カテゴリ:Diary( 608 )   

父のトロ丼   

2014年 07月 24日

こんな時間にものすごーくお腹が空いてきて、


そしたら、

ある方がFacebookで、

某お鮨屋さんの、

鯨の尾の身の写真をUPされていて、

もう、たまらんっっ!と、

思い出したのが父のトロ丼のこと。


いまは亡き父が、お正月、おせちに飽きた頃、

良く作ってくれたのが、トロ丼であります。

普段、台所なんかには、ぜったい立たない父でしたが、

トロ丼のときだけは別。

黒門市場とかで買ってきた、

こだわりの大トロを贅沢にのせた、

あっつあつのトロ丼を作ってくれて、

ええ焼き海苔もパラパラっとのせて、

それは、もう陶然とする美味しさでありました。

トロが鯨の尾の身になることもあったけど、

子供ながら、わたしはこっちのほうが好きでした。

父は食い道楽な人だったので、

(ま、総じて道楽な人生でしたがw)

いまも時々美味しいものを食べると

「これ、パパに食べさせてあげたい」と思います。

亡くなる前、ほとんど固形物は受け付けず、

点滴に頼っていた父が、

「美味しいてっちりが食べたい」と言った時に、

「パパ、いまはそんなこと言ってる場合ちゃうよ。

フグの身なんて今のパパの喉には通らないよ」と戒め

食べさせてあげなかったことを一生後悔すると思います。

そのせいか、ご飯を食べているときに限って、

一年に数回ほど、父を思ってちょっとだけ泣くおいらは、

ほんまに親不孝娘で、ごめんなさい。

パパは怒ってないかな?

by madamregina | 2014-07-24 23:52 | Diary

アン・ミカさん   

2014年 07月 17日
久々に

「徹子の部屋」を見たら、

アン・ミカさん。

わたしの友人はアン・ミカさんとお友達・・・という人が多いけど、

私は直接存じ上げません。

でも、改めて、徹子さんとお話されるアン・ミカさん、

拝見していたら、

もう、その受け答え、間の取り方、

徹子さんへの配慮、もちろん話の内容も言葉の選び方も含めて、

すっばらしーーーーーー。

ずっと徹子さんの目を見ながら、

いま、お話をさせて頂いているこの時間をとても大切に思っています・・

というお気持ちが出ています。

ときどき人とお話してるのに、

目がキョロキョロとか、

あっちこっちと向いたりして、

落ち着きのない人がいて、

そういう時は、

なんか、

わたしとお話しているこの時間を、

大事に思ってくれてないのかなぁと

寂しくなったりするよね。

わたしも、気をつけなきゃ(>_<)

アン・ミカさん、

人との接し方、お喋りの感じ、

とってもお勉強になりました。



いやああ、それにしても。


4畳半で7人家族。

極貧生活から最高の幸せをつかんだというアン・ミカさん。

超セレブな方とご結婚もされて、もう、幸せMAX。

これも、ご先祖さまが決めてくださった、お相手だとおっしゃるミカさん。

素敵ーーーーー。

もう、その美しさ、ハンパないですね〜。

ときどきテレビがUPにする、

素足も絹のようになめらかなお肌で、

鍛え上げた美しさ。

二の腕もチョ~ビューティフル。

ワークアウトも毎日されているだろう、きれいな筋肉。

ああーーーーー

最近、ジョグもさぼってるわし。

あかんあかん。



アン・ミカさんのように口角上げて、

ジョグもがんばるーーー。



ふがーーーっ。

by madamregina | 2014-07-17 12:29 | Diary

長渕剛(えっ?)   

2014年 07月 13日




とりあえず、

あっつくるしい人だと思ってました(笑)

そして、限りなく遠い人(というより、まったく興味ないというか・・・w)


でも、汗にまみれて熱唱する姿は、

なんとなく、肉体労働者のそれで、
(いえ、ほんとはすっごい知性のある人だとおもいますが・・)

見てはいけないものを見ているような・・・w.

