カテゴリ:Travel( 7 )   

京都旅〜Part1。まずは、まるき製パン所へ。   

2018年 04月 24日

f0215324_13195894.jpg


f0215324_13191337.jpg


f0215324_13203614.jpg


先日、久々に京都1泊旅に行ってきました〜。

 

いやあ、よかった。

京都やっぱり素敵すぎるわ・・

とほんっと、遅れてきた京都LOVE炸裂っ。

 

いえ、わたくしにとって

京都は近くて遠い、

そして好きで嫌いな(笑)

なんとも複雑な感情を持つ街なんですよ、奥さん。

 

だけど気になる京都・・

ってもう、知らんがなって話ですけど(笑)

 

まあ、そんなわけで、

今回の京都旅の目的は・・・3つありました。

 

 

美味しいものを知り尽くした、

わたしの食世界にめっちゃくちゃ革命を起こし(笑)

インパクトを与えてくれた、

芦屋グランドフードホールの岩城紀子社長が、

ずっとSNSは苦手と仰っていたんですが、

周囲からぜひ!ぜひ!とこわれて、

ついにはじめられた、

インスタグラム @n_iwaki で、

めっちゃくちゃ美味しそうな

京都のある日本料理みせで食べられた、

花山椒鍋をUPされていたんです〜。

 

 

それがこの画像ですよ〜奥さんっ。


f0215324_13360538.jpeg



f0215324_13362177.jpeg

 

もうーーーーむちゃくちゃ美味しそうでしょ?

 

 

これを見て、画面の前でひとり絶叫————————っ。

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおーーーーっ、

 

こ、こ、これは、私が愛して止まない、

花山椒の肉鍋ではないですかーーーーーーーーーっ。

 

 

わたくしもう、この時期限定の、

花山椒肉鍋が大大大好きっ。

やばいぐらい好き。


岩城社長が、

死ぬまでに食べたい100の料理のうちのひとつ。

 

それで、すぐに彼女にメッセージを送りまして、

このお店をご紹介いただきました。

 

そんなわけで岩城社長がもう10年以上も通われている、

絶品日本料理店「櫻川」に行くことが第一の目的。

 

 

そして、もうひとつは、

こちらもお友達からご紹介いただいた、

京都でも珍しい、

美術品に囲まれた隠れ家ホテルに泊まる・・という

素敵すぎる京都旅。


f0215324_13374485.jpeg



f0215324_13383232.jpeg

でー、もうひとつは、

だーいすきなマリベル京都に行くことよっ。


f0215324_13391199.jpeg

 

いえ、普段は、京都といえば、ほぼ日帰り〜

それもたいていお食事会で、

寄り道せずにすぐ帰る・・・という感じなので、

うきうきよ〜

 

まずは、京都について、

真っ先に向かったのは、

ちょうどお昼どきだったので、

まるき製パン所へ。

 

f0215324_13400492.jpeg

 

ああ、この佇まい、京都やわ〜。

何とも素朴なパン屋さん。





f0215324_13403894.jpeg

 

こちらのいちばん人気はハムロール。

キャベツとさっぱりしたマヨネーズとハムだけっていう、

あまりにも素朴極まりない、ロールです。

ハムだってたぶん、ロースハムちゃうし(笑)

なのに、めっちゃおいしーの。


f0215324_13433471.jpeg

 

パンはもはやコッペパンのよう。

バターがたっぷり・・・みたいなリッチなパンとは真逆のところにある、

なつかしい味。

 

 

わたしがいちばん好きなのはエビカツロール。

すり身にした海老をさくっと揚げて、

ソースをかけたキャベツと合体させたロール。

 

これ、店頭に並んでるんですけどね、

時間がちょっとあるときは、

揚げたて食べたいので・・・とお願いすれば奥のキッチンで揚げてくれます。



f0215324_13412787.jpeg

 

 

f0215324_13423075.jpeg

 

お店の前にある専用駐車場に車を止めて、待ちましたよ。

 

まずは車の中で、パック牛乳をハムロール1個。

 

そして、待つこと8分。

三角巾をきりっとしめたおばさんが、

はーはー言いながら、

揚げたて、あっつあつのエビカツロールを持って来てくれました。

 

さっそくかぶりつくおいら。


f0215324_13441589.jpeg

 

はっふーはっふ、あっちち〜。

カリッと噛むと、

ふわーんと広がる海老の香り〜。

 

たまらんわ。

 

なんて素敵な京都旅のスタート。

大満足のお昼でした〜。


f0215324_13460376.jpeg

 

 

そして、次はいよいよメインイベントの

日本料理『櫻川』へ〜続く〜。



f0215324_13450842.jpeg

 

 

 


by madamregina | 2018-04-24 13:11 | Travel | Comments(0)

Parisでシャンデリアチーム大集合!   

