カテゴリ:Diary( 6 )   

めちゃ心打たれたインスタについて語るよ、長いよ!   

2019年 08月 25日

 

f0215324_15443830.jpg


【旅に出るのに準備まるで出来てないんですが、日曜の長文です】



Instagramには

さまざまな人が

さまざまな投稿をしていて

ある意味有名人の私生活をのぞくより興味深い方や、

ひゃーっと恐れ入るセレブなライフスタイル、

マジか!と思うような京都の高級割烹やひとり5万円は軽くしそうなお鮨屋さん、

高級ワイン連打な写真を見て、

日々楽しませていただいております。


以前、Twitterで布袋寅泰さんが

食べ物の写真はアップしないよ、

食べられない人もいるからね…


という意味のコメントをされていて、

たしなみのある方だなぁ、と思っていました。食にまつわる投稿はなかなかにセンシティブなものがあるよね。


でもいまや、投稿したもの勝ち。


何してる人かさっぱりわからんけど、

とにかく、鮨!肉!鮨!ときどき京都!みたいな人のアカウントはやたらとフォロワーも多いし、

これまた何してる人かまるでわかんないけど、夜毎のパーティやブランドモノ列挙で人気を集めるアカウントも、

わしとは違う世界の方々…と思いつつ

気になります(なるんかい⁉️)


その代表がキム・カーダシアンかね。


まぁ、その人の投稿によって、数多くのフォロワーたちが消費活動にいそしむインフルエンサーと言う名の

インスタグラマーはデジタルマーケットでも引っ張りだこですもんね。


しかし、その手の美しい写真や最高級ホテルで薔薇とシャン三昧みたいな、いわゆるセレブたちのライフスタイルを見るのは私的にちょっと飽きてきた。


どーだまいったか⁉️みたいなお洒落なアングルの写真やアメリカの人気グルメ誌ボナペティートのページみたいにスタイリッシュなお料理画像には、正直食傷気味でございます。 ・


そんなとき見つけたある方のアカウント。

いや、ひっさびさに心打たれたね。


私のインスタをフォローしてくださったのがきっかけで、見に行ったら、ただ淡々と日々の記録を綴ったアカウントなんです。


写真のみ。

説明文はほぼなし。


失礼ながらお写真も決してお洒落というわけではない。


なのに、一枚一枚にその方の想いがこもっているのか、めちゃくちゃ心ひかれるんです。


母の日にお子さんから贈られたお花。

おひとりで旅されているのか、

一人のお食事のテーブル。


ある時はルビーのように輝くさくらんぼだけの写真。

また、ある時はホテルの部屋のベッドルームで、シーツには皺が残っていたり、

即物的な写真なのに、

何かその方の温かみを感じる。


タカラヅカがお好きなのか、

遠征の記録や

チケットが並んでいると、

ああ、こんなにご覧になったんだな。


文章がない分、

どんな方だろう…?

と、想像力が膨らむ。


おいくつぐらいの方だろう…と

思っていたら

ある日のお食事風景の椅子に、

杖が立てかけてあり、

ちょっとご年配の方なんだ…。 



私みたいになんの自慢をすることもなく(笑)


淡々と日々の暮らし、

タカラヅカ観劇、遠征の記録写真が並んでいる。


それはごく普通に切り取られたスナップ。


でも、その一枚一枚の写真に、

その方の丁寧な生き方や教養、たしなみ、品格が浮き彫りになっている。



私は職業柄か、

写真より文章により感動するタイプでしたが、

その方のインスタを見て、

何気ない日々の記録が

一冊の小説よりも饒舌で

一編の映画以上に心を動かされる

圧倒的なメッセージがあることを知りました。


いや、インスタって、素晴らしいね。


#instagram

#インスタ雑感 

#素晴らしく心打たれるアカウントに出会えた

#山田洋次監督にドキュメンタリー映画を撮ってもらいたい

#私の写真は

#先日の

#紅ゆずる

#ディナーショー

#beryberybenny

#こちらにも素敵な年配の方々がいらっしゃってた

#紅ゆずるファンは素敵なおばさまが多い

#この方ともいつか会えるかな


by madamregina | 2019-08-25 15:42 | Diary | Comments(0)

A Happy New Year 2011   

2011年 01月 03日
f0215324_22291896.jpg


みなさまあああーっ。

あけましておめでとうござます!

