カテゴリ:Hotel(Japan)( 44 )   

ディナーはルームサービスよね @帝国ホテル   

2019年 10月 16日
f0215324_00222143.jpg


台風の日は、
どこにも出かけず、
一日ホテルでのんびりしました。

ディナーはもちろんルームサービスで。

f0215324_00230396.jpg

f0215324_00253397.jpg

f0215324_00253903.jpg

f0215324_00231633.jpg

f0215324_00232129.jpg



風の音
聴きながらビールとワインもいいもんだ…

#帝国ホテル
#帝国ホテル東京
#ディナーはルームサービスで
#メインイベントは明日
#紅ゆずる
#千秋楽
#帝国ホテルに泊まってタカラヅカ
#東京宝塚劇場
 @ Imperial Hotel / 帝国ホテル(Tokyo・Osaka・Kamikochi)

by madamregina | 2019-10-16 00:20 | Hotel(Japan) | Comments(0)

最上級の寛ぎ。帝国ホテル東京のインペリアルスイート。   

2019年 10月 12日

f0215324_23244671.jpg


f0215324_23235417.jpg

f0215324_23235526.jpg

f0215324_23235520.jpg


帝国ホテル東京では、
本館14階~16階に位置する特別階、
インペリアルフロアに泊まりたいよね。


1890年の開業以来、
各国の要人たちを迎え、
国際的にも高く評価されてきた、
インペリアルフロア。

ここには、
帝国ホテルならではの「おもてなしの心」が
さらに濃密に流れています。

今回ステイしたのは、
インペリアルフロアのデラックススイートです。

台風で外出できないもわかっていたので、
ちょっと贅沢なお部屋にしました。


この落ち着いた空間、
大好きなんです。
ロイヤルスタイルともいえる品格があるでしょ?

インテリアのトータルコーディネートは、
英国人デザイナー、ジュリアン・リードが
「伝統と現代性の融合」を
テーマに手がけたもの。

リビングと寝室が仕切られているので、
今日みたいに一日中、
ホテルのお部屋でのんびりしたいときに最適です。

夕方6時からは、
アルコールやソフトドリンクのサービスもあるんですよ。

f0215324_23264767.jpg

f0215324_23264787.jpg

f0215324_23264950.jpg


ディナーはもちろんルームサービスで。

f0215324_23293368.jpg

この笑顔がほんとに素敵!

外は雨風でしたが、癒されますよね。

f0215324_23282743.jpg

f0215324_23305178.jpg

f0215324_23282989.jpg

f0215324_23283028.jpg

f0215324_23283544.jpg


ちょっと頼みすぎたかしら?
お腹いっぱーい。

でも、台風のお陰で
ゆったり、のんびり。

帝国ホテルのインペリアルフロアだからこそ楽しめた
贅沢な1にちでした。

風の音
聴きながらビールとワインもいいもんだ…

#帝国ホテル
#帝国ホテル東京
#ディナーはルームサービスで
#メインイベントは明日
#紅ゆずる
#千秋楽
#帝国ホテルに泊まってタカラヅカ
#東京宝塚劇場


by madamregina | 2019-10-12 22:35 | Hotel(Japan) | Comments(0)

帝国ホテル東京へ。   

2019年 10月 12日
f0215324_22215193.jpg


過去類を見ない、
史上最強クラスの台風と共に
わたくし、東京に来ています。

はふー。
なんでまたー。
よりによって…なんですが。

タカラヅカ星組トップスター
紅ゆずるさんの千秋楽を観ないでどーする⁉️

泣いても笑っても、
明日が紅さんの最後の舞台。

そんなわけで命からがら、やってきた東京…


でもでも…
やっと
ここに帰って来れたよ。

f0215324_22222732.jpg


前代未聞の台風の真っ只中の
東京遠征…。 

それがですね、
インペリアルクラブのチェックインカウンターに着いた瞬間、
あ、ここにいれば大丈夫…と、
そんな揺るぎない安心と信頼、
そして何があっても守ってくれる…と
全てを委ねられる気がしました。