夜店の屋台で、

筋肉モリモリの二の腕出した、
ランニングのお兄ちゃんみたいな、感じで(笑)

実は心秘かに、
工事現場にいる大工さんが
働く姿とかが好きな私は、

なんとなーく気になりながらも、

唄が微妙に好きなテイストじゃなく(笑)

ひとことで言って、

泥臭い、というか、

クサいっていうか(ごみん)

と、思ってた。

でも、今日テレビでインタビューを見て、

やっぱり凄い人だなぁと思ったわ。

あれだけ真っ向から、

普通の人なら、

クサいと思えることを、

がんがん語れる長渕剛、すっげー。



ええかっこして、

あったまいいことばっかり言いながら、

行動はどうよ?

みたいなインテリより、

本物だと思いました。
(いや頭で計算してるかもしれないけど)


話、ちょっと変わりますが、

以前、山田詠美がエッセイか何かで、

こんな風なこと書いてましたっけ。

『何でも「クサい」って、
いい格好して、逃げてたら、
大事なこと、見失うよ。
クサいことにこそ、真実がある』



確かに。

クサイことをまっすぐ言える、カッコ悪さも大切だね。


いや、長渕剛、

一回ぐらい、コンサート観に行きたくなったよ(笑)


長渕剛オフィシャルサイト</b>

by madamregina | 2014-07-13 22:20 | Diary

日曜日の心斎橋   

2014年 06月 09日
日曜日の心斎橋_f0215324_218649.jpg





先週の日曜日、

150年ぶり(笑)に心斎橋に行きました

そしたら!


目指す場所は、CHANEL。

しかしーーーっ。

日曜日のCHANELは
オープンが12時からでしたわ。

いや、NYやParisみたいに
なってきたやん。

で、ティファニーさんに、
立ち寄りました。


日曜日の心斎橋_f0215324_218779.jpg


でもこちらでも、

目的のカードケースはすでに販売終了になってるとのこと。

ふがーーー。


で、ランチはひとりで、

200万年ぶりに、心斎橋のにしや。



まだあるかどうか、不安でしたが、

健在でした。よかったー。


店内まったく昔とほとんど変わらず。

日曜日の心斎橋_f0215324_2181057.jpg



さらに、日曜日ににしやを目指す人、多し。

めっちゃ混んでます。

昔は、ここではすき焼き御膳が、定番でしたが、

もう、食べたいものが多すぎて、
頭ぐるぐるになりながら

結局、ねぎとろ巻きと天ざるセットに
しましたぁ。


日曜日の心斎橋_f0215324_21896.jpg


いや、なつかしかったな・・・


ミナミの匂い…

by madamregina | 2014-06-09 21:10 | Diary

銀行でお金を引き出すときに…   

2014年 05月 08日

かなり、どーでもいい長文、

失礼いたします。

今日は、銀行に行っておりまして、
会社の口座から、
ちょっくらお金を出そうと、
窓口を利用したんですよね。

で、緊張しながら、
カウンターで、
引き出し用の紙に
口座番号と、
口座名をきちんと書き、
金額を記入。

漏れがないか、何度も見直し、
印鑑もきっちり押しまして、
窓口へ。

いや、なぜ、私がこれほどまでに慎重になるのか、と申しますと、
銀行関連の書類で、
一発でOKだった試しがないからなんですわ。

この前も、
口座名のところで、
窓口の方に、
「口座名は、正式に代表取締役社長とお名前まで書いてください」

と言われ、代表取締役社長って、誰や?

と、思ったら、わしじゃないか!

ま、そんなことはしょっちゅうですが、
以前は、カウンターで、書類に銀行印を、押そうとして、
すぐ隣りにいた方が、
ちょうどカウンターの上に置かれていた、
印鑑を間違って、
手に取り、押しそうになったこともあるねん。
ひー。

もー、そのときの、
お隣りのマダムの驚きようと言ったら…。
平に謝りましたら、
いや、あなた、おもしろい方ね、と、感心されたわよ。
そのあほう加減に…。

また、この銀行では、こんなこともあったな?

