

なんと、大きな松葉ガニがひとり2杯ずつつく!

という、

まさに蟹、蟹、蟹!!!の贅沢フルコースです。


f0215324_12155898.jpeg

 

まずはお刺身から。



f0215324_12163269.jpeg

 

ぷりんぷりんのツルンツルンです。

 

この上品なほのかな甘みは松葉がに特有のもの。

 

そしてーーーー。

 

きゃーーー。

みそーっーーーっ。

 

生よっ。


f0215324_12185960.jpeg

 

たまらんっ。



f0215324_12200203.jpeg

 

ぐびーっ。


f0215324_12230543.jpeg



f0215324_12204656.jpeg

 

上海蟹もめちゃ好きだけど、

 

渡り蟹もとにかく好きだけど、

 

これを食べると、

 

やっぱり松葉よね~

 

王者の蟹よね〜

 

と思えてくる美味しさです。



 

そうこうしているうちに、

 

西村屋さんオリジナルの蟹の甲羅酒が出てきて、

 

これを一口いただければ、もううう天国だわ。

 

炭で丁寧に焼いた蟹の甲羅を、

 

ジュっと熱燗に入れた蟹の甲羅酒はふぐのヒレ酒のカニ甲羅版。

 

香ばしくて、少し甘くて、いくらでも飲めてしまう。

 

 

ちなみに西村屋さんのゆでがには絶品です。

 

絶品すぎてくらくらします。


f0215324_12240784.jpeg

 

 

待望のゆでカニ。


でっかいです。



f0215324_12174118.jpeg

 

 

 

 

足をさっそくいただきます。

 

ひえええええええ。

 

なんて甘いの、なんて美味しいのっ?!

 

もう筆舌には尽くしがたい。

 

なんともいえない蟹の旨みがびっしりとつまってて、

 

 

一生食べ続けていたい味だ。

 

そういいながら、

無言で足を食べ続け、

 

胴体を食べ続け、

 

そして最後はおいらがこの世で最も愛するミソの桃源郷へ。

 

 

f0215324_12250407.jpeg

 

ちなみに、

以前TVで、かに漁に行く猟師さんたちが、

 

良いカニの見分け方というのを話しておられました。

 

「ミソに白い米粒みたいなのが入ってるのが良いかに」

 

とのこと。その白いものの正体は白子だそうです。

 

この日のみそには入ってました。びっしりと白子が・・。

 

で、このつぎはおいらが最も好きな

(ってそれが多すぎるな)焼きがにであります。

 

 

目の前の備長炭でさっとあぶってくれます。

 

f0215324_12255631.jpeg

 

 


f0215324_12264596.jpeg

 

f0215324_12275853.jpeg



焼きあげた味噌も、ひえええええーっ。卒倒。

 

 

f0215324_12284236.jpeg

 

 

f0215324_12292598.jpeg




焼きが二・・・・それは、

 

松葉がにの美味しさを最高に引き出す料理法ではあるまいか。

 

爪のところもうまいね~。

 

もはや恍惚なる状態でこの時点で、カニ腹12分目。

 

ああ、これからまだ、かにすき、

ぞうすいまで食べなければならんのだよ。

 

 

・・・といいつつ、この夜は極上の松葉ガニを飽きるほど食べながら、

 


f0215324_12300032.jpeg

 


f0215324_12303940.jpeg



f0215324_12312604.jpeg


そのあとは、温泉に入って、お肌つるんつるん。

 

 

人生で、

これ以上の幸せがあるでしょうかっ?

 

 

こうして、カニと格闘していると、

 

昨年あったつらかったこと、苦しかったこと、悲しかったこと、

 

いやなことはぜーんぶ吹っ飛びますっ。

 

 

 

西村屋本館、カニ効果絶大。

 

蟹のシーズまであとわずか。

 

みなさま、

 

ぜひぜひ行かれてくださいませ。

 

 

西村屋本館の蟹を食べずして、

なんのための人生よっ!

 

なんでありますっ。

 

 

ふがっ。

 


by madamregina | 2018-02-19 11:57 | Comments(0)

Michael Ball 初来日!   

2018年 02月 17日
f0215324_00102249.jpg


昨年の夏、

突如発表された

我らがMichael BallとAlfie Boeの

初来日コンサート!


という、ショーゲキ、

いや激震のニュース!