そして、
インペリアルフロアのお部屋の前に行くとお着物姿のスタッフが
優しくお迎えくださり、

f0215324_22232267.jpg

熱い煎茶を煎れてくださいました。

f0215324_22234890.jpg


ああ、幸せ。

お部屋の中は
すでにぜんぶ私仕様にしてくださっていましたよ。

わたくし、エアコンを切っても
換気口から冷たい風が入り込むのが苦手なんですが、
部屋中の換気口はすべて透明のテープが貼られていました。
ミネラルウォーターも多めに、
そしてエスプレッソのカプセルは、
ディカフェをたっぷり。

f0215324_22241238.jpg


夜中、急に寒くなった時のためのポータブルヒーターも。
エアコン苦手なんです。

いや、これハワイのハレクラニでもすべて同じ仕様でしてくれるんだけど、
こんなにゲストのわがままに
応えてくれるホテル、他にないよね。

大好きなホテル特製あげおかきも
たくさん、置いてくださっていました。
f0215324_22264491.jpg



これほどプロフェショナル精神と愛に満ちたおもてなしをしていただけば、
そりゃ帝国ホテル以外には泊まりたくない!というファンがあとをたたないのもわかります。

f0215324_22275579.jpg

f0215324_22253545.jpg

f0215324_22253867.jpg

f0215324_22253703.jpg


訪れるたび、
おおらかな愛情と
きめ細やかなホスピタリティで
まるで我が家にいるような寛ぎと安心感を与えてくれる…

そんな帝国ホテルに、
またまた恋したわたくしです。

f0215324_22273511.jpg




#帝国ホテル
#帝国ホテル東京
#imperialhotel
#感動のおもてなし
#やっぱり
#いちばん好きなホテル
#ここに泊まれば
#それがわかるよ
#東京遠征
#紅ゆずる
#千秋楽
#昨日からミラクル続き
#いまからゆっくりバスタイム
#夜はルームサービスで






by madamregina | 2019-10-12 22:17 | Hotel(Japan) | Comments(0)

2019 蟹の旅 @西村屋本館 朝食編   

2019年 01月 20日
f0215324_15465341.jpg


朝ごはんも、また、美味しいんです。



まずは、起きたてに頂く

お煎茶と梅干し。


f0215324_15483056.jpg


昨晩ちょっと食べすぎた胃腸に優しく、

すっきり内臓が目覚める感じ。



ずっと変わらない

朝食。


f0215324_15490433.jpg

f0215324_15490793.jpg


シンプルで地味だけど

ひとつひとつ、

丁寧で

愛がこもってます。


ご飯の粒々まで美味しい。

ニッポンの大好きな朝ごはん。


もちろん、朝風呂は、

お部屋の露天風呂。



1泊2日の蟹に旅、

最高に美味しくて、

心からリラックスできた

久々に贅沢な時間でした。


やっぱり西村屋本館、大好き!

f0215324_15505732.jpg

西村屋本館 #お煎茶と梅干しを頂いたあと #朝ごはん #どれもしみじみ美味しい


by madamregina | 2019-01-20 15:45 | Hotel(Japan) | Comments(0)

2019 蟹の旅 @西村屋本館 お部屋編   

2019年 01月 17日


f0215324_16264947.jpg

f0215324_16275819.jpg



今期2回目の西村屋本館。



いつ来ても変わらない

タイムレスな場所。


f0215324_17003293.jpeg


f0215324_17012289.jpeg



f0215324_17021104.jpeg


お抹茶を出していただくとき、

熱いおしぼりはわたしに。

ぬるめのおしぼりは相方に。


f0215324_16591442.jpeg


f0215324_16582320.jpeg


え?