某日、ソファに腰かけ、順番を待っていましたら、
「印鑑を落とされた方は、いらっしゃいませんか?」

とのアナウンス。

はーっ、銀行で、印鑑を落とすバカも、いるもんだ、と、
内心せせら笑っておりましたら、

またまた、どびつこく、
「こちらの印鑑を落とされた方いませんかぁ❗️」

と、必死で叫ぶ工員さん。

ふと、見ると、
えーーっ、えーっ。
どっかで見たな…

と思ったら、
ひょえー、
わ、わ、我が社の社印じゃ
ないっすかっ?

急いで取りに行ったときの、
周囲の方の、あの失笑…。
恥ずかしかった。

ま、そのように銀行では、
何かアクシデントが起きるので、
常に超緊張しているわけです。

なので、今日も、
通帳よしっ。
銀行印よしっ。
口座番号よしっ。
口座名よしっ。

と、まるで、車掌さんのように、
自ら号令をかけて、窓口に行ったんです。

なのに、さっき受け付けしてくれた、窓口の方が焦って、
我が社の名前を連呼されました。

な、なんですかな?

と、窓口にいきましたが、
間違いはないはずなので、
余裕のわし。

すると、言いにくそうに。
「あのー、この金額、もしかして間違われていらっしゃいますよね」

え?
どこが…と、不思議に思って、ようく見ると、
ご、ご、5千万になっとるやないかっ❗️

驚きました。

ま、そのようなわけで、
正しい金額を記入したわけですが、
あの引き出し用紙の
金額の欄、
みなさま、ご存知でした?
百億の桁まであることを。

あんなチャチな用紙で、
何百億も、引き出すことができるんですね。

いやぁ、そのことにびっくりしたわ。

by madamregina | 2014-05-08 00:17 | Diary

それってどうなの?(>_<)   

2014年 04月 09日

えーっと。

昨日の深夜、
Twitter上で、ちょっとしたディベートがありましたん(笑)

いやぜんぜん深刻な話じゃないんだけど、

わたしが投げかけたこの一言が発端です。

『えと。
ちなみにいまどこにいるか、場所を書かずに、
TwitterやFacebookに旅先やお料理の写真だけUPする人、
私には、ほんとにわかんないんです。
いや避難しているわけじゃなく、不思議でしゃーない。
なら、なんでUPするのか。もう、気になって気になって(笑)』


と言う、超かるーい気持ちで書いたこのツイート。

いや、するとですね。ロンドン在住の某方より、

それは犯罪防止です・・というリプライがあったんですが、

あ、わたしが言ってるのはそのへんのことじゃなくて。

美味しそーーなお料理の写真だけばんばん上げて、

いったいどこにいるか、どのお店かも書かず、

もう、それが、美味しそうすぎて、

めっちゃ知りたい、どこのお店ーーーーーーっ?!

と思ってたら、最後に店名が書かれたりして・・

こ、これって、なんなのーーーーーっ?!

と思うわけ、みたいなことなんです。

いえ、TwitterやFacebookって、

個人の自由ですから、

悪意のあるものじゃなければ、

何を、どう発信してもいいと思っておりますっ。

ルールなんて別にないし。

そういう人にとっては、

ほっとおいてくれーって話だと思う。

でも、お料理の写真だけ、または旅先からの風景だけ。

ばんばんアップして、まったく場所や店名も書かないのは、

わたし的には、好き嫌いで言うと、

好きじゃありません(これ、炎上せんといてやーーw)


あ、ワインとか、バーは別やねん。
ワインのボトルとかだけはぜんぜん気になれへんから(笑)