ぜぃぜぃ。


昨年はこのブログで、ご挨拶も出来ないままに、

怒涛の年の瀬を駆け抜け、もはやゾンビのようになっていたわし。

申し訳ありませんなんだー。


しかし、なんとか、命からがら新しい年を迎えたわよっ。

いろいろあっても、2011年は、みなに平等に訪れるのね(しみじみ)


わたしの友人は、ハワイやウィーンやParis や、

オランダやロンドン、果ては有馬(っていきなりドメスティックっすけど)

なーんていう、うらやましくも、

ラグジュアリーすぎる年末年始を過ごした方多し(くそーっ)

恋がはじまった人も、恋が終わったと言う人も、

そして、

「あ、ちなみに、わたし、離婚しました」

なーんていう、年賀状が届いたりと、

いやあ、人生いろいろよ~(♪と島倉千代子の歌を口ずさみつつ)



そんなわけで、

大好きなバリのアマンのことを思い出しておるのだ。



写真は、アマヌサのプライベートビーチっす。


こう寒いとね、南の島が恋しいーっ。

今日なんて、ジョギングしたら、我が家の近くの池は凍っておりましたからっ(ひーっ)



AMANUSAのプライベートビーチは、美しい白砂(ああ、なつかしーっ)


f0215324_22124320.jpg


こちらのバレでいただく、朝食が、いいのよね~。

バトラーがホテルから少し離れたビーチまでプライベートカーで送迎してくれます。

f0215324_22331727.jpg


f0215324_22162119.jpg


f0215324_22182953.jpg


ビーチに到着すると、こんどは、また別のバトラーが食事や飲み物、

おしぼりなんかをこまめにサービスしてくれるのー。

f0215324_22194177.jpg


そして、

朝食のあとは、

バレでボディマッサージをしてもらって、海風に包まれてお昼寝。

そして、お腹が空くと、こちらのビーチクラブでランチ。



f0215324_22232029.jpg


日がな一日、海と空の色の移り変わりを楽しみながら過ごす、アマヌサの休日は、


最高に怠惰で、自堕落で、死ぬほど優雅。


これまでのリゾートの中でもトップ3に入る、桃源郷でありましたっ。


さすが、アマン。何もかもが、ほんとに優雅で。

バリ屈指のパワースポットと言われる、アグン山も望めます。

f0215324_22373696.jpg


プールも洗練されておりました。

お部屋も素敵でした。


f0215324_22423119.jpg


f0215324_2240272.jpg


f0215324_22402363.jpg


f0215324_23163079.jpg


ここしばらく、ハワイ一辺倒のわしでしたが、

今年は、そろそろ、バリ島にも、戻りたい気分だな。


この人たちの笑顔にも会いたいのーーーっ。


f0215324_2255350.jpg


f0215324_22533019.jpg






というわけで、今年は、ハワイとバリ島っすね。

って、またもや南の島かいっ?!

そして、レジィーナ ロマンティコの新作もそろそろ出る頃ですし、

旅とファッションの計画はばっちりよ。

新作 も続々と入荷しておりますっ。



このスーツ が欲しーーーっ。

春の予感を感じさせてくれる、運気が上がるようなスーツだと思わない?

f0215324_23101152.jpg






そんなわけで、みなさま、今年も何卒よろしくお願いいたしますっ!!


f0215324_22474850.jpg


f0215324_2248714.jpg


f0215324_2317468.jpg


f0215324_22482446.jpg



f0215324_22493669.jpg


f0215324_22502243.jpg


f0215324_22504733.jpg


f0215324_22563284.jpg

by madamregina | 2011-01-03 21:52 | Diary | Comments(8)

Merry Merry Christmas !   

2010年 12月 20日
f0215324_23371383.jpg



ひええええーっ。

気がつけば、もうすぐクリスマスっ?!


クリスマス、それ、何ですか?