と思ったら、

前回来たとき相方が熱々おしぼりを持ってあっちーと言ったことを

覚えてくれたそう。


わたしたちでさえ忘れてた。


いや、

凄いサービス。

真心がこもってるよね。



f0215324_17025984.jpeg



#西村屋本館 #もう30年以上毎年来ています#蟹 #ゲストはほぼリピータばかり




by madamregina | 2019-01-17 16:25 | Hotel(Japan)

フォーシーズンズホテル京都でプレス会   

2018年 12月 09日
f0215324_11403107.jpg



先日、フォーシーズンズホテル京都で、

メディアのみなさまをお招きした

Press Luncheonをお手伝いさせていただきました。



集まって頂いたのは、私が日頃、公私ともに親しくさせて頂いている、関西を代表する必殺仕事人の方々。


もう何十年も前から一緒にお仕事をさせてもらったメンバーもいて、

久々にお会いする方もいて楽しかったー。


まずは、FS kyotoの特別なお部屋、

2ベッドルームのレジデンスでウェルカムドリンクからスタート。


リビングには大人気のサルヴァトーレ フェラガモ クリスマスアフタヌーンティ がディスプレイされて、

気分は一気に華やかなクリスマス。


f0215324_11413190.jpg

f0215324_11413409.jpg


そして、居心地のいいソファに座って、

広報の徳永さんから

フォーシーズンズホテルブランド、

そしてFSkyotoについての魅力を聞きました。





f0215324_11422114.jpg

f0215324_11422690.jpg

f0215324_11422837.jpg


FSは世界の最高峰ホテルブランドでありながら、肩肘張らないホスピタリティで、個性豊かなスタッフが人と場所を繋ぐ素敵な架け橋の役割を担っているのも素敵です。


FSkyotoは、

京都の豊かな歴史や自然美、

そしてゲストに、茶の湯に代表されるキメ細かな、日本人ならではのおもてなしの心や美意識を感じて欲しいという思いがこめられていながら、

心からリラックスできるアーバンリゾートとしても愛されるホテルを目指しています。


f0215324_11424948.jpg


そんな中、レジデンスルームは、

観光を目的とした滞在とは違って

京都に暮らすような、ロングステイが楽しめるようキッチン、洗濯機なども備えなれていました。



いままで敷居が高い…と

思っていたFSブランドの奥に隠された思いや

エピソードもたくさん聞けて、 

何より徳永さんのお人柄で、

楽しく笑いが絶えないブリーフィングのひとときでした。



話はちょっと変わりますが(っていつもだけどw)


私は昔からFSホテルがたぶんいちばん好きで、

自慢じゃないですが(いや、いつも自慢だけどw)

いままで旅した国すべてのFSに泊まっております。



はじめてステイしたのは、

マウイ島にFSがオープンしたとき。

もう20年以上も前ですね。


ミックジャガーがプライベートジェットで

お抱えの料理人を連れて来たり、

ハリウッドスターも数多く

訪れてそれは華やかでしたが、

何より驚いたのは、

ホテルスタッフの畏まらず、

どこか人なつっこく、

ゲストをハッピーにさせる魔法のようなホスピタリティでした。


それからすっかりFSの虜になったわたし。


ハワイ島のファラライはたぶん10回以上は訪れました。

こちらも大好きなリゾートです。


バリ島のFSも好きな場所。

ジンバランとウブドにありますが、

わたしはバリの歴史や文化を体現したような、

ジンバランのヴィラスタイルが好き。


FSは世界のリゾートを知り尽くしたホテルブランドだけど、

私は世界の都市に点在する、

キレッキレのエグゼクティブたちが集うFSも大好き。


NY、

Boston、

Milano、

Paris、

ロンドン、

香港、

東京…

海外出張では、その都市のF Sに泊まるのが何よりの楽しみです。


I.M ペイ氏が建築を手がけた、

これぞ摩天楼の空中都市にステイするようなNYのFS。


修道院を改装し、

国宝級のタペストリーや

天井画をそのままに、パテオを囲むように建てられたMilanoのFS。


ボストンコモンを一望できる

ボストンのFSもアメリカとヨーロッパが混在したかのようなテイストが素敵です。


そして、私が世界一好きなホテル、

と言っても過言じゃない、

Parisのパラスホテル、ジョルジュサンク!