いや、だけどわけありとか、そゆこともあるから。

そして、何度も言うけど、ほんとに人の勝手です。

何をアップしようが・・。


読む側が取捨選択して、

いやならスルーしろって話ですよね。



でも、めっちゃ美味しそうなお料理の写真見ると、
スルーできないーーーーっ。

わたしはそういうの、すぐに食べたい!と心の底から思うタイプ。

ワインはどんだけええの飲んではっても、気になりません。

どーせ、猫に小判だから(>_<)

でも、料理だけは、ひえええええーーーっとなる(笑)

中には自分の忘備録・・という方もいらっしゃいますが、

それなら、アルバムに記録して日記つけといてーみたいな(笑)

なんかさ、これって、

「あなたおいくつ?」

と聞かれて、

「いくつと思います?」

ともったいつけてる気がするーーーーーーっ。

というようなことを、まあ、昨日の深夜に

Twitterでかきまくっておったわけです。

すると、

実はそうじゃなくって、

このディベートの中に、

「わたしなどが好きなお店の名前を書いてもいいのかな?」

という大変奥ゆかしいアプローチをされている方もいると知り、
目からウロコでした・・

ごめんなさい。

わたしが悪かった。

わたしは何でも、

気になったこと、

感動したこと、

いいと思うこと、

どんどんみんなに知らせたいと思うねん。

それ、めっちゃ迷惑かもーーと思うけど。

どんどん発信しちゃう。

もう旅行なんて、半年前から、
◯◯行きますよーーーって、予告したりして(笑)

うるさいったらありゃしない。

でも、世の中には、ほんとにいろんな方、いろんな見方をする人が、
いるってこと、

今回のことで改めて、感じた次第(大げさ?)

ちなみにわたしのTwitterのアカウントは、
こちらですん。

良かったらまた、フォローしてチョモランマ〜(寒)

@MBichiko

そんなわけで、

このお寿司、美味しそうでしょ

それってどうなの?(>_<)_f0215324_23214086.jpg



アパラチア山脈のような雲丹でご飯がみえませーん。

で、

どこだと思う?(笑)

by madamregina | 2014-04-09 23:21 | Diary

Ordinary Saturday   

2014年 02月 22日
Ordinary Saturday_f0215324_15334924.jpg



どもども〜。

今日の土曜日は、のんびり過ごしておりますっ。

午前中、近くの越木岩神社さんに月参りにいきまして、

御札をいただきました。

Ordinary Saturday_f0215324_15293777.jpg



いや、鳥居の前で写真撮るなんて、ちょっとはじめてなんだけど、

だって、なんとなくバチ当たりな感じがして(>_<)

でも、たまぁには記念撮影。

越木岩神社さんとはいろいろご縁があります。

山の家を建てたときの地鎮祭、
そして隣りの土地を買ったときも、
こちらで地鎮祭していただきました。

土地の神様でもあるんですよね〜。


お参りのあとは、いかりスーパー巡りだっ。

まずは苦楽園店に。

きゃ、そしたら、ええ白子とふぐがあるじゃないですかっ?!

買っちゃいましたよ。ふがっ。

白子〜ーーーーーーーっ

こちらは夜用です。白子は塩焼きと醤油焼きやね。



Ordinary Saturday_f0215324_15584059.jpg


てっちりもしなきゃね。

Ordinary Saturday_f0215324_16191352.jpg



で、岩手の合鴨も売り出しされていて、

お昼は、鴨鍋〜。素敵なピンク色です。

Ordinary Saturday_f0215324_15323071.jpg



京水菜と白ネギ、しめじを切って、

お蕎麦を湯がけば、

あとは座ったまんま、あっつあつを食べるだけ〜。



しっかし、今日の鴨、さっとお出汁にくぐらせて、

レアで頂くと、もうーーーたまらんですっ。

むちゃくちゃ脂がのってて、ふんわり柔らかくて、

濃厚な鴨味炸裂っ。

いまがいちばん、鴨が美味しい季節だね〜。



ま、土曜日だし、お昼からちょっとお酒もいただきました、はい。

遠心分離じゃないけど、一応、獺祭(笑)

Ordinary Saturday_f0215324_15324676.jpg




最後は、合鴨のエキスが充満したお出汁に、

松山揚げを入れてちょっと炊いていただくと、

ひゃーーー、これ、お酒のあてに、絶品っ!!!!!