2016年 10月 25日

f0215324_14224962.jpg



きゃー!
シャンデリアチーム、
大集合‼️

Yuko Gunjiちゃまと、
Keiko Tamaokaちゃまと、
記念撮影。

いつも姉妹みたいなお二人、
かわいすぎます!

f0215324_14225026.jpg



祐子ちゃまがおParisでゲットされた、
モンクレールのダウンが
素敵すぎるー。


f0215324_14225175.jpg



Parisのアウトレットで、
ゲットされたそう。

私も行かなきゃ‼️

襟とポッケがミンクっ。
欲しすぎますっ

ふがっ。



by madamregina | 2016-10-25 14:17 | Travel | Comments(0)

屋久島到着!   

2016年 07月 13日


f0215324_12250921.jpg



なんとか無事、
屋久島に到着。

晴れてますー。


f0215324_12251080.jpg



荷物受け渡し場、
のどかです。

f0215324_12251078.jpg



屋久島の空港に、
素敵な笑顔の横尾さんが、
お迎えに来てくださいました。

f0215324_12251175.jpg





サンカラホテル&スパに
向かいます!

f0215324_12251115.jpg



f0215324_12251145.jpg


f0215324_12251235.jpg


by madamregina | 2016-07-13 12:20 | Travel

屋久島へ、いざ!   

2016年 07月 13日
f0215324_10105194.jpg


みなさまー。

おはようございます!

今日から
屋久島です。

がーー!

JAL便条件付きのフライト。

屋久島視界不良につき、
万一の場合は伊丹空港に引き返すか、
伊丹空港に戻るかも。

って。

おーまいが!

今回で3回目となる屋久島。

確か前回も鹿児島に着陸したような。

あふあふ。

それにしても、
伊丹のザルラウンジ、
しょ、しょぼすぎるんですけど(≧∇≦)

リーマンのみなさまで、
賑わっておりますが
みなさん
朝からビールにおつまみはおかきだけ。

せめて、おにぎりぐらい
置いて欲しいよね。

むふ。

by madamregina | 2016-07-13 10:09 | Travel

2014マイケルツアー【女3人、恋と涙と食い気の台湾旅】①   

2014年 03月 31日
f0215324_11303582.jpg


台湾行ってきましたー。

はじめての国でした。

なぜに、台湾だったのか。

はい、これまで台湾行きたいな、とは思ってたけど、
なかなか行く機会がなかったよね。

しかし!

マイダーリン、マイケル君が台北で
ミュージカルのガラ・コンサートに出演ということで、

台湾旅、決定!

昨年11月末にわたくし、上海のコンサートに行きましたでしょ?
あのプロダクションが今度は台湾で開催されるってことだったんですよ。

でも、上海では4日間コンサートがあったのに、
今回はたった1日だけ。

しかしーーーーーーーーーーーっ、

今回の道連れは、


台湾通のゆりこ姫と同じく台北食道楽クイーンの恵美ちゃんという、
最強の旅友。


これはもう、マイケルだけじゃなくて、
ぜったい台湾も楽しめるよね。




だけどですね、このブログにも書いてましたが、

年度末とかで、おっそろしく混んでいて、

ザルさんも穴さんも、キャセイさんもビジネスさえ取れなくて、

初ピーチよっ。

3人ともーーーーっ。


で、FacebookにもUPしていた記事に、

ちょっと書けなかったあれこれも入れたりして(笑)

こちらにも時系列でお読みいただけるよう、

どんどんUPしていくのだーーー。

楽しんでいただけると、うれしいですっ。


というわけで

【女3人、恋と涙と食い気の台湾旅】のはじまり、はじまり〜。


※あ、恋は、マイケル愛に生きる、わしだけですけどなw


まずは、自宅から関空まで。

時間通りにMKさん、到着。

中井さん、ありがとうございます。

お立ち台までご用意くださってます。

やさしーー。


f0215324_1158439.jpg


やたー。
アルファード当たり。

シートもファーストクラスみたいで、

レバーが4つもあるねん。


ほぼフラットになるそうよ。

f0215324_1158590.jpg


で、リクライニングしようと、適当にレバーあげたら、

ひょえー、シートが

あり得ないほど、秒速でシャーっと、前方へ激走。
もう少しで運転席に激突する勢いよっ。

中井さん、驚愕っ。

わしは、田舎もんかっ(≧∇≦)