ほんとにそんなすっごいコンサートが

日本で実現するんだろうか…


と、信じられない気持ちの方が強かったんですが、



f0215324_00111348.jpg



はい!


2月10日から12日の3日間、

東京、シアターオーブで

ちゃんと開催されたんですよ、奥さん。


そして、

もっちろん、

東京行きましたよ。


f0215324_00122253.jpg


いつもは、Michaelに会うため、

グレートブリテンに上陸していたおいら。


東京なんて、

お茶のこよ。



でー、

疾風怒濤2泊3日の、

東京Michael狂想曲!


ぼーっぼーっぼーっ


真っ只中には、

FBにも
インスタにも、アップする
時間の余裕も
心の余裕もなく、
ひたすら駆け抜けた3日間でした。


海外からのファンも

イギリスから、
オーストラリアから、
ドイツから
チャイナから、
アメリカから、
世界中から駆けつけた、
MichaelとAlfieのコンサート。


f0215324_00131155.jpg

わたくし、3日間すべて、
最前列魂席。


f0215324_00133948.jpg


きゃー。


f0215324_00142348.jpg



ひたすら、素晴らしかったー。

しかし、
ステージドアでは
いつものように、
心の振り子は、
目盛り振り切って
上よ、下よの乱高下。

f0215324_00151210.jpg


ひっさびさの
超高速ジェットコースター。

いや、死ぬかと思った。

熱も出ました。



でも、
わたしをこれだけ
掻き乱す男は、
この人以外いないんですよね。



そんなわたしを
あたたかく、
見守り、
一緒にコンサートを、観て、
サポートしてくれた
ゆりちゃん。
祐子ちゃま。
桂子ちゃん。
円ちゃん。

そして、
応援してくれた
アコちゃん。

ほんとにありがとうございました!



f0215324_00155631.jpg

記念すべきMichaelの
初来日コンサート。
今回は、
スケジュールもハードで、
インタビューも叶いませんでした。

しかし…
厳重なるステージドア規制の中、
こんな写真も撮れてしあわせ。

わしの、顔はボロンチョですが、
Michaelは最高の笑顔。

きゃーん♬

f0215324_00163666.jpg


f0215324_00170095.jpg



by madamregina | 2018-02-17 00:01 | Comments(0)

朝ご飯の定番 絶品鮭フレーク   

2018年 02月 15日

f0215324_15032240.jpg

f0215324_15032548.jpg



我が家の朝ご飯、
グラホ3兄弟。

明太子 青
鮭明太

そしてー。

最近仲間入りした、
鮭フレーク。
これが、おいしーんです。


f0215324_15040479.jpg


紅鮭と
キングサーモンの2種類があるんですが、
私は脂がのった
キングサーモンの方が
圧倒的に好きなんですー。

いままで朝食には、
加島屋の鮭を食べたりしてましたが、

もう、
いまでは
グラホのこの鮭フレークなしでは
あきません。

ほんとに美味しいキングサーモンを
焼いてすぐに手でほぐし、
瓶詰めされているから、
焼きたてのフレッシュ感が、
たまりませんっ。

ほのかな塩味も、
超好み。

冷蔵庫から出せば、
すぐに食べれるのも
うれしーよね。

あつあつご飯に乗っけて、
焼き海苔で包んで頂けば、
きゃーっ。

ほんまにほんまに
美味しーよ。


f0215324_15063690.jpg


by madamregina | 2018-02-15 15:02 | Comments(0)

マリベル 100ピースのレッドBOXは最高のバレンタインの贈り物だ!   

2018年 01月 26日

f0215324_12483997.jpeg

みなさま、
いよいよバレンタインデーの季節ですね!