というほど、公私ともに、疾風怒涛の日々を送っていた、

わたくしの元へ、

クリスマス気分をぐーんと盛り上げてくれる、うれしい贈り物たちが届きましたっ。

わっ、芦屋のアイロニーさんからのボックスですっ


f0215324_23434663.jpg



箱を開けると、シックな色合いのキャンドルが出現。

f0215324_23484071.jpg


全貌を現すと・・・・・

f0215324_23492795.jpg


なんてかっこいい、クリスマスアレンジメントなんだっ?!


胡蝶蘭が入ってます。大好きなお花です。

送ってくださったのは、現在、フローリスト修行中の、

キュートなお友達、Yちゃん。

メッセージカードには、

♪暖炉のお部屋に素敵かな・・と思って・・・。

わたしの中では胡蝶蘭が壱子さんのイメージなのです。

火を灯してくださいね♪

うるうる~。

使われたお花は、

胡蝶蘭
シクラメン
サツマ杉
キセログラフィカ



素敵なショコラも入っていました。


スペインの王室御用達の、CACAO SAMPAKA

のラジョラス(板チョコレート)

お味は、なんとジントニックです。

アルコール分はゼロなんですけど、

ジンの西洋ネズの香り(大好きなのっ)とさわやかな酸味がたまんないっ。




そして!

本日届いた、もうひとつの大きな幸福のボックス。

それは、NYと東京を拠点に活躍する、

フラワーアーティスト、MARIさんからですっ(きゃっ)


f0215324_012335.jpg


NYタイムス(たぶん笑)の新聞紙を開くと、

わーっと森の香りが炸裂っ。

MARIさんのリースは、人工物は一切なし。

ワイヤー類も、最低限しか使用しない、

自然を大切にした、環境にも配慮された作品です。

その名もEarth

MARIさんのブログ をぜひ、ご覧ください。

トップの画像がその全貌ですが、

私の写真より、ずっときれいな写真がいっぱい。






土の香りと来るべき春を待ち望む気持ちをこめました・・

なんていうメッセージに、これまたうるうる。

f0215324_0132639.jpg


珍しい、置き型です。

Adventスタイルのテーブルリース。

本来、クリスマスイブまでの4週間前に、1週間に1本ずつ、キャンドルを灯して、

クリスマスを待つのだとか。

使われているお花たちは、


ヒムロスギ
サンキライ
コニファー(グリーン・アイス)
リューカデンドロン(生&ドライ)
チランジア(2種)
モス
サキュラント
ヒヤシンス(球根)

スウィートピー

お部屋に置くだけで、とってもいい香りが漂ってきます。


キャンドルスタンドにセットされたラフィアをほどくと、

なんと、球根が埋め込まれていましたっ!

f0215324_0183594.jpg


ああ、これがわたしに春を届けてくれようとした、MARIさんの気持ち・・・・。


球根は、大好きなヒヤシンス。

色はわたしをイメージして、

フューシャピンクなんだって。きゃっ。うれし。

しばらくリースを楽しんだあとは、

土に埋めてくださいね!というメッセージに、涙っ。

それにしても、ほんとうにセンスがいいーっ。

素敵だああああっ。

いっちゃん、感激っ。



そう。彼女たちは、今年のわたしのバースデーにも、

忘れがたい、素敵なバースデーフラワーを贈ってくれたんですよね~
もうーっ、みんなの愛と優しさをもらって、

気持ちが一気にあったかくなりました。




人生、いろいろあります。

凹むことも、もう、立ち直れない!と思うことも、

わしなんか、しょっちゅうです。



でも、そんなとき、こうして、愛するともだちが、

心をこめて、贈ってくれる、贈り物や無言の励ましや、

素敵なメッセージがあれば、それだけで、元気になれる。


Yocoちゃん、MARIさん、

そして、あの方も、この方も。

今年もまた、

素敵なクリスマスプレゼントを贈ってくれた

大好きな、おいらのツレ(笑)

ほんとにほんとにありがとうございましたっ!



そして、いつもこのブログを読んでくださっているみなさん、

ありがとうございますっ。



そんな愛する人すべてに、

わたしのいちばん好きな

クリスマスソング、


シナトラの、

この歌をお贈りします。


Have yourself a Merry little Christmas!

素敵なクリスマスを!





by madamregina | 2010-12-20 23:11 | Diary | Comments(10)

イラストを描いていただきました!   