ここはParisで仕事のときの定宿でした。


撮影でぼろぼろになって帰ってくると、

麗しいドアマンが

お帰りなさい…と温かな笑顔で迎えてくれ、

お部屋に戻ると、

スパークするエッフェル塔を眺めながら、

アメニティのアツアツの日本茶と和菓子を

頂くと、一気に疲れが取れました。


マライヤキャリーはじめキラ星のようなスターにもよく遭遇しました。


でも、何より印象的だったのは、

ロビーでまるでベルボーイのように忙しく行き交い、ゲストの質問に素敵な笑顔で応えていた紳士が、なんとジョルジュサンクのGM、総支配人だったこと。


GM自らが

ホテルの最前線に立ってゲストをもてなす姿に感動しました。


そこからますますFSフリークになった私。


京都はそんなFSでも、

温もりのあるホスピタリティで

海外の富裕層たちからも

高い評価を得ているスーパーラグジュアリーホテル。


だけどメインダイニングは、

テーブルクロスがないブラッスリースタイルだったり、

最高級ブランドのホテルでありながら、

肩肘はらず、

心からリラックスできるのも魅力です。


f0215324_12025435.jpeg


f0215324_12043330.jpeg



メディアのみなさまには、

ブラッスリーで

井料シェフが腕を振るう

シグニチャーコースを

召し上がって頂きました。


f0215324_12055001.jpeg



f0215324_12063367.jpeg

各お料理には、カレラ(Calera )のワインや甲州ワインなど人気のワインをペアリングしていただきましたが、

その美味しかったことと言ったら!



f0215324_12081946.jpeg


f0215324_12071494.jpeg


カレラのワインはロマネ・コンティに限りなく近づけたワインとして、

ワイン通が知る人ぞ知るワインです。


f0215324_12114346.jpeg


f0215324_12100778.jpeg




みんなで歓声をあげながら、最高にごきげんな宴となりました。



ちなみに、来年2月9日には、

カレラ、ワイナリーの創始者をお招きし、白2、赤3種、合計5種のワインとペアリングを楽しんで頂くワインディナーもありますよ。私もぜひ行きたいと思っています。


いや、ほんとに

フォーシーズンズ京都は、

ほんとに、昼も、夜も素敵。


f0215324_12123405.jpeg



f0215324_12135443.jpeg




f0215324_12142918.jpeg



f0215324_12155457.jpeg



f0215324_12163465.jpeg



f0215324_12171767.jpeg




京都にありながら、閉鎖的な空気はなく

開放的で明るく、エレガント。

とてもいい気が漂っています。


だけど、そこかしこに、

FSならではの別格の高級感と

ゲストもドレスダウンしているけど

きっと、ヨーロッパの王族か

アジアンリッチよね…みたいな方がいっぱい。

そこがほんと、かっこいい!ホテルです。


まだ、行ったことがない…という方、

全力でおすすめよ!


いままで私たちが気がつかなかった、

素敵なJapanの風景に

出逢えるはず。





by madamregina | 2018-12-09 11:34 | Hotel(Japan) | Comments(0)

フォーシーズンズホテル京都へ @ Fourseason Hotel Kyoto   

2018年 12月 06日


f0215324_22420514.jpg

f0215324_22315108.jpg

f0215324_22321055.jpg

京都を旅してきました。

ちょうど紅葉が美しい時期。
京都…いいよね、やっぱり。


そして、今回はずっと泊まってみたかった、
フォーシーズンズホテル京都へ。

神社仏閣が立ち並ぶ東山の一画。
2016年10月15日にオープンした、
世界屈指のラグジュアリーホテルブランドです。

シャンパンディナーや、
フェラガモアフタヌーンティーなどで
何度か訪れていましたが、
宿泊ははじめて。


エントランスへと続く竹林のアプローチが、
なんとも非日常への架け橋という感じで
いいんです。


和傘をイメージした正面玄関 ポートコーシェ。
ここまで来ると空気感が一気に変わるんです。
和を感じさせるのに、
とってもモダンでスタイリッシュ。

f0215324_22373714.jpg


今回のお部屋は800年の歴史を紡ぐ名庭、
「積翠園」に面したプレミアムルーム。


窓から美しい庭園が一望できる、
特等室。

f0215324_22395324.jpg

f0215324_22400967.jpg

f0215324_22402579.jpg


ウェルカムフルーツが、
あんぽ柿。
いや、しぶいです。

f0215324_22414621.jpg



そして、
まずは、お茶室へ、シャンパンを頂きに。


お庭へと続くロビーラウンジには、
ゴージャスなツリーが。

f0215324_22493391.jpeg

f0215324_22563185.jpeg


積翠園のお庭は、紅葉が美しい!