Ordinary Saturday_f0215324_16244682.jpg




いや、安くつく女ですびばせんっw


土曜日なんで、デザートワインもいただきました。

相方が好きなアイスワイン。

こちらもいかりで売ってたんですが、

アメリカ産です。

お値段、2300円。

Ordinary Saturday_f0215324_1618427.jpg



カナダ産の半分以下です。

庭に残った雪をクーラーに入れて、

きーんと冷やして頂きますと、

いやあ、なかなか、美味しいね〜。




何気ない、こんな土曜日の過ごし方。

平凡だけど、けっこう好きだな。



みなさまの土曜日はどんなでしたか?

by madamregina | 2014-02-22 16:24 | Diary

雪かき〜   

2014年 02月 14日

雪かき〜_f0215324_1818314.jpg



いや、

人生で、

こんな雪かきするとは、

まさか思わなかったよね。

いやはや。

by madamregina | 2014-02-14 18:18 | Diary

ツイード   

2014年 01月 25日
ツイード_f0215324_11482380.jpg


わたくしが

イングランドを旅していまして、

素敵!

と思うのがちょっとくたびれた、

ツイードを着ていたりする、

イギリス男です。


そういえば、

アメリカのハーバードや、

プリンストンに行ったときも、

よれっとした、でも味のある

ツイードのジャケットに、

コーデュロイのパンツとか履いてる、

プロフェッサーたちによく

見惚れたりしてましたっけ。

私自身も

ラルフのツイード何枚か持ってて、

ヘリンボーンとか、しっぶいジャケット大好きなのに、

似合わない。

でも、

見ると買わずにいられない。

でも。最近ツイードのこと忘れてたんですが、

日本でも、やっぱり深いお洒落をする人は、

素敵なツイード着ているのよね。

ファッション雑誌などにほんとにお洒落なイラストを描かれている、

ソリマチアキラさんは、

その代表かと、思います。

あ、ソリマチさんのツイードは、ぜんぜんくたびれておりませんがっ(≧∇≦)

で、この前芦屋のブティックで、

ハリスツイードのポーチやミニブリーフケースがあって、

ついつい買ってしまった。

ツイードの生地ってだけで、欲しくなりました。

ツイード_f0215324_11493547.jpg


このツイード見てたら、

そうだ!

かつて旅した、スコットランドのアバディーンって街にある、

素敵なホテル、Marcliff のこと、

思い出したの。

このホテルは、大変歴史があり、

チャールズ皇太子などロイヤル・ファミリーや、

ミックジャガーや各国首相なども泊まる、

由緒あるホテル。

アバディーンはロイヤル・ファミリーにとって、
夏の間、ステイする避暑地でもあるんですよね。

このホテルのロビーやお部屋のインテリアには、

ツイードがすごくおしゃれな感じで、

あしらわれていて

私は、いつか、

ハリスツイードの生地で、作った、

ソファやチェアやクッションがあるリビングが欲しいなぁ、と思ってる。

ツイードって、

私にとっては、

なんとも言えないあったかさと

優しさと、

無骨に見えて、

実は凄く洗練されてて、

大らかで、

とびきり手触りのいい、

理想の男に似てるんだ。

ちなみに、

このアバディーンのホテルで、
あっしは、

もう2度と会うことのない、

イギリスのスーパースター

Michael Ballと運命の再会を果たしたんだよ。

そいえば、Michaelも、

ツイードなイギリス男だな。

Michaelとの再会を書いた、

このブログ、

何度もUPしてますが、

いま読んで、自分でも、おかしすぎて、情けなすぎて(またかっ)

笑けてきたです。

ご興味のある方は読んでみてね。

このホテルのことも書いてます。



ちなみに写真は、このホテル。


ツイード_f0215324_11512841.jpg


ツイード_f0215324_1157314.jpg





いまは、リノベートされて、

インテリアも変わったと思いますが、

ツイードのチェア、ほんとに素敵だったのー。


ツイード_f0215324_11575699.jpg



ツイード_f0215324_1204622.jpg

by madamregina | 2014-01-25 11:57 | Diary

新年あけましておめでとうございます!   