2010年 10月 27日


f0215324_2243977.jpg


f0215324_223142.jpg





先日、こちらでも ご紹介した、

豹柄のノースリーブのお洋服。

レジィーナ ロマンティコでもとっても人気のスーツです。

その写真をご覧になった、お知り合いの画家、Mikio Komakiさん が

とっても素敵なイラストを描いてくださいました。

どう?

ちょっと細めに描いてくださったいるのもうれしーな(笑)


f0215324_13225314.jpg

by madamregina | 2010-10-27 00:35 | Diary

PARISから感動の贈り物(涙っ)   

2010年 09月 27日

f0215324_19172455.jpg



いつも一緒に遊んでくれる、

大好きなお友達、Yuricoちゃん から、

先日、こんな素敵なバースデープレゼントをいただきました!

これ、なんと、わたしのお誕生日にあわせて、

わざわざおフランスはParisのロンシャンでオーダーしてくださったものなんです(感激っ)

このプレゼントには、わたしとゆりちゃんのLondonの思い出と、

Yuricoちゃんの愛がいっぱいに詰まっていますっ(きゅんっ)



まず、届いたのは、こんなパッケージ。


f0215324_19194915.jpg


メッセージカードはおいらが大好きなオイスター(ああ、わかってくれてるのね、ゆりちゃん)

思わず口に入れそうになるほどリアルな美味しそうなカードでした(あうっ)


リボンをほどくと、わあああーーーーーーーーーーーーっ。

f0215324_19345445.jpg


きゃあーっ。MBのイニシャルが刺繍されているではありませんかっ?!

カッケー。ゴージャスっ。



f0215324_19265281.jpg


このMBは、わたしのTwitter name [MBichiko] にも使用されていますが、

おいらのブログをずっとご覧いただいている方には

おなじみのイニシャルですよね(デターーーーーーっやめてくれーと言ってるのは誰?)


そうです!

かつてわたしが追っかけをしていた、

ENGLANDが誇る大スター  Michael Ball のイニシャルよっ。


マイケルのツアーを追っかけて、Lodon, Manchester,Cambridge, Bournmouth,

Scotland,Dabrin,Belfastなどなど、

UK全土旅したあの、せつなすぎる思い出が一気に蘇りましたともーーーーーーーっ。


決して報われない愛を求めて(ひぃ)

10万里の道をとぼとぼと歩き続けた、あのときの哀れなおれ。


正真正銘のアフォだった(がーん)。



でも、ゆりちゃんはそんなせつないオレの気持ちをいやというほど(笑)ご存知で、

今回、大好きなロンシャンのバッグに、

このイニシャルを刺繍してくれたんですよね。


じーんじーんじーんと感涙に咽び泣くおれ。



いや、回想に浸ってる場合ではない。

・・・・とどんなバッグかしらん?とボタンを開くと、

こんどは、きゃーっーーーーーっ。おいらのファアーストネームIchikoの文字がっ。


f0215324_19333158.jpg



全体像はこんな感じです。素敵っ。


f0215324_19342537.jpg


このロンシャンブルーとグレーがかったピンクの組み合わせもなんて、お洒落なのー。

さすが、センスバツグンのゆりちゃんならではのチョイスです。



ぜぃぜぃ(鼻息、興奮)

そして、やっぱり思い出すのは、

去年の9月(ちょうど今頃)に、ゆりちゃんと一緒に行った、London 旅。

もといっ。

Michael Ball ツアー

強引にお誘いして、ついてきてもらったのでしたー。

ああ、なつかしいなー。

サザンプトンのゴージャスなカントリーホテル Chewton Glenにも一緒に泊まりました。

f0215324_20139.jpg



世紀の魂席、LondonのRoyal Albert Hallの最前列で観た、

感動のマイケルのコンサート (きゃーっ)

f0215324_2022621.jpg


なつかしすぎて、涙が出ちゃう。


あのときの鮮烈かつ悲惨な(えっ)、

そしてゆりちゃんにとっては、超悲劇となった(ひええええーーっゆりちゃん、ごめんなさいっ)

天国か地獄か、天国か地獄か?Michael Ball UK TOUR 2009

のことが、

昨日のことのように蘇ったぜ。



ああーゆりちゃんっ!