f0215324_22505051.jpeg

f0215324_22550444.jpeg


f0215324_22575474.jpeg

お茶室でシャンパンは、FS京都でのお約束。
ほんとに素敵で落ち着く場所。

f0215324_22595215.jpeg

f0215324_23011865.jpeg


f0215324_23070909.jpeg



f0215324_22533282.jpeg

お抹茶セットも頂きました。


f0215324_23033311.jpeg

こちらのお菓子は、
京都 老松がフォーシーズンズ京都のために
特別に作ったもの。

見た目も愛らしい白餡と栗きんとん。
上品な甘さがシャンパンとも合いましたよ。

f0215324_23075134.jpeg


池を眺めながら、
優雅なひととき。
贅沢よね。

このお茶室での時間は、FS京都ならではの体験。
海外のゲストたちにも人気です。


f0215324_23085925.jpeg

f0215324_23125850.jpeg

すっかり気分が良くなったところで、
さあ、スパに行かなくちゃ。


続くから


by madamregina | 2018-12-06 22:14 | Hotel(Japan) | Comments(0)

会うたび好きになる、恋人みたいなホテル@帝国ホテル   

2018年 11月 22日

f0215324_23440834.jpeg


f0215324_23020500.jpg

f0215324_23021529.jpg


今回の東京出張も、

もちろん帝国ホテルでした。


お部屋はインペリアルフロア。

f0215324_23054163.jpg

f0215324_23055050.jpg


インペリアルフロアのゲストには、

チェックインすると、

淹れたての煎茶とおかき(これが最高に美味しいの!)おしぼりがサービスされます。


f0215324_23205634.jpg

f0215324_23210283.jpg

f0215324_23211310.jpg


これ、旅の疲れが一気に取れるの。



決して派手さはないけれど、

揺るぎない王道ホテルの風格が

お部屋の隅々に感じられます。


f0215324_23234959.jpg

わたしは日比谷公園が望めるお部屋が好き。
f0215324_23240742.jpg
もうね、
セントラルパークみたいに、素敵でしょ?


f0215324_23273112.jpg

f0215324_23242138.jpg



ほんとに上品で温かみがある空間。


厳しいビジネスの局面でも、

帰ってくるとほっとして

まるで我が家にたどりついたかのような安心と温もり。


そして、うれしいのは、インペリアルフロアのゲストには、午後6時から8時までビールやワインなどを自由に楽しめること。


f0215324_23315258.jpg

f0215324_23320214.jpg

f0215324_23321494.jpg

ディナーの前のアペリティフや、

ルームサービスをオーダーしたときなどに

頂きましたよ。

f0215324_23350177.jpg






バスルームは大理石で出来ていて、


お湯はタッチパネルで温度調節してスイッチを押せば、数分でいっぱいに。


f0215324_23150860.jpg

f0215324_23152005.jpg

f0215324_23152810.jpg


昔、フォーシーズンズホテルNYに泊まったとき、

バスルームのお湯が90秒でたまります…と謳ってて画期的!

と、感動したけど、

温度調節は自分でしなきゃならなかったな(笑)