2014年 01月 04日
新年あけましておめでとうございます!_f0215324_14322070.jpg


みなさまーっ!

新年ももう、4日もたってしまいましたが、

あけまして、おめでとうございますっ!


昨年も、私のブログをご贔屓に
してくださった、みなさま、
ほんとにありがとうございますっ!

このブログをご覧くださっている方の中には、

私がまだ実際、お会いしたことがない人たちがほとんどだと思います。

でも、ときどきあちらこちらで、

私のブログをいつも読んでくださっている素敵な人たちの

お噂を耳にしております。

そんなとき、なんとも言えず、うれしーーーっ!

という気持ちになり、

感謝の気持でいっぱいになります。

今日は、そんなまだ見ぬ、わたしのお友達に、
改めてお礼をお伝えしたいな、と思います。

ほんとにありがとうございます!

そして、今年もどうぞご贔屓に^^

よろしくお願い申し上げますっ。きゃん。


さて、みなさまのお正月は、いかがでしたか?

わたしのお正月は、
毎年恒例、
レジィーナロマンティコの阪口社長のお宅で、

酒とバラと泡と極上肉とてっちりの



めくるめく日々を過ごしましたーーーーーっ。


もう、泊まり込みですっ(笑)




元美さんは器にもとっても凝っていらして、

アンティークなど素敵なものがいっぱい。

新年あけましておめでとうございます!_f0215324_12352982.jpg


新年あけましておめでとうございます!_f0215324_12353173.jpg


おせちは、Genji。

新年あけましておめでとうございます!_f0215324_12353448.jpg


新年あけましておめでとうございます!_f0215324_1585035.jpg


Genjiのおせちって、ローストビーフとか、すっごく美味しいんですよね〜。




そして、元美さん、お手製の、お雑煮、
もうーーーー。美味しすぎましたーーー。

大きなはまぐりといくらが贅沢に入っています。

お餅も超こだわりの有機農家の玄米から作られた特別なもので、

ほんっとにやさしい味わい。

新年あけましておめでとうございます!_f0215324_12353465.jpg


新年あけましておめでとうございます!_f0215324_12353699.jpg


お屠蘇のセットも素敵すぎますーーー

新年あけましておめでとうございます!_f0215324_12353159.jpg


お酒は、伊勢神宮のありがたい白鷹のスペシャル。

新年あけましておめでとうございます!_f0215324_1447331.jpg


新年あけましておめでとうございます!_f0215324_14475592.jpg


もうね、このお酒、惚れましたっ。

わたしはもともと白鷹のお酒の好きで、良く飲んでおりましたが、
これは、別格。

するっとさらっと、のどごし最高で、

澄んだ水のようでいて、奥が深く、のむほどに幸福感でいっぱいになるお酒なのです!

さすが、お伊勢さんのために造られたお酒です。



お雑煮を頂いたあとは、

ダッシュで、相方のお母様に新年のご挨拶をかねて、
実家へ。

こちらは今年のおせちは、なだ万。

おいしかった~。

新年あけましておめでとうございます!_f0215324_12353816.jpg


新年あけましておめでとうございます!_f0215324_12353925.jpg


新年あけましておめでとうございます!_f0215324_1235408.jpg



そしてぇええええええーーーーーっ。

夜は再び、元美さんのお家に戻って、


きゃーーーーーーーっ、てっちりでございますっ!