ほんとに最高に心のこもった、バースデープレゼントありがとうございましたっ!

Parisのマダムみたいに、粋に持ちたいと思います。





えーっと、もしもご興味のある方がいらしゃったら(いないだろうけどさ)

Michael Ball関連の記事はこちらです

by madamregina | 2010-09-27 17:34 | Diary | Comments(4)

お誕生日に届いたお花の贈り物   

2010年 09月 18日
f0215324_16525827.jpg



今年のお誕生日、たくさんの人たちから、心たたまるプレゼントをいただきました。


わたしのお誕生日は8月31日。

もう10年近く、この前後は、香港やハワイやバリ島や、

ロンドンや、LAやNYや、Bostonで過ごすのが恒例でしたが、

今年は、珍しく、ドメスティックな旅に出ました。

題して、スピリチュアルツアー開運の旅「熊野詣で」(笑)

(熊野については、また追ってご報告いたします。そりゃもう、素晴らしかったですっ)

そんなわけで、お誕生日プレゼントのお花は少し遅れて、

自宅に届けていただきました。



おおおっ!そのどれもが、

贈ってくださった方のハートがジンジン感じられるものばかり。

ほんとに、心から幸せーな、2010年のバースデーでございました。

お写真を撮れなかったものもありますが(すいませんっ)

お花を届けてくださったみなさん、ほんとうにありがとうございました!

私の幸せな記録として、

このブログに、残しておきたいと思います。

まず、レジィーナ ロマンティコのオーナーデザイナー

阪口元美社長から届けて頂いたのが、このお花。きゃーっ。

f0215324_16583019.jpg


わああ、なんて素敵なの。

淡い薔薇のグラデーションがとってもエレガント。

f0215324_1713681.jpg



このお花は阪口社長のお友達、

月の庭 から届いたもの。

わたしの好きなバラをイメージして・・・とオーダーしてくださったそうです(うううー涙)

月の庭さんでは、ウエディングをはじめ有名ブランドのショップや人気レストランなども

手がけていらっしゃいます。


もうひとつは、芦屋の人気フラワーショップ 「アイロニー

でフローリスト修行中のお友達のYちゃんがお店に特別にお願いして作ってくださったこちら。

f0215324_1754280.jpg



わあ、なんてシック。なんてゴージャス。

バンダやバラ、パフィオペディラム、アンスリューム、

クレマチス、カーネーション、セダムなど9種類の素敵なお花がアレンジされていました。

花器もモダンでかっこいいですよね~。

f0215324_17172131.jpg


阪口社長のお花と一緒に並べると、きゃーっ。文字通りなんて華やかなんだ!

f0215324_17241279.jpg





そして最後に届いたのは・・・。

わたしのお友達で、NYと日本で半分ずつお仕事をされている、

フローリスト、MARIさん からのお花。

大きなボックスが届いて、現れたのは、

なんてラグジュアリーな花たち!

f0215324_17185990.jpg


Fuschia ピンクを中心に、アレンジしてくださったそうです。

f0215324_175334.jpg


お花の種類は、MARIさんのブログより添付させていただきます。

バラ(テナチュール)
バラ(from エクアドル)
クレマチス
カラー・リリー(ガーネット・グロー)
紫陽花(4種)
ベロニカ
ユーカリ・ポポラス
ミスカンサス

f0215324_1753271.jpg



今回、MARIさんは、私にはじめて会ったときの第一印象をテーマにアレンジしてくださったとか。

そのときのMARIさんの想いが 自身のブログ にもつづられていて、

もう、涙出そう。感激!



今回つくづく思ったのは、

お花って、届けてくださった人の気持ちが、ほんとに心の奥底に届くということ。

いつもは殺風景な我が家のリビングが、

みなさんから贈っていただいた、お花たちで、

活気を浴び、空気の一粒一粒がきらきらと

輝いているのを感じるのでした。

そして、お花たちが語りかけてくれるような・・・・。

お花の力、愛って、凄いねー。

みなさん、ほんとうにありがとうございましたっ!

マツザワ、最高に幸せでございました。

by madamregina | 2010-09-18 16:53 | Diary | Comments(0)