まぁ、こんな感じで、スタートいたしましたー。


f0215324_115826.jpg




そしてーー、

空港に到着。



東京から飛行機でやってきてくれた、
ゆりちゃんと関空のピーチのりばで合流。


初ピーチ。
空いてます。



ゆりちゃん、痩せて、
きれいになってるー。
きゃん。

f0215324_11195031.jpg



f0215324_11195253.jpg



恵美ちゃんも合流して、

さあああ、

ピーチ同盟。
いざ、出発だーーーーっ。

すでに爆笑連発。


いきなり、ピーチグッズ物色。

f0215324_11195399.jpg


ゆりちゃんが、マジでピーチの飛行機の模型を欲しがってましたーー。


f0215324_11195456.jpg


しかし、わしらが、止めた(笑)



桃のお酒飲ませて頂きました。

ショップのさおりちゃんとさとみちゃん、
かわゆい。

f0215324_11384970.jpg






記念撮影する方もw

f0215324_11385083.jpg


f0215324_11195532.jpg




f0215324_11195666.jpg



Off to Taipei.So much fan!


f0215324_1145166.jpg


いや、ピーチ、めっちゃ座席とか狭いって噂じゃない?

どんな目に合うんやろーと、ずーっと不安で、テンション下がっておりましたが、

そんなダークな予想を軽く覆して、

最前列、バルクシートのアイルと窓側は、超カイテキ〜

f0215324_11195786.jpg


優しい恵美ちゃんが、最前列の真ん中しか取れなかったわたしと、

自分のアイルの席を変えてくれました(涙)




ピーチオリジナルの桃のアイスミルクなんて食べてるうちに、

f0215324_1119588.jpg








行きは3時間半で、台湾到着!

f0215324_1120080.jpg




空港ロビーには、お迎えのリムジンがーっ。

そしたら、きゃー!

こんな看板はっけーん。

f0215324_1145280.jpg



ゆりちゃんが台北在住のお友達に頼んで、手配してくれたんです!

もうーーーー、
これ、ほんまに最高やー。



ゆりちゃん、ありがとう。

ひえええええーーっ、

しょっぱなから、めっちゃテンションあがりまくりーーーーっ。

f0215324_114536.jpg


Graceが運転する、メルセデスで、台北の夜の街を疾走して、

f0215324_1120258.jpg



まずは今回のホテル、Grand Hyatt Taipeiにチェックイン。

f0215324_1120119.jpg




でーーーーーー、荷物もほどかないまま、

我らが向かった先はーーーーっ。


続く。

by madamregina | 2014-03-31 11:53 | Travel

ビヴァリー・ヒルズの掟   

2014年 01月 31日
f0215324_0572299.jpg


f0215324_058267.jpg


最近、私のお気に入りの海外ドラマは、NYが舞台の弁護士ドラマ、

WOWOWのスーツなんすが、

主人公のハービィがかっちょいいでしょ?

f0215324_059094.jpg



しかし、よっと前になりますが、

LAが舞台の「アントラージュ」も好きでした。

一応SATCの男性版@ハリウッド

ってことになってますが、日本の女子には、あんまし人気ないみたいね~。

セリフはダントツにおもしろいのですが、

ほら、あのキャリーたちが語る恋愛の格言めいたものはいっさいなし。

吹けば飛ぶような、ティッシュペーパー以上に薄っぺらなセリフ満載で、

あっしはそこが気に入っております。

物語は、新進ハリウッド人気スター、ヴィンスをめぐる、

ハリウッドセレブたちのお気楽&煌くアフォライフスタイルを描いており、

マーク・ウォルバーグが製作総指揮を担当して話題になりましたが、

マークによると、

「原作は事実に基づいたフィクションだよ~」

とのことで、おお、いるいるこんな人という、リアリティが命。

人気スター稼業も、外から見れば眩しいけど、

内情は意外と大変よね~。

なんて、思うわけはまるでなく、

いやあ、あいつら、やっぱしマリブに豪邸買ったり、

ファントム乗ったり、したい放題。

最高の暮らししてますわ~。

LAの人気レストラン、マツヒサやスパーゴや、

ビバリーヒルズのステーキハウス、Mastor's とかが

実際出てきて、LA観光スポット的ドラマともなっております。

f0215324_113170.jpg


f0215324_10267.jpg


マストローズは、お肉は和田金に負けるけど、

おいら、かなり好きなレストランです。超ビバリー的。

とにかく、セリフがおもろすぎます。

ヴィンスの兄、売れない俳優の通称ドラマも大好きなキャラ。

いろんなオーディションに出るけど、

起用されたためしはなく、

久々にドラマの話・・というと

「CSIミネアポリス」

とか(このジョークわかる人ならアントラージュはめちゃ楽しめること請け合い)