いやあ、わたくしは、もうーーーー
大変なんですよ(笑)

ま、みなさま
興味ないと思いますが、
ほら、イギリスの大スター
MichealBallが初来日するのが
ちょうどバレンタインの間際(笑)

こりゃもう、飛び切りのチョコレートをプレゼントしなきゃ!
ということで、

飛び切りのチョコレートといえば、
マリベルだろうーーーーーーー。

昨年はNYのマリベルにも行きました。

f0215324_12500903.jpeg

f0215324_12510496.jpeg


オーナーでショコラティエのマリベルさんにもお会いできて、
f0215324_12514527.jpeg


またブルックリンにある工場まで見学させてもらい、

f0215324_12524465.jpeg
f0215324_12532209.jpeg


そこでガナッシュはじめ
それぞれの製品がひとつひとつ手作りで、

f0215324_12540551.jpeg
どれだけ丁寧に作られているかを
目の当たりにして、

f0215324_12550567.jpeg


f0215324_12544042.jpeg

マリベルがどうして世界中でこれだけの人気があるのか
再確認出来たんですよね。


マリベルは、
チョコレートに繊細なトレースを施した
第一人者です。
ひとつひとつ丁寧に描かれたイラストには、
すべてストーリーと
マリベルさんご本人が書いたポエムがあります。

マリベルさんはおっしゃっていました。
「最初わたしがNYでカラフルなデザインのガナッシュを発表したとき、こんな鮮やかすぎる色!とか、
いろいろ言われたのよ(笑)でもいまでは
みなさん、カラフルにされてますよね」

手作業でプリントされたマリベルの
メッセージイラストは、
いまや世界中に知られる
お洒落でおいしいガナッシュとなりました。

f0215324_13005648.jpeg

マリベルのガナッシュに使われる
バナナ、パッションフルーツ、ラムレーズン、レモン、
などのフルーツ、
またラベンダーや、ジンジャー、シナモンなども、
フレーバーに使う香りはすべて有機栽培で育った生のフルーツやハーブから抽出して作られています。


これって、他のどんな高級なチョコレートブランドもなかなか出来ない、
贅沢このうえない
マリベルならではのこだわり。

そして、
近年またチョコレートに含まれるポリフェノールの効果が注目を浴びてきていますよね。

最近、話題の本『医者が教える食事術〜最強の教科書〜』
にも、
チョコレートの効能について書かれています。

チョコレートの原料であるカカオはポリフェノールの塊。
非情に強い抗酸化作用を持っていて、
なんと世界1位、2位を誇る長寿の方は二人共チョコレートが大好物だったとか。

でも、
カカオは高価なので、
値段が安いチョコレートのほとんどは
カカオがほんの少ししか入っていません。

残りは糖質、脂質・・なんです。


だからチョコレートを食べると太るとか、吹き出物ができる・・って言われてたんですね〜

でも、マリベルの上質なカカオが配合された、
チョコレートならそんな心配はいっさい無用。

f0215324_13020471.jpeg

それどころか、
最高のスーパーヘルシーフードなんです。


そして、カカオは脳にもすごくいいんです。

だからか、
マリベルのNY店にはかのスティーブ・ジョブズが毎日やってきて、
カカオ成分がぎっしりつまった苦〜い、
ホットチョコレートを
飲んでいたとか。


f0215324_13042418.jpeg

f0215324_13032907.jpeg

マリベルはハリウッドセレブたちが
大好きなチョコレートとしても知られていますが、
とにかく、一粒口に含むだけで、
もうーーーーヘブン。

その美味しさといったら!

そして何より、
なんて素敵なビジュアル。

ちなみにマリベルには
色とりどりのガナッシュが100ピースつまった、
スペシャルボックスがあるのをご存知でしたか?

f0215324_13051316.jpeg

その名もレッドBOX。


このボックスは日本の芸能人や歌舞伎関係、
タカラヅカ関係の人たちにも
大人気だとか。

そりゃそうだ!
高価なマリベルのガナッシュが
100ピースも!!!


f0215324_13064482.jpeg

そりゃもう、
最高のサプライズギフトよね。

うーん。
やっぱりMichealの楽屋見舞いにもぴったりだわ〜(笑)


f0215324_13054530.jpeg

バレンタインにこんなゴージャスな
ガナッシュを頂いたら、
感動の嵐です。

お値段は45,360円(税込み)

こちらのオンラインからも買えますよ。


同性でも異性でも、
もー、恋しちゃいますよね。

もちろん、
マリベルのガナッシュは
他にも2個入りから、いろいろサイズが用意されています。
バレンタインにぴったりの
ラブリーなBOXも素敵!

そんなわけで、
今年のバレンタインは自分にも、
お友達にも
そしてちょっと気になるあの方にも、
やっぱりマリベルじゃない?

f0215324_13081659.jpeg


f0215324_13085582.jpeg

by madamregina | 2018-01-26 12:43 | Comments(0)