こちらは、

まるで自宅のお風呂みたいに、

カスタマイズ出来て、

でも、当たり前だけど

ディテールは比べ物にならないぐらい贅沢よ。


これみよがしじゃない…。

でも、

ゲストが居心地良く、

ハッピーに過ごせるための工夫に命をかける…。


例えば、

寒がりな私は一度湯たんぽをお願いしたんだけど

それ以降泊まるたび毎晩お部屋にもどると、

ベッドの中に湯たんぽが入ってる。




ネスプレッソはディカフェを飲むことが多く、

レギュラーはいつも残していたら…

以来、

ディカフェのカプセルを

多く入れてくれている…。 


f0215324_23284676.jpg

また、2日目夕方お部屋にもどると、
こんなメッセージカードが
入っていました。


プレゼンでハードな日中を過ごした身には…
もう、しみじみその温もりが伝わってきて、
泣きそうになりましたから。
f0215324_23365575.jpg



こんな、

真心のこもったサービスが

どれほどうれしく、癒されたことか。 


「うちのホテルのゲストは、

どんなことをしても守ります…」 

と言う気概が、

すべてのスタッフの精神に貫かれていて、


そりゃこのホテル以外泊まりたくなくなるよね。


f0215324_23400894.jpg

f0215324_23401827.jpg


かっこいいホテル、

ゴージャスなホテル、

いろいろあるけれど

ホテルって人と同じ。


本当に素晴らしい方はいつも控えめ、

でもここぞと言うときに

圧倒的な実力を発揮し、

人への思いやりを示してくれ

会うたびその魅力に気づかせてくれる。


帝国ホテルは、そんなホテル。


エレベーターでお会いするゲストもみなさま、

ほんとに品があり素敵です。


政財界の重鎮、

上流階級の人々から圧倒的人気を誇ると言う…

その意味がわかった私です。



もう、

ほんと。

会うたび好きになる、恋人みたいやなぁ(^ ^)





※お部屋の写真は、デラックスルームやスイートなど、いままで泊まったインペリアルフロアの客室をランダムにアップしています。


次はハワイから帰国したとき滞在した、

ミストサウナまでついた、

大好きなジュニアスイートをご紹介しますよー。







#帝国ホテル東京#imperialhotel#インペリアルフロア#6時から8時までお部屋でビールやワインが楽しめます#ご紹介くださったA様ありがとうございます#東京宝塚劇場にも数分で行けるのも最高  @imperialhotel_jp_official


by madamregina | 2018-11-22 22:57 | Hotel(Japan) | Comments(0)

フォーシーズンズ京都で素敵なミーティング   

2018年 08月 15日
f0215324_17490114.jpg

f0215324_17490478.jpg

f0215324_17490982.jpg


 フォーシーズンズ京都は、
大好きな多恵さんと
ミーティングをかねて。

フォーシーズンズ京都のスパには、
多恵さんが代表を務める
フランスのラグジュアリースキンケアブランド、
BRが入っているんです。

ホテル広報の素敵な方、
徳永さんをご紹介いただきました。

もー、徳永さんも、ほんとに素晴らしく魅力的な方で
いっぺんにファンになってしまいました。

f0215324_17543016.jpg

こちら、FSKのアイコンともいうべき、
積翠園。
800年の歴史を紡ぐ、
見事な池庭を望むテラス。

こちらでいただくchampagneは、
ひときわ美味しかったー。

f0215324_17581382.jpg

f0215324_17581814.jpg

f0215324_17582481.jpg

f0215324_17582813.jpg

f0215324_17583385.jpg

お茶室も、
素敵すぎるんですよ、奥さんっ。


f0215324_17593753.jpg

f0215324_17594235.jpg

f0215324_17594806.jpg

f0215324_17595465.jpg

f0215324_18000071.jpg


#fourseasons 
#fourseasonskyoto 
#仕事からプライベートまで何でも話せる素敵な方
#必殺仕事人
#髪を切って素敵になられた多恵さん



by madamregina | 2018-08-15 17:46 | Hotel(Japan)

Fourseasons Kyoto フォーシーズンズ京都へ。   

2018年 08月 15日
f0215324_17404970.jpg



先日、
フォーシーズンズ京都に行ってきましたー。

京都駅から10分足らず。

車寄せのベルボーイから、
一気にテンションが上がる素晴らしいおもてなし。

さりげない設えに、
湯水のごときお金がかかってるのが
わかりますw
いや、
何もかもが別格です。

エントランスには、
京都らしく
番傘のモチーフが!

f0215324_17422157.jpg

f0215324_17422688.jpg


トップオブザトップのホテルを改めて実感した日。


f0215324_17431620.jpg

f0215324_17432161.jpg

f0215324_17432625.jpg


#ホテルの中の最高峰
#ゲストもちょっと違います
#庭園を眺めながらお茶室でシャンパン

 @ Four Seasons Hotel Kyoto

by madamregina | 2018-08-15 17:39 | Hotel(Japan) | Comments(0)