ハリウッドセレブに人気のあるアスペンなど

ゴージャスなリゾート地がぞくぞく登場。

で、わたしがアントラージュで最も好きなキャラは、

エージェントのアリ。

もう、LAの業界人の典型で、

自分の利益しか見ない、

ファッ○ン野郎ですが、

憎めません。

インディ系映画をこよなくバカにし、

サンダンス映画祭など彼によればけちょんけちょん。

「雪に埋もれて行列に並んで見る価値のある映画か?」

などセリフも秀逸です(どこが?)

アリ役を演じてる、ジェレミー・ピヴェンは、エイミー賞、

助演男優賞を受賞しております。

実際のジェレミーもマリブに住んでるようですが、

ブロードウェイの舞台にも立つ本格演技派俳優。

鮨が大好物だとか。

ちなみにアントラージュとは取り巻きという意味とのこと。

いわゆるLAのセレブリティたちの実態が垣間見える、

ごきげんなドラマなんざます。

ちなみに私がビバリーヒルズで好きなのは、

当たり前すぎますが、松久。


で、

ペニンシュラのベルベデールのサンデーブランチ。

同じく、ペニンシュラの屋上のプールでの日光浴。

ここほど、

シャンパンを開ける、

ポンポンって言う、

気持ちのいい音が連打なプール、

他に知りませんわw

そんなわけで、前置きまたまた、

長くなりましたが(えーっ)

以下はブログ他、いろんなエッセイにも書いている話なんで、
耳にタコな人はごめんね~。

「LAセレブの掟」いきまっせ~。

ーーーーーーーーーーーーー

「LAってところは偉大なる田舎だ!」

といったのは、以前NYで取材した敏腕商社駐在員のNさんでした。

「日本でいうと、東京はNYだね。LAはあくまで地方都市だよ~」

とのことでしたが、確かにビジネスのスタイルもNYよりゆったりしてるし、
めちゃくちゃキレモノ!という働きマンもあまりLAでは見かけません(あくまで私がみた限り)

しかし、こと映画関係、セレブの世界、ショービズとなれば別。

やはりハリウッドは世界一の映画の都だし、
そこに集うセレブたちの数も世界一。

よって高級なレストランやホテルでは、
セレブじゃなきゃ、客じゃない・・・ともいえる対応もまま見られます。

高級レストランのプラチナシートにかつて命をかけていたオレですが(あほよねー)

LAって町だけは、何ヶ月前に予約しても、

トイレの近くだとか、入り口付近だとか、

シベリアの席をあてがわれることが多かった。

それでムカついて、帰ったこと数知れず。

でも、一度取材かなにかして、そこのマネージャーとでも

顔見知りになれば、

何ヶ月前でも予約が取れない、

超人気レストランでも、

その日に「行きたい」といえば、オッケー。

テーブルも、最上級、

プラチナシートをあてがってくれるんです。

それがLAの掟(≧∇≦)

で、ビバリーヒルズの某ホテルに泊まっているとき(どのホテルか当ててみて)

レストランで朝食を食べてると、ディカプリオに遭遇したわけですが、

わたしとコーディネーターのMちゃんが案内された席は、

メインダイニングとは程遠い、別室のカフェみたいなしょぼいところ。

(もちろん抗議したけど「メインダイニングはいまいっぱい」といわれた)