ぜぃぜぃっーー。

新年あけましておめでとうございます!_f0215324_12354141.jpg


新年あけましておめでとうございます!_f0215324_1235449.jpg



そうこうするうちに、元美さんのお家から歩いて3分のところに住んでいる、

壁ちゃんファミリーも来られました!

オトコマエのソムリエ、ご主人の大崎さんが、

オーマイガー。

元旦の夜に相応しい、ゴージャスなシャンパーニュを持ってきてくださいました。


新年あけましておめでとうございます!_f0215324_15152339.jpg


プロのソムリエに開けてもらって、注いでもらって、

頂く、泡はまた格別でございます〜。

そして、こちらは元美さんお手製の、きずしーーーーっ!

私がきずしが大好きだということで、

作ってくださったんですが、

もうーーーーー、脂がノリノリで、
とっても上品なお味。美味しすぎました。

大崎さんも「シャンパンに合う!」

と人気炸裂。最高に美味しいきずしでした。

新年あけましておめでとうございます!_f0215324_12353663.jpg








ところで、もちろん、てっさにも泡は合いますが、

さて、お鍋だ!

わたしはこのとうとう身が激好きなん。

新年あけましておめでとうございます!_f0215324_12354152.jpg


ジュルジュルっとぬるぬるっと、

もう、コラーゲンの宝庫で皮まで美味しく、たまらんっ。


ふがーーーっ。



でもって、どうする、この白子ーーーーーーーーーっ

ひえええええええええええええええええええええええっ。


新年あけましておめでとうございます!_f0215324_1235425.jpg



この大きさは、なんだーー。

絶叫級のスーパー白子に、

松澤、アドレナリン大爆発っ。




興奮しすぎて、元美さん家のリビングで、

戦いの踊りまで踊ってしまっただーー。

そうです。

そして、この白子は、松澤選手にまかせてくださいっ!と、

名乗り出て、

最高級のお塩で、文字通り、手塩にかけて、焼き上げましたのーー。

そのお味?

いやもう、死ぬかと思ったわーーー。

みんな、


「いっちゃんが白子好きだから、たくさん食べていいよ」

と言ってくれて、わたし、いちばんぎょうさん頂きました。

なんて、みんなやさしーーの。

大好きっ。


さらに、このあと、大崎さんが自らのセラーから、

1989年の秘蔵の赤ワインを持参してくださっていましたーー。

新年あけましておめでとうございます!_f0215324_1541319.jpg




新年あけましておめでとうございます!_f0215324_15405798.jpg


コルクも素敵な香り〜。

新年あけましておめでとうございます!_f0215324_1543311.jpg


佳世ちゃんとわたしは、もうそのお味に、陶酔っ!

新年あけましておめでとうございます!_f0215324_2322685.jpg





アンティークの小さなグラスが可愛いでしょ?

新年あけましておめでとうございます!_f0215324_15421659.jpg


壁ちゃん家のオチビちゃんたちも、ごきげん。

杏ちゃん。すっかりお姉さんのお顔になったね。

べっぴんさんやわー。

新年あけましておめでとうございます!_f0215324_1544501.jpg


みんなのアイドル、晄君。

きゃわいーーーー。

元美さん家の周平君と。

新年あけましておめでとうございます!_f0215324_15463398.jpg



佳世ちゃんは、肩車〜。


新年あけましておめでとうございます!_f0215324_15504016.jpg


そして、ママの壁ちゃんと。もう、壁ちゃんにそっくり。

新年あけましておめでとうございます!_f0215324_155116100.jpg




いやあ、

ほんとに華やかで、楽しくて、

最高に美味しい元旦でございました〜。


それにしても!

元美さん家は賑やかで、あったかくて、

いつまでも居続けたい、まるでサザエさんのような楽しいお家でしたーー。


元美さん、ほんとに長い間、ありがとうございました!

そして最高に心のこもった、美味しく贅沢なご飯、

ごちそうさまでしたっ!

また来年も行かせてねっ!きゃーん♪

by madamregina | 2014-01-04 15:54 | Diary