ようく見渡すと、周りはアジア人ばかり。

くそーっ。LAってところはだからイヤなんだよっ。

ま、ヨーロッパの高級レストランもそういうとこありますけど、

LAほど露骨じゃないです。

そんな話を映画を製作しているかなり有名なプロダクションの社長(白人)に言うと、

「僕だって、とんでもない席に座らされることもあるよ。
それほど有名じゃないからね」
と怒ってました。

セレブにならなきゃ、プラチナシートには座れない。

でも、だからこそ、LAの人たちって、
有名になろうって野心を炸裂させるのね。

レストランでもホテルでも高級ブティックでも、
最高の待遇をしてもらいたいから。

この話は何度もエッセイなどで書いてますが、

ティム・ロビンスがかつてアカデミー賞をもらったとき、
そのスピーチがほんとに実感こもって、おもしろかった。

「これで僕もようやくレストランでいいテーブルに座れせてもらえるよ。ありがとう!」


LAってところはそういう、場所。

by madamregina | 2014-01-31 01:05 | Travel

お気に入りのトラベルバッグ   

2013年 09月 24日
f0215324_182398.jpg


f0215324_19981.jpg



えっーっと、わたくし、

11月末から、ちょっくら旅に出ます。

で、まだまだ日にちはあるんだけど、

ちょっと旅用のバッグを今日はクロゼットから出してみたの。

いや、旅に連れていくバッグを見ると、なんだか、とっても旅情がかきたてられるよね〜。

日程にもよるけど、

アメリカの東海岸に出張するときは大きめのソフトケース、

西を旅するときはヴィトン、

ヨーロッパを旅するときは、ゴヤールとかがいいよね。

旅と旅バッグは切っても切れない関係。

わたしがいつも信じているのは、

素敵な旅バッグを買うと、きっといい旅に出かけるようになるだろうと言うこと。


だから、ワイケレのバーニーズのアウトレットで

CELINEのラゲージファントムを見つけたときは、

叫びそうになりました。うれしくって。

それほどCELINEが欲しかったわけじゃないんだけど、

なんだか最近、バーキン以上の人気のイットバッグみたいな位置づけになってて、

ひとつぐらいは欲しいなぁとロンドンとかで何度かみたの。


でもさ、ハロッズもセルフリッジも、中国人たちの巣窟となっていて、

欲しいものなんて、何一つなかったのよね(きーーー)

それに定価は高いし・・・・。


それが、なんと、ハワイのバーニーズで運命の出合い。

お店に入ったときから、すごーい光を発していました。

しかし、まさか、と思ったのは、床に置き捨てだったからですw

おそるおそるさわってみると、きゃーーーー私の好きなハラコのバッグ。

でもこれ、ぜったいCELINEだよね。

とちらっと値札を見たとたん、

3秒で抱え込みました。

「誰にも譲らないよ気分」漲らせて!

そりゃもう、じぇいじぇい〜(鼻息えっ)

かくして、エメラルドグリーンのラゲージファントムは、

私のものになったのでした。



で、今回の旅は、写真のPradaのキャリーバッグと、

CELINEのラゲージファントムで、行くんだ。

このふたつ、偶然、グリーン系なんですが、

両方とも見つけたのは、

ハワイのワイケレのバーニーズ。

ほんと、運命の出逢いよ!

普段は、ロクなものないんですけどね、ここw

だから、見捨ててたんだけど(ごめん)


この前のハワイで、セリーヌのラゲージファントム!遭遇し、

数年前には、プラダのキャリーバッグ・・・と、

ごくたまにかなりの大物が入荷しております。


いや、ダメージがあるわけでもなく、

アウトレット・・・・とは侮れないとこなのよー。

ま、正直、そのタイミングこそが命なんだけど、

こちらのCELINEも、「今日。まさにさっき入ってきたばかりなんですよ」

・・・と。

そりゃ、そうだろう。

誰か他の人がみつけたら、あっという間に買っていきます。

それぐらい、衝撃的なお値段でした。

一応、定価は4250ドル(ひーーーーー)

TAXつけると、まあ、50万円近いでしょうか?

プラダのキャリーバッグも、たぶん2700ドルぐらいだったので、

f0215324_1101076.jpg




この二つ、普通に買えば70万〜80近くしますわね。ひーーーー。

それをあたくしが、おいくら万円で買ったか、想像してちょ。むふ。


しっかし、このファントム、むちゃくちゃ入ります。

まるでカートンボックス並みの収容能力っ。


どうこれ?

f0215324_194226.jpg



入りすぎて、困るー。


でも、お気に入り。

普通のお出かけにもストールやカシミヤのカーディガンや、

ときどき履き替えの靴なんか入れるわたしには、

ぴったりの大きさ。

重くなるのが難点ですが、まあ、そこは加減しながらね。

ワンちゃんだって、居心地良さそうなバッグだね。

by madamregina | 2013-09-24 22:22 | Travel